拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

青い花 第2話 『春の嵐』

再開と別れを同時に経験したふみですが
タイトルとおり嵐が吹き荒れます
藤が谷と松岡女子をひっくるめた『春の嵐』の第2話



bf02_005B3.jpgOP後で時間は放課後
駅で電車を見送るふみ

猫を見る子供に昔のあきらと自分を
重ねながら時間だけが過ぎていく

そんなところで
あきらと会ってそのまま、喫茶店
「行きも帰りも会うなんて
 すごい偶然だね」


「あ・・うん」

(電車を見送っている描写から
 ふみはあきらをまっていたのですが
 
 原作だと喫茶店のシーンで
 『帰りを少しだけ待ってしまった』
 とモノローグ
 アニメならではの絵だけで
 見せる描写がいいかんじです)

藤が谷のことを聞くふみ
雰囲気のある校舎の話を聞いて
松岡のことは印象にない感じ

「明日もいっしょにいこっか?」

「え・・・うん」



bf02_020B4.jpg帰宅したふみ
母親にあきらの
好きなものを聞かれて思い出せない


(ちづちゃんと、よくお菓子つくった)

あきらに甘えてしっているのに
何も思い出せなくて
『ちづちゃん』との思い出ばかり


ハンカチを洗って返すのは几帳面さに
少し後ろめたさが混じっているかも

そのままおはぎのことを
聞いて、別の記憶がリフレイン

「あ・・甘酒」

2人でふみのおばあちゃんの
甘酒を呑んだ記憶
それに安心したような思い出し笑い

あきらは今も昔も
ふみを気にかけているいい子です。










bf02_034B3.jpg入学の次は部活勧誘の時期
藤が谷もご多分に漏れず
勧誘ムード

パンフを机に広げたあきら
なんとなく京子に相談

「なんかこう、お嬢様~
 って感じの部に入りたいんだけど」


「かわいいわねぇ
 奥平さんは」


「やったーかわいいって
 言われた!」

無邪気なあきら、
いい意味で藤が谷の
雰囲気から少しづれた感じ

「演劇部か・・面白そうね」









bf02_042B4.jpg変わって松岡の1-A
「なんだか
 このまま押し切られそう」

勧誘を受けているところを
トイレと言って退散
気持ち他人事ふう

で、文芸部の前

「どっちかっていうと
 私はこっちの方が」

(確かにまんま『文学少女』ですし)


不意に中から、
同じくらいの高さの顔

「一年生?」

「は、はい」

「背、大きいね」

「あ、あ、はい
 ありがとうございます」



「よかったらうちに来ない?」

(これが、いろいろ話題の中心になる
 杉崎恭己さんとふみの出会い
 そして恭己さんの強いキャラクター性と
 人間関係が序盤の青い花の見所)
アニメの恭己さんは
カッコ良すぎです!



bf02_052B3.jpg「ぶんげいぶ~?」
さっそく流されている、ふみ
勝手に決めたと言われて何故か
慰める方向に・・。


対して、ふみの家で話を聞く
あきらは好意的
恭己さんに会って入った
経緯を説明してたようで
それも含めて
ふみらしいと思ったようです。


話が盛り上がっていた所で来客
ちづちゃんが
例の旦那さんを連れてきたようで
動揺するふみ

ふみの心の内を知らない母親の
挨拶に来なさいという声
(原作だと、
 ふみの部屋に挨拶に来ていた
 旦那さん、もちろんふみは
 顔を合せてませんが・・

 会ってないこちらの描写の方が
 よりせつなく感じる)

「ちづちゃんは酷い・・」
感情が溢れてしまって
泣くことしかできない

事情がわからないままでも
そばにいてあげる
あきらはやっぱりいい子だ。



bf02_065B4.jpg「あーちゃん?
 あーちゃんもこっちで寝よう?」

いろいろあって甘えたくなってます。

「いいけど
 おおきいナリして
 甘えんぼさんだこと」

ほんと、大きな子供です。

ちづちゃんとの事を
思い出すふみ
(前回は忘れてましたが
 原作、読み返したら
 ちゃんと後にもはっきりと
 関係があったことを言っていたり
 してました・・)

「泣くのやめな」
強い口調のあきら
何も聞かずに慰める

「昔も、私が泣くと
 よく手を繋いでくれたよね」

 
「はやく眠る、夜は寝るの」

(従兄弟のお姉さんが
 結婚するからって
 
 あのとりみだしっぷり
 ふみちゃんはお姉さんのことが
 そんなに好きだったの?・・そんなに)


あくまで客観的に見るあきら
主観的な感想はいっさい無し

そのおかげで見ている方も少し
引いた視点で見ることができる

しかも、原作では話が盛り上がって
少し持ち直してましたが
そういった所は恭己さんに
全て譲るつもりらしく
感情はひっぱったまま)



bf02_076B3.jpg翌日、松岡の文芸部室
少しづれたやりとりながらも
入部手続きを進めるふみ

丁度、恭己さんが現れましたが・・
「こいつバスケ部だよ」



「ばすけっとぼーる?」
またも喧々諤々と
言われっぱなしのふみ
(松岡の演劇部の3人は
 コミカルな部分担当っぽい)

「どうなってんだべ」
「さあっ」



一方、藤が谷
演劇部を訪れたあきらと京子
先輩に多少脅されながらも
暖かく迎えられたようです。





bf02_081B3.jpgちづちゃんの結婚式を
仮病でボイコットのふみ
(何も知らない両親の描写が
 ふみをより、痛々しく見せている)
 
(お父さん、お母さん、ごめんなさい
 本当は夜中に何度も吐いてません

 風邪も引いてません
 
 わたし行きたくなかったの)


(行ったらもっと大変なことに
 なっただろうし 

 仮に行ったとしても
 ふみが泣いている本当の理由を
 1人意外はまったく
 わからないだろうから
 そんな流れはさすがに悲しすぎる)

で、あーちゃんからの電話
「ひま、ひまひまひま
 すっごい、ひま」


(特に描写はないけど
 結婚式に行くぐらいだし
 この日は
 休日でいいんですよね)


bf02_087B3.jpg入部の経過報告で
笑うあきら

「でも、そのまま
 入っちゃうところが
 いかにも『ふみちゃん』だよね」


「演劇部に入った方が
 まだましだったかも・・」


演劇部に入ったことを
報告するあきらに
ふみも楽しそうに
相槌を打ちますが

(あーちゃんは好きな事を
 見つけて充実してる感じ
 えらいな~

 私もバスケット部には
 入りませんってちゃんと言わなきゃ)


流されていることを
嫌悪しているようですが
人には出来る事と
出来ない事とがあるもので・・



bf02_098B4.jpg次の日、ふみは
恭己さんに会いに行くまでは
よかったのですが・・

「万条目さん、
 お芝居に興味ある?」

結局、恭己さんのペースに・・。
どこかでみたばかりのパンフレットを
見せられました。


またまた、藤が谷の
あきらと京子

京子の下駄箱にラブレター

「すご~
 こんなの本当にあるんだ」

「会うの?」


「高等部の校舎に
 入ってきた勇気買うけど
 もう好きな人がいるからな~」


「ひょっとしてあたし?」

「どうかな?」

なにか
いい感じの友達だ。

(なんでだろう
 井汲さんの好きな人は
 
 女の人
 なんじゃないかと思った

 なんとなく
 そんな気がした)





bf02_110B3.jpgで、藤が谷を訪れた
恭己さんとふみと
愉快な仲間達

「藤が谷の人間には
 許可とったし
 1人でいくよりも気が楽だしね」

引っかかる言葉
物怖じしなさそうな
恭己さんにしては珍しい発言

演劇部で対面する
あきらとふみ
(ふみは悪戯を見つかった
 子供のような顔だ・・)

あきらと松岡の3人を
それぞれに丁寧に紹介するふみ

恭己さんは
嵐が丘のヒースクリフの役を
ふみに
やらせようとしていたようです。
目立つの好きそうですが・・。

恭己さんと目が合って
京子は黙礼


bf02_124B4.jpg「演劇部に入ったんだ
 どう?楽しい?」


「楽しいです、まだ、裏方しか
 やらせてもらえませんけど」


「京子なら、お姫様とか
 似合いそうなのにねえ」


「キャサリン役がもらえるのなら
 きっと立候補してました」

「それ、私が
 ヒースクリフをやるから?」


「今回は先輩のヒースクリフが
 見れるだけでいいです」


「京子・・
 見てるだけで満足できる?」


会話の流れのから
素直に汲み取る通り
京子が好きなのは恭己さんです。

2人がどこで知り合ったのか?
最後のセリフは実は
自分に言い聞かせていたのではないか?

徐々に語られていきますが
また見返すと面白いはずです。




bf02_135B3.jpg校内見学の4人
あきらは3人組みと
すっかり打ち解けてます。
(ノリが似ている感じだし・・)

(どうしよう大好きだわ・・)
すっかり気に入ってしまったふみ

そして
目の前の部屋から
泣き顔の京子さん


あの後
中でどんな会話をしていたのか・・
やっぱり何話か進んだら
見返すといい感じですよきっと



●関連記事

青い花 第1話(原作の志村貴子さんのファンですが何か?)





拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

青い花 第1話(原作の志村貴子さんのファンですが何か?)

このアニメを見た人は、百合という言葉につられた人が大半だろうと思います。
他にもたまたま見た人とかいると思いますが、私はたぶん、
一番少ないであろう原作者のファンです。
そんな視点での第1話とかいろいろ思うこと・・。


好きな作品が映像化される時は
期待か不安かの2通り(あるいは両方)
があるものですが

この作品は、百合の描写が多いので
そのあたりは今の流れに乗っていると思います。
(新しく始まった知らない作品は
 どうみていいかわからないことが多いものですが)


それ以外はわりあい地味というか・・
その空気感というか、そのへんの感じが好きなのですが


原作の志村貴子さんは
思春期の少年少女の心理描写が巧みで
いい意味で『普通』で、少し心が痛くなる
(全般的には受け入れられないけど
 何割かの人には絶賛されるタイプの作家さんなのです)


端的に言えば
見た人が学生時代が懐かしくなる感じが
好きなのですが

アニメを見た人もそうした部分を
感じてくれると嬉しいなと・・。


●余談(雰囲気が気になった人へ他にもこんな作品をかかれています)

『放浪息子』(1~9巻 連載中)

『女の子になりたい男の子と
 男の子になりたい女の子』の物語

キャラクターが小学生(時間が経過して中学進学)で
青い花と比べると低年齢でなので
あまり、読んでいてきつくなることはないです。
ざっくり言うとかわいい男の子が主人公の『中学生日記』

放浪息子 (1) (BEAM COMIX)放浪息子 (1) (BEAM COMIX)
(2003/07)
志村 貴子

商品詳細を見る


『敷居の住人』(1~7巻 完結)

『髪を緑に染めた、高校生の反抗期』の物語
紹介している中で一番最初にかかれたもの
だけど、一番衝撃的な作品
『主人公に目的が無い』
『いきなり大丈夫なの?と思う描写が入る』
『現在学生の人の教育には(いろいろな意味で)
 絶対によくない、でも読ませて反応が見てみたい』
そんな作品です。
読んですぐつまらないと言う人もいます。
でも、面白いという人も確実にいます、なのでたいぶ人を選びます。

敷居の住人 (1) (Beam comix)敷居の住人 (1) (Beam comix)
(2000/09)
志村 貴子

商品詳細を見る


他にも小説原作の『ルート225』とか
『どうにかなる日々』とかいろいろあります。


長くなりましたが、『青い花』の原作者は
そんな作品をかいています。





bf01_001B2.jpgで本編です。

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」

モノローグというか
ふみの夢からはじまる
(あきらとふみの2人が主人公という
 位置づけでよいと思いますが
 
 原作だとあきらの朝からだった
 作品の雰囲気からの
 選択なのでしょうが
 
 見た目でいろいろと誤解される
 ふみらしいです)

原作に無い描写でもあるのと
制服を見てあまり嬉しそうでないのが印象的




bf01_009B3.jpgで、OP後もふみの家
(志村さんの作品は親をしっかりと描く
 といっても特別、何をするわけでもなく
 普通の親なのですが
 状況の説明につかっているのは
 多く作品を作っている
 アニメ側らしいところ
 原作そのままだと
 少しストーリーが追いにくいので)

入学初日の両親の会話
親よりも『ちづちゃん』
に来て欲しいだろうとのこと

で、ふみとちづちゃん
ちづちゃんが泊まりに来ていた所を
ふみが引きとめようとしている。

「戻ってこなければよかった

 鎌倉なんかに
 戻ってこなければよかった
 ちづちゃんと離れたくなかった」








bf01_019B4.jpg変わって、奥平さん家
ノリノリで車の準備をするあきらの兄
(妹に構う兄の図
 原作では妹の布団にもぐりこむという
 アレな描写も・・
 さすがに不特定多数の見るところではカット)

慌てながら家を出る
あーちゃんことあきら 
(あえて言えば
 主人公というより仲のよい友達という
 サブキャラクター的な性格
 これはふみの『百合的な部分』を
 客観的に見るために
 必要だからだと思う)

いやいや兄に送られるあきら
「セーラー服けっこう似合ってる
 うん、悪く無い、なかなかのものだ」


「お世辞はいいから鎌倉駅で降ろして」

「どうして学校まで送ってやるよ」

「駅まででいい」

「たいした手間じゃない学校まで」

「恥ずかしいの」
(送ってもらうのがもあるでしょうが
 兄の存在自体が恥ずかしいのでしょう
 
 兄の妹が
 あたらしい生活を始めることに
 無駄に構いたい心境もわかる所もある)





bf01_026B3.jpgで、鎌倉駅
(やたらカット数が多いので
 たぶん、取材とかして
 同じように描いているのだと思う)

いきなり
ホームであきらとふみのコンタクト
(原作ではシーンが
 飛ぶのはよくあることですが・・
 あと、ちょっと出会い方がちがってたりします)

ぶつかったあと、まじまじと見るあきら
『ふみちゃん』とは気が付いてないです。

電車通学中
(ここもやたらカットが多い
 場所というか雰囲気を伝えたい
 ということなのでしょう)

海に見惚れているあきらですが
ふみは痴漢にあっているようす
無言でさっしてあきらが撃退

(『敷居の住人』でも出だしで
 主人公(男)が痴漢(男)に
 あうという出だしもあります
 さすがにあれは
 いろいろ問題がある)



bf01_040B4.jpg「災難でしたね」
「どうもお世話になりました」

学校が別なので途中で2人はお別れ
(あんなにおっきいのに泣いちゃってんの
 なんかかわいい)


(2人の学校が別なところが
 この作品の面白いところ
 
 単純に物理的な距離間が
 離れているので
 お話の進み方ははゆるやかに

 さらにそれぞれに
 学校の人間関係があって
 またその人たちを
 絡めた交流もあるので
 わりと複雑になる)

「お姉様方おはようございます」
お嬢様学校の雰囲気です、あきらはわりと浮き気味

それでも、藤ヶ谷女学院の生徒さんです
(単行本1巻の巻末から
 藤ヶ谷のモデルは実際に鎌倉にある
 文学館だそうです)

それと対比するように
ふみの通う『松岡女子高等学校』
(アニメだと本当に丁寧でわかりやすい流れだ・・)










bf01_054B3.jpg恒例の自己紹介の中
ぼうっとしているふみ
たぶん、
『ちづちゃん』がらみのことでしょう

ふみの自己紹介を助けてくれた洋子
友人達と演劇部に入る人を探し中
(『放浪息子』でも
 クラスで劇をやる描写があり

 しかも、
 作品のノリで役の男女交代)
 
 この作品でも両学校の
 交流という重要な部分でもある)

「万条目さんってさ雰囲気あるよね」
 
「女子高に潤いを与えるタイプ?」
メタ表現というか実際ありそうな会話

で、突撃の洋子
「私の名前覚えてる?」
「ほんあつぎようこ・・さん?」
「セリフ覚えばっちり」
勧誘トークのつかみのようです。

結局、勧誘は無理だったけど
帰りのお茶になりました。
「話しているうちに
 興味を持つこともあるじゃん」

と楽観的

一方のふみは
(またやってしまった
何故『イヤ』の一言がいえないのだろう)

朝のことも踏まえていろいろ落ち込んでます。

(ふみちゃんはすぐ泣くんだから)
そして、昔のかけられた言葉がリフレイン





bf01_071B2.jpgぽつんと1人のあきら
途中編入なので友達はまだいないよう


そんな中で声をかけてきたのが京子
あきら曰くお姫様みたいな人と
家族の団欒で報告


で、万条目さん方のご到着
元気な両母親にたいして
2度目の再開のあきらとふみ




「あーちゃん?」

「えっ?」

bf01_084L2.jpg


bf01_092B3.jpgで、後半も
モノローグから
昔のあきらのざっくばらんさと
面倒見のよさがでてます。

(家が近くだった
 私とふみちゃんはいつも一緒だった

 同じ小学校に入って
 これからもずっと一緒なんだって
 そう思ってた)


「手紙かくから・・絶対」

「うん」

「あーちゃんもかいてね」

「うん、かくよ、だからもう泣くのやめな
 ほんと、ふみちゃんはすぐ泣くんだから」


(手紙をかくことはなかった
 ふみちゃんから、もうらうことも) 






bf01_100B2.jpgそんなことがあった今の2人
「いや~ふみちゃんじゃない
 みたいって思ってさ」


窓に映った2人を見比べて

「ほら、この身長差
 昔は私の方が大きかったのにね~」


「おっぱいはあんまりないね」
はっきりものをいう子だ。









bf01_108B3.jpgふみは帰宅後ちづちゃんに報告

偶然の再開を珍しいといわれても
「小さい頃の話だもん
 向こうだって
 気が付かなかったんだから」

と、意外と冷静なふみ

そのあと1階から呼ばれるまで
しばらく沈黙

1階では
『ちづちゃんけっこんオメデトウ』
のケーキ

知らなかったらしく愕然とするふみ
(結婚するということ意外
 ふみとどんな感じだったのか
 わかならい『ちづちゃん』
 ただ、ふみが好意をもっていて
 それを知っていたのは間違いないです)

「ごめんね」




bf01_118B4.jpg奥平宅、元気に登校するあきらと
送ってやれずふてくされる兄

「兄貴が妹の心配するのは
 当たり前だろう」


「あたしはアンタの方がよっぽど心配よ」
親の心子知らずってことで・・。

駅でふみをみつけるあきら

ですが、ふみは
(そう・・だよね

 いとこで おんなで

 あたりまえだよね)


泣いているふみに
ハンカチを差し出すあきら

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」

(その一言は

 十年の月日を軽く飛び越えた)



という第1話

EDはだいたい原作表紙から

やっぱり雰囲気重視と
ハッとするセリフと描写はいい感じです。
更にJCスタッフさんの力で
ものすごくわかりやすくなってます。

最初なんだかんだ書きましたが
単純なファン心理で、
動いている志村さんのキャラを見ただけで十分満足してます。


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 青い花
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。