拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第四局

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


saki04_003C.jpg「全国、全国にいけばお姉ちゃんに会える」

決意を新たに月を見上げる咲です。
和さんとの約束で姉のことが気になるようす。

で、同じ月の下の和さん
こちらは完全に咲さんに『恋する乙女』モード

saki04_006.jpg

同じシーンを思い出してますが
咲にとっては目標を後押ししてくる人が

和さんにとっては一緒に目標に
向かってくれる人がそれぞれ必要だったのでしょう。
似てますがいい意味で微妙にずれている二人、

乙女な和さんがいい感じなので
よいのですが・・。









saki04_008B.jpg登校中、ジッと小指を見る和さん。
乙女モード継続中です。小指に口付けとかしちゃってますが

「花村さん」

急に呼ばれて振り返れば咲
「おはようございます」
挨拶をするも顔を見られない和さん。
一息ついて、
「今日から全国目指していきますよ」
その声も前回の強い感じは無く、おとなしい感じ。

それでもお互いの呼び方は「花村さん」「宮永」さん」
これは原作でもずっと変わらず。
ちなみに優希は二人を「のどちゃん」「咲ちゃん」と呼ぶ

saki04_016B.jpg



saki04_022B.jpgそういった、和さんの変化を
他の人が気が付かないわけもなく。
「おまえ、和と仲良くなったのか?」
「うん」
「・・しかも、お昼を一緒に食べるほど
 いったいいつのまに・・」


↓この間にです。
残念京太郎、君にフラグが立つことはない。
saki03_119.jpg


saki04_024B.jpg「おっそ~い、もうハラペコだじょっ」

というわけで、お昼
(どうでもいいですが、
 原作だと、このお昼の並びが左から
 優希、和さん、咲、京太郎・・和さんは咲の隣が
 既に定位置このあとの
 京太郎と優希のやりとりを考えれば、
 アニメの方が位置関係は自然)

和さんはお弁当を作れなかった咲に
自分のを(わりと最初からそのつもりかも)
差し出すかいがいしさ、

『嫁』というワードで京太郎の妄想
君の唯一といっていい大事な仕事だ。
(さすがに和さんには
 そういう発想はないはずなので・・)
saki04_036B.jpg


saki04_044B.jpgで、ちゃくちゃくと準備を進める久さん。
県予選突破を目指すと発破をかけます。

「男女別だから俺が出られるの個人戦だけか・・」
(原作では『男女別』とはなかったですが、原作の
 大会では女の子ばかりだったので当然のフォロー
そして京太郎はルール上で綺麗にハブられることに・・)

saki04_054B.jpg


saki04_057B.jpg「というわけでね、和と宮永さん
 二人でまこの家を手伝いに行ってくれる?」 


切り出すタイミングをうかがっていたっぽい久さん。
京太郎の「染谷先輩は?」の一言に
含みがあるもの言いで二人に
まこの家の(雀卓があることは伏せたまま)
手伝いをお願いします。

(原作ではここで『雀荘』といってますが、
 あえて『喫茶店』諸々の事情があってのことでしょう
 前情報を与えないあたり、久さんらしいですが・・)

(この辺りの久さんの描き方が妙にいい感じ) 
saki04_059.jpg









saki04_068B.jpg「メイド・・喫茶」
「よろしくなっ」


原作よりバリバリ演出強化のまこ
で、二人もメイドさんに・・。

(諸々の事情・・原作の『雀荘にメイドさん』よりも
 『メイドさんのいる喫茶店に雀卓』ということで、
 普通に接客のシーンが入れられる
 折角のメイドさんですからね)

「先輩はスカート長くていいなぁ」
「あれも着てみたいですね・・」
和さんはノリノリです。

saki04_074B.jpg



saki04_084B.jpg「はぁ?麻雀のできる喫茶店?」
一方部室、今回はほぼ聞き役の京太郎、

「なるほど、それじゃあ和はメイド服を着て
 麻雀を・・見たかったなぁ」
で、大事な仕事の妄想
(オーソドックスなメイド服ですが、
 京太郎の妄想限界というより
 前の和さんの『あれも着てみたい』
 スタッフ側のフォローっぽく・・)

「そんなコトもあろうかと!!」
で、メイドの優希。お約束のセリフがよく似合う
「パンチラ、ほれっ」
いや、それはパンチラとは言わない・・。


saki04_087.jpg



saki04_089B.jpg近所のオジサン達との麻雀にひと段落した頃、

異様な感覚を察知して振るえる咲
(と、それを察する和さん)
ケレン味な演出で藤田プロの登場

「さあ、始めようか」
遊びの時間は終わりです。

「カツ丼さん、ほとんど和了ってない
 さっきの嫌な感じは気のせいなの・・」

ある程度打ち進めるも藤田プロは今だ動き無し。

saki04_099.jpg

ここで藤田プロ
いい形で、聴牌するもリーチをかけず。
様子見から静かに動き出す。

現在トップの和さんはなんとか
逃げ切りたい所、
しかし、親のリーチで思い切った手に出られず。





saki04_103B.jpg捨牌や切るタイミングから咲を警戒する和さん。
結局安全策で一旦様子をみることに、
この時点で藤田プロを意識していない様子
藤田プロはしっかり見ていますが・・。

咲は嶺上開花を狙いその気配を感じ取る。
こちらも藤田プロを無警戒。

「カン」
ここで咲の手を封じる藤田プロ、

saki04_116B.jpg
更に動揺している咲に気を取られ
和さんは無警戒に先ほどと同じ牌を振り込んでしまい・・。

「ロン」
「タンヤオ・ドラ1 60符 3900」
saki04_117.jpg
和さんは和了と捨牌から、
点数を下げてまで自分の考えを読み狙われたことに
愕然となります。

「まくった」



saki04_121B.jpg「えぇ、プロを呼んだ!」
「ええ」
一方部室で今日の種明かし中、
「知り合いにプロがの人がいてねぇ、
『二人をへこましてね』っておねがいしてあるの」

久さんも藤田プロも人が悪い・・。

で、咲たちですがボロボロにやられたあと、
プロだと聞いて安心する咲
「高校生の私が
 プロに負けるのは当たり前だよね・・」

「当たり前じゃないですよ!」
強い口調の和さん

更に、龍門渕の天江衣が親善試合でプロに勝ったと
伝えられます。

saki04_133B.jpg

「龍門渕って、県予選の相手じゃないですか・・」
「わかっていると思うけど絶対
 天江衣に勝てないわ。あなた達」



saki04_144B.jpgすっかり沈んでしまった咲ですが

「一回負けたぐらいでメソメソしないでください。
 私達は行くんです・・全国に」


「まだ県予選まで10日あります・・この10日で
 誰よりも強くなればいいんです!」

状況は前回ラストと似てますが、
和さんは他人に遠慮してしまいがちな
咲を引っ張っていく役目だと
自覚しているのかもしれません。






saki04_146B.jpg「あらお帰り~どうしたのこんな時間に
 みんなもう帰ったわよ」

明かりがついている部室をのぞくと
今回の首謀者
・・もとい久さんの(わざとらしい)お出迎え。

「あの私達・・」
「私達強くなりたいんです。
 県予選間にもっと強く」

「そうくると思ってたわ」
力いっぱいボードをひっくり返す久さん
(過剰演出だけど面白いです)
そして超強化合宿の文字、
「期間は今週末、
 部員はもちろん全員参加いいわね?」

「はい」
目を輝かせて返事をする二人でした。
saki04_154B.jpg


で、終了です。
次回は合宿ということで
原作ではあっさり終わってしまってましたが
今回を見る限りきっといい感じになると思います。

で、オマケ
急に呼ばれてバツがわるそうな和さん
お昼にアレなやりとり中の優希
腹で悪巧み中の久さん
打ち方が妙に綺麗な咲です。

saki04_158B.jpg




拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第4話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

k-on4_003C.jpg4話です。澪が発端で合宿をします。
なのでいろいろ澪が全開のお話です。

「唯、水がしょっぱいぞ」
「塩、塩だよりっちゃん」
「唯、波だ波」
「うぉ~波だね、りっちゃん!」
そのまえに飛ばしすぎの二人です。

k-on4_005.jpg
k-on4_006.jpg


k-on4_190B.jpg時間は戻って学校です。
澪はカメラを片手に学校を散策中、
(OPや何かの節目にカメラで撮る描写の多い澪
 アニメのみの描写ですが個人的な趣味のようです。
 部活も元は文芸部を希望していたりとわりと多趣味
 感性が豊かなんでしょう。
 そういう人は想像力も豊かなので
 痛い話や怖い話を想像で膨らませてしまいます。
 まさに澪のキャラクターそのものですね)


で、澪は『軽音部』と書かれたダンボールを発見
中から『桜高祭』と書かれたテープを見つけますが・・。





k-on4_013.jpg





k-on4_022B.jpg 一方、唯と律

「ホントに忘れてたんだな・・」
コードを押さえられない唯。綺麗サッパリ忘れてしまったようです。

「お婆ちゃんによく褒められたんだぁ
 『唯は一つのこと覚えると他の事は全部忘れちゃう』って」


「それ・・たぶんちがうぞぉ~」

そんなまったり空気の中を澪がわって入り

k-on4_027.jpg

「合宿をします!!」
と宣言しますが・・。

(原作でも合宿はありましたが、アニメは
 『昔の軽音部との差』というきっちりとした動機付けがあり
 さらにダンボールの中身が次回への複線にもなっている
 という恐ろしく自然な流れ)

「着ていく服買わなきゃ」
「あと水着もな」

聞いちゃいません。まあ唯と律ですから・・。
さらに学園祭という話題を振っても、

「はいはぁ~い、私メイド喫茶がやりたい」
「えぇ~私、お化け屋敷がいいよぉ~」
画面越しでは賛成票多数かもしれませんが、
何部か忘れてませんか?
・・この回は特に唯と律はコンビではっちゃけてます。

k-on4_037.jpg

ゲンコツは何故か律だけですが・・。

「・・・マドレーヌ、食べる?」
遅れてきた紬さんの部屋に入って一言
生暖かいフォローがいい感じです。


k-on4_041B.jpgとりあえず、お茶で一息。

紬さんに事情を説明中・・
しかし、ギターを買うのに時間が掛かった
とはいえ3ヶ月たって音合わせ無しとは・・。

「まあ、まあ、まあ、まあ、まあ、まあ」
「・・6回」
「・・?」
やんわりと流す紬さん、何故か回数を数えている唯、
不思議そうにしている律、何でもない間なんですけど
この何でもなさが独特で好きです。

さらに、お金の問題が出てきますが、
「ム、ムギ」
「はい?」
「べっそう、とか「ありますよ」
 「・・あるんかい」
澪の言葉にかぶせ気味に紬さんのセリフ、完全にコントのテンポです。


k-on4_045B.jpgみなさん、旅行の前日はよく眠れる方ですか?
私は寝つきが悪く、目覚ましより早く起きるタイプですが唯は・・

「そろそろ起きたら・・っていうか
 それ私のパジャマじゃん」

爆睡中です。

しかも珍しく普通のを着ていると思ったら
憂のパジャマだし・・。
憂は姉が旅行に行くと知らなかったようです。
(知っていたら『出来た子』は
 大事な日に寝坊なんてさせません)

鳴り響く携帯、震える澪の声。

「おはようございます・・」

友人関係によくある風景です・・
意外とシャレにならない事が多いですが。


k-on4_052C.jpg唯はなんとか間に合ったようです。
「ごめん、わくわくしてなかなか眠れなくて」
「小学生か」
「いや、そうでもないみたい」

気持ちよさそうに眠る紬さん。
「ふふ、ふふふふ。ゲル状がいいの・・」
「ゲル!?」

k-on4_060B.jpg


k-on4_065B.jpgで、別荘に着きました。

「いつもなるべく普通にしたいって言ってるんだけど
 なかなかわかってもらえなくて」


部屋にフルーツがあったり、お姫様ベッドに花がまいてあったり
冷蔵庫に高そうな肉があったり、
一番小さい別荘で、紬さんの『普通』はなかなか難しいようです。

そして、澪が目を輝かせたのは、
広々としたスタジオルーム。

「昔の軽音部の学園祭でのライブ・・」
「・・じょうず・・」
ラジカセから派手なサウンドが響きます。

「なんか聞いてたら負けたくないなって思って」
「負けないと思う・・私達なら・・」
珍しくシリアスな雰囲気ですが・・。

k-on4_081.jpg 
「よぉうし!あっそぶぞ~」

「お~いぇ~」
早速水着に着替えて遊びに行く唯と律

「これでも・・」
「ええ、まあ」


k-on4_086B.jpg「折角だし、少しぐらいなら」
「でも、私は・・」
さっきまでの雰囲気から遊びに行くを躊躇する澪。

「じゃあ、待ってるから」
一人取り残される澪、今にも泣き出しそうになって、

「私も、いく~」
(Aパート終わりって澪率が高いような)
k-on4_088.jpg


k-on4_090B.jpg後半です。

「無人島に流れ着いて、かれこれもう2週間か・・」
「流された時はどうなることかと思ったけどな・・」
生暖かく見守っていると・・。

「何勝手な設定つくってるんだ」
澪の突っ込み、漂流ゴッコですか・・。

振り返った唯と律の目に・・
k-on4_092.jpg

そして、おもむろにボールを投げる。
「くらえ!!」

あとは思い思いに遊んであっという間に夕方・・。




k-on4_108B.jpg「折角、海に来たんだから
 思う存分遊ばないとここまで来た意味がぁ・・」

やっと我にかえったようです。

「マ、マッタク~リツガアソボウトカイウカラダゾ~」
棒読みの澪、
「一番楽しそうに遊んでたのは誰だ」
珍しい律から澪への突っ込み。
「ツーン」っとそっぽを向く澪。
k-on4_113.jpg




k-on4_118B.jpgやっと練習ですが、唯と律がダウン気味。
(唯は『オーシャン』シャツ)

「ムギ、ちょっとどいてて」
アンプを目の前に置いてベースによる強烈目覚まし。

なんとか起きるもののやる気ゼロ。

「なあ、今日はもうやめにしようぜぇ」
「練習が目的でここに来たの!」
さっきまでみんなで遊んでましたけどね。

意地悪な顔になる澪
「そういえば律、最近少し太ったんじゃないか」
「へえ」
「特にお腹の辺りが・・最近ドラムを叩いてないからかな~」
泣きながらドラムを叩く律。
さすが、付き合いが長いだけのことはあります。

「もう、ギター持てない」
今度は唯がダウン、澪もこれには困ったようで、
「だから、軽い奴にしておけって言ったのに」
「だれだ、このギター買うっていったの!」
「いや、おまえだろ」
少し澪がかわいそうになってきました・・。

k-on4_125.jpg


k-on4_128B.jpg再びダウンの二人。

お化け屋敷とメイド喫茶で軽くもめますが、
「唯、お前なんにもわかってない。澪を見てみろ
 澪ほどメイド服似合う奴なかなかいないぞう」


で、二人の勝手な想像が膨らみます。
「黒のストッキング!」
「純白のエプロン!」
「そして、メイドカチューシャ」
「もえもえ、キュン」
k-on4_129.jpg
「っとか言ったりしてなぁ~」
「かわいいかも~」

冗談のつもりみたいですが澪の中では既に
そのいきを超えていたようです。合掌・・。
「リッチャン隊員・・」
本人が恥ずかしがっても
ピクシブ等ではいい感じの投稿されていると思いますが・・。


k-on4_133B.jpg
「終わったら、本当に練習するからな」
外で休憩のようです。

「わかってるって」
なにやら準備をしていたようですが・・。



k-on4_134.jpg






                      「せ~の」

           k-on4_136.jpg

大音響とともに『平沢唯単独ライブIN琴吹さん家の(一番小さい)別荘』が勃発。
しかし、唯は本当に楽しそうです。

         「それじゃあ最後の曲、いっくぜぇ~」

k-on4_138B.jpg
k-on4_141B.jpg



k-on4_152B.jpg
花火も終わり、余韻を楽しんでいると、
「武道館を目指すなら、まずこのくらいはできないとな」
ラジカセから旧軽音部の演奏、しかし聞こえてきたのは恐ろしい叫び声・・。

さらに律の追い討ちですっかり、
怖がりモードの澪(というより幼児退行かも・・)

三人に声を掛けられやっと、
顔を向ける澪
「ほんと・・」
あまりの可愛さにやられる唯と律

「もえもえ~キュン」
既存の表現では、表せなかったようです。


k-on4_157.jpg


k-on4_158B.jpg
一息ついてスタジオの中、
澪はまだ機嫌が直りません。

「唯ちゃん、でも本当にさっきの曲・・」
「うん、見てて」
さっきの曲を器用に弾く唯。

(二人の主語の無い会話。適当な推測ですが、
 唯はこの曲を練習していたのでしょう。
 意外と紬さんも協力していたのかも・・
 それが寝坊の理由だったら少し良い話すぎでしょうかね・・)

更にわからない部分の指導を受ける唯、
やっと練習らしくなったのも束の間

唯は教わったばかりのチョーキングが
ツボに入ってしまい笑いが止まらない。

「ツボだったみたいだな」
「ふじつぼ!!」

日中の海岸の恐怖が蘇る澪、
(ツボのくだりは原作、ふじつぼのくだりはもちろんアニメ
 綺麗なコラボオチ・・)


k-on4_166.jpg


k-on4_173.jpg最後は温泉。

湯船でもコードの練習をする唯、
さすがやれば出来る子です。
澪も指導に熱が入ります。


「やっぱり音楽っていいね
 今日初めてみんなと合わせてみて、楽しかったもん」



k-on4_178.jpg
唯の率直な一言に照れる澪、
合宿はなんとか成功したのでした。










k-on4_182B.jpg
で、合宿の終わったある日。
律が澪に合宿の時の写真を見せますが・・。

「ネガを渡しな・・」
「デジタルカメラだからネガ・・無い」

(これは原作1巻のカバー裏のネタ、
 確かにアニメのは寝相が悪いですが、
 どちらかというと原作の絵の方が少しきわどいです)









k-on4_187B.jpg
で、4話終了。
回を重ねるごとにアニメオリジナル分が
増えてる感じですが
(ブログも回を重ねるごとに無駄に長くなってます)

今回だけで澪の喜怒哀楽があまさず
でているという豪華ぶり、ファンの人はたまらんでしょう。

掛け合いのノリやテンポも磨きが掛かっていて
まだ4話目なのに最後はどこまで行くんだろうと
無駄に心配してしまいます。



恒例のオマケです。
その1 澪のスナップ写真集

k-on4_009B.jpg

その2 いつもどおり気になったところ・・。
電車での澪
『綺麗な長い髪はですね、風になびくためにあるんですよ!』
と力説する不精者絵描きN氏より。
そして、律に向ける意地悪な顔の澪
最後に今回はあまり目立ってないですが
影で支える紬さん、思いやりの視線です。

k-on4_200B.jpg


ほんとに最後に、不精絵描きN氏よりイラストと
言い訳を頂きました。
『知り合いの澪が大好きなコンパニオンのお姉さんが
 けいおん!の四人はP-MODELというグループのメンバーからとったらしいと聞きました。
 P-MODELはメンバーの入れ替えが多かったようですが
 リーダーの平沢さん、ベースで後にヴォーカルもやっていた秋山さん、
 ドラムの田井中さん、キーボードのことぶきさんという方が居たそうです。
 ただ、この4人が同時期にメンバーだったかどうかはわからないそうです。
 彼女曰くテクノの神様だとか・・
 このマメ知識でへっぽこイラストの件は勘弁してください』

下がN氏のイラスト、原作版だそうです。

k-on.jpg

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第三局

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


saki#03_003B担当代わり3話からですが、
今回はわかりやすい解説付きでした。
(以下解説)

21世紀・・
世界の麻雀競技人口は1億に人の大台を突破

わが国でも大規模な全国大会が開催され
プロに直結する成績を残すべく
高校麻雀部員達が覇を競っていた。


とりあえず、今の高校野球ぐらい制度が整えられ
認知度がると思えばよいのでしょう。

で、和さん自宅で+-ゼロ麻雀の最中ですが、
思わしくない内容のようです。
(プレイヤー名は
 原作から変わってなければのどっち)


saki#03_007B更に朝、父親に
「遊びはほどほどにしておきなさい」
と、お小言。

世間的に認知度がある麻雀でも
和さん家では理解が得られないようです。

良い家柄のようですし
父親は『娘の反抗期』ぐらいに思っているんでしょう。

更に更に、
雑誌からの取材で
「この大会で注目している選手はいる?」
と聞かれ。 真っ先に、
咲のことが頭をよぎる和さん。それでも、

「いません」とやや強い返事。

saki03_012C.jpg

更に自分に言い聞かせるように
「自分のスタイルを保っていれば
 誰が相手かなんて関係ありません」

と言ってその場をさります。








saki03_020C.jpgそれでも、和さんは部室に着くなり一人で練習
あくまで自分のスタイルで咲を分析するつもりのようです。


その頃、部長は会議そっちのけで
大会の出場順の思案中、
だいたい決まっていますが
大将をどちらにするか考えているようです。
さらには会議中にお出かけ、


咲の入部でいろいろ動きがありますが、
本人はというと・・・。

saki#03_021



「りんしゃんかいほう、なにそれ?」
「麻雀の役の名前だよ、山の上で花が咲くって意味なんだ」

「森林限界を超えた高い山でさえ、可憐な花が
 咲く事があるんだ。おまえもそんな花のように強く咲けば・・」


saki03_024B.jpg

キャラクター説明に麻雀の役を織り込んでくる事で
より印象付けているあたりが面白い流れです。

このあとたくさんキャラが出てきて
様々な麻雀への姿勢が見れますが、
似たパターンはたぶん最強の敵の天江衣のみ
(衣の時の役は『海底撈月』原作の流れと説明を見る限り『嶺上開花』と同じくらい
 狙ってできるものではないと・・)

付け加えると、咲と和さんでは強運(努力と経験がありますが)と超理論派
という対比、まあ主人公ですからね。


saki03_006.jpg道すがら京太郎や部長達に和さんと
自分の間の空気を分析される咲。

「タコスが切れると、
 私は人の姿を保てないんだ」


部のムードメーカーというより、
この作品のムードメーカーの優希
京太郎とのアレなやりとりは
気を抜くのに丁度よいです。

そんなやりとりもつかの間
メンツがそろったところで部活開始




saki03_040.jpg



saki03_042B.jpg「ロン、18000」

のっけから飛ばす和さん。さらに、

「ツモ、2700オールです」

その様子に咲も負けずに

「嶺上開花、自摸、門清」

saki03_048.jpg

みなさんやる気です。
一方、部長達は予選申し込み中。





saki03_064B.jpg後半です。

勝てなくてすねてしまった優希を気にして
国士無双を和了らずにいた咲。

しかし、和さんだけその状況を理解して見守っていましたが
ここで咲はプラマイゼロ、和さんはそのまま部室を出てしまいます。

追いかける咲は、
なんとか話すキッカケを作ろうとしますが
和さんが席を立った理由がつかめてない様子。

「私は楽しくありませんよ」

「今の打ち方をつづけるというのなら退部してもらえませんか」

(↓和さんの身体的特徴に目がいったわけではないですよ・・たぶん)
saki03_077B.jpg


saki03_080B.jpg一方その頃の先輩方は・・。

県予選の組み合わせとにらめっこ中。

「組み合わせどう思う?」

「悪くない・・かな」

このへんのくだりはアニメのみ、
とりあえずライバルのお披露目です。
本格的な出番はまだ少し先なので・・。








saki03_084B.jpg


saki03_091B.jpg
たくさんキャラでてましたが、

最後にどこかの不思議の国にいそうな人が
天江衣です。
(原作ではシルエットでだいぶ引っ張ってましたが・・)



saki03_092.jpg

saki03_095B.jpgさて、場面は戻って咲と和さんです。

「さっき、どうして国士無双で和了らなかったんですか?」

咲はずっと自分が和了ってしまっては
周りが楽しんでもらえない環境でした。
なので優希の状況をみて打ち方が
プラマイゼロに戻ってしまったのですが

「私も楽しませてください!!」

咲にはそれができると感じてのセリフでしょう。
そしてつい出てしまった。自分の強い感情を誤魔化すように
「全力でなければ、全国にはいけませんよ」
と付け加えますが、逆に咲の強い感情を引き出す形になります。

「私、全国に行きたい」








saki03_104B.jpg咲の事情を聞く和さん。

咲の離れてしまった姉が、優勝候補である宮永照だと聞かされます。

「あ、あなたにもいろいろあるんですね」

「花村さんも?」
頷く和さん。

「花村さん、一緒に行こう!
一緒に全国に行こう!!」


こうして指きりで約束をする二人でした。

saki03_116.jpg

というわけで第三局終了です。
対立のあとは友情というながれですが、
(この二人の打ち方の違いを掘り下げると
 麻雀のお話としては面白くなると思うのですが)
そしてその後には強敵です。


最後に無駄にオマケの気になったカット集、
龍門渕の屋敷のメイドさん、アニメオリジナルのわりにいい感じ、
そしてオズオズと小指を出す和さん、
続けて咲の言葉に顔が赤くなりすぎな和さん
最後はラストの悪役チックな部長です。

saki03_124B.jpg








拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第3話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

けいおん第3話です。

k-on3_001B.jpg「痛い話はダメなんだ」

ギターで指が切れるという話を聞いてしまい
悲鳴をあげる澪

k-on3_002.jpg


「ギター練習しているうちに指の先が固くなるから
 血が出たりすることはないよ」

気を取り直して手のひらを見せる澪

面白がって澪の手を触り続ける唯

「あの・・もういいかな?」
「も、もうちょっとだけ」
やりだすと止まらない唯です。

唯のギターもそろいやっと練習ができそうですが

今回は唯がテストで補修になり
部活動禁止を逃れるべく追試を脱出するお話です。


k-on3_015B.jpg
さて、何も考えずテストを受けて
散々な結果の唯ですが、

ついギターの練習に没頭してしまい
テスト勉強がまったくできなかったとのこと、

「その集中力を
 少しでも勉強にまわせば・・」

ずっとぼ~と生きてきた分
のめり込むとすごいのかもしれません
今回の裏テーマはきっと『実は唯はできる子』
といった所でしょうか。

流れは他のメンバーのテスト結果になりますが、

「・・こんなのりっちゃんのキャラじゃないよ・・」
律の89点の答案を見て呟く唯、
確かに律のキャラではないですが

「テストの前日に勉強わからないって
 私に泣きついてきたのはどこの誰だっけ」

と、澪の突っ込み。
「それでこそりっちゃんだよ!!」
唯が更に乗っかってきます。

補修を逃れつつキャラを保っているぶん、
律の方がたぶんえらいと思いますよ唯さん・・。
澪と紬さんもしっかりイイ点(自分のキャラ)
を保っているようですし・・。



k-on3_022B.jpgここからがアニメ独自の流れです、
マンガでは勉強会になるまでの部室の会話は
全て続いています。

が、アニメはここから『別の日』とわざわざ解説を入れて
一旦区切ってから

「追試の人は合格点取るまでは
 部活動禁止だって・・」


と、何でも無いように重大発言をします。
(今後は重大発言をお菓子を食べながら
 なんとなく聞き流す等、どんどん進化していきます)

セリフはほとんど同じですがこの流れの方が
他のメンバーの反応いい感じです。

そして追試が一週間後なのですが
「そんだけあれば
 毎日ここ(部室)にきても大丈夫だよね」

「そんだけしかないの!」

まだ危機感ゼロ。

とりあえず廃部になるかもしれないと聞いて
勉強をする気にはなりますが・・。






k-on3_031B.jpg勉強を始めようとするも
部屋があまりに汚いので
かたずけ。

その最中にギターの本に
目がいきそのままお流れ・・。
(シャツは例によって
 『チャンピオン』)


k-on3_038B.jpg別の日は机に向かうも
ギターに目がいく唯
なんとか、机に視線を戻すも
結局ギターをかき鳴らす・・。





k-on4_045C.jpg別の日、他のメンバーは
励ましのメール送ることに
その効果があってか
この日はわりとまとも
(シャツは途中で字が
 切れてましたがたぶん
『ラブハンター』と思われ・・)

k-on3_042.jpg

k-on3_125.jpgそしてあと2日と迫った日
集中しようと本を出しますが
ギターに集中することに・・。
(シャツは『チャレンジ』)





k-on3_049B.jpg「というわけで澪ちゃん助けて!!」
結局、前日澪に泣きつくことに
部の存続の危機なので当然澪は協力します。
(唯が勉強をしようとしている間メンバーはずっとお茶してましたが
 練習とかいいんですか?4人でやるもんですか、そうですね)
「うまいんだぜ、一夜漬け教えるの」
「うおい!普通に教えるよ!」
一夜漬けで教えられるのは、
それだけポイントを理解しているということ
だから、恥ずかしがることはないです。
(学生の頃、ある教師にテストの必勝法として
 『見れば全部わかるカンニングペーパーを作れ
 そしてそれを丸暗記しろ』と教えられました、
 あまり実践はできませんでしたが・・)


k-on3_054B.jpg後半です。

唯の家に行くことになりました。
「妹は帰ってきてると思う」
「唯ちゃんの妹か・・」
この姉なので妹がどう想像されても仕方がないですが・・。

「はじめまして妹の憂(うい)です。
 姉がお世話になってまぁ~す」


(出来た子だ)


k-on3_060B.jpg
















k-on3_072B.jpg憂のしっかり者振りに驚きつつも勉強開始、

澪は教える側、唯は教わる側、
紬さんは集中力の切れた唯にお菓子を見せて
やる気を出す役。

律は・・暇を持て余すことになります。

部屋をウロウロして怒られ、
唯の痺れた足を突っついては怒られ、
と、ここまではマンガ通りでしたが、
入りづらくなった部屋に
何故か気合を入れて横回りの受身をする律
(しかも無駄な3回の別アングルリプレイ付き)
当然、怒られるんですけどね・・。

k-on3_080.jpg


k-on3_085B.jpg休憩中、和さんも合流して昔話。
「風邪で寝込んだとき
 毎日、唯がプリント持ってきてくれたんだよね」

「私、風邪引いたことなくってぇ」
唯のノーガード戦法・・突っ込んだら負けだ、

ついつい長引くおしゃべり、
(女性三人で姦しいのにその倍ですからね)
「ところで、勉強大丈夫なの?」
おもむろに勉強再開。
和さんもいい幼馴染です。

その後、居眠りしながらも勉強は終了
あとはテストを待つだけです。



k-on3_109B.jpg心ここに在らずの紬さん。

お気楽な律。

そんな律に怒鳴る澪。

そして、教室を出てくる真っ白に燃え尽きた唯
数日後、そのままのテンションで部室に顔を出します。

「どうしよう・・みおちゃん・・」

「え、またダメだった・・」

「100点取っちゃった・・」
・・・お疲れ様でした。
k-on3_0112.jpg


k-on3_0114B.jpgめでたく追試をクリアした唯。

さっそく久しぶりのギターを
引こうとしますが

「忘れた」

唯は確かにやれば出来る子のようですが、
やる気の持続に難ありと
一つ覚えると一つ忘れるというオマケ付きのようです。

「またイチから~」

部室には澪の悲鳴と
小さな笑い声とチャルメラが響くのでした。





というわけで3話終了です。
最後に無駄に恒例のオマケです。
「お姉さんに勉強を教われば」と言われて戸惑う憂と、
唯の夢の中の澪隊長と、やたら嬉しそうな律です。

k-on3_068B.jpg



更にビックボスより一筆頂きました。ありがとうございました。やっぱり澪ですよね♪
次回は自分の補佐に不精の絵描きがいるので彼にお願いしようかと思います・・。

KEion_pixv_01(1280).jpg



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

MUSIC FROM ブランディッシュ2 / Falcom Sound Team J.D.K.

 今回のオススメトラックは、最近PSPでリメイクされたブランディッシュ…の1993年当時の続編「ブランディッシュ2」ですよ。

cd_bd2.gif

 当時(80~90年代)、PCゲームの音楽といえば「クサくてカッコイイが正義!」みたいな風潮があったそうですが、その中でも「演出」や「雰囲気」もバッチシで飛びぬけてたのがこちらですよ。

 FM音源という制約の中で、ひたすらに暗くて渋い情景を演出しまくっています。そして、盛り上がる場面ではキッチリ盛り上がる曲が控えているバランス感覚…!「FM音源のPCゲーム音楽ベストテン」などというのがあったら、間違いなく10位以内に入ることでしょう…!!

 …個人の希望的観測が思いっきり入ってしまいました。
 えー、あえて言いますと、「明るさや可愛さ」みたいなのはこれっぽっちも無いので、昨今のRPGのような雰囲気が好きな人には、この「じめっ」とした暗さがキツイかもしれません。まあ、「じめっ」としててカッコイイのが好きな方はぜひ。

<必聴トラックですよ> ※星はオススメ度…でも今回ぶっちゃけ全曲オススメです。例によって動画を貼らせてもらいつつ。


03 PRISON ★★★★★ ※上の動画の10:35あたり
 ブランディッシュシリーズ随一の名曲!この少しやさぐれた感じのカッコ良さ・切なさは必聴モノです。
09 CAVE ★★★★★ ※上の動画の19:05あたり
 ファルコム特有の音色満載ですよ。不気味さよりも時代に見捨てられたような儚さがいい感じですよ。
10 ADONIS ★★★★★ ※上の動画の22:23あたり
 ファルコム屈指の泣かせイベントBGMですよ。これでもかというクサいメロディの応酬に平静ではいられません。
16 CASTLE WALL ★★★★★ ※上の動画の27:09あたり
 静かにそびえたつ巨悪を表現しているかのようなイントロがたまりませんよ。
21 MASTER NINJA ★★★★★ ※上の動画の31:37あたり
 渋い曲群の中で鬱憤を晴らすかのように終始激しさ全開!
23 DARK ZONE ★★★★★ ※上の動画の36:47あたり
 不気味さ一辺倒の前半から慟哭を感じさせる劇的なメロディの後半への流れがすばらしいですよ。
30 FORTRESS ★★★★★ ※下の動画の曲

 他に類のない不気味なイントロがクセになりますよ。
36 GADOBADORRER ★★★★★ ※下の動画の4:26あたり

 ファルコムゲームNO.1のラスボス曲と一部で言われる程の名曲!

 さて、あとはファルコムが「2」もPSP辺りでリメイクしてくれるようにオーラとか送る毎日。容量とかキツそうですが…。 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ゲームミュージック
genre : 音楽

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第一局「出会い」

saki_01_01.jpg

「何でこんなことに・・・」

幼馴染の京太郎に流され流され、利用されて、カモ扱いの咲さんなんだぜ。

尽くすタイプと見た。

きっと、パンツ見せろって言われたら見せちゃうんだぜ、いい娘過ぎる、はぁはぁ。(居るかそんなの

saki_01_02.jpg

「三連続プラマイゼロ、わざとですか?」

「私が打つと、いつもあんなふうになっちゃうんです」

saki_01_03.jpg
saki_01_04.jpg

咲さん、あんた人間じゃないぜ。

そして、中学時代最強の打ち手、原村和のおっぱいも人間じゃないぜ。

そのロリコン奇乳を見たいがために、麻雀部は性気盛んな男子学生が何人も通い詰めそうなものだ。

俺なら通うぜ、そして出禁を喰らうさ、フラグを立てるために。(死亡フラグの方

saki_01_05.jpg

麻雀のルールを覚えるのも、奇乳と尽くしっ娘のためならって思うんだぜ。(麻雀なめんな!

そして私は、麻雀のルールを覚えるために、「少年雀鬼 東」を読むんだぜ。

そうか・・・「東をカンすれば必ずヤクマンの東くん」にならってカンしまくるんだぜ。(麻雀なめんなx2!

●うちのビックボスに絵を描いてもらった
saki_01_06_20090414014209.jpg

加治木ゆみ?・・・・誰?。

少年雀鬼東 1 (1) (少年サンデーコミックス)少年雀鬼東 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(1988/04)
中島 徹

商品詳細を見る

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第2話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

けいおん第2話です。

k-on2_03B.jpgアニメは原作のエピソードを京アニさんが大幅に
追加する流れのようで、
今回も単行本23ページの5コマ目と6コメ目の間を
膨らませたような唯のギターを
買うために紆余曲折する話です。
(今回は諸事情で画像はワイドサイズではありません)





k-on2_04B.jpg準備室でお茶(部活動)となりますが、
(原作では音楽室とありますが、他の音楽系の部活動と
 部屋がかちあってない所からこの方が違和感はなさそうです)
まずはあらためてメンバーの紹介、



「だってギターは・・は、はずかしい」


ベース担当の澪、
普段は面倒見がよくバンド内の常識人

恥ずかしがり屋だったり痛い話が苦手だったり
性格は意外と『かわいい』
律と腐れ縁のようでもっぱら律と唯を抑える役回り。


「滅多に出会えない
 とっても楽しくて愉快な人達の仲間になりたかったの」


キーボード担当の紬さん、
外見も中身も純度100%のお嬢様、
好奇心が旺盛でいろいろ試したがるところがあり、
今回も遺憾無くはっきされます。
そのお嬢様スキルでバンドが救われることもしばしば、


「・・・・かっこいいから」

最後はドラム担当の律、
軽音部を作ろうとした張本人、
・・のはずが、唯と一緒になって遊んでいることが多い、
行動力は人一倍でバンドメンバーをいろんな方向に持って行く
いちおう部長



k-on2_30B.jpgさて、ギターを買うことになった唯ですが、
15歳の高校生が大金を持っているわけも無く、
途方にくれる所、妹の憂に事情を説明、

「お姉ちゃんギター弾けたんだぁ」
「ううん、全然!」
逆に困る力強い返事、
あと『ハネムーン』シャツはツッコミをした方が負けか
でも気になって仕方ない・・。

k-on2_35.jpg

妹にお金を借りるのはカッコ悪いですが・・。
「おこずかいの前借頼んでみたら、
 私も一緒にお願いしてあげる」

憂はいい子です。


k-on2_38B.jpgお買い物当日、

唯は遅れたんでしょうかね?
急いで駆けつけますが、
人にぶつかったり犬に気を取られたり
マイペースです。

k-on2_41.jpg

私服の4人それぞれに個性がありつつ
それとなく統一感があります。



5万円借りられたので、
それなりのギターが買えるはずですが
服に気がいってしまい、
そのままメンバー揃ってお遊びタイム




k-on2_48B.jpgやっと楽器屋さんです。

澪のアドバイスを聞かずに
一つのギターにまっしぐら、
しかし値段は25万円(原作では15万円)
安いのを進められても動こうとしません。

その思い入れに澪は自分が
何日も悩んでベースを選んだこと話します。
k-on2_57.jpg

それに乗っかって、
律は値切ってドラムセットを買った話をします。
k-on2_56.jpg

原作ではここで紬さんが店員に値切って
すぐにギターを買うのですが、
アニメは律がバイトを提案して
みんなでお金を貯める事になります。

紬さんが『値切る』そのものを知らないのは
当然と言われれば当然な流れだなと思います。


k-on2_65.jpgマンガにはマンガのテンポがあるので
どちらがベストという話ではないですが、
アニメはマンガの展開をそれぞれのキャラクターらしさで
足しつつ補完する流れととればいいのかなと思います。

(流れには関係ないですが、Aパートラストの澪のカット、
 目線がカメラでなく、遠くを見る構図は
 ずるいぐらい様になる・・振り向き気味なのもいい感じ)



k-on2_72B.jpgで、バイト探しなのですが
行動派の律、好奇心旺盛な紬さん、
話の発端である唯はそれぞれ問題無として、
恥ずかしがり&繊細な澪はできるものに
縛りがありそう、

k-on2_77.jpg

それでもがんばろうとする澪と
その意気を汲み取りつつ、
澪ができそうなもの(楽そうだからかも・・)を選ぶ律は
伊達に長く友達をやってない感じです。

あと、軽音部全員のためにお弁当を作る
憂はやっぱりいい子です。
(原作では出番が少なかったですが
 唯とのやりとりが増えていい感じです)




k-on2_82B.jpgで、交通量調査のアルバイトです。

内容はカウンターを押すだけなので、
まったりした時間が流れます。

k-on2_85.jpg

律は雑誌の懸賞にハガキを送るつもり、
意外とマメです。

澪はこのバイトの描写ではぼんやりしている事が多い、
バイトの気負いは全くないようです。

k-on2_87.jpg

私服の多い今回ですが、気をつけて見ると
同じのを着ていることがありません。
(バイトの二日間然り、澪のベースを買う回想然り)

誰でも思いつくことですが、
自然にそれを描くのは意外と難しいものです。
そういった地味で細かい所を描ききるのはさすがです。



k-on2_116B.jpg結局、3人にバイト代を返して、
買える値段のギターを再び見に来たのですが、

やはり、例のギターが気になる唯
ここで紬さんが値切ることになります。

k-on2_120.jpg
k-on2_122.jpg

紬さんのあのまゆげは原作裏表紙のカバー裏で
地味にネタになってましたがこんな使われ方をするとは・・。
ネタですが妙な説得力を感じます。

しかしこの値切る流れは、
紬さんの『憧れている事』を試すという行動パターンで
より紬さんのキャラを印象付けるものになりました。

「もう一声~」




k-on2_129B.jpg念願のギターを眺めてご満悦の唯
こんどは『ロマンス』シャツが気になって仕方がありません・・。

k-on2_131.jpg

添い寝までするあたりが
可愛がり方も独特です。
(メンテが大変な気がするのですが、
 大丈夫なんでしょうかね)

k-on2_132.jpg



k-on2_137B.jpgさて、部室でのお披露目

まだ、チャルメラしかできませんが・・。
(原作を沿っていくのであればあまり演奏する所はないかもです)

k-on2_140.jpg

それでもアンプを通して鳴らす、
初めての音を印象深く描写しているあたり
バンドのアニメです。

(アンプのプラグの抜き差しは気をつけましょう
 イベントの司会をやっていたとき同じことをやりました)

k-on2_161.jpg




今回の気になった澪&憂
本当に何でもないカットですが澪はなんか様になる人です。
憂は髪を下ろしている所、バストアップで見たかったです。

k-on2_70.jpgk-on2_133.jpg

 



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

同人ゲーム製作 「仮定の不在証明」#03 シナリオ製作#01


katei_03_01.jpg

●前回、ゲーム製作においてのパーツのひとつ「絵」のお話でした。

今回もノベルゲーム作成を始めたい初心者に向けてのお話です。

今回は軽く「シナリオ」のお話になります。


●シナリオを書くのに必要な事。

1:娯楽作品だというコンセプトを持つこと。

2:必ず、結末まで終わらせるシナリオになっているか。

3:根気

4:才能

とこの四つです。(おい

一番大切なことは、「娯楽作品」を創ると言う想いです。

たいていの場合、技術に目が行きがちなのですが、問題は「娯楽作品」を創る意識から始めるのが成功の鍵だったりします。

(シナリオの技術的な話は下記に記します。)

katei_03_02.jpg

ゲーム製作なんだから、娯楽作品なんて当然だろ!とか思う人が多いと思います。

では、「娯楽」の定義は答えられるでしょうか?

自分が面白いと思ったからといって、シナリオの結末が出来ていなかったり、ごまかしていたら、これは「娯楽」とは言いません。

人を楽しませ、感動させるのが「娯楽」。

だから、無責任に独りよがりで、未完の作品ではもうそれだけで「娯楽作品」とはいえません。

「人に見せて、楽しんでもらおう」

まずは、そういった意識から改革しないと、シナリオ製作は、始まらないのです。

つまりは、製作したからには「読み手を楽しませる責任」は絶対に持つことにしてください。


katei_03_03.jpg

●意識改革からのシナリオ製作

感動って事は、「泣かせるシナリオ」なのか?と言われるとそれは違います。

感動の広義的な意味は「心を揺さぶる感情全てです」

だから、「怒り」「正義感」「友情」「不愉快」「ヒロイズム」、等、に読者を共感させることが「感動」させた、と言うことになります。

ここで、まずあなたが読み手に、どんな「感動」を共感させたいか考えてみてください。

そして、それが上手く言語化できたらしめたものです。

ならば次に、手に入れたいものは何か?。

それは、その手段の表現のために、シナリオの「技術」が欲しくなっているはずです。

katei_03_04.jpg

●シナリオにテーマは必要か

昔、小説家を目指していた友人にこの質問を投げたことがあります。

すると「必要ない」と言われてしまったことがあります。

私は絶句したのですが。

つまり、彼は、シナリオの勉強をしたことが無いので「テーマ」を難しく考えていたようなのです。

そして、彼のシナリオの最大の問題が「完結しないシナリオ」を書いてしまうことだったわけです。

これでわかったと思いますが、「テーマ」とは「完結するシナリオ」の鍵を握っているのです。

katei_03_05.jpg

●テーマの概念さえわかれば、とりあえず、シナリオは完結できます。

テーマを使いこなすのが、シナリオの技術の基礎です。

今回は、テーマだけかいつまんでお話します。

まず、簡単に完結したいシナリオを作りたいと考えたら「テーマ」を教訓型にします。

教訓がテーマ?とか返ってきそうですが。

有名な作品ですら、簡単な教訓型テーマの多重化で出来ています。

たとえば、「機動戦士ガンダム1st」ならば、「戦争はいけない事だ」という簡単な教訓が骨格になっています。

そう、簡単な教訓でテーマを作るだけで良いんです。

katei_03_06.jpg

では、それで、どうして完結するシナリオになるのかというと。

ガンダムの教訓が「戦争反対」だとしましょう。

ならば、「序盤」「中盤」「クライマックス」を作る際、戦争はなんて醜くて恐ろしいものなのだろうという構成になるはずです。

そううすることにより「結末」である「戦争反対」が強調されるからです。

これで、一つお話が構成できたことになります

これで、結末の骨格と、全体の構成は完成です。

ここまで出来れば、あとは肉付けをして「娯楽性」を高めることに時間を費やしていきます。

先ほど何枚か、私のシナリオのプロットや準備イメージラフなどがでているとおもいます。

これらを何枚も書いて、キャラクターの肉付け、設定の裏づけなど構想を考えていけばいいのです。

オリジナルの作品を作りたければ、「娯楽作品」を目指し、テーマを使いこなすだけでおのずとそこへ至ることになるでしょう。

逆に、シナリオの本質に気が付かないまま、シナリオを書いているとどこかで見たことのある作品を無意識でトレースしてしまう事になりかねません。

それが、嫌ならば、テーマとはなんぞや?

娯楽とは何ぞや?

突き詰めてください。

これらの回答は、全員違うはずです。

だからこそ、その答えが出せたときが、あなたのシナリオを書く際の一番大切なものになるはずです。

katei_03_07.jpg


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ゲーム製作 関連
genre : ゲーム

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!第1話(ネタバレあり)

※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。

けいおん第1話です。

友人の進めで先にマンガも見みました。
4コマだったんですね、マンガタイムきららと言えば、
ヒロユキさんのドージンワークが記憶にありますが・・。

で、アニメです。製作があの京都アニメーションなので、
安心して見れるでしょう。



k-on_01.jpgさて、この第一話
軽音部に平沢唯が入るまでなのですが、
原作では14ページです。
(4コマ8P、通常6P)



k-on_03C.jpgマンガは4コマでオチを付けつつ
ストーリーがある感じですが、
アニメではそうもいきません。

なので朝寝坊気味の所を妹の憂(うい)に
(しっかり者の妹は日本の宝です)

起こされつつ登校という描写が増えるわけですが
(唯は今どき、パンをくわえて登校するタイプ)

そのあとは急いで出た割には、道草をくったり、
おばあさんを助けたりと、唯の人となりが見えてきます、が・・。
部活を決められないまま2週間、

「はあ・・こうやってニートが出来上がっていくのね・・」
「部活してないだけでニート!?」
学生生活の何割かは確実に損しているかもです、
特をするとも限りませんが・・。

k-on_011.jpgk-on_016B.jpg
k-on_015.jpg
つづいて律と澪です。
ちなみに単行本ではここから始まって
紬さんの入部が決まってから唯に戻る流れ、

「誰もいないってことは、今入部すれば私が部長・・」

音楽のさわ子先生より既に廃部と言われ
逆にやる気の律

ここで、唯とニアミス。
以降しばらくはアニメ独自の流れ、
京アニさんの手馴れた仕事が見れます。

「さっき話してた、けいおん部って?」
「軽い音楽って書いて軽音よ」

k-on_030B.jpgk-on_026.jpg
「で、どうするの?」
「入部希望者を待つ!」
めいっぱい引きの絵ですけど、
女の子がスカートでがに股はいけません。

合唱部の見学に紬さん登場、
律の強引な勧誘を止める澪、
「あのときの約束は嘘だったのか!」 
「その回想が嘘だ」 
↓あのとき(嘘)
k-on_034B.jpg

いろいろあって紬さんも入部、
「あとは~ギターだな」


k-on_042B.jpgk-on_040.jpg
作戦会議INファーストフードの三人
「『ご一緒にポテトもいかがですかって』
 言われるの憧れだったんです」

と、お嬢様な紬さん。

作戦会議の最中、
無造作にポテトを出す律をみて、それに倣う紬さん。
何気ない動作ですが微笑ましい空気と
紬さんの人柄が伺えてわりと好きです。

人柄といえば
作戦会議に飽きた律の
下の動作もいかにもってかんじがします。

↓ストローの袋に一滴垂らすの図
k-on_049.jpg
                           k-on_050B.jpgk-on_055B.jpg

張り紙を出しましたが残り一週間、
唯は簡単なのだろうという理由で
軽音部にとりあえず入部。

三人は入部届けを見て、
まだ見ぬ『平沢唯』に期待を膨らませます。

軽音部に足を運ぶ唯ですが、
軽い気持ちだったので辞めるつもり、
もたもたしている所を律につかまり
部室でもてなしを受けて断れない雰囲気に、

「辞めるの止めようかな~」


その後、いろいろ質問されて困り果てたところで
やっと辞める意思を切り出します。
紬さんの何の楽器ならできるかの質問に

「カスタ・・ハ、ハーモニカ!!」
「あ、ハーモニカならあるよ。吹いてみて」
「ごめんなさい吹けません!」
と、微妙な空気に。

それでも三人は、なんとか部に入ってもらおうと
食い下がります。

おとなしい、紬さんも毎日お菓子を出しますと必死
趣旨が違ってきていると澪が突っ込みを入れようとしますが、
律が足蹴にしてインタラプト、
k-on_086B.jpg

更に少しでも興味を引こうとしますが、
唯のつかみ所の無さに付け入る隙無し。

なお食い下がる三人ですが、
唯は期待を持たせすぎたことに責任を感じ
泣き出してしまいます。

場をなんとかしようと律は演奏すると切り出します。
「演奏してくれるの♪」
(食いついてきた・・)
唯はきっとノリと親切と天然で出来ています。



k-on_095.jpgk-on_096.jpg

k-on_100B.jpg


どうでもいいですが、
演奏の『翼をください』は今でも
音楽の授業ではメジャーなのでしょうか?
学生生活が○年前の人は
わりと懐かしいのではと思います。
○年振りに聞きましたがなんとなく歌詞が出てきました。

で、唯の感想ですが・・。


「なんていうか・・すごく言葉にしにくいんだけど・・
あんまりうまくないですね!!」 



それでも、演奏に感動した唯は
入部を決意するのでした。


「さっきの演奏聞いてたら
私にも出来るかもって思ってきた」



k-on_105.jpgk-on_104.jpg

中間の描写や細かいやりとりは
さすが京アニさんって感じです。

番外・・黒髪ロングも日本の宝です・・。
k-on_110.jpg

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

シャーマンキング 完全版 27巻 ※ネタばれあり

●先に「シャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテ レビュー」を見たい人は。←クリック

●この日記はネタばれを含みますのでご注意ください。

COMIC_01_06.jpg

原作では途中で終了したシャーマンキングですが、完全版で見事完結しました。

最終巻の27巻は、感動のラストで終わります

麻倉ハオの怒りと、嘆きの落とし所とシャーマンキング戦の結論など、大団円の終わり方で満足しました。

COMIC_01_01.jpg

今回も、「ジャケ買い」だったのですが、このセンス・・・さすがです。

そして中盤は、五大精霊VS 麻倉ハオの操る「グレート・スピリッツ」戦

COMIC_01_05.jpg

全宇宙の神たる意思と、五大精霊を操る麻倉葉達。

当然、規模が違うので、後は麻倉ハオの精神的な部分で心を折るしかないわけですが・・・

COMIC_01_07.jpg

ハオが求め、地獄のコミューンで探し回った、母親と乙破千代。

その再会で、麻倉ハオはシャーマンキングの力を使うことを先送りにしました

大人になった、主人公達は、世界を帆走しながら麻倉ハオの期待に頑張るわけですが・・・。

人を憎まない人はいない、でもそれでは人類は終わってしまう。

でも、人間であることをあきらめる訳にはいかない。

COMIC_01_04.jpg

このテーマは、人間である以上尽きない命題です。

お疲れ様でした「武井宏之」先生。


ちなみに、タオ蓮は既婚

結婚相手の名は伏せられていましたが、ヒントを見る限りあのお方のようです。

うちのビックボスに絵を描いてもらいました。

COMIC_01_08.jpg

●でも、この結末の落とし所って、連載時に気がついていた人は結構いたと思います

でも、実際読んでの感動がすべてです。 楽しかったです。

●当blog 武井宏之 先生関連記事
「機巧童子ULUTIMO レビュー」
「シャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテ レビュー」
「シャーマンキング完全版 最終巻レビュー」
「シャーマンキング完全版 完全版 26巻 レビュー」
「シャーマンキング完全版 完全版 22巻 レビュー」


    



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : シャーマンキング
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

まりあ†ほりっく第12話(漫画原作ネタバレ有り)

※漫画原作を読んでアニメ版を見ております。
基本互いを比べて見ているので、アニメのみ見ている方は
先のネタバレが混じるのでご注意ください。

MH12_02B.jpg12話です。ラストです。最後は完全にオリジナルです。
今までも1話の半分とかありましたが、
今回は力技と勢いで
かなこが水泳の授業に出られない様をかいています。

のっけはプール開きにむけて
生レバーをかじり準備万端のかなこ
今までが十分アレな感じだったので
ここまで見た人なら相変わらずなテンションに映りますが
勢い余って保健室へ、更に話の流れで先生方も
プールへ行くことに、





MH12_10B.jpgみなさん水着です。
それも自前、更に新キャラの先生までいます。
あまりの事態に貧血でプールに落ちるかなこ、
助ける新キャラ先生、そして人工呼吸。
かなこ的にかなり神展開なのでしょうが・・。




 「という夢をみた」 (ナレーション)MH12_17.jpg


MH12_15B.jpgはい、全部夢です。
感のいい人は途中のやりすぎ具合で
気付いていたかもですが、夢です。

「やっちまったな・・夢オチ」
「物語のオチのつけ方としては、
 最低の部類に属しますね」

当たり前のように二人は非難してますが、
かなこが寝言で今までの流れを言っていたようです。

実際はレバーにあたって寝込んでいた哀れなかなこ。

「生レバーは鮮度が命ですからね」



MH12_30B.jpgMH12_22.jpg
次は、そんなかなこを見舞いに来る藤一郎です。

いろいろ無駄に薀蓄をたれていますが、
鞠也さんや茉莉花さんに会うことも考えてのことでしょう。

絵だけを見るとかなこに迫る藤一郎の図に
見えなくも無いですが、
実際はかなこの悲鳴を藤一郎が薀蓄で解説するという。
若手のお笑い芸人のような掛け合い。

「かなこちゃんプールの授業
 楽しみにしてたのに今日もお休み?」

「ジンマシンが全身に広がって
 大変なことになってしまったそうよ」



MH12_40B.jpgMH12_38.jpg
結局、かなこは十日も休んだようです。

しかし、まだ前半なのに第3節というハイペースの展開。
最初見たときはこの時点では、少し変わった構成だな
ぐらいしか感じませんでした。

で、何故かかなこの机にはキャビアではなくとんぶり、
更に、ふえちゃうワカメではなくキクラゲという新手の嫌がらせ。
穂佳さんは海産物でないことからまっさきに否定します。
(どうでもいいですが、右の子がわりと好みです。
 どうでもいいですが・・)
 
藤一郎友の会のしわざらしいですが・・。


MH12_50B.jpgMH12_49.jpg
そして、はやくも第4節、
ここまでくるとシャフトさんは、このノリでラストをぶっちぎるらしいとさすがに気が付きました。
(しかし感想ブログ泣かせの構成です。
 誰もそんな事をいちいち考えてないでしょうが・・)

さて、かなこは嫌がらせの山の幸にご満悦のようです。
「人生万事、塞翁が馬」の使用は何気に二回目。
折角なのでググッてみると『幸せの後に不幸せになることもあり、
 またその逆もあるということ』らしく食べ過ぎて、
お腹を壊したかなこは、この故事を完全に体言しましたとさ

「かなこちゃんプールの授業
 楽しみにしてたのにまたお休み?」

「山の幸を食べ過ぎて
 お腹を壊して寝込んでいるそうよ」


MH12_59B.jpgMH12_56.jpg

やっとゴッドの登場です。
もはや笑うしかない、切り替えのはやさです。
こちらも意地でなるたけ書いていきます。

かなこは体調を考えて、
夕食は消化のよいものをとゴッドの部屋へ
しかし、そこには『あの夏の思い出』を見て
在りし日を懐かしんでいるゴッドが居ましたとさ

「かなこちゃんプールの授業
 楽しみにしてたのにまたお休み?」

「昨日から行方不明だそうよ」




MH12_70B.jpgMH12_68.jpg
まだまだ続きます。ラストですから、

行方不明だったっぽい、かなこです。
既に夏休み直前、気が付けばだいぶ時間がたっています。

最後のプールの授業に向けて、
宮沢賢治の有名な詩のようにがんばりますが・・。
(ここまで鞠也さんと茉莉花さんの出番がほぼ無く多少不安になる)


でしたとさ


MH12_80C.jpgMH12_77.jpg

これで最後の節です。

授業のプールは全て終わってしまいましたが、
水泳大会が行われることになり、浮かれるかなこ

「ポロリもあるかも!!」
「ねえよ」

あまりの浮かれっぷりにうんざりな鞠也さん
茉莉花さんに睡眠矯正させます。




MH12_99B.jpg矯正され、いつにも増しておかしくなったかなこですが、

藤一郎の登場で壊れっぷりは加速します。
そして思考は鞠也さんのポロリというあらぬ方向に、
(茉莉花さんはシロですか・・)

なんだかんだで水中騎馬戦開始です。
(かなこ達の隣の騎馬は穂佳さん達のようです。
 やっぱり左の子がいい感じです、どうでもいいですか、そうですね)


MH12_102B.jpg



MH12_105B.jpg











で、かなこは強引に突撃するわけですが、
ここまで数々のネタを仕込んできた展開から
流れは見えていると思います、
騎馬上の人は当然静珠さんです。
半裸の静珠さんを目の当たりにしたかなこは
ハナヂを出すことができたそうです。めでたし、めでたしと・・。

「ふ・・ったく、衆人の前で俺がスク水姿になどなるわけないだろ」

ごもっともです・・。


MH12_121B.jpg


で、Cパートですが、
静珠さんはやっぱりかなこを『かなちゃん』と読んでます。
(そういえば、前とほぼ同じ構図)
とても気になる所ですが、
更に、かなこの持っているロザリオを見て何か言おうとた所で



見事なやり逃げです。

これで、終わってしまうと思うと少し寂しいですが、
原作を追いかけつつ、
必ず第2期があると信じて待つことにします。

          MH12_115B.jpg


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : まりあ†ほりっく
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。