fc2ブログ
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第8話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。


K-ON08_007B3.jpg梓が出ましたね、
ここまで気持ち巻き気味の展開でしたが、
これで2回目の合宿と学園祭は見れそうです。

いろいろ足したりしながらも
原作に沿ってましたが、
今回は原作の新歓へ向けての流れが
バッサリ無くなってました。
(これ以上後で梓を出すと逆に
 中途半端になりそうですから
 思い切ったいい判断かと・・)

今回は部のメンバーはいつものとおりで
憂と梓が微妙にストーリーアニメっぽい
第8話です。

憂の合格発表
当然、在校生はお休み
(校舎で普段着なんだ)

でも、ほんの2ヶ月前(視聴者実時間で)は
4人も入りたての一年生でしたが

で、少し離れたところで梓
(アニメでもポスト澪の位置づけになるのか)
原作より気持ちクールっぽいですが、


K-ON08_016B3.jpg4人のクラス分け
一年じは学園祭を見るかぎり
唯以外は同じクラスだったようですが、
今度は・・、

「一組・・」いじられ役の澪としては外せない流れ

で、憂も合流
桜高の制服初披露、
「初々しいわね」
ほとんど普段着ばかりだったから
ほんとに新鮮に見える。


チャイムが鳴りそれぞれのクラスへ
取り残された澪は
「・・・・・・・・・さびしい」

教室に入って改めて実感
真の孤独とは誰もいないときより
周囲に人が居てこそ感じるものなのですよ澪さん

「・・・・だれも・・・・・しっている子がいない」

遅れて救いの神の和さん

さびしいとウサギは
死んじゃうらしいですからね
(実はウソだという話ですが)



K-ON08_032B2L.jpg学校はクラブ勧誘一色
(そういえば1話目で唯も揉みくちゃされてました)

そんな空気に軽く飲まれ気味4人

澪が作ってきたチラシにダメ出しする律
「ズバリ売りが無い!」

直感でいってますが、ここは律の方が正解
澪には悪いですがこういうところは受けたもの勝ち
(N氏が『学生の時、コントライブまがいのことをして当時人気だった野球部より進入部員を獲得したことがある』と自慢してました。コンピューター同好会だったそうで、すぐに9割が幽霊部員化したそうですが)

こういうことだ出てくるのが
さわ子先生
「無ければ、つけるまでよ」



K-ON08_038B3.jpgで、出てきたのが
犬と猫と鶏と馬

当然、反応はかんばしくなく・・
見かけた憂に突撃する鶏(唯)
ま、普通逃げますって

それを生暖かく見守る梓
そんな梓にチラシを渡す馬(澪)
梓はドン引きですが、
いちようこれが澪と梓のファーストコンタクト

まったりした4人の雰囲気に
まだ興味が無い感じの梓、
やっぱり気持ちクールにみえる

原作だと去年の学園祭のライブの録音
(ここ重要、録音であった見たわけではない)
を聴いてあこがれて入部という流れなので
興味ゼロから描写のアニメでは雰囲気が少し違う
ま、すぐに溶け込むはずですが・・

成果のでない着ぐるみを忘れて放課後に
(さわ子先生はメイド服を持ってましたがドン無視)



K-ON08_053B3.jpgで、放課後の部活見学
妹をメイド服で迎える姉の図・・。

通り過ぎるさわ子先生と澪を気にせず
話を進める3人

ここで澪と梓のセカンドコンタクト(澪が哀れすぎだ)
入部後は頼れるのが澪だけになるはずが
印象悪すぎはしないだろうか・・。
 
「この上って確か音楽室のはずだったけど」

で、その音楽室で絶賛お茶会中(メイドさんVer) 
(原作では憂のナレーションで
 4人が紹介されていたのでアニメでは
 それをフォローする感じに)











K-ON08_058B3.jpg唯のメイド服はコスプレに見えて
紬さんは普通にメイドさんに見えるのは何故だろう・・

逆にだらけている律は仕事をサボってるメイドに見えて
別の意味で違和感が無い
 
それぞれ憂から紹介されますが

唯は危なっかしくて

律はすぐなさけない面が出るし

紬さんは・・「りっちゃんたら・・」・・なんか幸せそうだし

澪は・・・下級生に『可愛い』と言われるのはいいんですかね?

で、ラスボス・・もといさわ子先生は
真面目な顔で見てると思ったらメイド服を勧めるし

あまりアピールできてない・・大丈夫か軽音部




K-ON08_085.jpg一方、梓はジャズ研がお気に召さないようす
チラシを出しますが・・
(この梓が、どう面白く崩れていくかが
 楽しみといえば楽しみではあります)








K-ON08_088B3.jpg後半、メイド服で演奏
・・かと思いきやいろいろ
邪魔してやりにくそう


「袖が・・・あ、大丈夫か?」

マネしたがりな年頃の紬さんだけは
問題無し、マイペースです。

結局ジャージでやることに
なんでか馬跳びを始める、軽音部のアレな2人
(律は1回に1バカをやらないといけないノルマでも
 あるのだろうか・・ちなみにアニメのみのネタ)

やっと演奏開始、ちょうど梓も覗き見
少しは興味をもつかと思いましたが
憂の不安そうな表情に
あまりいい印象をもてなかったようです。

それは憂と一緒に見に来た
子も一緒だったらしく
「いろいろすごかった・・」
と、あいまいな返事
(空気は察している憂、
 でも、フォローする言葉が浮かばないようす
 そんなときもあります)



K-ON08_103B3.jpg気まずいまま、取り残された憂
下駄箱で梓と遭遇

一瞬目を合わせましたが
梓は少し急ぐようにその場を離れる。

よくよく振り返ると、梓はここまでで
軽音部にはっきりとした感想を表してない
友達に促されるまま行動しているのみ

覗いたりしてるので、気にはなっている 
気にはなっているけど、声をかけられる前に
逃げるように帰ってしまう
 
何か、引き止めて欲しいと言っている
感じがする行動です
 










K-ON08_108B3.jpg平沢家での姉妹の風景
唯は部活見学に満足げですが、
憂はそんな姉に
うまく言えないまま

「軽音部の一番いい所ってどこ?」
と素朴な質問、
自分でも何かうまく説明できればと
思ったのでしょうか

唯はただ「楽しい所」と抽象的な答え
具体的な答えが欲しくて聞き返しても
「楽しいは楽しいだよ」と唯らしい返事

そういう唯は確かに楽しそうで
ちょっと前の
「アイス~」と言ってグタグダしていた頃より
輝いて見える(憂的には)









K-ON08_124B2.jpg翌日
新入生歓迎会での演奏
4人はいつものとおりですが、
確かにこれも楽しそう

「最後にみんなに一つだけ
 言っておくことがあるわ」
「制服も意外とイイ!」


「・・・・早く舞台袖に下がってください」
こんなところも含めて・・です、たぶん。









K-ON08_132B2.jpg一方の憂は、昨日の子に
はっきりと断られている所を梓と目が合う
慌てて逃げる梓に今度は声をかける憂
(2度も逃げられれば止めますって
 振り向く梓の顔はなんか拾われた猫みたいだ・・)

で、憂が付き合わせる形で梓も同行
ここまではまだ、誰かに引っ張ってもらう感じ











K-ON08_148B3.jpg唯のコミックバンド調のMCもそこそこに
次の曲、今回は演奏描写がそれなりに入って
かっこいい感じ、ライブに強い軽音部だ。
(歌詞を忘れてからのアドリブダブルボーカルも
 アイコンタクトで歌うパートを
 伝えようとしているあたりも
 いかにもライブだと思う)

ここで梓はやっとそれらしい意思表示
(頑張って背伸びをしているだけですが)
ほんの些細な動きでも今までに比べれば
格段の進歩です。















K-ON08_163B2.jpgその足で一人で軽音部に来る梓
いきなり積極的だと思ったら
近くまで憂が一緒だったようですね
憂はやっぱりいい子だ。

(良かったねお姉ちゃん)
と、あくまで唯中心なところが
いかにも憂らしいです。

というわけで、梓の部分だけ見ていくと
やたら繊細な描写だったわけですが

たぶん、次はいつもの
軽音部のペースに呑まれると思います・・。


たまには振り返ってみてはいかがですが?

けいおん!第7話 「クリスマス!」
けいおん!第6話 「学園祭!」
けいおん!第5話 「顧問!」
けいおん!第4話 「合宿!」
けいおん!第3話 「特訓!」
けいおん!第2話 「楽器!」
けいおん!第1話 「廃部!」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第7話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

k-on07_001C.jpg今回はクリスマスと
平沢姉妹のお話です。

●平沢家の(よい方向で変わらない)冬の風景

のっけは昔の2人
(『おやつ』・・唯のアレな服はこのころからだった!?)

子供頃は一部屋だったようですね
兄弟、姉妹にはよくある流れです。
(2段ベッドの上下とかも・・
 この姉妹なら唯がずっと上を見てて
 憂が譲ったとかでしょうか)

k-on07_009.jpg


で、現在も同じように準備する2人

そして、あまり描写のなかった登校風景

マフラーを無くしてしまった憂を
自分のマフラーで巻く唯
直感的なやさしさは変わらないようです。
(憂の気配りも唯の少しぬけている所も・・)





k-on07_014C.jpg●いつもの(突っ込みとボケの乱舞する)放課後・・

クリスマス会の提案、
律のいつもの唐突な思いつきですが・・。

紬さん家は予約制で断念(細かい所もお嬢様です)
会場さがしですが・・
(律の部屋が散らかってるのはうなづけるとして
 澪はでまかせでも焦っている感じ、
 それっぽい証拠写真がありそうですが)

k-on07_024.jpg

澪も律も写真を撮るのが好きなようです。
しかも携帯ではなくちゃんとカメラ
澪に対して律の場合はスナップな感じですが・・。

とりあえず、いろいろ楽しそうに計画中

「ベタやなぁ」
「おまえが突っ込むな」「ベタ子さん♪」
なあなあ具合が加速している2人
k-on07_034.jpg紬さんは今回も
かなり楽しみの様子。
和さんも巻き込んで計画は順調に進行中。







k-on07_042B.jpg●姉と(まったりと準備するメンバーと)妹

で、平沢家の打ち合わせ
(唯は相変わらずアレな服『ポリスマン』)
憂の料理スキルは
唯を危ない目にあわせたくないからだそうで・・
けなげな理由です。

「一人一芸披露するんだよ」
少し意地悪な唯、まあ姉の特権ってことで・・
生真面目な憂は真に受けてますが・・。

プレゼント交換用の買い物もそこそこに
もらった抽選券を無駄にティッシュ交換中・・

k-on07_055.jpg
横では金の音、当てたのは
白いメーテル・・もとい紬さん
当てたのはハワイ旅行が化けたすごろくゲーム・・
庶民は素直に楽しめるのか?

k-on07_062.jpg一方、唯は料理と一発芸にお悩み中
(作中の日が変われば
 同じ服を着ないのが『けいおん!』
 ここでも1カットだけど
 憂はちゃんと違う服かわいいからいいんですが)
Aパート終わりは憂、今回の裏主人公ってことで・・。







●姉と(愉快な仲間達はつつがなく・・あと少し世界の広がった)妹その2

後半、当日です。
それぞれ準備中の平沢姉妹
出来た料理を出している憂いですが、

k-on07_067B.jpg

(だるまさんがころんだ状態!?)
サンドイッチに釣られる唯、本能に生きる姉

そんな中三人が到着

k-on07_070B.jpg

「働き者の妹と・・」
「遊び人の姉・・不幸なドラマが始まりそうな設定だな」

k-on07_076B.jpg

k-on07_077.jpg「あ、あのぉ、お姉ちゃんいろいろ
 すごく頑張ってくれて
 掃除しようとしてくれたり、
 飾りつけようとしてくれたり
 それから・・ええと・・」  (一生懸命かばってる・・)

四人でいる時は普通のやりとりですが
憂にとっては気が気でない様子

「じゃあ和ちゃん遅れるってゆうから
 先に乾杯しよっか」

空気を読まない姉、それが唯クオリティ

「能天気な姉と健気な妹」
「これはこれでいいコンビなのかもね」

k-on07_078.jpg「かんぱ~い」と、ここでダウトが一つ

「いや~今年も終わっちゃうね」
「いや~ね、オヤジ臭い」

k-on07_084B.jpg

「いつのまに」
いや、でっかいジョッキあったっしょ

k-on07_085B.jpg
「まったく顧問を忘れるってどういうこと」

「先生は彼氏と予定があると
 思って呼びませんでした」


落ちる落雷・・

(平沢唯のやってはいけないその1
  『3秒考えてから発言しよう』)

バツとして、サンタルックの着用ですが・・
(どうせ、何か理由をつけて誰かに着させようと
 してたのでしょうが)

恥じらいがないと駄目だし・・
(オヤジ臭い評価だ)

いつものように澪にターゲットが移ることに・・

k-on07_095.jpg
(紬さん笑ってないで止めてあげてください)



玄関先で澪を剥いている途中に和さん、到着
(ズボン脱がしてましたよね、見えないようなアングルでしたが)


k-on07_100B.jpg

k-on07_104B.jpg
(高校生って何だがスゴイ)
憂の教育によくない人達だ・・。

「気を取り直してプレゼント交換でもするか!」
(高校生って切り替えがはやい!?)k-on07_102.jpg
こんな先輩ばかりですが、
桜高に上がっても変わらずにいてください。




k-on07_105.jpgプレゼント交換です
さわ子先生は持ち合わせが・・
「本当は今日、彼氏に渡すつもりの
 プレゼントだったんだけど・・」
(重たい・・)

そのままやけっぱちの
さわ子先生が先導でプレゼント交換へ
ハズレ気味の歌の中・・

(なんかヤケクソ)    (もっと楽しいものじゃないの?プレゼント交換って・・)

k-on07_108B.jpg

(もう、お嫁にいけない)      (なんか目がまわりそう・・)

k-on07_109B.jpg

(今年のクリスマスは今までで一番盛り上がってるかも)

k-on07_111.jpg

それぞれ思うところはあるものの
プレゼントが決まったようです。

k-on07_114B.jpg

・・・が、のっけで律のプレゼントに轟沈する
さわ子先生・・合掌。

k-on07_115B.jpg

「最高のクリスマスだわ~」

まあ、かわいそうな大人は放っておいて



k-on07_118B.jpg紬さんは澪の買ったマラカス

律は和さんが買った焼きのり・・
ネタなのか本気なのか・・。

和さんは紬さんからお菓子の詰め合わせ

澪はさわ子先生のメタルのCD
(音楽の趣味は変わってないのか?)

「まさかこれを彼氏にあげるつもりだったんですか?」
(平沢唯のやってはいけないその2・・『わかりきった正論』)






残りは唯と憂ですが、
入っていたのはそれぞれ手袋とマフラー

「憂がマフラー無くしたっていってたから」
「お姉ちゃん、かたっぽ無くしたって言ってたから」

k-on07_129B.jpg


「お互いのプレゼントが
 当たってなかったらどうするきだったんだ」

世の中は、健気な姉妹に少しひいき目に回っているんです・・たぶん。


k-on07_136B.jpg「よぉ~し、次は一人づつ芸でもするか!」
律はアドリブで言ってるはずですが・・さすが、唯と同レベル

で、意外にも憂が立候補
腹話術を披露してくれました。

唯はエアギターは律も、エアドラムって・・
言いだしっぺ2人が安直だ。

澪はサンタコス・・芸かどうかは置いておくとして
ロングショットだったのは少し残念。

紬さんの『マンボウ』はお茶目でいいんですが、

問題はさわ子先生・・『もみじ』って
開き直った大人は、たくましい・・?

k-on07_141.jpg

k-on07_143B.jpg

あっというまにお開き、
お見送りの帰りに雪が降って・・
「お姉ちゃん、私にホワイトクリスマス
 プレゼントしてくれたことあったよね」

「えぇ?」
唯は覚えてないようす、
それでも憂は気にしないでしょう

その瞬間の憂のためだったわけだし
今日もいいことがあったわけだし
(唯にとってはその瞬間、瞬間の憂が大事なわけで
 今のためならば、前のことは忘れてしまうのかも
 忘れっぽい唯らしいですが)

一日の回想にふける憂
(このパジャマ、袖の長さは違いますが
 4話で唯が間違えて着ていたものと同じデザインロゴが・・
 夏と冬用があるのでしょうか)

k-on4_045S.jpg

「一緒に寝てもいい?」
唯が枕持参で参上
(相変わらずアレな文字が・・)
毛布を独り占めしてしまったのはご愛嬌ってことで・・。

k-on07_148B.jpg


で、平沢家の年末年始、
唯はこたつから動かず・・。
(原作では正月3日でしたが無駄にパワーアップ)

k-on07_151B.jpg


k-on07_160B.jpg
四人で初詣です。

「私いくら食べても体重増えないから」

k-on07_156.jpg


「そんなわけ「ないでしょう」
意外と紬さんも気にしてるようです。

一人晴れ着の澪は、律に遊ばれたようです。
『いいじゃん晴れ着、いいじゃん片方結い
 長い髪はサイドポニーっしょ』
不精絵描き(ギャルゲー脳の)N氏より・・っていうか
ここに発言載せたければ何か描いてください・・。

さわ子先生を生暖かく見守ってから
みんなでお祈り

「みんな何をお願いしたの?」
「私は家内安全」
「体重減りますように」
「おいしいものをたくさん食べられますように」

「みんな、軽音部のこと祈ろうぜ」
たまにまともな律、

そんなわけでテイク2
「演奏がうまくなりますように」
「みんなと楽しく過ごせますように」
「ムギちゃんの持ってくるケーキを
 もっとたくさん食べられますように・・」


ゲンコツ一発、テイク3・・。
「ぎたーガウマクナリマスヨウニ・・」


7話終了です。
今回は憂がいい感じで出てましたが
次回もこのメンバーでいろいろやってくれそうです。
(こんどは全員メイドさんです)

原作2巻にさしかかりつつありますが、
どうまとめてくれるんでしょうか?

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第6話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。


k-on06_008.jpg6話は、山場の学園祭です。
演奏やその後のアレをどうするのか
期待が高まってましたが・・。


とりあえず
各キャラかいつまんで書いていきます。



k-on06_017C.jpg
★今週の澪
演奏まで時間があるせいか最初は
まだ余裕です。

それぞれ軽音部よりも
クラスの出し物が優先。

それはわかってますが、
不安な澪はクラス巡り
それぞれクラスって別なんでしたっけ・・?
(教室の描写がほとんどない・・)

で、まずは唯のクラス

焼きそば屋のようで、
奇抜な格好の唯がお出迎え
(あの独特の感性で自分で選んだのか?)

(途中でブレーカーが落ちて騒いだりしてる所なんかは
 いかにも学園祭のハプニングらしくていい感じです)

忙しそうな雰囲気をさっして澪は一時撤退



k-on06_020B.jpg律のクラスは
定番のお化け屋敷
律は言いだしっぺなのですぐに
抜け出せないそうです。
(相変わらず行動力だけはありますね)

中に紬さんが居るそうですが
紬さんは律と同じクラスなのかな?
(あとの会話から澪も同じようです)

澪は案の定ビビッてます。

恐る恐る進む中で、声に振り向く澪
そこにはしっかり幽霊してる紬さん

紬さんわかっててやってるよなぁ~

k-on06_029.jpg



★今週の(・・枯れた声の演技が大変そうな中の人・・)唯

k-on06_032B.jpg
心配して見にきた和さんに
無駄にマフラー回しながら答える唯
(特に意味ないことをやらせるって
 あんがい難しいんですけどね)

律と合流
2人でお相撲さんゴッコに没頭
アレな2人は毎回何かしないと気がすまないのか・・

「稽古は本場所のごとく
 本場所は稽古のごとくっす」

「相撲は国技じゃないっす
 格闘技っす」

「相撲に勝って勝負に負けるとは
 これのことかいのぉ」


なんか声枯れてるとか関係ない演技だし・・









★練習を見にきた(・・引っ掻き回すだけな・・)さわ子先生

k-on06_046B.jpg
澪が一人で練習中のようでしたが、
(右は不精絵描きN氏より
 絶対入れてと言われたカット
 『見返りって動作はずるいんだよ、
 それだけでさまになるんだから
 そもそもこの動作は浮世絵から・・
 (うるさいので中略)
  ・・というわでタバコを吸ってる絵が
 様になるのと同じ原理なんだよわかる?』

あんまりわかりません・・。
暇なときに聞いておきます・・。

で・・練習をしていた一同
それでも澪はまだ不安そうです。

そこへさわ子先生乱入
(今回は演出で遠近感をぼかしを入れて  
 強調するシーンが多いです。ここは一番目立つところ)

「衣装作ってきました~」
「ノリノリだぁ~」

見てる側はいいんですが、
澪にとってはオウンゴールな感じ・・。



k-on06_055B.jpgさらに昔の衣装やら
わからないようにメイクをするやら
遊んでるよ、さわ子先生

しかし、紬さんと唯の早着替え
なんなんだが・・衣装じゃないし・・。
合宿のときは気にならなかったけど
唯のスク水の体のラインが妙に生々しく見える・・。

『それは君の属性だからだよ』
N氏の呟きは軽くスルーしておきます。

散々荒らしまわってさわ子先生は帰りましたが
「そうだ、練習だ
 何もなかった、何もなかったんだ・・」

なんとか忘れようとする律

窓辺で煤けた笑いをする澪
(やっぱりAパート終わりは澪率が高い)








★今週の(・・最近、日に日に隠されたスキルが暴かれる・・)紬さん


機材を運びです。
女の子なので大変なはずですが・・

「シャランラ♪シャランラ♪」

無駄に高機能なお嬢様ですね。

k-on06_079B.jpg


k-on06_086.jpgで、機材を運ぶ最中も
舞台ではいろいろ進行中
唯もそんな空気にテンション上がり気味です。
(『唯スマイル』といったらいいのか
 この独特の笑顔、一話からありましたが
 いかにも期待がこもっていていい感じ)




k-on06_103B.jpg★今週の(・・なんだかんだで澪の幼馴染な・・)律

機材運びが終わって休憩中
「りっちゃんと澪ちゃんって幼馴染なんだよね」

そして語られる二人の過去
(次回は平沢姉妹の幼いときが見られそうなので
 いつかは紬さんもやるのかな)

機材運びの間どこかへ行っていた澪も合流
動作が普段よりもいっそう大人しそうですが、
持ったカップがカタカタ、
「「「メチャ、メチャ動揺しているし」」」
薄いメッキの平常心でした。

「もうすぐ本番なのに、
 そんな調子でどうするんだよ」


「律、私とボーカル代わって」
「そしたら、ドラムどうするんだよ」

「私がやるから!」
「んじゃ、ベースはどうするんだよ」

「それも私がやるから!!」
「やってもらおうか!!
 逆に見てみたいわ!!」


k-on06_107B.jpg
原作より・・アニメだとテンポと
動きのおかげでいい感じ

k-on06_116B.jpg一旦落ち着いたものの
まだ踏ん切りのついていない澪と
困ってる幼馴染に
久しぶりに真面目な顔の律
突然始まるMCの実演練習

ノリに乗る唯と
流れをさっしてか協力する紬さん
まだ意図が見えてない呆然とする澪

唯、紬さんとノリノリで
澪の紹介ですが、げんこつ1発

「誰がデンジャラスだ!」
「・・・いやその感じが」

気を取り直して自分の紹介
で、げんこつ2発目

「自分だけ持ち上げ過ぎだろ!」

やっと緊張がとけて会場へ





★ライブと(・・強い印象は予想の外から来るものと・・)アレ

k-on06_140B.jpg結局、さわ子先生用意の衣装を着る4人
茶化しあっているところへ
アナウンスが入ります。
(始まる前の幕の内側はいろんな
 感情でぐるぐるになるものです
 それがいいという人もいますが)

k-on06_144.jpg


「私GJ」
さわ子先生の見方が
だいぶわかってきました。

k-on06_152.jpg


k-on06_153B.jpg(あらためて聞いてみるとこの辺りの部分
 場内の喧騒とか聞き取れない程度の話し声とか
 いろいろ入っていて緊張感の演出がよくでてます)


幕があがっても
やっぱり緊張している澪
(某ラジオパーソナリティは
 『生っていうのは始まれば終わるんだよ』と言ってました
 逆に始めなければ終わらないのもまた道理)

k-on06_155.jpg

k-on06_177B.jpg澪は唯に励まされやっと吹っ切れたようです。
さすが主人公声が枯れてても決めてくれます。
(たたずむさわ子先生もちょっとカッコイイ
 描写は無いけど憂も見ていたのかな・・)

演奏はPV主体でしたが、
唯の声は枯れたままという懲りよう
(大半の人は(私もですが)
 普通の演奏描写を期待してましたが
 OPやEDを越えるクオリティでもないと
 たぶん納得できなかったと思えば
 これはこれでありかと・・)

演奏が終わり拍手喝采の会場
(実際、学生バンドでオリジナルで完成していて
 演奏できている時点ですごいと思ってしまいます)

達成感で退場・・のはずですが
まだアレが残ってます。

テレビ放送のラインでそれなりに描写してましたが・・
(誰だ、写真撮ったの!)

悲鳴と共に軽音部初ライブ終了



k-on06_185B.jpg


k-on06_191B.jpg後日、成功を祝う一同、
澪のファンクラブまでできたと喜んでますが
(軽音部のファンクラブでないあたりが・・)

本人はしばらく再起不能のようです。
(学校に来てるだけまだ安心か?)


というわけで、6話終了
アニメがどこまでやるかは微妙ですが
エピソードを足さないかぎり
2年生に突入しそうですね、
アニメで梓も見てみたいですが
どうなんでしょうか?






で、オマケです。
律の回想・・N氏が作業中ここだけ見てきて
「ひぐらし?」と聞かれました。どんな古手梨花っすか
あとはメッキ平常心中の澪と
下手より客席の様子をみる唯と紬さん
衣装と楽器でわりと様になっている唯です。k-on06_093D.jpg
k-on06_148B.jpg


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第5話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。


k-on05_003B.jpg掛け合いもだいぶ見慣れてきた四人ですが、
今回はさわ子先生が加わり、
いろいろヒートアップの5話です。

「りっちゃん、オイ~っす」
「お~す」
脱力したあいさつ
アレなコンビに礼儀は不要

律が見ていたのは
前回発掘したダンボール内の
アルバムですが、

「いつの時代のバンドだよって感じだよな~」

「えっ・・そ、そうだね」
(バンドといえばこういう
 イメージしかなかった私って・・)


k-on05_007.jpg




k-on05_010B.jpgまともに練習している描写は初めてなような気が・・。

「指の皮むけちった・・」
「うわ、痛々しいなぁ~」

「ほら、澪ちゃんも見て~」

で、澪はいつものごとく・・
「みえない、きこえない、みえない、きこえない・・」
今回は更にディフォルメが入ってます。

律に遊ばれる澪、取り残される唯

「ごめんね、ちょっと譜面台を・・あれ」
今回のターゲット、さわ子先生登場

k-on05_017.jpg







k-on05_027C.jpg流れで、
職員室で手当てを受ける唯

それをこっそり眺める紬さん。
(ここにきて、紬さんの百合属性発覚、
 原作では1ネタでやってましたが
 アニメはこの回をとおしてゆっくり描写)

「この分じゃ、またすぐ皮剥けるわよ」
「ええ~」
「そうやって何度もやっているうちに皮が硬くなって
 弾けるようになるの、誰もがとおる道よ」

 
「先生、ギターやってたんですか?」
「うん、昔友達がね」
(友達がといいつつ
 自分のことを語るのはよくある話、
 気が付いても、聞き流すのが大人の対応)

「学園祭ステージを借りるための
 申請にいってたんだけど・・
 『軽音部はまだちゃんとした
 クラブとして認められてない』って
 断られちゃった」

「ああ~そっか~」
聞き流してる場合じゃないですって・・。

k-on05_032.jpg



k-on05_035B.jpg「えっ」

「部として認められてないだって」
部室で事の次第を聞いた律、まあ当然の反応

「っていうか、クラブとして認められてないのに
 音楽室好き放題に使ってよかったのかな~」


さわ子先生が何も言ってませんでしたから、
だぶん大丈夫だと・・。

k-on05_037B.jpg

「あれっそういえば澪は?」

「澪ちゃんならあそこでまだ怯えてる」
知ってたなら、ほっといちゃダメでしょう・・。


で、直談判ですが

「たのもう~」
「部長はわたし」
さすが軽音部のアレ部門一位と二位を独走の二人
登場の仕方も普通ではありません。

k-on05_039B.jpg


k-on05_041C.jpg
「あら、唯」
普通に和さんがお出迎え。

唯は和さんが生徒会だと知らなかったようです。
「すごいね、さすが和ちゃんだよ」
「おまえら、ほんとに幼馴染?」

で、和さんに調べてもらいましたが、
やはりリストには無いようす。

「もしかして・・」
「りっちゃん何か心当たりが」
「恐らくこれは、弱小クラブを
 廃部に追い込むための生徒会の陰謀!」

さすが、合宿で遭難ゴッコを思いつく頭は伊達ではないです。

k-on05_048.jpg

「っていうか、部活申請用紙がでてないだけじゃないの?」

「そんな話は聞いてないぞ」
「聞いてるだろ!」
なんかいろんな塗りが混ざってるカット
澪がちょっと怖い・・。

k-on05_054B.jpg

k-on05_056B.jpgで、回想

そうあれはまだ春のこと・・

「あたしが部長だから、あたしが書く」
「大丈夫か?」

「あの~パウンドケーキもってきたんだけど」

「おい律!」
「わかってるよ、食べ終わったらすぐ書くって~」

そのまま申請用紙は机の中に・・。

「やっぱりおまえのせいだぁ~」

「なんていうか、軽音部って唯にピッタリだと思う」
「えっ」
合宿を過ぎてだいぶ打ち解けたので・・。

k-on05_060.jpg

結局、和さんがなんとかしてくれることに
「軽音部っと、部員は4人、顧問は?」
「「「「顧問?」」」」

「・・あんた達」
こればっかりは律だけのせいとは言えません。

k-on05_063B.jpg


k-on05_068B.jpgで、今回のミッション
顧問ゲットに動くわけですが

「あの!」
律のおだて解説にたまらず
振り返るさわ子先生。

k-on05_069.jpg

どこからか沸く3人とそろってプッシュしますが
「吹奏楽の顧問をしているから
 掛け持ちはちょっと・・」


更に食い下がる3人、
唯だけジッとさわ子先生を見つめます。
(注:はるひちゃんではありません)

「さっき昔の軽音部のアルバムを見てたんですけど」
「ええっ」青くなるさわ子先生

「ア、アルバムはどこにあるの?」
「部室ですけど」
「そう・・」

距離を置いておもむろにダッシュ







k-on05_081B.jpg


ここから、さわ子先生の部室へのラナウェイ
無駄に派手な演出と
なんでそんなに障害物があるのかはまあ置いておいて
BGMの激しさにノリノリな感じです。

k-on05_086C.jpg


k-on05_092C.jpg
部室にたどり着き、
これみよがしに置いてあるアルバムですが・・。

「やっぱり先生なんですね・・」
詰問口調の律
なんかノリがミステリーのラストみたいですが
(BGMもなんとなくそんな感じ)

k-on05_100.jpg

「よくわかったわね・・
 そうよ私、軽音部にいたの」


「意外でした」
「じゃあもしかしてこの声も」
ラジカセから例の叫び声

「やめて恥ずかしい」
澪の絶賛特許出願中のポーズで座り込み

「きこえない・・きこえない」
澪は相変わらずです。
「まだ、引きずってんのか」



k-on05_105B.jpg



k-on05_111B.jpg「じゃあギターも」
「弾いて弾いて」

ギターを持たされ
おもむろに顔を上げるさわ子先生

「しゃ~ねぇ~なぁ~」
(((目つき変わった!)))

そして披露されるギターテク(澪、復活早いな・・)
「早弾き!」
「タッピング!」
「歯ギター!」
「私のギター」

「おめえらぁ音楽室好きに
 使いすぎなんだよ!!」


「だいたいなぁ・・・」
急に我にかえるさわ子先生

嫌な空気の沈黙

「いまの見た?」

無言で頷く一同

k-on05_121.jpg



k-on05_124B.jpgk-on05_125.jpg

「先生の時はおしとやかキャラで
 通すって決めてたのに・・」


「先生・・「あれはもう8年前のこと・・」

「いきなり語りだした」

語りだすさわ子先生
っというか、歳がばれますよ?


私は恋をした


「ごめんね、俺もっとワイルドな
 女の子が好きなんだ」


私は決心した、
彼の好みの女性になろうと・・










もっとワイルドに・・


k-on05_136B.jpg





もっと、もっと・・ワイルドに・・

k-on05_138B.jpg





もっと、もっと、もっと
ワイルド ワイルド ワイルドに・・


k-on05_140B.jpg




「付き合ってやってもいいんだぜ」

k-on05_145B.jpg

「さわ子・・やりすぎ」

なんというか笑うしかない流れ・・とりあえず・・
もう少しはやく言ってあげてください・・。

「所詮そういうものよね・・」
「先生・・」
「いいのよ、慰めの言葉なんて・・」

k-on05_153B.jpg

「ばらされたくなかったら、顧問やってください」
「リっちゃん逞しい子」


k-on05_155B.jpgそんな一部始終をじっと見ていたのが・・

「ムギちゃん?」

横では紬さんがぼうっとしてます。
(軽音部でその望遠鏡は流行ですか?
 例の紬さんの『試してみたかった』とかですか)

何度か声を掛けられ
やっと我にかえる紬さん

誤魔化していますが
さわ子先生の登場で百合化が加速しているようです。










k-on05_161B.jpgk-on05_164.jpg
別の日、さっそく
演奏を見てもらいました。

「どうですか、顧問として」

「そうねえ・・前のり後のりとか、
リズムセクションがバラバラとか
いろいろ気になることはあるけど
まず・・ボーカルはいないの?」


完全に失念の4人

「じゃあまさか歌詞もまだ・・とか」

「え、え~と」

「それでよく学園祭のステージに
 出ようなんて考えたわね」


「・・すみません」

「音楽室占領して今までなにやってたの
 ここはお茶を飲む場所じゃないのよ!」


外ではおしとやかキャラですが
音楽のことでは容赦無いようです。






k-on05_171B.jpgk-on05_170.jpg

「先生!」

「あぁ!」

「ケーキいかがですか・・」
「「「ええっ」」」
無謀な行動のようですが・・。

「いただきます!」
「「「いただくんかい!」」」

さわ子先生も既に軽音部の一員です。








k-on05_179B.jpgで、澪が歌詞作りです。
難航している所に紬さんからメール

(さわ子先生が顧問になってくれて、
 なんだがドキドキしています歌詞作り頑張って)


「ドキドキ・・まさかな」

k-on05_183.jpg


k-on05_193B.jpg
歌詞は完成したようです。

(突然ですが、BSで放送始まってますが見てますか?
今回は特にワイドサイズでないとわからない描写がちらほら特にこの辺りでさわ子先生が4人の無駄話を聞いているところは右側であきらかに誰か動いているんですけどわかりませんね)

k-on05_194.jpg
「私としては・・いい感じに書けたと
 思うんだけど・・やっぱダメかな・・」

涙目の澪、二人の必死にフォロー
(創作物を第三者に見せるのは
 勇気がいりますからね・・)
「唯からも何か言って」
「すごくいい♪」「マジで!」

「ムギはどう思う・・」(超うっとりしてる)

k-on05_201.jpg
「ま、まさかムギも気に入ったの?」
「はい」
「こういうのアリ?」
「うん」
「ほんとに?」
「YES」
「マジで?」
「どんとこいです」(声うわずってますよ)


k-on05_203B.jpg既に逃げ場の無い律
「さわちゃん」
「さわちゃん!?」

「さわちゃんはこの歌詞ないと思うよね!」
「え、ええ、そ、そうね」
と一旦は否定しますが・・。

大人の打算で・・
「私も~この曲~好きかも~」

珍しく、律が回りに振り回される構図でした・・。







k-on05_208B.jpg「それじゃあもうこの歌詞でいくか・・」
泣きが入っている律・・。

「じゃあ、澪がボーカルってことで」
「ええっ私は無理だよ」
「なんで?」

k-on05_210.jpg
「だって・・だって
 こんな恥ずかしい歌詞は
 歌えないよう!」

「おい・・作者」

残りは・・
期待の目の唯と困った顔の紬さん

仕方なく唯に振ってみますが
「でも~歌そんないうまくないし~
 私で勤まるかわかんないっていうか~」

「んじゃ、いいや」
「ごめん、うそ、歌う、歌いたいです」
普段、天然のわりに意外と目立ちたがりだ。

案の定、ギターを弾きながら歌えるはずもなく
(しかしギターの腕は上がっている!?)
さわ子先生と特訓です。




k-on05_221B.jpgで、さわ子先生達を見る紬さんは
やっぱり少しへんです。

「ムギってさ・・さわ子先生のこと・・」
「へっマジで・・
 ムギ、さわ子先生のこと好きなのか?」


「へっ」真顔の紬さん
普通の反応に逆に戸惑う二人

k-on05_226B.jpg
「ああ、いえ、
 だた女の子同士っていいなって」

「え、まさか」
「なんだよかったぁ」
「いいのかよ!」
澪の返事にでっかいハテナを浮かべる律

「本人達がいいのなら
 いいんじゃないでしょうか・・」


「えっと・・」
こんどは澪がでっかいハテナを浮かべる番
「何を言ってるんだ」
なんだか微妙な空気・・
(かみ合いそうで合わない会話
 それぞれのニュアンスのとり方と
 言葉の拾い方で好きなように解釈してください)



k-on05_236B.jpg特訓からかえって来た唯

演奏にも磨きがかかり期待が高まりますが・・。


k-on05_252B.jpg

練習させすぎちゃった♪」

「声枯れちゃった♪」

「かわい子ぶってもダメだ!」







k-on05_245B.jpg
「変更するなら、今日中よ」

困った一同、視線は一点に集まります。

「そうねぇ、澪ちゃんなら
 歌詞覚えてるだろうし」


「歌詞作った本人だしな」
「がんばってね澪ちゃん」
「唯からもお願い」

k-on05_248.jpg

赤面して倒れる澪

「本番まで、後三日」

これで5話目終了

相変わらず、
無駄に長くなってしまいました。

さわ子先生がパワーありすぎだったので
つられた感じです。

次は山場の学園祭
迫力のあるシーンが期待できますが、
原作の澪のアレはどうするのか
ナナメ上の展開を無駄に期待してます。


今回はいろいろ載せすぎて
オマケは無しです。 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第4話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

k-on4_003C.jpg4話です。澪が発端で合宿をします。
なのでいろいろ澪が全開のお話です。

「唯、水がしょっぱいぞ」
「塩、塩だよりっちゃん」
「唯、波だ波」
「うぉ~波だね、りっちゃん!」
そのまえに飛ばしすぎの二人です。

k-on4_005.jpg
k-on4_006.jpg


k-on4_190B.jpg時間は戻って学校です。
澪はカメラを片手に学校を散策中、
(OPや何かの節目にカメラで撮る描写の多い澪
 アニメのみの描写ですが個人的な趣味のようです。
 部活も元は文芸部を希望していたりとわりと多趣味
 感性が豊かなんでしょう。
 そういう人は想像力も豊かなので
 痛い話や怖い話を想像で膨らませてしまいます。
 まさに澪のキャラクターそのものですね)


で、澪は『軽音部』と書かれたダンボールを発見
中から『桜高祭』と書かれたテープを見つけますが・・。





k-on4_013.jpg





k-on4_022B.jpg 一方、唯と律

「ホントに忘れてたんだな・・」
コードを押さえられない唯。綺麗サッパリ忘れてしまったようです。

「お婆ちゃんによく褒められたんだぁ
 『唯は一つのこと覚えると他の事は全部忘れちゃう』って」


「それ・・たぶんちがうぞぉ~」

そんなまったり空気の中を澪がわって入り

k-on4_027.jpg

「合宿をします!!」
と宣言しますが・・。

(原作でも合宿はありましたが、アニメは
 『昔の軽音部との差』というきっちりとした動機付けがあり
 さらにダンボールの中身が次回への複線にもなっている
 という恐ろしく自然な流れ)

「着ていく服買わなきゃ」
「あと水着もな」

聞いちゃいません。まあ唯と律ですから・・。
さらに学園祭という話題を振っても、

「はいはぁ~い、私メイド喫茶がやりたい」
「えぇ~私、お化け屋敷がいいよぉ~」
画面越しでは賛成票多数かもしれませんが、
何部か忘れてませんか?
・・この回は特に唯と律はコンビではっちゃけてます。

k-on4_037.jpg

ゲンコツは何故か律だけですが・・。

「・・・マドレーヌ、食べる?」
遅れてきた紬さんの部屋に入って一言
生暖かいフォローがいい感じです。


k-on4_041B.jpgとりあえず、お茶で一息。

紬さんに事情を説明中・・
しかし、ギターを買うのに時間が掛かった
とはいえ3ヶ月たって音合わせ無しとは・・。

「まあ、まあ、まあ、まあ、まあ、まあ」
「・・6回」
「・・?」
やんわりと流す紬さん、何故か回数を数えている唯、
不思議そうにしている律、何でもない間なんですけど
この何でもなさが独特で好きです。

さらに、お金の問題が出てきますが、
「ム、ムギ」
「はい?」
「べっそう、とか「ありますよ」
 「・・あるんかい」
澪の言葉にかぶせ気味に紬さんのセリフ、完全にコントのテンポです。


k-on4_045B.jpgみなさん、旅行の前日はよく眠れる方ですか?
私は寝つきが悪く、目覚ましより早く起きるタイプですが唯は・・

「そろそろ起きたら・・っていうか
 それ私のパジャマじゃん」

爆睡中です。

しかも珍しく普通のを着ていると思ったら
憂のパジャマだし・・。
憂は姉が旅行に行くと知らなかったようです。
(知っていたら『出来た子』は
 大事な日に寝坊なんてさせません)

鳴り響く携帯、震える澪の声。

「おはようございます・・」

友人関係によくある風景です・・
意外とシャレにならない事が多いですが。


k-on4_052C.jpg唯はなんとか間に合ったようです。
「ごめん、わくわくしてなかなか眠れなくて」
「小学生か」
「いや、そうでもないみたい」

気持ちよさそうに眠る紬さん。
「ふふ、ふふふふ。ゲル状がいいの・・」
「ゲル!?」

k-on4_060B.jpg


k-on4_065B.jpgで、別荘に着きました。

「いつもなるべく普通にしたいって言ってるんだけど
 なかなかわかってもらえなくて」


部屋にフルーツがあったり、お姫様ベッドに花がまいてあったり
冷蔵庫に高そうな肉があったり、
一番小さい別荘で、紬さんの『普通』はなかなか難しいようです。

そして、澪が目を輝かせたのは、
広々としたスタジオルーム。

「昔の軽音部の学園祭でのライブ・・」
「・・じょうず・・」
ラジカセから派手なサウンドが響きます。

「なんか聞いてたら負けたくないなって思って」
「負けないと思う・・私達なら・・」
珍しくシリアスな雰囲気ですが・・。

k-on4_081.jpg 
「よぉうし!あっそぶぞ~」

「お~いぇ~」
早速水着に着替えて遊びに行く唯と律

「これでも・・」
「ええ、まあ」


k-on4_086B.jpg「折角だし、少しぐらいなら」
「でも、私は・・」
さっきまでの雰囲気から遊びに行くを躊躇する澪。

「じゃあ、待ってるから」
一人取り残される澪、今にも泣き出しそうになって、

「私も、いく~」
(Aパート終わりって澪率が高いような)
k-on4_088.jpg


k-on4_090B.jpg後半です。

「無人島に流れ着いて、かれこれもう2週間か・・」
「流された時はどうなることかと思ったけどな・・」
生暖かく見守っていると・・。

「何勝手な設定つくってるんだ」
澪の突っ込み、漂流ゴッコですか・・。

振り返った唯と律の目に・・
k-on4_092.jpg

そして、おもむろにボールを投げる。
「くらえ!!」

あとは思い思いに遊んであっという間に夕方・・。




k-on4_108B.jpg「折角、海に来たんだから
 思う存分遊ばないとここまで来た意味がぁ・・」

やっと我にかえったようです。

「マ、マッタク~リツガアソボウトカイウカラダゾ~」
棒読みの澪、
「一番楽しそうに遊んでたのは誰だ」
珍しい律から澪への突っ込み。
「ツーン」っとそっぽを向く澪。
k-on4_113.jpg




k-on4_118B.jpgやっと練習ですが、唯と律がダウン気味。
(唯は『オーシャン』シャツ)

「ムギ、ちょっとどいてて」
アンプを目の前に置いてベースによる強烈目覚まし。

なんとか起きるもののやる気ゼロ。

「なあ、今日はもうやめにしようぜぇ」
「練習が目的でここに来たの!」
さっきまでみんなで遊んでましたけどね。

意地悪な顔になる澪
「そういえば律、最近少し太ったんじゃないか」
「へえ」
「特にお腹の辺りが・・最近ドラムを叩いてないからかな~」
泣きながらドラムを叩く律。
さすが、付き合いが長いだけのことはあります。

「もう、ギター持てない」
今度は唯がダウン、澪もこれには困ったようで、
「だから、軽い奴にしておけって言ったのに」
「だれだ、このギター買うっていったの!」
「いや、おまえだろ」
少し澪がかわいそうになってきました・・。

k-on4_125.jpg


k-on4_128B.jpg再びダウンの二人。

お化け屋敷とメイド喫茶で軽くもめますが、
「唯、お前なんにもわかってない。澪を見てみろ
 澪ほどメイド服似合う奴なかなかいないぞう」


で、二人の勝手な想像が膨らみます。
「黒のストッキング!」
「純白のエプロン!」
「そして、メイドカチューシャ」
「もえもえ、キュン」
k-on4_129.jpg
「っとか言ったりしてなぁ~」
「かわいいかも~」

冗談のつもりみたいですが澪の中では既に
そのいきを超えていたようです。合掌・・。
「リッチャン隊員・・」
本人が恥ずかしがっても
ピクシブ等ではいい感じの投稿されていると思いますが・・。


k-on4_133B.jpg
「終わったら、本当に練習するからな」
外で休憩のようです。

「わかってるって」
なにやら準備をしていたようですが・・。



k-on4_134.jpg






                      「せ~の」

           k-on4_136.jpg

大音響とともに『平沢唯単独ライブIN琴吹さん家の(一番小さい)別荘』が勃発。
しかし、唯は本当に楽しそうです。

         「それじゃあ最後の曲、いっくぜぇ~」

k-on4_138B.jpg
k-on4_141B.jpg



k-on4_152B.jpg
花火も終わり、余韻を楽しんでいると、
「武道館を目指すなら、まずこのくらいはできないとな」
ラジカセから旧軽音部の演奏、しかし聞こえてきたのは恐ろしい叫び声・・。

さらに律の追い討ちですっかり、
怖がりモードの澪(というより幼児退行かも・・)

三人に声を掛けられやっと、
顔を向ける澪
「ほんと・・」
あまりの可愛さにやられる唯と律

「もえもえ~キュン」
既存の表現では、表せなかったようです。


k-on4_157.jpg


k-on4_158B.jpg
一息ついてスタジオの中、
澪はまだ機嫌が直りません。

「唯ちゃん、でも本当にさっきの曲・・」
「うん、見てて」
さっきの曲を器用に弾く唯。

(二人の主語の無い会話。適当な推測ですが、
 唯はこの曲を練習していたのでしょう。
 意外と紬さんも協力していたのかも・・
 それが寝坊の理由だったら少し良い話すぎでしょうかね・・)

更にわからない部分の指導を受ける唯、
やっと練習らしくなったのも束の間

唯は教わったばかりのチョーキングが
ツボに入ってしまい笑いが止まらない。

「ツボだったみたいだな」
「ふじつぼ!!」

日中の海岸の恐怖が蘇る澪、
(ツボのくだりは原作、ふじつぼのくだりはもちろんアニメ
 綺麗なコラボオチ・・)


k-on4_166.jpg


k-on4_173.jpg最後は温泉。

湯船でもコードの練習をする唯、
さすがやれば出来る子です。
澪も指導に熱が入ります。


「やっぱり音楽っていいね
 今日初めてみんなと合わせてみて、楽しかったもん」



k-on4_178.jpg
唯の率直な一言に照れる澪、
合宿はなんとか成功したのでした。










k-on4_182B.jpg
で、合宿の終わったある日。
律が澪に合宿の時の写真を見せますが・・。

「ネガを渡しな・・」
「デジタルカメラだからネガ・・無い」

(これは原作1巻のカバー裏のネタ、
 確かにアニメのは寝相が悪いですが、
 どちらかというと原作の絵の方が少しきわどいです)









k-on4_187B.jpg
で、4話終了。
回を重ねるごとにアニメオリジナル分が
増えてる感じですが
(ブログも回を重ねるごとに無駄に長くなってます)

今回だけで澪の喜怒哀楽があまさず
でているという豪華ぶり、ファンの人はたまらんでしょう。

掛け合いのノリやテンポも磨きが掛かっていて
まだ4話目なのに最後はどこまで行くんだろうと
無駄に心配してしまいます。



恒例のオマケです。
その1 澪のスナップ写真集

k-on4_009B.jpg

その2 いつもどおり気になったところ・・。
電車での澪
『綺麗な長い髪はですね、風になびくためにあるんですよ!』
と力説する不精者絵描きN氏より。
そして、律に向ける意地悪な顔の澪
最後に今回はあまり目立ってないですが
影で支える紬さん、思いやりの視線です。

k-on4_200B.jpg


ほんとに最後に、不精絵描きN氏よりイラストと
言い訳を頂きました。
『知り合いの澪が大好きなコンパニオンのお姉さんが
 けいおん!の四人はP-MODELというグループのメンバーからとったらしいと聞きました。
 P-MODELはメンバーの入れ替えが多かったようですが
 リーダーの平沢さん、ベースで後にヴォーカルもやっていた秋山さん、
 ドラムの田井中さん、キーボードのことぶきさんという方が居たそうです。
 ただ、この4人が同時期にメンバーだったかどうかはわからないそうです。
 彼女曰くテクノの神様だとか・・
 このマメ知識でへっぽこイラストの件は勘弁してください』

下がN氏のイラスト、原作版だそうです。

k-on.jpg

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line