拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

GENOCIDE2 オリジナル・サウンドトラックス / 下野秀幸・木村直之、他

genocide2[1]

 渋め系のサントラ紹介が続いたので、今回は楽曲のノリが良いX68000の「ジェノサイド2」を。

 当時のPCゲームは内臓のFM音源とは別にMIDI音源所有者に向けたアレンジバージョンを聴けるものがあり、そのままゲームもプレイできるものが結構ありました。が、MIDI音源の特性なのか、音はリアル・クリアーになる反面、曲自体が軽い印象を受けてしまうものが多かったようです。

 その点で、「ジェノサイド2」のMIDI音源アレンジの楽曲は画期的で、内臓のFM音源と組み合わせることでMIDI音源の軽い印象を補っています。
『楽曲のメロディーの良さと、音のバランスの良さ』これらの点で当時のゲームミュージック好きたちの間で非常に評価が高かったようです。

 雰囲気としては「恥じらい知らずのブレーキ知らず」な当時の音楽特有のクサさで溢れまくっています。聴いていて恥ずかしくなってしまうほどです。80~90年代の音楽特有のある種ダサいともいえるクサさが好きな人にはたまらないサントラでしょう!

 ちなみにこちら、CDなどの媒体では発売されておらず下記リンクのサイトでのダウンロードのみでの販売のようです。全曲視聴も可能です。
GENOCIDE2 オリジナル・サウンドトラックス(EGG MUSIC)

<必聴トラックですよ> ※星はオススメ度 割と皆オススメなのですが、特にノリの良いものを。例によって動画のリンクを張らせてもらって。



・OPENING 2 (MT-32バージョン)  ★★★★★ 上動画1:25辺り
 「クサいリフ・クサい展開・クサいメロディー」と三拍子揃った名曲です。当時としてはかなり美麗なオープニングは必見です!

・STAGE 1-1 (MT-32バージョン)  ★★★★★ 上動画3:45辺り
 「クサいリフ・クサい展開・クサいメロディー」と(ry 1面BGMらしい爽快感・ヒーロー感に溢れてます。

・STAGE 2-3 (MT-32バージョン)  ★★★★☆ 上動画12:10辺り
 「クサいリフ・クサい展開・クサ(ry これまたヒーロー感たっぷりです。

・STAGE 2 BOSS (MT-32バージョン)  ★★★★☆ 上動画14:07辺り
 変則的なリフの繰り返しと不気味なメロディが、これぞメカアクションのボス戦BGM!といった趣です。

・STAGE 3-1 (MT-32バージョン) ★★★★★ 上動画15:31辺り
 「クサいリフ・クサい展(ry 清々しいほどにクサく盛り上がるサビがたまりません。

・STAGE 6-1 (MT-32バージョン) ★★★★★ 上動画32:50辺り
 「ク(ry 最後のステージらしく曲の前半は少し渋みがありますが、サビはやっぱりクサいです。たまりません。

 90年過ぎという、クサい音楽がダサい音楽として認知されつつある中で、それはもう極端なまでに我を貫いている気概を感じさせる楽曲群でありゲームであったようです。
 そういう意味では今聴いてみることで元気をもらえるような気もします。…しませんか? 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ゲーム音楽
genre : ゲーム

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

BAROQUE Original Soundtrack / 岩田匡治

 今回のオススメは98年にセガサターン(以降PS等でも発売)にて発売されたダンジョンRPG「BAROQUE」のサントラ。「虫姫さま」の楽曲も担当されていた岩田匡治氏作曲です。同じ人の作曲とは思えない病んだ雰囲気に驚きますよ!

baroque-j1.jpg

 一言でいうと「まさにダークアンビエント」(一応、実際にある音楽ジャンルです)。ホラー音楽のサントラというか、とにかく楽曲のあらゆる要素が、視聴者を息苦しくさせたり目を泳がさせたり、しまいには何度も後ろを振り返らせるような状態にさせてきます。どこまでも不安と緊張に苛んできます。
 気づかぬうちに作曲者に思いを馳せて「あなた、サドでしょう!?」と無関係な人格批判を行いかねません。注意です。
 ゲームの内容も強烈で、登場キャラの在り方やストーリーのオチはヘタするとプレイヤーの考え方にまで影響を及ぼす恐れがあります(ここに及ぼされた者が一人)。BGMも相まって効果倍増です。

 とりあえず今現在、当のサントラを聴きながら、コレを書いていますが、この状況に加えて周囲に雷が落ちまくっています。とても平静ではおれず「ちくしょう!」とか「なんなんだよう!」と罵らざるをえない状況です。この相乗効果はスゴイです。ていうかだれかたすけて。

 とまあ、こんな感じで岩田匡治氏の作曲で純粋に心に左右するような強烈な楽曲群はこのサントラが一番かもしれません。というか、この作品以外の氏の作曲で心に残るようなものがあまりないような気がします…。

<必聴トラックですよ> ※星はオススメ度 今回も動画を貼らせてもらいつつ…


01 Great Heat 20320514 ★★★★☆ ※上の動画の0:00あたり
 オープニングムービーの曲にしてこのゲームで唯一感情の爆発を感じさせる曲です。ゲーム中のどの曲よりも激しい曲がオープニングに使われていることも何らかの皮肉を感じさせます。

04 Iraiza ★★★☆☆ ※上の動画の6:34あたり
 プレイ中、多少なりとも心を落ち着かせることが出来る雰囲気でありながら、後悔や宿命といった重さも感じさせる面もある曲です。

05 Confusion ★★★★☆ ※上の動画の9:22あたり
 このサントラで最もダークアンビエントな方向に傾いた曲の1つ。音、リズム、メロディといったあらゆる要素が聴く者を不安と緊張感に陥れます。

13 Multiplex ★★★★★ ※上の動画の29:55あたり
 ダークアンビエントな雰囲気からストーリーのクライマックスへと繋がるようなドラマチックな展開。この流れが、悲哀ともいえる感動を覚えさせてくれます。

14 Hold Baroque Inside ★★★★★ ※上の動画の33:55あたり
 エンディング曲であり、ゲームのテーマとも言える曲。哲学的なストーリーのオチと相まって、あらゆる罪と慟哭を受け入れるかのような感動を感じさせる名曲。

 こーいう音楽、ダイスキ!というMで危篤奇特な方は本場ダークアンビエントの雄「Atrium Carceri」がオススメです。こちらでたっぷり堪能できます。

Atrium Carceri(『last.fm』内のリスト)

 曲によっては某アニメキャラ(トグ○とかベ○ダン○ィーとか)に似た?声が聞こえてきたりしますが、気にしてはなりません。 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ニコニコ動画
genre : ゲーム

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

リアライズ Original Sound Tracks / M.S、Manack 他

 今回のオススメトラックはPC(18禁)及びPS2で発売された、ノベルタイプのアドベンチャーゲーム「リアライズ」のサントラですよ。

realize1.jpg

 一昔と違い、昨今ではこういったゲーム(18禁のアドベンチャー)も広く認知されるようになり、ネームバリューの高まりもあって音楽のレベルも高くなってきているそうです。

 そんな折、あまりプレイ数をこなしていない中でも特に音楽が印象に残ったものの1つがコチラ。

 「とにかくムーディーで都会的、イイ感じにキザったらしい曲が満載」で、聴いててこっ恥ずかしい気持ちになれるでしょう。一方、ほのぼのとした曲は少なめなのも特徴です。
 全体の曲調としては、ジャズの雰囲気をベースにした、エレクトロニカなバラードやファンクといった感じでしょうか。

 「真夜中の都会における、少年少女たち(青年も…)の行き場の無いエゴの錯綜劇」といった雰囲気を十分に表現しており、聴いている内に「意味も無く夜中の都会(○袋とか新○とか)を徘徊した少年期」を思い起こさせてくれるであろう素晴らしい出来です。身に覚えのある人はやっぱり恥ずかしい気持ちにもなれます。本当に。

 あともう一点、サントラに限定して悪い意味で印象に残ったのが「曲順」でしょうか。とにかく劇中を無視した適当な順序になってしまっています。23曲中、クライマックスの曲が2曲目、エンディングの曲が4曲目とか意味が分かりません。ビジュアルノベルゲームのサントラでこれは致命的では…。

 ネット上では残念ながらデモのリンクしか見つかりませんでした。そ、そんなに人気無いんでしょうか、これ。


 久しぶりにデモ見たら…やっぱり恥ずかしい。いろんな意味で。

<オススメですよ>※星はオススメ度
・urban twilight ★★★★☆
 夜中の街並みにおける少年少女の駆け引きをムーディに表現した名曲。劇中使用頻度も高く、代表曲といっていいでしょう。

・Nevertheless Realize main-theme ★★★★★
 曲自体のジャジーでソウルフルな盛り上がりもさることながら、劇中のエンディングでの挿入タイミングが絶妙。

・stranger ★★★☆☆
 劇中メインヒロイン(CDジャケの子)のテーマで、ムーディな曲群にあって、昼中の静謐感のようなもので溢れています。これが、このメインヒロインが他の少年少女のキャラクターとは明らかにスタンスが違うことの象徴となっているようです。

 楽曲の味のあるムーディさは良いのですが、曲順が…。PCにエンコード後速攻で曲順のデータ情報を書き換えた人は多いことでしょう。皮肉にもサントラの曲順の大切さを教えてくれる1枚でもあります。 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : CDアルバム所有リスト
genre : 音楽

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

MUSIC FROM ブランディッシュ2 / Falcom Sound Team J.D.K.

 今回のオススメトラックは、最近PSPでリメイクされたブランディッシュ…の1993年当時の続編「ブランディッシュ2」ですよ。

cd_bd2.gif

 当時(80~90年代)、PCゲームの音楽といえば「クサくてカッコイイが正義!」みたいな風潮があったそうですが、その中でも「演出」や「雰囲気」もバッチシで飛びぬけてたのがこちらですよ。

 FM音源という制約の中で、ひたすらに暗くて渋い情景を演出しまくっています。そして、盛り上がる場面ではキッチリ盛り上がる曲が控えているバランス感覚…!「FM音源のPCゲーム音楽ベストテン」などというのがあったら、間違いなく10位以内に入ることでしょう…!!

 …個人の希望的観測が思いっきり入ってしまいました。
 えー、あえて言いますと、「明るさや可愛さ」みたいなのはこれっぽっちも無いので、昨今のRPGのような雰囲気が好きな人には、この「じめっ」とした暗さがキツイかもしれません。まあ、「じめっ」としててカッコイイのが好きな方はぜひ。

<必聴トラックですよ> ※星はオススメ度…でも今回ぶっちゃけ全曲オススメです。例によって動画を貼らせてもらいつつ。


03 PRISON ★★★★★ ※上の動画の10:35あたり
 ブランディッシュシリーズ随一の名曲!この少しやさぐれた感じのカッコ良さ・切なさは必聴モノです。
09 CAVE ★★★★★ ※上の動画の19:05あたり
 ファルコム特有の音色満載ですよ。不気味さよりも時代に見捨てられたような儚さがいい感じですよ。
10 ADONIS ★★★★★ ※上の動画の22:23あたり
 ファルコム屈指の泣かせイベントBGMですよ。これでもかというクサいメロディの応酬に平静ではいられません。
16 CASTLE WALL ★★★★★ ※上の動画の27:09あたり
 静かにそびえたつ巨悪を表現しているかのようなイントロがたまりませんよ。
21 MASTER NINJA ★★★★★ ※上の動画の31:37あたり
 渋い曲群の中で鬱憤を晴らすかのように終始激しさ全開!
23 DARK ZONE ★★★★★ ※上の動画の36:47あたり
 不気味さ一辺倒の前半から慟哭を感じさせる劇的なメロディの後半への流れがすばらしいですよ。
30 FORTRESS ★★★★★ ※下の動画の曲

 他に類のない不気味なイントロがクセになりますよ。
36 GADOBADORRER ★★★★★ ※下の動画の4:26あたり

 ファルコムゲームNO.1のラスボス曲と一部で言われる程の名曲!

 さて、あとはファルコムが「2」もPSP辺りでリメイクしてくれるようにオーラとか送る毎日。容量とかキツそうですが…。 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ゲームミュージック
genre : 音楽

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

GRADIUS ReBirth オリジナルサウンドトラック / 並木 学(Basiscape)

 オススメトラック3弾は、前回の「虫姫さまシリーズ」のコンポーザーの一人でもある並木学氏つながりでこちらですよ。

itemLC1741p1_1[1]


 さてこちら……「豪華でクリアーになった往年のコナミのFM音源楽曲が聴けますよッ」
 …とまあ、一言で紹介ができてしまいます。なんだかすっきりします。

 あ、でもあともう一点……「MSX版・ゲームボーイ版等からの選曲でマニア心を鷲づかみ。ボーナストラックのメドレーアレンジではアーケード版主体の選曲で一般のファンの心も逃しません!」
 …とまあ、こちらは二言ですが、とにかくファンサービスの抜かりの無さに驚きますよ。

 こちらの購入ページで視聴もできますよ。グラディウスを知らない方でもメロディアスでカッコ良い電子音楽を聴きたい方は是非。

<必聴トラックですよ>今回もニコニコ張らせてもらいます ※星はオススメ度ですよ
04 Historic Soldier [出撃デモ, 生還デモ] ★★★☆☆ ※下動画の4:22あたり
 これから出撃するとは思えない、緊張感の無い明るくて可愛いジングル。


 ちなみにこのオープニング動画、元MSXユーザーにはたまらないでしょう。

06 Heavy Blow [ステージ1] ★★★★☆ ※下動画の0:43あたり
 シューティングゲームの1面はとにかく派手にカッコ良くというのは昔からの伝統みたいですよ。



07 Moonspin (Last Exit) [ステージ2] ★★★★★ ※下動画の0:49あたり
 緊張感と勇壮さが見事に組み合わさったメロディですよ。

10 Extra Stage [エクストラステージ] ★★★★★ ※下動画の1:59あたり
 ここまで終始激しい曲もグラディウスでは珍しいかもしれません。テンション上がりっぱですよ。



グラディウスIV ビックバイパー (ゲーム「グラディウスIV」版) 1/100スケール組み立て式プラスティックモデル)グラディウスIV ビックバイパー (ゲーム「グラディウスIV」版) 1/100スケール組み立て式プラスティックモデル)
(2008/09/05)
不明

商品詳細を見る


Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
(2006/12/02)
Nintendo Wii

商品詳細を見る
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。