拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :古泉一樹仕様 」

koizumi_keitai_01.jpg
キョン「?!」

■右クリックダウンロード■

「見本版なので、ダウンロードは拍手からお願いいたします。」

●今回は、涼宮ハルヒ2期 OPのワンシーンを再現しました。

SOS団マークとハルヒマークを変更してます。

携帯を開いた時に画面後方から小泉一樹が後ろから走ってきます。

何度も、携帯を開きたくなるように作りました。

koizumi_keitai_04.jpg
キョン「・・・・・・?・・・・・・・」

koizumi_keitai_03.jpg
キョン「どういうことか説明してもらおうか?」

古泉「それなりに、ニーズがあるからでしょうか?」

koizumi_keitai_02.jpg

キョン「いや、いつの間に俺の携帯の待ち受けにしたのかを聞いてるんだが!」

koizumi_keitai_05.jpg

小泉「ああ、昼のあなたは半裸でセクシーでしたね、それにそれは私ではありません、ハルヒさんの仕業でしょう」

キョン「・・・・・」


●携帯動画壁紙シリーズ「なんちゃって「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :古泉一樹仕様 」です。●


●サイト内関連記事
( 待ち受けダウンロードもあり )

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの溜息 1」(茂木健一郎的視点)

なぜ「エンドレスエイト」は8回続いたか。(茂木健一郎視点)

原作未読で 「エンドレスエイト8」

原作未読で 「エンドレスエイト7」

原作未読で 「エンドレスエイト6」

原作未読で 「エンドレスエイト5」

原作未読で 「エンドレスエイト4」

原作未読で 「エンドレスエイト3」

原作未読で 「エンドレスエイト2」     エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点2)

原作未読で 「エンドレスエイト」      エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点)

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)

携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :小泉一樹仕様 」

・東のエデン ノブレス携帯なんちゃって待ちうけもあります。興味ある方はどうぞ。

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 仕様2 ジュイス盤 )
これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

劇場版 空の境界 第6章 忘却録音( 原作比較視点 )

kara_06_01.jpg

●原作と劇場版の違いを原作厨的に比較します●

●まず、劇場版にしてしまったがために、原作:忘却録音の魅力が損なわれたであろう箇所を検証します。

・また、前提にこの記事は「劇場版 空の境界」のみを見た人にもっとも有効な構成になっています。



●劇場版 忘却録音 公開前の原作厨の期待する部分とはなんだったのか?

・一つ目は、玄霧 皐月(くろぎり さつき)の能力や、存在感への期待だったと思う。

・原作の玄霧皐月は、視覚情報からの記憶と事実が確認(再認)できない特異な身体障害を持つ。

kara_06_04.jpg
・しかし、一般人のように振舞うことが出来るのは、人の特徴を言語で完全に記憶しているのため。

・何度もあった人物とも彼は初対面にしか感じないのだが、特徴の言語化から推察し相手を誰だが特定できるからである。 つまりは、言語情報からの再認を持つ特殊な人間だった。

・そうなるまでのいきさつが、原作では魅力的に描かれているのである。

・玄霧皐月は幼少期に妖精にたぶらかされて、神隠しにあい視覚からの再認が出来なくなったこと。

・神隠しから戻った玄霧皐月は廃人状態で、両親が魔術協会へ預けることになり「統一言語」を話す事が出来る唯一の人間と協会側から認識され観測の対象になった。

・実際のところ魔術師ではないが、バベルの塔時代前の統一言語「マスター・オブ・バベル」を現代によみがえらせる。

・統一言語は神代の世界との会話を行う魔術を超えた言語であり、彼の言葉は「世界」からの命令と同義となり、その命令から逃れることが出来るのは同じ統一言語師だけである。


●統一言語師「マスター・オブ・バベル」ではなくなった劇場版の玄霧皐月


・残念ながら、これほど危険な封印指定の魔術師だった玄霧皐月の能力は、言葉で人を操る言霊師にまで堕とされてしまった。
kara_06_14.jpg
・つまりは、言語で相手に命令を与えるのだが、「世界からの命令」では無いので、耳を塞ぐだけで回避可能になってしまった。

・この設定変更も当然理由があるのだが、原作で統一言語師である玄霧皐月に魅力を感じた人は多いと思う、わたしもそうだったので。

・でも、それはそれで、劇場版 忘却録音は別の処に魅力あるのです。

kara_06_02.jpg


●もう一つの大きな原作との変更点

・葉山秀雄(原作では英雄)の行動の全てである。
kara_06_12.jpg

・原作では礼園女学院の教師にもかかわらず、品性下劣な悪人で、クラス全員の女子を援助交際や一方的なセフレとして利用し、自己資金源としての非人道的な横暴をやってのけた人物である。

・あまつさえ、妊娠した女子生徒の堕胎を強要、その最大の犠牲者が自害したのが橘佳織だった。

・敬虔なクリスチャンであった橘佳織は、自分の堕胎が許せず自害してしまう。

・劇場版では葉山秀雄は麻薬中毒であり、それを見られた橘佳織を薬漬けにして隠匿を図った。


●橘佳織の堕胎のエピソードの意義
kara_06_10.jpg

・礼園女学院という舞台を最も活かした自殺の動機なので、劇場版での改変はシナリオの厚みや重みを軽くしてしまい、クリスチャン関係しなくてもいいいじゃん、一般の学校でも良かったんじゃないかという認識が原作ファンだけでなく、劇場版のみの視聴者にも伝わってしまった。

・これが、amazonのレビューで、不評意見者達が難しいことを記載してるが、本質的な共通認識だと思われる。

・ただ、原作通りにやるというと、このご時世なので空気を読んだともいえるが、ネタ的には 痛覚残留の浅神藤乃(旧姓)の境遇と酷似しており、二度目をやるのもどうかと考えられる。
kara_06_05.jpg

・浅神藤乃の場合は、完全なメインキャラなので原作をなぞるのは道理である。

・しかし、橘佳織自体は回想シーンだけ登場で、シナリオの事件の意味づけのための立ち位置だったので改変のターゲットとして適任と考えても不思議ではない。

・では、この劇場版 忘却録音では何をしたかったのかという事に行き着く。

kara_06_03.jpg


●娯楽を追及する要素としての 劇場版 忘却録音

・娯楽といえば聞こえはいいが、購買者や映画視聴者の見たいものを提供し楽しんでもらわなければそれは成り立たない。

・そこで、王道である「恋愛」「バトル」「ヒロインの魅力(萌?)」の路線で改変が行われたと考えられる。
kara_06_07.jpg

・当然放映時間的な制約もあり、劇場で描けるのは「玄霧皐月と統一言語師と黄路美沙夜」か「葉山秀雄と橘佳織と女学院の視点」か「黒桐鮮花の兄への想いの視点」かのどれかを取るしかなくなる。
kara_06_06.jpg

・これは、DVDのミニパンフレットでも語られていることだが、当然取るなら「黒桐鮮花の兄への想い」に視点を当てるのがファンへの期待を裏切らないと考える。

・そういった意味で、見方を変えると劇場版 忘却録音は援助交際を強調すると、鮮花の活躍がドロドロとしすぎてしまう。

・また、黄路美沙夜と玄霧皐月とのタブーな愛情をそのまま出してしまうと、劇場版のバトルシーンが生き生きと表現できなかったろう。

・同じ境遇だと鮮花が黄路を見てしまうと、あそこまでの正義ヒーローじみたバトルシーンは難しいという事になってしまう。
kara_06_08.jpg

●死ななかった玄霧皐月

・原作において、印象的なラストシーンは、玄霧皐月が事件の数日後に学園で女生徒に刺されて命をその後落とすというのがある。

・その女生徒が、黄路美沙夜であるか明かされてはいないが、原作の玄霧皐月は最強設定であったために、印象的な最期である。
kara_06_15.jpg
・劇場版では、人知れずに姿を消していなくなる。

・これも、鮮花視点で終わらすために、黄路美沙夜と玄霧皐月が兄妹である(かもしれない)という原作設定の終結は不要だからだ。



●劇場版 忘却録音の魅力

・結局のところ、原作とはかけ離れてしまったのだけれども、黒桐鮮花とは何だったのか?を追求すると面白い作品だとわかる。
kara_06_11.jpg

・近親相姦一歩手前で、両義式という最強の人間であり最大のライバルと一つの事件を解決しようと悩み努力する姿こそこの作品の最大の魅力だと考える。

・また、音楽や映像美も魅力的で、空の境界という作品の空気にマッチしている。
kara_06_13.jpg

・これらを、当たり前だとか言ってしまう人もいるかもしれないが、それを実現しているだけでも奇跡的である。

・原作ファンと製作者とが同じイメージを共通し抱いているのに近いのだから。


・ここまでの改変をしたんだから、次章殺人考察(後)に アルバさんは確実に復活するだろうぜ。(スタッフなめんな



●サイト内 空の境界関連記事
劇場版 空の境界 第5章 矛盾螺旋 レビュー

●サイト内フィギュア関連記事
劇場版 空の境界 蒼崎橙子 アルター社製「 アルバさん視点 」レビュー

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー

  




拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 空の境界
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作未読で 「エンドレスエイト6」

企画として涼宮ハルヒの憂鬱OP 待ち受けもあります。
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」←欲しい方はこちらへ



まだまだ、続いているエンドレスエイト
終わらない夏の終わりをひたすら待ちつつ


e86_007B2.jpg今回も高校野球を見ながら
ハルヒの電話が
くるかもと思っているキョン
(繰り返しは繰り返しですが
 野球観戦以外の行動も
 ありそうですが・・)



e86_006A.jpg


e86_101B3.jpgタイトルがまた
変わった感じの出し方
(あと何回続くと
 思いますが毎回大変そう)

古泉は既に浮き輪で
スタンバイ中
それ以外、服装は
わりと普通な感じ

プールでは古泉が
いつものセリフ
(気が付くポイントは
 やはり毎回同じ
 キョンは盆踊りですが

 記憶の残滓がいくらあっても
 みくるから相談を受けない限り
 はやく気が付くことが出来ない
 何かいい変化が
 あればいいんですが) 

今回の水中サッカーの
ボールはかなりいい具合に
みくるにクリーンヒット
喫茶店でも
引きずっている感じ 





e86_025B2.jpg喫茶店の解散後
有希のマンション近くまでくるキョン
(あとから気になって
 追いかけてきたのか・・
 それだとだいぶ
 印象が強くなっているとのかも)



e86_030A.jpg




e86_032B2.jpg久しぶりの浴衣を買いに行く描写
今回の浴衣はみんな白系

で、毎回デジャブな盆踊り
有希は恒例のようにお面を買ってます
珍しくちゃんとかぶっていたり
(今回はだいぶ変な感じが・・)

花火と宿題の会話
進展の具合は見られない
(今回は細かい所を
 全部描いている感じ)

(下のはわりと
 いい雰囲気っぽく見えたカット)


e86_037A.jpg




e86_102B2.jpgセミ取り合戦
今回は古泉が探検ルック
(セミ取りを他の誰かが
 勝ったりすることはないのかな)

ぬいぐるみのバイトも
特に変わったところは無し

「アッザムリーダーから
 開放された気分だ」

相変わらずいい感じのセリフ

e86_047A.jpg





e86_049B3.jpg夜、呼び出されるキョン
(毎回最後に呼ばれるキョン
 古泉が確認のため
 みくると会ったのか
 
 みくるの方が
 古泉に相談したのか・・)
 
古泉の解説と
みくるの説明も
特に変化無し
(このへんも丁寧に解説)

「今回で
 15524回目に該当する」


前回が15521回目なので
今回は3回進んでます。

で、気になった
アルバイトの回数ですが
今回は端折られてしまいました。

あれだけ他を丁寧やっていたので
逆に気になります・・。




e86_070B2.jpg天体観測は

「耳もとでぇアイラービューを
 ささやくんですぅ」


「『その言葉を待っていたぜ』
 ってやるか」


古泉とキョンの
言い方を少し変えてましたね。

古泉がやるというと
嫌な顔を(しているはず)なのに
自分ではやらない
人に言われて
することではないですが




e86_081B2.jpg残り一気に
遊びを消化して30日

「この夏は一杯いろんな事
 出来たからもう十分よね」


強烈なデジャブで
いろいろ考えてましたが

今回も終わりませんでした。
31日は昼から諦めモード
見切りをつけるのが早いです。

8回で終わると
噂がありますが、あと2回あるのでしょうか?




●サイト内関連記事
( 待ち受けダウンロードもあり )

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの溜息 1」(茂木健一郎的視点)

なぜ「エンドレスエイト」は8回続いたか。(茂木健一郎視点)

原作未読で 「エンドレスエイト8」

原作未読で 「エンドレスエイト7」

原作未読で 「エンドレスエイト6」

原作未読で 「エンドレスエイト5」

原作未読で 「エンドレスエイト4」

原作未読で 「エンドレスエイト3」

原作未読で 「エンドレスエイト2」     エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点2)

原作未読で 「エンドレスエイト」      エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点)

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)

携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :小泉一樹仕様 」

・東のエデン ノブレス携帯なんちゃって待ちうけもあります。興味ある方はどうぞ。

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 仕様2 ジュイス盤 )
これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

saki_comic_06_01.jpg

●2009年07月25日発売の 咲-Saki- 第六巻のレビューです。

saki_comic_06_02.jpg

●今回の表紙はタコス娘です。表紙全体には清澄校メンバーが描かれています。

・また、ページカラー枚数が多く、8ページにわたり、小林立先生の美麗な背景と共に、主に清澄と風越の池田と福路のツーショットで魅せてくれます。

saki_comic_06_03.jpg

●前回決勝で天江衣により 0点にされた風越の池田の心の折れた展開で始まります。

saki_comic_06_04.jpg

●そこへ、前巻ラストで覚醒した咲が、風越の池田に大量の得点を振り込みます。

・この辺は、誰でも先が読めた展開。

saki_comic_06_05.jpg


saki_comic_06_06.jpg

●天江衣は咲を警戒する対象と認め始めます。

●そこへ、風越池田の覚醒フラグが立ちます。

saki_comic_06_07.jpg



・それは再び、尊敬する福路キャプテンとの馴れ初めでした。

saki_comic_06_08.jpg

●吼える池田。

saki_comic_06_09.jpg

●池田が新たな感覚を手に入れます。


saki_comic_06_10.jpg
saki_comic_06_11.jpg
saki_comic_06_12.jpg

●それは天江と咲のような異能力ではなく、豪運。

saki_comic_06_13.jpg

●剛運!

saki_comic_06_14.jpg

●超運!

●そして、咲も覚醒の上をいく、大覚醒フラグ。

saki_comic_06_15.jpg

saki_comic_06_16.jpg

saki_comic_06_17.jpg


●そしてこの大将戦は、二人の怪物により佳境を迎えようとします。

saki_comic_06_18.jpg

●しかし次巻までこの決着は持越しですが・・・。

・全体を通して、池田復活が手に汗握り、咲と衣で背筋が凍る展開でした。

・加治木ゆみの活躍は、残念ながら目立つところは無しだけど、まだトップを狙える圏内にいます。


●おまけの外伝は 池田と福路の話。

・なごみます

saki_comic_06_19.jpg



●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第十六局

咲とゆみさんの戦いで始まった大将戦
静観していた衣がついに動き出す。



※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)



saki16_014B3_20090724235346.jpg再びリンシャンを
仕掛けようとする咲

前回のゆみさんのチャンカンが
利いていて踏みとどまる

そんな咲に衣の一言
「無聊を託つ」
(退屈な事を嘆くという
 意味らしいです)

透華曰く
『やばげな性格』の衣全開です。

「乏しいな、闕望したよ」
(『闕』は欠くとだいたい同じらしいので
 望みを欠いたってところでしょう)

「そろそ御戸開きといこうか」

更に池田に挑発的な言い回し
ほんとに見てくれは
ちっさい兎なんですが・・





saki16_027B2.jpgゆみさんと池田は
手が進まないことに
違和感を感じてます
(ことのときは池田も
 まだ普通な感じ)


龍門渕サイドの解説で
月の出る夜は強いらしい衣

それが本物なら誰も勝つことが
出来なさそうです・・








saki16_030B4.jpg卓ではゆみさんがチー
そして衣のリーチ

そのまま一巡して
『海底撈月(ハイテイラオユエ』

(ハイテイだと?
 ダマでも十分な手で
 残り一巡で
 ツモ切りリーチ?

 それではまるで
 ハイテイで必ず和了することを
 確信しているようではないか

 しかし

 去年の天江衣の牌譜を見る限り
 県予選では一度
 ハイテイを和了っているが
 全国では一度も見せていない

 どちらかといえば
 高い手を直撃する
 タイプだったはず
  
 いやな感じがする・・)


一度でこれだけ
分析ができるのがゆみさん
(牌譜を見ていたりと
 必要な情報の収集も
 ありますが)

一度戦ったという池田よりも
既にアドバンテージがある






saki16_040B4.jpgその池田は
ハイテイのみ警戒して
多少無理に攻めへ

しかし、衣は
ポンでハイテイコースへ

一連の流れを
見ているゆみさん
鳴いてずらそうと
してます。

適応能力が高い人だ

そんな協力体制も
一歩及ばず
二度目のハイテイ

ここでゆみさん
池田の警戒ぐあいに
更に読みを深めていきます。
(池田が残念な実力なので
 あまりいい流れにはなってないですが)














saki16_200B3.jpg龍門渕サイドは
衣の実力に安心して
解説ムード

「衣の特質が
 ハイテイだけだと思ったら
 痛い目を見ますわよ」


「あれは必殺技とか
 そういうのじゃなくて・・」


「場の支配」

「そう。あの時ボクが戦った相手は
 同い年の女の子じゃなくて
 逃れなれない運命なんだ」 


これだけ聞くと
ふつうに相手をして
勝てる要素がなさそうですが・・。


「ハイテイ阻止とか
 そんなことよりも
 まず、自分が逆転できる手を
 仕上げることじゃいないか」





saki16_072B4.jpg卓では池田が
泥沼にはまりつつあります。

次の局で
手が進みかけたところで
ポン切りを凡ミス
手が進まない

一方の衣は
闇聴で見守りつつポンで
ハイテイコースへ

ハイテイに警戒する中で
咲はカンでツモを
ずらしつつ聴牌
(咲はカンで牌が進むのが
 デフォルトらしい・・)

それでもチーで
戻してくる衣
(2人打ちだったら
 まず勝てる気がしない)

ゆみさんも
差し込みで衣を
抑えようとしてますが
踏ん切りがつかない

「この状況はなんだ
 3人が3人流局
 寸前まで聴牌できない
 それが3局連続で起こっている」


藤田プロ
珍しく普通に解説
(ハイテイも異常ですが
 衣の『場の支配』
 流局寸前まで聴牌できず 
 誰も和了れなければ
 負ける要素は見つからない)



saki16_080B3.jpg「ここか」 
ゆみさん自分の聴牌を捨てて
咲への差し込み

あくまでトップの独走と
場の空気をかえるためな
感じのゆみさん

衣の力も完璧では
ないようです。







saki16_084.jpg








saki16_103B3.jpg次の局
セオリーどおりでは
手が進まないと判断した
ゆみさん
(池田とは学習速度が段違い)

そのまま聴牌でリーチ

ゆみさんの捨て牌を
睨む池田
警戒しつつも
勢いで行って裏目に

「ロン、リーチ、一発
 チートイ 裏裏
 12000」


「一発掴まされてた・・」

「わるいな
 本来なら天江から
 取りたい点棒なのだが
 こちらも見逃すほどの
 余裕はないのだよ」
 

この時点であれば
トップから取れないことが
仕方がないのですが
これが
池田の泥沼に拍車をかける




saki16_107B3.jpg親を大事に進めたいゆみさん 
そのとき
衣から強烈なプレッシャーに
思わず立ち上がる
(咲は・・・つわりですか)

ここで池田が何も感じないのが
一般人たる由縁・・池田・・合掌
 
前回は衣が引いていただけと
警戒を強めるゆみさん

しかし早くも池田へロンの衣

「やはり、出和了もあるか」

「世界が暗れ塞がると共に
 おまえたちの命脈も尽き果てる」

まさにラスボスといった感じ・・

それに挑むのが
咲とゆみさんと・・・池田
心もとないです
(せめて風越が
 美穂子さんだったら・・)





saki16_121B5.jpg(楽しんで華菜)
美穂子さんとの回想

(いつかきっと
 イイこともあるって信じて
 明るく前を向いて
 
 何事もそうやって
 楽しんで行きたいわ)


いい感じに
切り替えられれば
よかったのですが・・

(無理!)

(無理ですよキャプテン
 さすがに
 この状況は楽しめない)


ま、普通ならそうですね・・。

卓の方では
衣の容赦無い勢いでツモ
前半戦終了

「この子強すぎるよ・・」

エンディングが例の歌でしたね
今の咲達にぴったり

特に池田へ送る歌







●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

狼と香辛料?第02話 ( 童貞ロレンスファン視点 )

●ロレンス 派遣社員斡旋のロレンス

「ホロ、俺は決めたよ」
O_F_02_01.jpg
「?」

「夢を見たんだ、アマーティーが熱心に俺の弟子になりたいと懇願するんだ」

「ほう、夢の中のあ奴はどのくらい熱心じゃった?」
O_F_02_02.jpg
「俺に命を差し出すと宣言したんだ」
O_F_02_04.jpg
「そう、命を預けるんだ、つまりは結ばれるという事だ」

「そしてこれほど具体的な夢なんだ、運命を感じて止まない」

「すごいのお主・・・(妄想力が)」

「そのときホロ、お前は俺達の祝福をしていた」
O_F_02_03.jpg
「ああ・・・うむうむ・・・そうじゃな、するする・・・」

「ロレンスの中のわっちは、そういう役じゃったか・・・」

「なんか派遣切りに遭った気分じゃな・・・」




●ロレンス 棺おけを盾にした男と出会う

「棺おけを盾にしたような男ですか・・・」O_F_02_05.jpg
「お!」

「やぁ!」

O_F_02_06.jpg
「あのその・・・」

「また来ます!」

・アマーティは危険を感じ逃げ出した。

「クラフト・ロレンスさんですね?」

「はじめましてギ・バトスです」O_F_02_07.jpg
「ええ、私がロレンスです・・・・」

「まだお若いのにいい趣味だ」
O_F_02_08.jpg
「ふっ・・・アマーティーくんも私にぞっこんでして」

「しかし、女性というものの母性というものをご存知か?」

「清楚で可憐で妖艶であることの素晴らしき体現者、それが女性です」

「ロレンスさんは女性に興味はおありか?」
O_F_02_11.jpg
「も、もちろん!」

「女性に過度な興味と幻想をもっておる・・・」
O_F_02_09.jpg
「あのガチムチもロレンスと同じ童貞じゃな・・・」


・ロレンスと旅をして、童貞の目利きが上達したホロであった。


「しかし、なぜじゃろう、あのカップリングは何かを期待せずにはいられぬ」
O_F_02_12.jpg
「なんじゃろ、わっち、ガチムチは在りな気がしてきたのぉ」

・ホロの中で何かが目覚めた瞬間であった。


●当blog内 狼と香辛料?関連記事
狼と香辛料?第02話 ( 童貞ロレンスファン視点 )
狼と香辛料?第01話 ( 童貞ロレンスファン視点 )

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 狼と香辛料II
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)

●池田 哀願動物で愛玩動物

「池田選手、一般人参加としてこの決勝で五人分打つわけですが」
SAKI_10_01.jpg
「藤田プロはどうお考えですか?」

「いいよ、かわいいなぁ池田」
SAKI_10_02.jpg
「娘にしたいぞ」

「どうでもいいけど、どうやっても麻雀で五人打ち出来ないじゃん」
SAKI_10_06.jpg
「(即答)うむうむ、そうだな」

「それに高校生の大会決勝で一般人枠って何?」
SAKI_10_04.jpg
「で、カツ丼食べるか池田?」

「箸に着いた米でいいか池田?」
SAKI_10_05.jpg

「いや、もう いいし。」



●池田 福路美穂子VS井上純VSタコスVS津山睦月 戦

「なんで、私は鶴賀の津山の代打ちなんだ」
SAKI_10_07.jpg
「!」

「見てみろ、津山の凛とした姿・・・雰囲気ありすぎだろ?」
SAKI_10_08.jpg
「いや、だから何?」
SAKI_10_09.jpg
「彼女には麻雀より、家庭に入ってもらいたいんだよ」

「あんたの好みはどうでもいいんだよ」
SAKI_10_11.jpg
「ちなみに睦月選手チョイスは私です」
「仕事しろよ司会!」



●池田 眼力で相手の力量を推し量る

「この面子で一番厄介なのは・・・龍門渕の井上純・・・」
SAKI_10_12.jpg
「無名校のタコス女は、井上純に翻弄されていて格下だな」
SAKI_10_13.jpg
「場の支配は、やはり福路キャプテン・・・」

「ああ、言い忘れたが、一般参加のお前は負けたら死だぞ」
SAKI_10_14.jpg
「はぁ?・・・馬鹿言ってんじゃないよあの司会者」

SAKI_10_15.jpg
「華菜・・・あなたの死は無駄にしないわ」

「キャプテン・・・キャラ的にあなたは人命を優先してくださいよ」
SAKI_10_16.jpg
「私には上埜さんがいるから平気よ華菜!」
「いや、誰ですそれ」



●池田 福路VS池田戦

「キャプテンの目が開眼してしまった・・・」
SAKI_10_17.jpg
「もう清澄のタコスを飼いならして井上純を封じ込めてしまう」
SAKI_10_18.jpg
「麻雀をここまで愛してなお強い人を私は知らない」
SAKI_10_19.jpg
「でも、何度も部活で戦った私ならばの攻略法はあるじゃん」

「華菜、さぁどちらが学園最強か再び争いましょう」
SAKI_10_20.jpg
「こっえええ!!! これが本気のキャプテン!!」

「池田ここで少し失禁だな」
SAKI_10_21.jpg
「ち・・違う!」

「充電ちゃんですね!わかります!」
SAKI_10_22.jpg
「仕事しろよ司会者!」



●池田 福路攻略 池田無双開始

「ロン!!リーチ一発ドラ1で直撃ですキャプテン」
SAKI_10_23.jpg
「な!なぜ私の開眼で流れが読めないの?」

「ふふん キャプテンが開眼しているというのは、場の流れを読んでいる状態」

「ならば、流れを支配している風に装えばいいんです」

「キャプテンの敗因は、開眼能力依存の高さなんです」
SAKI_10_24.jpg
「華菜・・・・そこまで・・・・」

「だから、開眼していない状態なら私に勝ち目はなかったかも」

「逆に開眼までさせた井上純やタコスに感謝だな」

「・・・・・・・」
SAKI_10_25.jpg
「・・・・・・・」

「これは意外な展開だ~一回戦最得点者は池田選手だ~」
SAKI_10_01.jpg
「確かに、勝ちの似合わない奴が勝つと盛り上がるのだが・・・」

「どうだ、この空気の読めないお前に客がお怒りだぞ」
SAKI_09_01.jpg
「いや、命がかかってんだよふざけんなクソプロ」
SAKI_10_26.jpg
「では、視聴者サービスで鶴賀学園、津山睦月のプライベートショットでお別れだ」

「なんでそいつ? なんでだよ、意味わかんねーよ」


・次回、「猫という魔物は振り返らない」をお楽しみに。



●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点)

繰り返しで少しズレた古泉 一樹



e83_100.jpg「こういうのはどうです
 突然抱きしめて
 耳元で『アイラービュー』と囁くんです」


「それを誰がするんだ」

「あなた以外の
 適役がいますかね?」



e83_099.jpg「拒否権を発動するぜ!パス、1だ」

「では、ボクがやってみましょうか?
 あなたに・・」


「顔が近いって
 ・・・自分が何を言ってるか
 わかってるか古泉」


「あなたが拒否権を発動するので
 代替案を提示したまでです」




e85_075.jpg「肩を抱くな・・
 長門、見てないで止めれくれ」



「わたしの役目は観測だから」


「なるほど・・って納得するか!」 


e85_089.jpg(目を開けちゃダメよ、みくるちゃん
 ここからがいいところなんだから)


(は、はい~)






e85_096.jpg「長門」

「・・・?」

「聞きそびれたんだが
 この繰り返しって何回目だ?」


「今回で1580・・・」

「わかった、もういい
 その先は聞きたくない」


(今回でループが終わってたまるか
 こんなの絶対リセットだ)
  


エンドレスエイトは終わらない・・。




●サイト内関連記事
( 待ち受けダウンロードもあり )

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの溜息 1」(茂木健一郎的視点)

なぜ「エンドレスエイト」は8回続いたか。(茂木健一郎視点)

原作未読で 「エンドレスエイト8」

原作未読で 「エンドレスエイト7」

原作未読で 「エンドレスエイト6」

原作未読で 「エンドレスエイト5」

原作未読で 「エンドレスエイト4」

原作未読で 「エンドレスエイト3」

原作未読で 「エンドレスエイト2」     エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点2)

原作未読で 「エンドレスエイト」      エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点)

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)

携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :小泉一樹仕様 」

・東のエデン ノブレス携帯なんちゃって待ちうけもあります。興味ある方はどうぞ。

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 仕様2 ジュイス盤 )
これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作未読で 「エンドレスエイト5」

企画として涼宮ハルヒの憂鬱OP 待ち受けもあります。
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」←欲しい方はこちらへ


というわけで5回目になります。
まだまだ終わらない夏
でも、いつかは終わるわけで
そのときを待ちつつ見続けていきます。
(いきなり『消失』とかに飛んだりするかもですが・・)


e85_003B2.jpgいつもの通りに
なんとなく違和感を
いだきつつハルヒからの
電話を待つキョン

電話を聞いて
『前にも同じ事をした』と
感じながら集合場所へ
(タイトルクレジットが
 だいぶ変則的な形に
 法則性とかあるっぽいですね)











e85_004B3.jpg今回は入道雲が
ちょいちょい入ってます

夏だからと言われれば
それまでですが・・。


キョンと古泉の自転車競走
「超能力は禁止」
むしろ助けて欲しいのは
キョンの方でしょう






e85_013A.jpg









e85_016B3.jpgで、市民プール
(水着が毎回違いますが
 さすがに1万5千回
 毎回違うことはないでしょうけども)

有希は相変わらず1人
今回はそんなに
表情が荒んでない・・と思う

ハルヒの遊びの誘い
(連れてる子供が
 『けいおん!』梓に見えるとか
 見えないとか・・)




e85_025A.jpg








e85_031B3.jpg喫茶店で作戦会議
有希の座る位置が
多少違うっぽく
(ハルヒに近いって
 だけですが)

喫茶店解散後
有希に駆け寄るキョン
(見上げる有希が
 なんというかこの
 全エンドレスエイト中
 一番いい感じ)





e85_037A.jpg







e85_043B3.jpg声をかけた
自分に疑問を持ちつつ
盆踊り会場へ
有希は相変わらずお面購入

その後の花火で
キョンは気になっている
宿題の質問も
特に変化なし
(あれな花火を眺める有希
 寂しそうな顔を見るより
 いいのですが、シュールです)

そのあとキョンを
見ているふうな有希が
少し気になります

e85_046A.jpg





e85_049B2.jpgスケジュール通り
セミ取り合戦 
(ここでハルヒに勝って
 どうにかするのも
 面白そうですが・・)

有希は今回は
ヤンバルテナガコガネをゲット
(日本最大の甲虫で
 沖縄本島にいる
 天然記念物だそうです)
ヘラクレスオオカブト
よりはそれらしいですが・・

ハルヒの服装が
探検ルックのなのは
どうなんでしょう






e85_054B2.jpgスーパーのバイトも
相変わらずカエル
(有希は6種類あると
 いってますが放映分では
 毎回カエル)
 
「ビーム受けた
 零号機の気持ちがよくわかるぜ」

熱いですかそうですか・・。

ハルヒを見ていたのを
見られるキョン
「こっちみんな」

そっぽを向いてしまった
キョンの代わりに眺める古泉
「アイス落ちますよ」

この場面だけみると普通なんですが





e85_062B4.jpgで、いつもより約1分はやく
みくるから電話

古泉のいつもの説明
(今回は全体的に
 モブな人が多い感じ
 泣いているみくるに
 ナンパな感じで男が来るし) 

あと、
今回は15521回目だそうです
前回が15513回なので
8回分ですね

いつも聞いていることですが
盆踊りに行かなかった回数が
15000回中2回しか無いのは
よく考えるとすごい確率だ。

そして、気になったのがアルバイト回数
今回が9048回で、前回が9031回なので
17回増えています。

前回から8回しか
ループしてないのにです。
ひと夏で数回行ったという
こともありそうですが
有希にバグが起こりはじめているのか
こちらの聞き違いなのか・・。
(またこれを言っては
 おしまいな感じですが

 有希が本当に
 正確に把握しているのか
 という疑問もでてくる

 有希のバグという描写も
 このあたりから出してくるとしたら
 次回以降のこの数字を
 聞くのが少し怖くなる)


さらに携帯の電卓で計算
(たぶん、
 いつもこうしていたのでしょう)
今までは594年分でしたが
595年分に突入

キョン
はやく戻してあげてください。






e85_089B3.jpg天体観測
キョンが珍しく
望遠鏡で火星を眺めてます

で、いつも早々と寝てしまう
ハルヒとみくる

キョンと古泉の会話は
とりあえず変化無し
有希は今回
望遠鏡と並んで
天体観測中





e85_088A.jpg







e85_096B2.jpg「なあ、長門
 おまえは、朝比奈さんが
 言い出す前から、繰り返しに
 気付いていたんだよな」


珍しく肝試し中に
質問のキョン
(必ずしも同じではないから
 こういうときもあります)

残りの遊び倒しで
公園の遊具で
ぐるぐる回るのは
夏らしいことでは
無いでしょう





e85_107B3.jpg31日
予定の紙に8の字を延々と
悪戯書きするキョン
「この夏は一杯いろんな事が
 できたからもう十分よね」

毎回聞いていると
何か宣告のように聞こえてくる

今回はこの辺が繰り返し
キョンの思いつめた感じが
出てますが・・。

結局変わらず・・。
どこまでいくのかエンドレスエイト



●サイト内関連記事
( 待ち受けダウンロードもあり )

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの溜息 1」(茂木健一郎的視点)

なぜ「エンドレスエイト」は8回続いたか。(茂木健一郎視点)

原作未読で 「エンドレスエイト8」

原作未読で 「エンドレスエイト7」

原作未読で 「エンドレスエイト6」

原作未読で 「エンドレスエイト5」

原作未読で 「エンドレスエイト4」

原作未読で 「エンドレスエイト3」

原作未読で 「エンドレスエイト2」     エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点2)

原作未読で 「エンドレスエイト」      エンドレスエイト(古泉 一樹ファン視点)

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)

携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :小泉一樹仕様 」

・東のエデン ノブレス携帯なんちゃって待ちうけもあります。興味ある方はどうぞ。

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 仕様2 ジュイス盤 )
これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

狼と香辛料?第01話 ( 童貞ロレンスファン視点 )

●ロレンス 通称あいのり行商人のロレンス

「フェルミ・アマーティです商売上ではアマーティーで通っています」
O_F_01_01.jpg
「クラフト・ロレンスです、同じくロレンスと呼ばれています・・・」

O_F_01_02.jpg
「・・・・」

「・・・・」
O_F_01_02.jpg

「・・・・」

「・・・・」
O_F_01_02.jpg

「・・・・」

「あ・・・あの・・・」O_F_01_03.jpg
「何分握っておるつもりじゃ・・・」



●ロレンス お店を持つ夢拡大中

「ようマルク」
O_F_01_07.jpg
「おおロレンス、お前は商売の話で来たんだろうな?」

「当然だ、麦じゃなくて釘だがな・・・」

「(即答)OKOK 買うぜ兄弟」
O_F_01_09.jpg
「・・・・」

「・・・・」
O_F_01_09.jpg
「・・・・マルク・・・離してくれないか・・・(汚い・・・)」

「・・・・!OKOK すまないロレンス・・・嫌いにならないでくれ」

「・・・あぁ(棒読み)・・・」
O_F_01_10.jpg
「おおっと紹介しなくてはな弟子のラントだ」

「ほほぅ・・・」
O_F_01_11.jpg
「・・・・」

「まぁ・・・一時に童貞は少年趣味に走るというのじゃがのぅ・・・・」

・ロレンスの目は行商人のそれで、少年達を嘗め回した。

「わっちが、ロレンスを真人間に戻さねばならぬの・・・」

「いやいっそ・・・・わっちが童貞切りをすれば・・・」(悩む乙女なホロであった

●当blog内 狼と香辛料?関連記事
狼と香辛料?第02話 ( 童貞ロレンスファン視点 )
狼と香辛料?第01話 ( 童貞ロレンスファン視点 )

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 狼と香辛料II
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第十五局

副将戦後半、そして
大将戦でやっと咲の出番
衣も卓に着きますが今回活躍はお預けです。


※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


saki15_003B3.jpg2回の振込みでイライラの透華
対して不適な笑みの桃子

そこへ和さんのリーチ
それでも桃子は怯まず
自分のステルスを信じて
危険牌を卓へ
(フリテン確定は追加のセリフ
 ルール上確かにそうなるので
 実際に発揮されれば
 確かに怖い能力です)


ツモらない和さんに
桃子の疑問の視線

そのまま和さんはロン

ありえないという顔の桃子と
驚きを隠せない鶴賀サイド

「彼女の中ではありえないこと
 なのかもしれないわね」

冷静にまとめる久さん




saki15_018B3.jpg「私の捨て牌が見える・・
 見えないんじゃ・・」


「見えるとか見えないとか
 そんなオカルトありえません」

事も無げに一刀両断のセリフ

「私からははっきり見えます」
和さん視点では卓上はネット麻雀の画面

「どっちがオカルトなんだか・・」
久さんのいい感じのツッコミ

合宿の成果で咲がいても
平常心で打てるようになった和さん
(いままで百合描写がかなり
 あるのでこれはこれで
 かなり説得力がある)


(この人にとっては
 気配があろうが無かろうが
 関係ないってことっすか)


天を仰ぐ桃子に不安な鶴賀サイドですが



saki15_032B3.jpg(私のステルスが利かない
 じゃあこの人とはガチの
 麻雀ってことっすか)


気持ちを
切り替えることができたようで

(それならそれで
 いつもより楽しめそうっすね)


(だって、次につなぐあなたのために
 頑張れるッっすから)


(このまま最後まで
 そうすれば宮永さんに・・)

和さんは個人的にもえてます。













saki15_037B3.jpg(まさかこのまま
 終わってしますなんてことが)

目立ちたがりのお嬢様も
だいぶ焦り気味

(この私が、この私が
目立たないまま
終わってしまうなんて
絶対間違ってますわ)



「ツモ、2000 3900です」
力んでた透華ですが
風越のが和了
(原作では和了った絵が
 なかったので
 さりげなく救済?)

透華が燃え尽きた所で
副将戦終了

結果は1位清澄、2位鶴賀と
競合校を抑える感じに





saki15_052B4.jpgで、休憩という名の百合タイム

清澄の面々に見送られる咲

途中、和さんと合流してハイタッチ
(相変わらず、恋人握りですね・・)


鶴賀はゆみさんと桃子
「まいったっす
 どうにも清澄だけ
 抜くことが出来ませんでした」


「原村にはお前が
 見えていたようだな」


「あんな相手はじめてっすよ
 ちょっと自信なくしちゃいました」


「何を言う、副将戦開始からの
 獲得点数見れば誰が
 活躍したか一目瞭然
 
 半荘2回とはいえ
 去年トップの2校と
 中学大会王者の
 原村和を相手に
  もっとも
 多くの得点を稼いだんだ 

 お前が一番だよモモ」


言葉尻が
いちいち殺し文句なゆみさん

こう言われては
誰でもコロッといきますって・・。

「先輩大好きっす~」 

「やめっ
 ここではやめろ」

セリフのままとると
別の場所ならいいらしいです。

人知れずよろしくしちゃってください。

しかし、ゆみさんって意外と
セリフで墓穴を掘るタイプなのかな・・



saki15_062B3.jpg龍門渕サイド
ため息とともに座る透華
しばらくかける沈黙

「目立たなかったな」
さすが男前
いいづらいことをきっぱりと・・

「副将戦では一番高い役を
 和了ったのですが」

フォローのようでそれは
追い込んでいる

「記録よりも記憶に
 残るって大事だよな」


いじられる透華、
味方は一のみ
(展開に巻きが入ってるのか
 このごろメイドさんが空気になってる)

順位的にはピンチっぽいですが
大将が衣なので負ける気が
してない感じ





で、大将戦、各校の選手紹介ですが
咲は主人公だからいいとして
やはり華菜が浮いている
(魔物の贄なので仕方ないですが・・)

saki15_069L2.jpg
saki15_070L2.jpg



saki15_079B4.jpg和さん遅れて
清澄控え室へ

「和、あなたにお客さんよ」

例の後輩の2人
特別に入れて
もらったとかですかね

和さんに会いに来た
と聞いて優希が
噛み付いてくる
のがうまい感じ
確かに優希も先輩ですが・・
(あんなナリなので
 永遠に後輩って感じがする)


会場では
1人づつ卓について準備中
(今まで卓の座る場所の描写は
 なかったですが
 衣登場の演出って所でしょう)

動きが完全にお子様なので
咲や清澄サイドが
驚くのはま無理ないですが

「天江は16歳
 あなた達の一つ上よ」


「力は一つ上どころじゃないかも
 しれんがのう」




saki15_100B3.jpg「忘れていたよ
 他にも愉快な打ち手が居たことを」

藤田プロも解説席から
じっくり見守り中


場所は変わって記者室
咲が宮永照の関係者かも
というのをまさかと否定してます
(記者なのだし
 すぐわかりそうですが
 照の方が妹はいないと
 公言しているのかも
 
 あと、忘れてましたが
 咲は妹キャラってことですか
 今では全然そんな感じは
 ありませんが・・)
 
龍門渕は咲に気が付いて
警戒しているようです
それぞれ自分が感じた
感覚を信じているようです


(みんな驚くでしょうね)
久さんは1人ご満悦




saki15_106B3.jpg一方風越、美穂子さん
咲の牌譜を見て
咲の実力を見抜いてるっぽく
(あの上埜さんがアンカーを任せた選手
 まさかこんな人だったなんて
 華菜、魔物は1人じゃない
 2人いるわ)

久さんのことに関しては
誰にも負けない
美穂子さんらしい解釈
(美穂子さんは
 洞察力はすごいですが
 後手後手に
 回ってしますことが多いですね)

咲の先制のリンシャン

実況側は予選での和了を
振り返ってすごい偶然と解説

「偶然なら
 よかったんだがな・・」

静かに見守る藤田プロ
様にはなってますが
もう少し仕事してください




saki15_116B3.jpg続いて華菜の黙聴に咲が
振込みそうな局面

形だけみれば久さんの
地獄単騎風

そして連続してリンシャン
のっけから飛ばしてます

(何なんだ
 何なんだコイツ、邪魔すんなよ)

華菜もここに居るので
実力はあるんでしょうが
一般人レベル

咲や衣のような
ぶっ飛んだ何かは無く
ゆみさんほど状況を理解して
対応する力も無い
やっぱり大将は美穂子さんの方が
よかったのかも・・









saki15_124B4.jpgで、ゆみさんのすごい所
先の三度目のリンシャンを
ポンの段階で読んで

「カンした瞬間
 ロンと言ったはずだ」

まさかのゆみさんの
スタンド演出、原作では
透華の妄想だけでしたが
それで終わらせるのは
もったいないですし・・

「チャンカンだ
 そのカン成立せず」


(やろうとするのも
 成立するのも理解できないって!)

ここが華菜の限界
相手を見ず実力だけで
ねじ伏せてきたっぽい感じ

場や相手をその場で分析して
動けるゆみさんとは
既に格が違っている

「敦賀の大将
 たった2局で咲の打ち筋に
 対応してきたっていうの」

これには久さんも驚き

久さんといい美穂子さんといい
3年の人達は確かな経験で物を
見ているのでいい感じ

久さん美穂子さんゆみさんの対局を
見てみたい
(あと1人はかもられ役ってことで
 華菜が適任?)



saki15_138B2.jpg今回はここで終了
OPとED変わりましたね
EDで清澄メンバー(京太郎除く)を
描きこんである絵に
まったくクレジットを入れないところに
無駄なこだわりを感じる・・。



saki15_140A.jpg




saki15_136B2.jpgってところで終わるかと
思ったら珍しくCパート

チャンカンを振り返るゆみさん
(今回うまくいったのは
 偶然にすぎない

 私が次にチャンカンを
 あがるのは
 数年後になるかもしれない 

 しかし
 これが真に怪物ならば
 
 恐怖という餌を
 与えておくのも悪くない)


そして、ゆみさんの正面
衣はいまだ動かず


●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

機巧童子 ULUTIMO ウルティモ ( 童貞大和くんファン視点 )

●武井宏之先生の新作と同時に、スパイダーマンの生みの親STAN LEEの新作です。

タイトルは「機巧童子ULUTIMO」 発売は2009年07月03日の作品です。

ULU_01_01.jpg

●物語の概要を少しと、童貞大和少年のおはなしをエロスチックに書いてみました。

ULU_01_02.jpg

●大和少年は山賊の頭目として12世紀の京都で暗躍を続けています。

・そこでであった、棺を二つ運ぶ謎の外人 ダンスタンとの出会いで、現代の東京と時空を超えた戦いへと身を投じることになるわけです。


ULU_01_03.jpg

●ダンスタンは超越者のように振る舞い、二つの人形の神の力を振るうカラクリ童子を人間の持ち主に預けることで、善と悪の学習をさせようとしています。

ULU_01_04.jpg

●人の創りし物とは思えない、美と九次元を知覚し操る神の人形の二対。

ULU_01_06.jpg

●山賊の大和は、時空を超え現代の東京の高校生として転生を遂げます。

●モンモンと童貞大和少年は初恋の狭山さんにウブなラブを抱いていましたが。

ULU_01_05.jpg

●ダンスタン博士の思惑通りに創られた二体のカラクリ童子は 「善と悪」どちらか強いのかという命題と共に、稼動しつづけます。

・究極の善のカラクリ童子 ウルティモ ULUTIMO

・究極の悪のカラクリ童子 ヴァイス VICE

・そのヴァイスの標的は、前世でウルティモのマスターである大和少年の命。

ULU_01_07.jpg


ULU_01_08.jpg

●そして、大和少年をモンモンさせる、佐山さん他美少女もたくさん登場します。

ULU_01_09.jpg
ULU_01_10.jpg
ULU_01_11.jpg

●美少年に見えるウルティモを助けるために性的なインモラルを犯そうと決意する大和少年の前に・・・・・佐山さんが訪れたりと・・・。

・背徳感も満載。

ULU_01_12.jpg


ULU_01_13.jpg


●究極は完璧と背反する・・・・その補完のためにカラクリ童子を98機作り、善と悪の属性に分けて「百機回向」を具現しようとするダンスタン博士の最後の答えは・・・出るのだろうか・・・。

・善と悪の力はどちらが勝るのか・・・壮大で新たな物語が始まります。

・あと佐山さんと初々しいラブコメ展開にも注目です。(ていうかウルティモ美少年じゃん、キスぐらいかまわくね?


●当blog 武井宏之 先生関連記事
「シャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテ レビュー」
「シャーマンキング完全版 最終巻レビュー」
「シャーマンキング完全版 完全版 26巻 レビュー」
「シャーマンキング完全版 完全版 22巻 レビュー」


    


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 週刊少年ジャンプ全般
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)

●風越の池田 団体戦の魔物になる  

「遂にこの日が来ました、県予選決勝戦!」
SAKI_09_01.jpg
「泣いても笑っても・・・」

「全国にいけるのはこの中の一校のみです」
SAKI_09_02.jpg
「今年はどんな戦いを見せてくれるのか・・・」

「決勝初参加の清澄高校か・・・はたまた 鶴賀学園か」
SAKI_09_03.jpg
「はたまた、名門風越か・・・前年度優勝校、龍門渕高校か・・・・」

「あるいは、一般参加の池田が勝つのか・・・」
SAKI_09_04.jpg
「・・・・・・」

「・・・・・・」

「そんなカナが敵になるなんて」
SAKI_09_05.jpg
「いやいや・・・キャプテン何を言ってんですか、麻雀は4人で打つものですよ」

「いや、今年のルールで、生贄が必要らしくてな・・・エントリーしておいた・・・」
SAKI_09_06.jpg
「はい?」


●池田 地味に賞賛される

龍門渕のめがね「風越の池田・・・こんな大抜擢されるなんて・・・」
SAKI_09_07.jpg
ドム子「池田さんさすがに予想の斜めをいく人です」

鶴賀のメガネ属性「池田さん、人気者なんですね」
SAKI_09_08.jpg
勝てない染谷「ふん、まぁええで、今回はゆずったるわ池田にのう」


●池田 生贄の意味を知る

SAKI_09_06.jpg
「で、生贄って何ですかコーチ?」

「ちなみに、上の四名が候補者だったがお前が生意気なので推薦しておいた」

「?!」


・あの四人は、番組的に死亡フラグを立ててる人達です。

SAKI_09_01.jpg

●次回、猫という魔物ご期待ください。(つづくのか・・・


●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

青い花 第2話 『春の嵐』

再開と別れを同時に経験したふみですが
タイトルとおり嵐が吹き荒れます
藤が谷と松岡女子をひっくるめた『春の嵐』の第2話



bf02_005B3.jpgOP後で時間は放課後
駅で電車を見送るふみ

猫を見る子供に昔のあきらと自分を
重ねながら時間だけが過ぎていく

そんなところで
あきらと会ってそのまま、喫茶店
「行きも帰りも会うなんて
 すごい偶然だね」


「あ・・うん」

(電車を見送っている描写から
 ふみはあきらをまっていたのですが
 
 原作だと喫茶店のシーンで
 『帰りを少しだけ待ってしまった』
 とモノローグ
 アニメならではの絵だけで
 見せる描写がいいかんじです)

藤が谷のことを聞くふみ
雰囲気のある校舎の話を聞いて
松岡のことは印象にない感じ

「明日もいっしょにいこっか?」

「え・・・うん」



bf02_020B4.jpg帰宅したふみ
母親にあきらの
好きなものを聞かれて思い出せない


(ちづちゃんと、よくお菓子つくった)

あきらに甘えてしっているのに
何も思い出せなくて
『ちづちゃん』との思い出ばかり


ハンカチを洗って返すのは几帳面さに
少し後ろめたさが混じっているかも

そのままおはぎのことを
聞いて、別の記憶がリフレイン

「あ・・甘酒」

2人でふみのおばあちゃんの
甘酒を呑んだ記憶
それに安心したような思い出し笑い

あきらは今も昔も
ふみを気にかけているいい子です。










bf02_034B3.jpg入学の次は部活勧誘の時期
藤が谷もご多分に漏れず
勧誘ムード

パンフを机に広げたあきら
なんとなく京子に相談

「なんかこう、お嬢様~
 って感じの部に入りたいんだけど」


「かわいいわねぇ
 奥平さんは」


「やったーかわいいって
 言われた!」

無邪気なあきら、
いい意味で藤が谷の
雰囲気から少しづれた感じ

「演劇部か・・面白そうね」









bf02_042B4.jpg変わって松岡の1-A
「なんだか
 このまま押し切られそう」

勧誘を受けているところを
トイレと言って退散
気持ち他人事ふう

で、文芸部の前

「どっちかっていうと
 私はこっちの方が」

(確かにまんま『文学少女』ですし)


不意に中から、
同じくらいの高さの顔

「一年生?」

「は、はい」

「背、大きいね」

「あ、あ、はい
 ありがとうございます」



「よかったらうちに来ない?」

(これが、いろいろ話題の中心になる
 杉崎恭己さんとふみの出会い
 そして恭己さんの強いキャラクター性と
 人間関係が序盤の青い花の見所)
アニメの恭己さんは
カッコ良すぎです!



bf02_052B3.jpg「ぶんげいぶ~?」
さっそく流されている、ふみ
勝手に決めたと言われて何故か
慰める方向に・・。


対して、ふみの家で話を聞く
あきらは好意的
恭己さんに会って入った
経緯を説明してたようで
それも含めて
ふみらしいと思ったようです。


話が盛り上がっていた所で来客
ちづちゃんが
例の旦那さんを連れてきたようで
動揺するふみ

ふみの心の内を知らない母親の
挨拶に来なさいという声
(原作だと、
 ふみの部屋に挨拶に来ていた
 旦那さん、もちろんふみは
 顔を合せてませんが・・

 会ってないこちらの描写の方が
 よりせつなく感じる)

「ちづちゃんは酷い・・」
感情が溢れてしまって
泣くことしかできない

事情がわからないままでも
そばにいてあげる
あきらはやっぱりいい子だ。



bf02_065B4.jpg「あーちゃん?
 あーちゃんもこっちで寝よう?」

いろいろあって甘えたくなってます。

「いいけど
 おおきいナリして
 甘えんぼさんだこと」

ほんと、大きな子供です。

ちづちゃんとの事を
思い出すふみ
(前回は忘れてましたが
 原作、読み返したら
 ちゃんと後にもはっきりと
 関係があったことを言っていたり
 してました・・)

「泣くのやめな」
強い口調のあきら
何も聞かずに慰める

「昔も、私が泣くと
 よく手を繋いでくれたよね」

 
「はやく眠る、夜は寝るの」

(従兄弟のお姉さんが
 結婚するからって
 
 あのとりみだしっぷり
 ふみちゃんはお姉さんのことが
 そんなに好きだったの?・・そんなに)


あくまで客観的に見るあきら
主観的な感想はいっさい無し

そのおかげで見ている方も少し
引いた視点で見ることができる

しかも、原作では話が盛り上がって
少し持ち直してましたが
そういった所は恭己さんに
全て譲るつもりらしく
感情はひっぱったまま)



bf02_076B3.jpg翌日、松岡の文芸部室
少しづれたやりとりながらも
入部手続きを進めるふみ

丁度、恭己さんが現れましたが・・
「こいつバスケ部だよ」



「ばすけっとぼーる?」
またも喧々諤々と
言われっぱなしのふみ
(松岡の演劇部の3人は
 コミカルな部分担当っぽい)

「どうなってんだべ」
「さあっ」



一方、藤が谷
演劇部を訪れたあきらと京子
先輩に多少脅されながらも
暖かく迎えられたようです。





bf02_081B3.jpgちづちゃんの結婚式を
仮病でボイコットのふみ
(何も知らない両親の描写が
 ふみをより、痛々しく見せている)
 
(お父さん、お母さん、ごめんなさい
 本当は夜中に何度も吐いてません

 風邪も引いてません
 
 わたし行きたくなかったの)


(行ったらもっと大変なことに
 なっただろうし 

 仮に行ったとしても
 ふみが泣いている本当の理由を
 1人意外はまったく
 わからないだろうから
 そんな流れはさすがに悲しすぎる)

で、あーちゃんからの電話
「ひま、ひまひまひま
 すっごい、ひま」


(特に描写はないけど
 結婚式に行くぐらいだし
 この日は
 休日でいいんですよね)


bf02_087B3.jpg入部の経過報告で
笑うあきら

「でも、そのまま
 入っちゃうところが
 いかにも『ふみちゃん』だよね」


「演劇部に入った方が
 まだましだったかも・・」


演劇部に入ったことを
報告するあきらに
ふみも楽しそうに
相槌を打ちますが

(あーちゃんは好きな事を
 見つけて充実してる感じ
 えらいな~

 私もバスケット部には
 入りませんってちゃんと言わなきゃ)


流されていることを
嫌悪しているようですが
人には出来る事と
出来ない事とがあるもので・・



bf02_098B4.jpg次の日、ふみは
恭己さんに会いに行くまでは
よかったのですが・・

「万条目さん、
 お芝居に興味ある?」

結局、恭己さんのペースに・・。
どこかでみたばかりのパンフレットを
見せられました。


またまた、藤が谷の
あきらと京子

京子の下駄箱にラブレター

「すご~
 こんなの本当にあるんだ」

「会うの?」


「高等部の校舎に
 入ってきた勇気買うけど
 もう好きな人がいるからな~」


「ひょっとしてあたし?」

「どうかな?」

なにか
いい感じの友達だ。

(なんでだろう
 井汲さんの好きな人は
 
 女の人
 なんじゃないかと思った

 なんとなく
 そんな気がした)





bf02_110B3.jpgで、藤が谷を訪れた
恭己さんとふみと
愉快な仲間達

「藤が谷の人間には
 許可とったし
 1人でいくよりも気が楽だしね」

引っかかる言葉
物怖じしなさそうな
恭己さんにしては珍しい発言

演劇部で対面する
あきらとふみ
(ふみは悪戯を見つかった
 子供のような顔だ・・)

あきらと松岡の3人を
それぞれに丁寧に紹介するふみ

恭己さんは
嵐が丘のヒースクリフの役を
ふみに
やらせようとしていたようです。
目立つの好きそうですが・・。

恭己さんと目が合って
京子は黙礼


bf02_124B4.jpg「演劇部に入ったんだ
 どう?楽しい?」


「楽しいです、まだ、裏方しか
 やらせてもらえませんけど」


「京子なら、お姫様とか
 似合いそうなのにねえ」


「キャサリン役がもらえるのなら
 きっと立候補してました」

「それ、私が
 ヒースクリフをやるから?」


「今回は先輩のヒースクリフが
 見れるだけでいいです」


「京子・・
 見てるだけで満足できる?」


会話の流れのから
素直に汲み取る通り
京子が好きなのは恭己さんです。

2人がどこで知り合ったのか?
最後のセリフは実は
自分に言い聞かせていたのではないか?

徐々に語られていきますが
また見返すと面白いはずです。




bf02_135B3.jpg校内見学の4人
あきらは3人組みと
すっかり打ち解けてます。
(ノリが似ている感じだし・・)

(どうしよう大好きだわ・・)
すっかり気に入ってしまったふみ

そして
目の前の部屋から
泣き顔の京子さん


あの後
中でどんな会話をしていたのか・・
やっぱり何話か進んだら
見返すといい感じですよきっと



●関連記事

青い花 第1話(原作の志村貴子さんのファンですが何か?)





拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

劇場版 空の境界 蒼崎橙子 アルター社製「 アルバさん視点 」レビュー

●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。蒼崎橙子さんが大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

aozaki_01.jpg

●空の境界 蒼崎橙子さんといえば・・・・ヤンデレストーカーのアルバさん

アルバ「遂に手に入れたぞ・・・」
AOZAKI_2WAY_1280_01.jpg
アルバ「ありがとう作ってくれて・・・」

アルバ「アルター!!」
AOZAKI_2WAY_1280_02.jpg
荒屋「ふっ・・・・造作も無い・・・」

・ついに荒屋さんフィギュア原型士にも手を染める。(この流れ映画レビューの続編?

●下記から荒屋さんが作った製品レビュー開始(違う●

aozaki_02.jpg

・DVD空の境界のケースと一緒にショット。

aozaki_04.jpgaozaki_05.jpgaozaki_06.jpgaozaki_07.jpg

●四方向ショット●

aozaki_08.jpg

●この目線が橙子さんクオリティー●

aozaki_10.jpg

●危険をかえりみずに近接撮影しました●

aozaki_13.jpgaozaki_14.jpg

●まずいタバコがまたいいセンスです●

aozaki_11.jpgaozaki_12.jpgaozaki_15.jpgaozaki_16.jpgaozaki_17.jpgaozaki_18.jpgaozaki_19.jpgaozaki_20.jpg

●ランダムショット●

aozaki_21.jpgaozaki_22.jpg

●見えないところです●

aozaki_23.jpgaozaki_24.jpg

●そして顔が二つついてきます●

・怖い橙子さんと、やさしい燈子さん・


黒桐「橙子さん何です?ロケットペンシルって?」
AOZAKI_2WAY_1280_03.jpg
燈子&アルバ「なにぃい」
AOZAKI_2WAY_1280_04.jpg
橙子&アルバ「ロケットペンシルを知らないのか!」

AOZAKI_2WAY_1280_05.jpg
黒桐「・・・・・・・?!」
橙子「・・・・・・・」(はもったか・・・

・何気に、他人とはもると恥ずかしいものです。(先生をお母さんと呼ぶくらい

AOZAKI_2WAY_1280_06.jpg
アルバ「あれ、僕は君に賛同して・・・いやぁぁぁ」




aozaki_25.jpg


●イケメソ橙子さん●

aozaki_30.jpgaozaki_31.jpg


橙子「駐禁だと!!」
AOZAKI_2WAY_1280_07.jpg
黒桐「こんなことがあったんだ、おじさん」

黒桐のおじさん「ふぅ~ん」
AOZAKI_2WAY_1280_08.jpg
黒桐のおじさん「まぁ・・・いつもデートの誘いを蹴るからじゃないのか?」

黒桐「?・・・何のこと?」

・アルバ以上のヤンデレ刑事登場。



●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。蒼崎橙子さんが大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

●サイト内 空の境界関連記事
劇場版 空の境界 第5章 矛盾螺旋 レビュー

●サイト内フィギュア関連記事

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺派」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー

吉崎観音 Limit Gunz 剥いて見た 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : フィギュア撮影
genre : サブカル

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作未読で 「エンドレスエイト4」

企画として涼宮ハルヒの憂鬱OP 待ち受けもあります。
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」←欲しい方はこちらへ


終わらない夏の4回目、さすがに少し進展があればと
願いを秘めて見てみましたが・・。


e84_003B4.jpgいつものハルヒからの電話
今回は『自転車で来いだろ?』と
自然に口走るキョン
繰り返しの記憶が、だいぶ溜まっているようです。

キョン妹も野球の試合の流れが
記憶に残っているようで
なんとなくと言いながらも
『ほらね』と得意げ


「夏ももうおわりだ」

終わらせて欲しいところです・・。


e84_009B2.jpg






今回は釣り人ルックのキョン
相変わらず、みくるにだけ遅れたことを謝罪

例のハルヒのセリフを
空をぼんんやり眺めがなら聞き流すキョン

(今回は青い空と飛行機のイメージが随所に
 描かれている、ここまできたら
 原作とは違う戻り方をするのではと
 思っていますが・・)


e84_015B3.jpg「それは、つまり
 こういうことかよ!」


自転車で市民プールへ3人乗り
セリフのテンポで見せているところ
(ほぼ同じ内容を作画やアフレコする
 のはかなり辛いものがあるのではと
 思ってしまうので
 ちょっと違う場面を見ると安心する)



プールで相変わらずはしゃぐハルヒ
それを見る古泉の例のセリフ

前に、常識的な楽しみ方をするために
非常識なことをしていると
書いたこともありましたが

1万5千回という繰り返しは
イメージとして十分怖いですが

物理的な損害があるわけではないので
やはりどこかのんびりした印象がある
(毎回、宿題を終える必要が無いと
 キョンが諦めてしまうくらいだし・・)

もし、この間に
誰かが死んでしまったりとかがあれば
もっとはやく直さなければと思うのでしょうが・・

4回見てきて思うのは、
キョンの動機が薄いままなうちは
何も変わらないということでしょう


e84_023B3.jpg(気になって原作のことを
 知っている人とかに
 かいつまんで内容を聞いてたり
 調べたりしていますが
 
 『消失』で有希にバグが起こるための
 布石をここに起きたいと
 考えているのではないかと
 思ってます。

 何も変わらないから
 動機が薄いのであって
 もし、有希が
 少しつづおかしくなっていると
 わかれば『いつも世話になっている』
 と思っている
 キョンであれば
 少しは危機感をもって
 動いてくれると思う

(実際、絵の雰囲気で有希は
 だいぶ寂しそうに見えてきてますが

 あと、みくるが
 未来に戻れないと泣いているのに
 あまり真剣に何かしようとしていない
 あたりも、『今の自分達には実害が無い』
 と思っていることの表れだと思う)

あと、話としては全然関係ないですが
絵が少し『けいおん!』っぽく感じました
(とくにみくる)
製作スケジュール的には
けいおんのスタッフがひと段落して
ハルヒに関わってきたというのも
十分ありそうなタイミングではありますが・・。


「へんなの、いつもか」  
古泉のセリフに対して
ぼやき方がアレな感じだ・・。



e84_030B5.jpgで、喫茶店
前の回と同じような古泉の動きと
有希のものすごく寂しそうな感じが
印象的

帰りに引きとめたときの表情も
かなりすさんだものに見える

(基本、感情があるのかないのか
 グレーな有希なのに、だ

 観測することが目的ではあるけど
 観測に不必要な部分も
 確実に備わっている
 ヒューマノイドインターフェース
 だからある程度当たり前なのでしょうが

 人型の定義を感情のあるなしも含めてか
 表面上だけなのか意見が割れそうなとこです

 ただ、観測だけなら
 人の姿をする必要は無いけど

 人としてハルヒを観測する
 ことで生じるものと
 540年近くの時間の観測という
 人ではおこりえない部分
 
 それがキョンから見たときに
 『感情のようなもの』として映った
 と感じた)

そして今更ですが
天体観測のときに 

望遠鏡を覗いてる有希
あれは『観測することしかできない』
ことの表れなんでしょうきっと

ハルヒを見るのも
望遠鏡で天体を見るのも
有希にとっては変わらない・・?
とは、個人的には思いたくないですが・・。



e84_048B4.jpgで、盆踊り
有希は相変わらず面を
自分で買ってかぶり続ける・・。

宿題の会話も特に変化無し
宿題では解決しないのではないかと
さらに感じてきた・・。

蝉取り合戦
(ハルヒが絵の後ろを走るカットが
 数回、これも『けいおん!』の
 2回目の合宿の澪っぽい・・)

(何か箱を開けたパンドラって気分だな・・)

箱に残っていたのは
木の棒・・木棒・・希望って!?

ほんとにこの話に希望が
あることを信じたい・・。





e84_056A.jpg



e84_058B2C.jpg着ぐるみのバイトもそこそこに
「パージしたバーチェの
 気持ちがよくわかるぜ」

OOですか?
最初は脱ぐというより
脱がされた感じでしたが・・。
(このときのみくるが
 かなり『けいおん!』してると
 個人的に思います・・)


で、同じタイミングで
みくるからのヘルプ
(定期的に未来と連絡をとっているから
 おかしいと思う
 日付も変わらないのでしょう)


夜の公園
古泉の説明
ここも今回もブレは無い

説明時に
ハルヒのイメージが
インサートされるのが違いといえば
違いでしょうか




e84_068B4.jpgここでも青い空と飛行機
(みくるのシャツの裏の柄も
 そうでしたが・・)

そして、有希から
こんかいは15513回目と告げられる
前回の放送分が15499回目なので
14回過ぎてます。

バイトが9031回なので
前回の9026回から
けっこうやらなかった時もあったようです。





e84_072B2.jpg




e84_082B4.jpg天体観測
相変わらずの火星人トークと
UFO捜し

有希は今回は覗かずに
望遠鏡を観測中

情報統合思念体がハルヒを観測する
ために遣わせた有希

何かを見るための媒介という意味であれば
望遠鏡も有希も変わらないのか?

無機質な望遠鏡と
人型の有希その違いに
有希自身何を思ったのか?


キョンと古泉は
相変わらず具体案の無いまま
古泉は役不足と今回も自嘲気味

どうでもいいですが『役不足』は
『自分に対してその役が軽すぎる』
というのが本来の意味だそうです

私もよく
『自分にはその役は重すぎる』
という意味で誤用してしまいます・・
(だいたいの人が
 こちらの意味として使ってしまうので
 こちらが一般的になりつつある
 そうですが・・)

さて、このとき古泉は
どっちの意味を込めていたんでしょうか?



e84_096B3.jpg「この夏はいっぱい
 いろんな事が出来たから、もう十分よね」
 
30日、またまたハルヒ以外陰鬱な雰囲気

「また明後日、部室で会いましょ」
デジャヴュと共に
いろいろな絵がインサート
(映画のワンシーンがハルヒに変わって
 いたり意味深です、例の青空と飛行機も)


結局またまた、そのまま終了



●サイト内関連記事
( 待ち受けダウンロードもあり )

原作未読で 「エンドレスエイト3」

原作未読で 「エンドレスエイト2」

原作未読で 「エンドレスエイト」

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)


携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「FC2運営」ブログ拍手、FC2拍手【障害発生期間】2009年7月12日(土) 【追記 2009年 7月13日 12:30】

●blog仮定の不在証明の管理人、向井桜花です。

・FC2拍手サービスの復旧がおわりました。

・これで、当blogの携帯待ちうけなどのダウンロードサービスも再開されます。

・ですが、申し訳ないことに来て頂いたお客様のコメントや拍手が一部欠損してしまいました。

・大変申し訳ありません。

●消失したデータの詳細

・2009年 6月28日 ~ 2009年 7月12日 までの拍手のデータ、及び、拍手コメントなど。

・下記にFC2サーバー管理者の文章を記載します。

・今後とも、当blogを皆様とのよりよい娯楽や情報提供の場としていく所存です。

・再び、blog仮定の不在証明をよろしくお願いいたします。



----------------------------------------------------------
【追記 2009年 7月13日 12:30】
サーバーの復旧を致しました。

現在は、サービスの使用、及び、登録は可能でございますが
一部のユーザーにおいて
2009年 6月28日 ~ 2009年 7月12日 までの
拍手のデータ、及び、拍手コメントなどが消失されております。

障害を受け、復旧に努めましたが
データ、コメントの回復を行なうことができませんでした。
誠に申し訳ございません。

この度は、お客様の大切なデータを損失することとなってしまい
多大なご迷惑をお掛けしましたことを重ねてお詫び申し上げます。
今後、再発防止に向けFC2スタッフ一同励んでまいります。

以上、今後ともFC2を宜しくお願い致します。

----
FC2,inc 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「FC2運営」ブログ拍手、FC2拍手【障害発生期間】2009年7月12日(土) 

●blog責任者の向井桜花です。●

・現在FC2サーバーで 拍手サービスに障害が続いています。

・当blogへ見に来てくれた方には多大なご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。

・下記にFC2サーバー運営様の文章を記載いたしました。

・時間で解決する問題のようですが、もう少しお待ちください。

・復旧し次第、拍手サービスも、新たな企画をつけて一層励むつもりでございます。

・今後とも当blogをよろしくお願いいたします。





【拍手】【アイコン】接続障害に関しましてCATEGORY/拍手FC2サポートです。
平素はFC2をご利用いただきありがとうございます。

現在、ブログ拍手、FC2拍手( http://clap.fc2.com/ )、FC2アイコン( http://icon.fc2.com/ )
サービスにおきまして以下の障害が発生しております。

【影響を受けるサービス】
・サービスの使用、登録が出来ない

【障害発生期間】
2009年7月12日(土) 未明 ~ 現在

現在、該当サービスの復旧作業を行っております。

ご利用の皆様には大変ご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが
復旧まで今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

以上、今後ともFC2を宜しくお願い致します。

----
FC2,inc 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

携帯待ちうけFlash 「魔術師のタロット」

●7月のblog仮定の不在証明のプレゼントカードです。●

■右クリックダウンロード■

「仕様の見本のため、拍手からダウンロードください」

●携帯動画壁紙シリーズ全26枚配布予定の「仮定の不在証明タロットカード」です。●

今回は二回目で「魔術師のカード」になります。

カードの意味は「溢れる創造性」「思考からの創造」です。

●仮定の不在証明盤「 タロットカード No01 THE MAGICIAN  」●


※PCにダウンロードして、自分の携帯にメールで添付して配信ください。

確認機種は「au W43H」にて動作確認。


●blog 仮定の不在証明盤タロット (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
仮定の不在証明盤「 タロットカード No00 THE FOOL  」
仮定の不在証明盤「 タロットカード No01 THE MAGICIAN  」

・東のエデン ノブレス携帯なんちゃって待ちうけもあります。興味ある方はどうぞ。

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )
これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

●涼宮ハルヒ第二期 (携帯待受け ダウンロードまとめ)●
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : FLASH待ち受け
genre : 携帯電話・PHS

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。趙雲子竜が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

tyoun_30_01.jpg

●グリフォンといったら、ダメージパーツですね。●

・本音を言うと、これを減らして安くしても売れると思います・・・・。(私的には記事が増えていいんですが。

tyoun_31.jpg

●まずはノーダメージバージョンのおさらいです。●

tyoun_32.jpgtyoun_33.jpg
tyoun_34.jpgtyoun_35.jpg

●四方向ショット。今回は少し遠めに。●

tyoun_36.jpg

●お待ちかねしました。●

・こっから下がダメージバージョンです。


tyoun_37_01.jpg

●ダメージバージョンと開眼フェイスヴァージョンで撮影。●

tyoun_38.jpgtyoun_39_01.jpgtyoun_40.jpgtyoun_41_01.jpg

●ダメージバージョン四方向ショット●

tyoun_42.jpg

●意外に合っています、原作だとエロスは感じにくいけど、これはエロい。●

・この状態で飾る根性も結城も無いですが。(ここでは勇気は結城でデフォルト

tyoun_43_01.jpgtyoun_44_01.jpgtyoun_45_01.jpgtyoun_46_01.jpg

●刀は武士シリーズの白鞘を装備。●

・座頭一って表現は萎えるので、サムスピの橘右京風味って事で演出。

tyoun_47_01.jpgtyoun_48.jpg

・これで吐血キャラなら、死にそうな薄幸の美女剣士ですね。(だが超人

tyoun_49_01.jpg

●ぼかしが邪魔ですか?・・・・拍手すれば、構成上の未公開写真とか全部・・・げふん!げふん!●



●通常版閲覧の方は下記をクリック●

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺派」レビュー


●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。趙雲子竜が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

●サイト内フィギュア関連記事
劇場版 空の境界 蒼崎橙子 アルター社製「 アルバさん視点 」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺色派」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー

吉崎観音 Limit Gunz 剥いて見た



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : フィギュア撮影
genre : サブカル

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺色派」レビュー

●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。趙雲子竜が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

tyoun_01.jpg

●前回買い逃した、通常版の雪辱と、転売ヤーへの怒りが収まるくらい、これの再販の発表はうれしかったです。

・なにせ、制服と日本刀のミックスはツボです。

tyoun_02.jpg

・最初はなぜブラックかな~とおもいつつも、セーラー服はやはり黒か紺色ですよね。(注:残念セーラー服ではない

tyoun_03.jpgtyoun_04.jpg
tyoun_05.jpgtyoun_06.jpg

●四方向ショット。●

・抜刀するこの瞬間は、どこから見ても美しいです。

tyoun_07.jpg
tyoun_08.jpg

●ちなみに、製品に入っている刀と、武士シリーズの刀はサイズが合うので、交換して遊べます。●

tyoun_09.jpgtyoun_10.jpg

●上からの二点ショット。●

・髪の回転のうねりが、よくわかります。

tyoun_11.jpg
tyoun_12.jpg

●目を閉じたフェイスを使用しています。●

・開眼フェイスよりもこちらのほうが威圧感あり。

tyoun_13.jpgtyoun_14.jpg
tyoun_15.jpgtyoun_16.jpg

●ランダムショット●

・すばらしい体のひねり。

tyoun_17.jpg



tyoun_18.jpgtyoun_19.jpgtyoun_20.jpgtyoun_21.jpgtyoun_22.jpgtyoun_23.jpg



tyoun_24.jpg



tyoun_25.jpg

●サービスカット。

・女子高生が刀を帯刀してはいけないのはパンツが見えてしまうからです。(おい

tyoun_26.jpgtyoun_27.jpg



tyoun_28.jpg

●アップです。

・ここまでくると、逆にすがすがしい。


●ダメージ版閲覧の方は下記をクリック●

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

●ダメージ版閲覧の方は上記をクリック●

●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。趙雲子竜が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

●サイト内フィギュア関連記事
劇場版 空の境界 蒼崎橙子 アルター社製「 アルバさん視点 」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺色派」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー

吉崎観音 Limit Gunz 剥いて見た



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : フィギュア撮影
genre : サブカル

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第十四局

副将戦も佳境です。桃子がやっとちゃんと登場
他にも相変わらずよく動く透華とかいろいろ十四局


※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


saki14_002B4.jpgOP前は珍しく前回のラストから
アナウンサーのパーフェクトゲームの
煽りをうけて各校の見守る中

オーラス南4局
相変わらず一方的に敵視
(パ、パーフェクトですってぇ
そんなもの、そんなもの
原村和がついてただけですわ
ふざけるのもたいがいしくされですわ)


そして透華十一巡目、聴牌
一方和さんは牌が回らず

ここで透華はリーチ
龍門渕サイドは
闇聴でリーチしなかったはずの
透華に驚いてますが

透華的には誰にでもわかる
やり方でパーフェクトを阻止したいらしく
(エンターテイメント的には
 盛り上がりますが・・)

(リーチをしてなおかつ和了る
 原村より目立って差し上げますわ)


(目立つためだけに
 デジタルを捨てた!!)


(原作より幾分コミカル
 製作側のこだわりを感じる)






saki14_022B4.jpg他のメンツはベタ降り
イメージ映像から目立つ執念でツモ

これで龍門渕が一位に

「まっ結果オーライか」

「原村はデジタルに徹してるけど
 透華はたまにぶれちゃうよね」


「そこが透華の弱いところでもあり」

「怖いところでもあるよ
 透華が衣の従兄弟なんだと
 痛感させられるときがある」

純と一まとめ
勝負強さがないとできないことです。

で、ノリノリの透華が
次の作戦を練って捨牌を置いたところで

「ロン」

「メンタン2600は
 2900っす」


無警戒にリーチに振込み
これには
透華自身も龍門渕サイドも驚愕

「これで前半戦終了っすね」
静かに笑う東横桃子

完全にカウンターを
食らった感じの透華



saki14_030B4.jpg和さんは意外に落ち着いてます。

が、清澄サイド
逆転されて不安な空気が漂ってます
「それでも
 それでもノドちゃんなら
 やってくれるはずノドちゃんなら・・」

全く根拠のないでも強い思い優希
(出番すくないですから
 いい感じに友達思いな所が出てます)

久さんと美穂子さんは
状況の不可解さに気付いてるっぽいです
(さすが実力者同士)

藤田プロもあの振込みに
ただならぬ物を感じてます。




















saki14_034B4.jpgそして五分休憩
(風越の「私だけ焼き鳥」の呟き
 それは目立つパーツの人と
 作品一の目立ちたがりと
 影が薄いけど人気の高い人のメンツでは
 付け入る場所はないですね・・どんまい)

ゆみさんは廊下の奥で振り返り

「モモ、入るか」

「ここっす」

「いけそうか?」

「はい」

「先輩、 私がみえるっすか?」
信頼している感じの2人
ゆみさんも気持ち顔が緩んでます。


「私のリーチはダマと同じ
 私は誰も振り込まない
 リーチにアタリ牌を打っても
 相手がフリテンになるだけ
 私は存在しない 」


一瞬気配を消した後
「ここからは、ステルスモモの
 同壇上っすよ」





saki14_044B4.jpgで、後半
(たった、ひとりだけでいい
 私をみてくれる人は
 たったひとりだけいてくれれば)



(私は子供の頃から
 存在感が無いと言われていた
 
 歌って踊ったりしない限りは
 気付いてもらえない
 影の薄い子だった

 多くの人は自分以外の誰かと
 コミュニケーションとるために
 情報を集めたりいろいろ行動して
 時間やお金を消費することがある

 その面倒さとコミュニケーションで
 得られるものを計りにかけて
 切り捨てたりもする

 そうして私も気が付けば
 完全にコミュニケーションを放棄していた

 子供の頃からこんなだと
 存在感の無さに
 拍車がかかるばかりだった

 だけど、だけど
 そんな私を・・

 だれからも見つからない
 そこに居ないはずの私を

 あの人は・・)


気になったキャラなので
ついモノローグをだいたい・・
この時点でゆみさんの
あのセリフを入れないあたりが
演出として凝ってる



saki14_061B5.jpgで、鶴賀サイド  
「私、桃子さんって
 幽霊部員だと思ってましたもん」

間違いではないけど・・

鶴賀の麻雀部サイドから
桃子のスカウト話へ

鶴賀の見せ所の話なので
力入ってます。

麻雀部のサーバーを校内LANに繋いで
プレイヤーを募っていたとのこと

「今年最初の獲物だ、慎重にいけよ」
ゆみさん、言いたいことはもっともですが
獲物とは・・いかにもって感じ

そして、チャットの書き込みの
『あなたたちは、私を見つけられない』
が印象的

その打ち筋と性格に
一番惚れ込んでたのがゆみさん
だそうで、いっそう入れ込む感じ

(どうして、どうしてあんな言葉を)

桃子もネットの麻雀であれば
影が薄いことが気にならない
と思っていたのか

それ以上はお互いが傷つくと考えたから
踏み込もうとしないのか

チャットのローカルIPを強制表示モードする
強硬手段、ゆみさん本気です。







saki14_073B4.jpg場所を割り出して乗込むゆみさん

「麻雀部3年の
 加治木ゆみだ」


見渡してもパソコンを広げている
人は見当たらない・・・で

「私は君が欲しい!」
いい感じの爆弾発言
見ている側からはいい感じの
燃料投下

「面白い人ッすね
 こんな、こんな私でよければ」


自分から名乗りを上げる桃子
誰からも見つけられないかもしれない
でも、見て欲しいと思えることが
一番重要たどいうことなのでしょう

「やっと、やっと君を見つけた」

女性としてカッコイイ感じのゆみさんに
こう言われてはコロッと
いくのもわかる気がする。










saki14_080B4.jpgまもなく後半が始まる頃
『ゆみちん1年A組み乱入事件』説明も終了

「いま思えば
 影の薄さ金メダル級のモモが
 そう簡単に見つかるわけもないのだが」


思い出して
恥ずかしそうに語る由美さん
この前後のセリフが原作だと
逆の順番、セリフとして言うと
この方が勢いがあって自然

「教室を特定したのに
 目的の人物が見つからない
 そこにいるはずなのに!
 という思いから
 思わず叫んでしまってな」



「『私は君が欲しい』」
頭を抱えるゆみさん
たぶん鶴賀の麻雀部が栄える限り
延々と言われますって

「でも、どういうわけか
 あのお姫さまはそれが
 気に入ったらしいんだなー
 ゆみちんの奇行が天岩戸を
 こじ開けたんだ」








saki14_089B3.jpgそして後半戦開始

(とんでもない
 目立ちたがり屋さんとか
 存在感を持つパーツを
 持つ人もいるように
 その逆もいるんすよね)


風越のが完全にノーマーク
桃子に相手にされないとは・・
マジでどんまいだ

(私は存在感ゼロどころではない
 いわばマイナスの気配
 そのマイナスは自分の捨牌まで
 巻き込むっすよ)


またも透華のいい感じの
リーチを横槍

「あなた、ちゃんとリーチ宣言の
 発声はいたしまして」


「したっすよ」




saki14_095B5.jpg(カメラを通してなら
 私もいろんな人に見てもらえる

 この試合もすごく多くの人が
 見てるんだろうな

 でも、
 私を見てくれるのは一人でいい

 しっかり見ててくださいよ先輩
 これは影も超薄い私を拾ってくれた
 先輩への恩返し
 この団体戦に勝つことが
 私が先輩にできる唯一のことっすから

 誰にも見つけてもらえなかった私
 それに慣れて
 他人とコミュニケーションすることさえ
 放棄していた私

 そんな私を 
 誰からも見つからない
 ここにいないはずの私を
  
 大勢の人の前で、叫んで
 求めてくれた人が居たんすよ
 
 おかしなひとっすよね
 だから、わたしはあの人のために
 がんばるっす

 コミュニケーションのための
 努力も悪く無い
 
 その時間が楽しいこともある
 その楽しさを教えてくれたのは
 
 先輩
 あなたなんすからね)


(私はもう人が見てくれないことを
 恐れることはないっす

 だって私には
 先輩、わたしがんばるっす)

 
桃子満載の後半
今までが今までだったので
これでよかったと・・
次回はマイナスとデジタル
どっちが有効か?と

寝ていただけの主人公とは
言わせない咲の実力と
ゆみさんの立ち回りに期待


●当blog内 -Saki-咲リンク ●

-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」
-Saki-咲 第十局 「初心者」    -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

うみものがたり 2話 感想

1話前半のゆったりした雰囲気から一変して
2話はバトルシーンだとか・・アニメのうみものがたりは
どんな感じになるのか、とりあえず見守っていきます。


ウリンを捜す2人

夏音の方がウリンを発見
(絵のクオリティやっぱり高いよな~)

seestory02_009L2.jpg


seestory02_031B4.jpgまんざらでもない顔の夏音
亀さんも石から登場

「愛してる~」
嬉しさを体で表現するマリン

完全に深い意味で理解してるっぽい夏音
「それはそうと、
 わたし、女に興味ないんだけど・・」



そんなところに
派手目の演出の・・

「カメ?」
(帽子が気になって仕方ない)


「巫女はこちらか?」
帽子から青い光の珠

マリンをセドナを倒す海の巫女
だといいます。

「はっは~ん、アンタ達
 霊感商法でしょ?」

騙す人ほど疑り深いといいますが・・。

そのまま
また黒いオーラをまとってどんより
怒ってどこかへ

「夏音ちゃん」
「待つのじゃ」


seestory02_052B3.jpg海の巫女として果たす勤めがある
と引き止めるカメ改め・・松本
(こういうキャラを普通の名前にするって
 たまによくありますが(どっちだ?)
 どうなんでしょうね)

あと、今回のウリンは
わりと空気なのがちょっと残念

松本曰く
石棺に封印されていたセドナは
海に封印されている残りの半身の
封印を解こうとしている

再度封印するには
空の巫女の力も必要とのこと

(なのでまた、海に戻るような
 話もありそうですね
 サムとかワリンも1回で
 終わるには惜しいので・・)








seestory02_059B4.jpgで、怒りに任せて歩く夏音
「ちょっといい子かなって思ったのに
 って邪悪ってなによ」

・・十分邪悪です。

都さんの茶々入れ
海岸で拾った石の自慢に夏音は
「売れないからね」

都さんにもその発想はなかったらしい
やはり夏音の発想の方が卑しいのか?

「家は元々物の怪を鎮める
 シャーマンの家柄なの
 邪悪な気を浴びて力が
 半減しちゃったらしいけど・・」


「嘘くさ」
自分の巫女としての補足説明なので
ちゃんと聞いてあげてください

「夏音にはその血が流れてるの
 ちゃんと後継がなきゃダメ」


意思はわかります、
やり方が微妙ですが・・

夏音は家は継ぐ気が無いらしく
「一緒の大学行こうって
 約束したのに・・」

で、また小島君を思い出してどんより

「死にたい・・」
(マリンの「愛している~」
 夏音の「死にたい・・」
 それぞれの口癖がなんとも対照的)



seestory02_078B4.jpg特大のアレなオーラに
海と松本が反応

海岸を歩いていた夏音が
今回の悪役と遭遇


気味の悪い接近の仕方のタコ
(タコみたいな目と思ったら
 最後でほんとうにタコだった・・)

ここ辺りから音楽も切り替え
BGMというより
ちゃんと音楽といった感じの
クオリティでわりと好みの感じです

異常さに逃げる夏音
(ま、普通の反応)

捕らわれてしまったところで
マリン達も合流

松本の説明で
タコはセドナのしもべに
すぎないとのこと
(これでバトルものの
 たいがいのお約束は
 消化しつつあります

 日曜朝にやってても
 おかしくないノリになってきました)





seestory02_097B4.jpg「時は来た」
「はい」
で、マリン変身

戦い方はこちらが
見てないところで教えた
そうで、あたりの水を使って攻撃
「夏音ちゃんを放して!」

seestory02_098A.jpg

駆け寄ったマリンに
「石っころ売りつけるのに
 ここまでするわけ」

まだ、思い込んでる夏音
それでなくてもここまでアレだと
別の発想もありそうですが

必死で戦うマリンに
たまらず動くウリン

それを止める松本
(後ろからのカットの松本
 でっかい絆創膏がちょっと気になる
 石から出ると時に甲羅でも痛めた?)






seestory02_109B4.jpgマリンとタコの戦いをみても
インチキと思い込もうとする夏音
(その間のバトルシーンはよく
 動いてます)

松本の帽子から
赤い光の珠が夏音へ

「なんだか知らないけど
 私のせいじゃないでしょ
 戦いなんて嫌だし、関係ないから」


「私のせいなの 私なの
 私が蓋を開けちゃったの!」
 


指輪をとる時に声にひかれて
石棺をかけてしまったことを
告白するウリン

「全部私のせいなの
 だからお願い、お姉ちゃんを助けて!」


(私が指輪を投げなかったら・・
 私のせい・・
 
 わたし わたし わたしが









seestory02_122B3.jpgで、夏音も変身

「空の巫女
 帯に刻んである呪文を唱えよ」

アンチョコつきっすか?
便利な衣装だ
マリンの水と夏音の炎で
(松本が元を出してましたが)

seestory02_125A.jpg

やっつけたっぽいですが
どこかで見たことのある瞳
だからと止めるマリン








seestory02_133B4.jpg元のタコに戻して
夜明けの海へ

「かつてセドナを封印したのは
 お前たちの祖先
 海の巫女、空の巫女だった
 お前たち2人は唯一無二の同士
 出会うべくして出会った
 運命の2人なのだ」

まとめている松本

「っていうかなんで
 あんな格好で戦うわけ」

変身物のお約束突っ込んじゃダメです。
(でも、マリンの場合
 変身した方が露出が減ってるっぽく
 難しいところ・・)

seestory02_141A.jpg

ウリンから落ちた指輪を返すマリン
無言で受け取る夏音
「もう、会うことも
 無いと思うけどじゃあ」


「バイバイ夏音ちゃん
 またね」


seestory02_142A.jpg

(だから、関係ないし)


責任や関係は
第三者にいくら説明されようが
最後は自分が納得するかどうか

夏音が今回戦った理由みたいに
そのとき自分がどう感じたかが一番重要かと
(その持って行き方を、どう見てる人が納得するように
 描くかが物語の難しさですけど・・)

とりあえず一時の別れ
夏音にはもう少し『死にたい』を
味わってもらうことになるはずです。
こう、お約束的に・・。



とりあえず・・本当に変身バトル物だった
よく動いているので、さすがという感じです。

あとは一呼吸ついて次の回
他にいるキャラクターをどう絡ませて
話を面白く広げていくかが
製作者の腕の見せ所だと思います。

(敵の人、タコタコ言っちゃましたが
 クレジットで『タコ美女兵士』とのこと)
  
あと適当な想像ですが
だぶん、このアニメの絵柄でパチンコが出るとも思う
そのときパチンコしか知らないおばちゃんとかは
マリンと知らない女子高生の変身を
どう思うのかなと・・。


●以前の記事
うみものがたり 1話 感想 拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : うみものがたり~あなたがいてくれたコト~
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー


●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。両義式が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。


写真をクリックすることで、アキバHOBBY様のように拡大画像を連続で見ることが可能です

Ryougi_Wide_01.jpg
個人的には、決定版のPVC塗装済み「両義式」フィギュアです。

このレビューは 「アキバHOBBY」様からも紹介されました。 ありがとうございます。

Ryougi_Hghit_01_20090707011604.jpg

Ryougi_Wide_02.jpg

●近くでみると、塗装の粗が明確です。当たり外れというより、残念ながら塗装はレベルは高くありません。(ほこりも少しかぶって撮影してしまいました。

Ryougi_Hghit_02.jpgRyougi_Hghit_03.jpgRyougi_Hghit_04.jpgRyougi_Hghit_05.jpg
●全体四方向ショット●
・スケール1/6なので迫力があります。

Ryougi_Wide_03.jpg

●風になびく髪●
・伽藍の洞で長い髪を斬って短くなったのですが、この髪形も綺麗です。

Ryougi_Hghit_06.jpgRyougi_Hghit_07.jpg

Ryougi_Wide_12.jpgRyougi_Wide_11.jpg

●ブーツの表現。グッスマ版より気に入ってます●


Ryougi_Hghit_08.jpgRyougi_Hghit_09.jpgRyougi_Hghit_10.jpgRyougi_Hghit_11.jpg

●中段四方向ショット●
・赤いジャンバーのゆらめきが、静から動への躍動感をイメージさせます。

Ryougi_Hghit_12.jpgRyougi_Hghit_13.jpg

●上方アングル前後方向ショット●
・この背中は、かっこいいと言わざる得ない。

Ryougi_Hghit_14.jpg

Ryougi_Wide_10.jpg

●あとはランダムショット●
・もうちょっと撮影の勉強をしときますね。

Ryougi_Wide_18.jpg
Ryougi_Wide_20.jpg

●ゆび●
・魔眼で両義は指でも死の線を斬ることが出来ます。


Ryougi_Wide_21.jpg
Ryougi_Wide_22.jpg
Ryougi_Wide_16.jpg
Ryougi_Wide_14.jpg
Ryougi_Wide_13.jpg

●両義式のパンチラ・・・●
・埋まっております・・・黒桐の指示でしょうか(わかります

Ryougi_Wide_08.jpg
Ryougi_Wide_07.jpg


Ryougi_Wide_09.jpg


Ryougi_Wide_23.jpg

●こんな感じです●

・腕が目線に来ていますので、角度が限定されるんですが、隠れた顔もありと言ってはアリなんですよね。

・箱もデザイン的によかったです。

●箱の写真や開封寸前の写真やここで使用したものは、web拍手からzipで一括で手に入ります。両義式が大好きな方にぜひダウンロードして欲しいです。

●サイト内フィギュア関連記事
劇場版 空の境界 蒼崎橙子 アルター社製「 アルバさん視点 」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服は黒か紺色派」レビュー

一騎当千DD 趙雲子龍 剣の舞 ブラックカラー「やはりセーラー服よりダメージ派」レビュー

一番両義らしい両義式フィギュア「 劇場版 空の境界 両儀式 (1/6スケールPVC塗装済み完成品) ムービック版 」レビュー

吉崎観音 Limit Gunz 剥いて見た

●サイト内 空の境界関連記事
劇場版 空の境界 第5章 矛盾螺旋 レビュー

  




拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 美少女フィギュア
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作未読で 「エンドレスエイト3」

企画として涼宮ハルヒの憂鬱OP 待ち受けもあります。
携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」←欲しい方はこちらへ。


視聴側からは3回目、SOS団は今回何回目のなのかと気になってました。
単純な流れだと今回で戻れると思っていましたが・・。


※ノベルの原作は未読です。アニメは当時視聴
 なので、あてずっぽうの推測や見当違いの認識が混じる場合があります
 生暖かく見守ってください。


同じように始まる朝、ハルヒからの電話で同じように呼ばれるキョン

e83_007L2.jpg

2回目と同じように違和感も抱えてます。
(2回目のときはだいぶ光が強い絵でしたがこんかいはハッキリくっきり)


またまた遅刻のキョン(これは毎回同じなのかな?)

e83_011L2.jpg


で、ハルヒは「夏じみた~」のいつものセリフ

自転車で市民プールへ、毎回どうやって有希とハルヒが
乗っているのか気になってましたが、これは・・無理がある

(1万5千回近く遊んでも、やってない夏じみたことは何か?
 
 それが、この話の肝なんでしょうけど
 
 こうなると遊び以外ということで、
 しかも、普通にやったら、絶対にできないことなると思いますが・・)


e83_018L2.jpg

OP後、力尽きて地面でへばるキョン
何気に古泉もダウン気味です。

(回を重ねてもタイトルが同じエンドレスエイト終わらず繰り替えすからだし
 もし変わるなら、それはこの話が終わるときでしょう・・たぶん)

e83_027L2.jpg


で、市民プール、今回はここで嬉しそうなハルヒにちょっと惹かれるキョン

古泉のいつもの会話・・・もはや、なんとも言えない

e83_029L2.jpg

有希も相変わらず、ここでデジャブを強く意識しますが
しかし、言ってしまえば、全てに既視感を感じてもおかしくないので
プールで有希を見ているときに強く意識するには何か理由があるのか?
(観測者と自分で言っていた有希、だけど、有希を意識することで
 見えてくる既視感・・一番行動が変わらない分
 同じように見えることが多いのか?)



喫茶店で作戦会議
あきれと戸惑いの中、見守るキョン

e83_039L2.jpg


古泉も2回目と同じように、予定表を睨みます。

その後も、浴衣選びから盆踊りまで、ほぼ予定通り

ここでも既視感、前回もそうでしたが
ポイントは同じです。
(もしかすると、 この既視感を感じること自体も
 繰り返しの中で折込済みのことなのかもしれない)

e83_056L2.jpg

今回の有希のお面の屋台のシーンは
音楽付きで少し印象的、そして同じお面を選びます。
(色は若干ちがうかも・・)


花火中、宿題の終わってないキョンは、また聞くわけですが

(この回を見た後、原作が気になったので
 読んだ知り合いに確認、やはり宿題がキーになるとのこと
 だけどこの会話の流れが変わらない以上
 たぶん、エンドレスエイトは終わらない)

e83_063L2.jpg


そして蝉取り合戦
(有希はまた珍しそうな蝶を見つけてます)

で、カエルでバイト、今回はキョン倒れてます。

e83_066L2.jpg


夜、みくるからの電話
2回目と同じく、それぞれ繰り返しに気付きますが

ざっと聞く限り、2回目にみたものと大きくぶれたりはしていない

e83_079L2.jpg

気になっていた、今回が何回目かというのも
有希の発言から15499回目

e83_086L2.jpg

つまり、完全に前回の次ということ
他の細かな数字も
バイトの数が今回行った分の1回増えたのみで、間違いはなさそう

e83_090L2.jpg


そして何も対策がないまま解散
翌日の天体観測へ

相変わらずハルヒが寝た後、2人の会話

e83_097L2.jpg

古泉の僕がやってみましょうか発言のときの
キョンの顔を映さないところも

e83_100L2.jpg

(違いといえば、会話中に有希が望遠鏡を覗いてたぐらい
 でも、有希が何か行動を起こすのは珍しい・・)

e83_103L2.jpg


巻き気味で消化される
遊びの日程も終わり

30日、
「また明後日部室で会いましょ」

e83_108L2.jpg


例の言葉を残して席をたつハルヒ、また強烈なデヴャヴに襲われながら
追いかけるキョン

e83_112L2.jpg


そして今回も思いつかなかった・・同じように次回の自分に任せて
眠りにつくキョン

そのまま今回は終了


いろいろな予想を裏切り
何も進展しない3回目(作品内では15499回目)

アニメを見ていて、久しく感じたことのなかった怖さがあった。
奇抜なやり方で、翻弄してきた作品だったけど
ここまでとは・・。

繰り返しという異常さと、作中の有希ほどではないにしろ
虚無的な感情を見ている側に持たせようとしたのか?

アニメ的なお約束を破りつつ、
それでもどう話を終わらせるのか
期待をしてしまいます。


●サイト内関連記事 ( 待ち受けダウンロードもあり )

原作未読で 「エンドレスエイト2」

原作未読で 「エンドレスエイト」

原作未読で 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト 1」(茂木健一郎的視点)

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)


携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

青い花 第1話(原作の志村貴子さんのファンですが何か?)

このアニメを見た人は、百合という言葉につられた人が大半だろうと思います。
他にもたまたま見た人とかいると思いますが、私はたぶん、
一番少ないであろう原作者のファンです。
そんな視点での第1話とかいろいろ思うこと・・。


好きな作品が映像化される時は
期待か不安かの2通り(あるいは両方)
があるものですが

この作品は、百合の描写が多いので
そのあたりは今の流れに乗っていると思います。
(新しく始まった知らない作品は
 どうみていいかわからないことが多いものですが)


それ以外はわりあい地味というか・・
その空気感というか、そのへんの感じが好きなのですが


原作の志村貴子さんは
思春期の少年少女の心理描写が巧みで
いい意味で『普通』で、少し心が痛くなる
(全般的には受け入れられないけど
 何割かの人には絶賛されるタイプの作家さんなのです)


端的に言えば
見た人が学生時代が懐かしくなる感じが
好きなのですが

アニメを見た人もそうした部分を
感じてくれると嬉しいなと・・。


●余談(雰囲気が気になった人へ他にもこんな作品をかかれています)

『放浪息子』(1~9巻 連載中)

『女の子になりたい男の子と
 男の子になりたい女の子』の物語

キャラクターが小学生(時間が経過して中学進学)で
青い花と比べると低年齢でなので
あまり、読んでいてきつくなることはないです。
ざっくり言うとかわいい男の子が主人公の『中学生日記』

放浪息子 (1) (BEAM COMIX)放浪息子 (1) (BEAM COMIX)
(2003/07)
志村 貴子

商品詳細を見る


『敷居の住人』(1~7巻 完結)

『髪を緑に染めた、高校生の反抗期』の物語
紹介している中で一番最初にかかれたもの
だけど、一番衝撃的な作品
『主人公に目的が無い』
『いきなり大丈夫なの?と思う描写が入る』
『現在学生の人の教育には(いろいろな意味で)
 絶対によくない、でも読ませて反応が見てみたい』
そんな作品です。
読んですぐつまらないと言う人もいます。
でも、面白いという人も確実にいます、なのでたいぶ人を選びます。

敷居の住人 (1) (Beam comix)敷居の住人 (1) (Beam comix)
(2000/09)
志村 貴子

商品詳細を見る


他にも小説原作の『ルート225』とか
『どうにかなる日々』とかいろいろあります。


長くなりましたが、『青い花』の原作者は
そんな作品をかいています。





bf01_001B2.jpgで本編です。

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」

モノローグというか
ふみの夢からはじまる
(あきらとふみの2人が主人公という
 位置づけでよいと思いますが
 
 原作だとあきらの朝からだった
 作品の雰囲気からの
 選択なのでしょうが
 
 見た目でいろいろと誤解される
 ふみらしいです)

原作に無い描写でもあるのと
制服を見てあまり嬉しそうでないのが印象的




bf01_009B3.jpgで、OP後もふみの家
(志村さんの作品は親をしっかりと描く
 といっても特別、何をするわけでもなく
 普通の親なのですが
 状況の説明につかっているのは
 多く作品を作っている
 アニメ側らしいところ
 原作そのままだと
 少しストーリーが追いにくいので)

入学初日の両親の会話
親よりも『ちづちゃん』
に来て欲しいだろうとのこと

で、ふみとちづちゃん
ちづちゃんが泊まりに来ていた所を
ふみが引きとめようとしている。

「戻ってこなければよかった

 鎌倉なんかに
 戻ってこなければよかった
 ちづちゃんと離れたくなかった」








bf01_019B4.jpg変わって、奥平さん家
ノリノリで車の準備をするあきらの兄
(妹に構う兄の図
 原作では妹の布団にもぐりこむという
 アレな描写も・・
 さすがに不特定多数の見るところではカット)

慌てながら家を出る
あーちゃんことあきら 
(あえて言えば
 主人公というより仲のよい友達という
 サブキャラクター的な性格
 これはふみの『百合的な部分』を
 客観的に見るために
 必要だからだと思う)

いやいや兄に送られるあきら
「セーラー服けっこう似合ってる
 うん、悪く無い、なかなかのものだ」


「お世辞はいいから鎌倉駅で降ろして」

「どうして学校まで送ってやるよ」

「駅まででいい」

「たいした手間じゃない学校まで」

「恥ずかしいの」
(送ってもらうのがもあるでしょうが
 兄の存在自体が恥ずかしいのでしょう
 
 兄の妹が
 あたらしい生活を始めることに
 無駄に構いたい心境もわかる所もある)





bf01_026B3.jpgで、鎌倉駅
(やたらカット数が多いので
 たぶん、取材とかして
 同じように描いているのだと思う)

いきなり
ホームであきらとふみのコンタクト
(原作ではシーンが
 飛ぶのはよくあることですが・・
 あと、ちょっと出会い方がちがってたりします)

ぶつかったあと、まじまじと見るあきら
『ふみちゃん』とは気が付いてないです。

電車通学中
(ここもやたらカットが多い
 場所というか雰囲気を伝えたい
 ということなのでしょう)

海に見惚れているあきらですが
ふみは痴漢にあっているようす
無言でさっしてあきらが撃退

(『敷居の住人』でも出だしで
 主人公(男)が痴漢(男)に
 あうという出だしもあります
 さすがにあれは
 いろいろ問題がある)



bf01_040B4.jpg「災難でしたね」
「どうもお世話になりました」

学校が別なので途中で2人はお別れ
(あんなにおっきいのに泣いちゃってんの
 なんかかわいい)


(2人の学校が別なところが
 この作品の面白いところ
 
 単純に物理的な距離間が
 離れているので
 お話の進み方ははゆるやかに

 さらにそれぞれに
 学校の人間関係があって
 またその人たちを
 絡めた交流もあるので
 わりと複雑になる)

「お姉様方おはようございます」
お嬢様学校の雰囲気です、あきらはわりと浮き気味

それでも、藤ヶ谷女学院の生徒さんです
(単行本1巻の巻末から
 藤ヶ谷のモデルは実際に鎌倉にある
 文学館だそうです)

それと対比するように
ふみの通う『松岡女子高等学校』
(アニメだと本当に丁寧でわかりやすい流れだ・・)










bf01_054B3.jpg恒例の自己紹介の中
ぼうっとしているふみ
たぶん、
『ちづちゃん』がらみのことでしょう

ふみの自己紹介を助けてくれた洋子
友人達と演劇部に入る人を探し中
(『放浪息子』でも
 クラスで劇をやる描写があり

 しかも、
 作品のノリで役の男女交代)
 
 この作品でも両学校の
 交流という重要な部分でもある)

「万条目さんってさ雰囲気あるよね」
 
「女子高に潤いを与えるタイプ?」
メタ表現というか実際ありそうな会話

で、突撃の洋子
「私の名前覚えてる?」
「ほんあつぎようこ・・さん?」
「セリフ覚えばっちり」
勧誘トークのつかみのようです。

結局、勧誘は無理だったけど
帰りのお茶になりました。
「話しているうちに
 興味を持つこともあるじゃん」

と楽観的

一方のふみは
(またやってしまった
何故『イヤ』の一言がいえないのだろう)

朝のことも踏まえていろいろ落ち込んでます。

(ふみちゃんはすぐ泣くんだから)
そして、昔のかけられた言葉がリフレイン





bf01_071B2.jpgぽつんと1人のあきら
途中編入なので友達はまだいないよう


そんな中で声をかけてきたのが京子
あきら曰くお姫様みたいな人と
家族の団欒で報告


で、万条目さん方のご到着
元気な両母親にたいして
2度目の再開のあきらとふみ




「あーちゃん?」

「えっ?」

bf01_084L2.jpg


bf01_092B3.jpgで、後半も
モノローグから
昔のあきらのざっくばらんさと
面倒見のよさがでてます。

(家が近くだった
 私とふみちゃんはいつも一緒だった

 同じ小学校に入って
 これからもずっと一緒なんだって
 そう思ってた)


「手紙かくから・・絶対」

「うん」

「あーちゃんもかいてね」

「うん、かくよ、だからもう泣くのやめな
 ほんと、ふみちゃんはすぐ泣くんだから」


(手紙をかくことはなかった
 ふみちゃんから、もうらうことも) 






bf01_100B2.jpgそんなことがあった今の2人
「いや~ふみちゃんじゃない
 みたいって思ってさ」


窓に映った2人を見比べて

「ほら、この身長差
 昔は私の方が大きかったのにね~」


「おっぱいはあんまりないね」
はっきりものをいう子だ。









bf01_108B3.jpgふみは帰宅後ちづちゃんに報告

偶然の再開を珍しいといわれても
「小さい頃の話だもん
 向こうだって
 気が付かなかったんだから」

と、意外と冷静なふみ

そのあと1階から呼ばれるまで
しばらく沈黙

1階では
『ちづちゃんけっこんオメデトウ』
のケーキ

知らなかったらしく愕然とするふみ
(結婚するということ意外
 ふみとどんな感じだったのか
 わかならい『ちづちゃん』
 ただ、ふみが好意をもっていて
 それを知っていたのは間違いないです)

「ごめんね」




bf01_118B4.jpg奥平宅、元気に登校するあきらと
送ってやれずふてくされる兄

「兄貴が妹の心配するのは
 当たり前だろう」


「あたしはアンタの方がよっぽど心配よ」
親の心子知らずってことで・・。

駅でふみをみつけるあきら

ですが、ふみは
(そう・・だよね

 いとこで おんなで

 あたりまえだよね)


泣いているふみに
ハンカチを差し出すあきら

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」

(その一言は

 十年の月日を軽く飛び越えた)



という第1話

EDはだいたい原作表紙から

やっぱり雰囲気重視と
ハッとするセリフと描写はいい感じです。
更にJCスタッフさんの力で
ものすごくわかりやすくなってます。

最初なんだかんだ書きましたが
単純なファン心理で、
動いている志村さんのキャラを見ただけで十分満足してます。


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 青い花
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第十三局

今回は全編透華のターンでイメージ演出が盛りだくさん
やっと和さんの出番で、例の後輩達はどう絡むのかも
微妙に楽しみな十三局


※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


saki13_001B3.jpg冒頭、衣を捜すハギヨシ
GPSかなんかで
衣の位置がわかるようですが
(衣レーダーですか?
 それで衣が捜せるならぜひ一つ・・
 邪な人は根堅州国へ直行でしょうが・・)


「父君と母君が黄壌に去った時
 群がってきた人間共の
 陋習な様を思い出す

 大将戦なんてどうせ
 退屈しのぎにもならないよ」


「いえ、
 今年はそうでもなさそうですよ」

少し炊きつけるような
もの言いのハギヨシ

「そうか、居るのか
 妖異幻怪の気形が!!

 よし 戻るぞハギヨシ
 其を玩弄して打ち毀す!!」


癖のある言い回しモードの衣
どう育てばこんなになるのか・・。
とりあえずやる気です。


saki13_012A.jpg咲もニュータイプ的な感じで
受信してます。










saki13_019B3.jpgOP後
頷きあう咲と入れ違いで
透華が到着

「さあ、始めましょうか原村和
 真のアイドルを決める戦いを!」

こういうセリフを素で言えてしまうのが
透華クオリティ・・

しかし、まったく意識されてない
風越のにはじかれて2ヒット

で、外野
モブな2人のぼやきに
例のペンギンの2人がぼやき返し

だけかと思ったらマホがご乱心
(なんというか
 形状記憶繊維なスカート・・)













saki13_028B2.jpgで、風越サイド
OBのコーチはどこかいっちゃいました
(前の回から
 携帯いじったりしてましたが
 原作ではノーマーク
 なので今後何かしてくれるのか?)


ついで、清澄サイド
咲が戻ってきました。
まこの冷やかしと
久さんのバナナがお出迎え








saki13_034B4.jpgそんな中、副将戦開始
(そのふざけた
 胸の脂肪はともかく
 あなたのプライドくらいはへこませて
 さしあげたいとこですけど

 あなたも私もデジタルの打ち手
 千試合未満の対局で
 実力差が明確にでるとも思えない
 
 ましてやこの勝負はたったの半荘2回
 
 完璧に打ってもボロ負けする
 可能性が十分ありうる範囲

 しかしそんなランダムが
 あろうがなかろうが 
  
 私は自分の打ち方を
 ひたすら貫かせていただきますわ!)


透華の長セリフ
ほんと、執念といっていいのですが
和さんはまったく透華を個別認識してない
咲が見てることを意識してあくまでクレバーな勝負

透華自身も
倒せればよしって感じで
自分に酔ってると言った方がよさそう







saki13_040B4.jpg実況席では藤田プロが
実力のある人間同士が
たった半荘2回の勝負のみで
優劣を決めてしまうのを嘆いてます
(大舞台での勝負事というのは
 たいがいそういうもの
 千試合のリーグで勝てる人よりも
 1回のトーナメントを
 勝ちあがった人の方が注目されるのは
 人の性質状仕方のないことですが・・)

あと、イメージ絵の残った選手の絵が
咲と衣っぽいのはいいいとして
他3人はだれ?って感じです。

そんな呟きのなか風越がリーチ
そして和さんはノータイムでベタオリ
(副将戦前半はわりと
 麻雀をしていると思います
 詳しくないので
 ほとんどわかってないですが・・
 
 原作は注釈がついてだいぶ
 解説がありますが
 アニメでは難しいところ
 字幕みたいに
 出せなくもないでしょうけど
 画面がうるさくなりそうなので・・)











saki13_052B3.jpg龍門渕サイドでは
一が熱く透華を語ってます。

この一年
かなり努力をしていたらしいです
(後ろであくびこいてる一が
 ちょっといい感じ
 
 それはともかく
 一緒に見ていた一にも
 いい経験だったのではないでしょうか?)

透華には誰も寄せ付けない
冷たい部分をがあると語る一

「でも、それも溶かしてくれる男が
 いつかできるんじゃない?」

意地の悪い茶々いれの純

「透華に彼氏なんてできるわけ
 ないよ・・」


一がドギマギしてる中
試合は流局

藤田プロもカツ丼に二杯目に
取りかかりながら
「ダマにする基準を
 調整する必要があるだろうな」

と冷静な分析



saki13_063B3.jpg硬い面子と言われた直後
和さんのロン

「1000は1300です」
点数てきには地味な立ち上がり

で、和さんの親
和さんの2鳴きを気にせず
透華のリーチ

これに和さん以下
他家もベタオリで
またも流局の硬い展開

透華はまだ和さんに
エンジンが掛かってないのを
勝手に確信してますが・・










saki13_080B4.jpgで、後半
視点は和さんへ

チームを背負った
決勝で緊張しているようです
結局、咲のためが
一番の理由なのですが・・
(和さんと透華の描写を
 交互に見てると
 同じ対局上かと疑いたくなるほど
 噛み合ってない・・)

そして久さんのアドバイスを
思い出しながら
テンションを上げていく和さん

対抗してか透華怒りのポン

ですが和さん聴牌
清澄サイドの解説もあり
いろいろ狙えそうな気配ですが

気をみて、西単騎でリーチ
同じくして透華も西を掴まされて
なくなくオリる羽目に

そんな中でツモの和さん
裏ドラはのらず

で、和さん発熱
悦に入った感じですが
最高の状態だそうです。




透華はそんな変化を感じたらしく
イメージ映像で覚醒を確信

「おはようのどっち」

saki13_107L2.jpg

(やはり生の感覚は格段にジューシー
 じっくりたっぷり舐るように
 味わわせていただきますわ)

ってなんともアレな表現をするお嬢様だ

saki13_112L2.jpg



saki13_114B4.jpg和さんの覚醒か
アレなお嬢様のダメ妄想か

何か感じた衣

「ハラムラノノカ?
 ノノカってとーかの敵なのか?」


「そうなりますね」

(『友達になって』って言い損ねたけど
 もとより仲良くなれるはずもなかったんだ)


ハギヨシは『面倒そうな相手』も
清澄の選手で『ノノカ』と仲がいいと
伝えます。

「長期的自己実現では
 福楽は得られない
 幸せは刹那の中にありと

 それを共有したい心が
 愛や娯楽に向かう

 しかし麻雀ではそうはいかない

 麻雀で4人が
 楽しみを共有できるとは限らない

 衣と打った相手は皆
 世界の終焉を見るような顔をする
 
 衣はそれで
 また、独りぼっちになっちゃうんだ」


強者の孤独といったところ
透華たちもいるはずですが
やはりそれ以上に他人を求める衣 
やっぱり能力的にも咲が適役なのかなと・・
(ここ何話も目だってないし)



saki13_133B3.jpgで、またまた流局の試合
次はドラ2つを入れて手を進める和さん

風越のポンそして
鶴賀、桃子がリーチ

和さんも聴牌
しかし、振聴でロンでは和了れない

桃子が中をひき絶望的な展開かと
思いきや
「ちがうだろ」
と、二杯目を平らげた藤田プロ

中をポンして待ちを代える和さん
勢いに乗ってそのままツモ

気が付けば前半オーラスで
ここまで和さん以外和了れず










鶴賀サイドは冷静、中をポンされたことに注意を払っているようす
(原作に無い描写ですが、桃子の特性を理解している
 鶴賀ならではのコメント確かにあのポンは
 まだ桃子が『消える』ことが出来てないことの表れです)

saki13_144L2.jpg


和さんに流れを持っていかれっぱなしの透華
ついに切れたか?

saki13_148L2.jpg


イメージ映像でしめて終了
桃子さんの活躍は次回に持越し

わりと人気のステルスさん
やっと解禁です


-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」
-Saki-咲 第十局 「初心者」
-Saki-咲 第九局 「開眼」
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」 

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

東のエデン ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 最終話 王子様仕様 )

●遂に、ノブレス携帯待ちうけもこれで最後かもしれません。

・セレソンNo10の履歴に刻まれた、滝沢の最後の願い・・・それをテーマにしました・・・。
eden__KEITAI_08_08.jpg


■右クリックダウンロード■

●携帯動画壁紙シリーズ「なんちゃって「ノブレス携帯待ち受け動画」です。●

「見本版なので、ダウンロードは拍手からお願いいたします。」

●今回は、作中で結城亮の使うNo10のノブレス携帯を再現しました。

ほかのバージョンの携帯待ち受けが欲しい人は記事の下にまとめリンク先が書いてあります。

セレソンアイコンは物語の進行どおり、No.04とNo.05が消灯します。

さらに、最終話の滝沢の履歴である、「 王様になる 」の表記を再現。

eden__KEITAI_08_07.jpg

・セレソンとは何なのか・・・・救世主に満たされる条件とは・・・。

eden__KEITAI_08_04.jpg

・世界に絶望したNo10。 怒りに身を任せなければ彼なりに世界の不条理を無くす方法は、あったはずです。

eden__KEITAI_08_03.jpg

・感情に流され、利用された彼の末路は、上空に展開する奇跡を見て何を思うのか・・・。

・それは惨敗とともに得た、希望を信じる心の芽生えかもしれません。

eden__KEITAI_08_06.jpg

・滝沢の自己犠牲と、結城の不平等への復讐・・・。

・でも、どちらの行動原理も同じ「感情」が起源でもあるわけです。


シリーズNo08「 結城亮:仕様1 最終話 王子様仕様 」

なんちゃって版なので、ノブレスマークに「仮定の不在証明」と文字が入ります。


●まとめのまとめ(東のエデン 関連の記事)
東のエデン(11話までの考察とまとめと感想)  
東のエデン(10話までの考察とまとめと感想)   東のエデン 第11話(大杉ファン視点)
東のエデン(9話までの考察とまとめ)   東のエデン 第10話(物部ファン視点)
東のエデン(8話までの考察とまとめ)   東のエデン 第9話(大杉ファン視点)
東のエデン(7話までの考察とまとめ)   東のエデン 第8話(大杉ファン視点)
東のエデン(6話までの考察とまとめ)   東のエデン 第7話(大杉ファン視点)
東のエデン(5話までの考察とまとめ)   東のエデン 第6話(大杉ファン視点)
東のエデン(1話~4話考察とまとめ)
東のエデン 聖地巡礼 (平澤一臣司会進行視点)

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 東のエデン
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

東のエデン ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

●私の中ではまだ熱い、東のエデンの待ち受けです。

・今回は、あの迂闊の月曜日の張本人、No10の結城亮君です。
eden__KEITAI_07_01.jpg


■右クリックダウンロード■

「見本版なので、ダウンロードは拍手からお願いいたします。」

●今回は、作中で結城亮の使うNo10のノブレス携帯のジュイス盤を再現しました。

ほかのバージョンの携帯待ち受けが欲しい人は記事の下にまとめリンク先が書いてあります。

セレソンアイコンは物語の進行どおり、No.04とNo.05が消灯します。

さらに、ジュイス盤の消灯状態も再現。

eden__KEITAI_08_02.jpg

・結城亮。 彼の人生は、不幸の連続でした。

eden__KEITAI_07_02.jpg

・自己責任という言葉に、世界に絶望した彼はノブレス携帯で住民にミサイル攻撃を放ちます。

・しかし、自らの手で人を殺すことにためらう彼に、ミサイル攻撃はゲームのような感覚だったのでしょう。

eden__KEITAI_07_03.jpg

・真の英雄とは、偽の英雄を倒して英雄になる人物である・・・・。

・彼は偽の英雄として、物部が用意したニエだったのでしょう。

・彼に考える力があと少しあれば・・・未来は変わったかもしれません。


●携帯動画壁紙シリーズ「なんちゃって「ノブレス携帯待ち受け動画」です。●


シリーズNo07「 結城亮:ジュイス盤仕様 」

なんちゃって版なので、ジュイスマークに「仮定の不在証明」と文字が入ります。


●まとめのまとめ(東のエデン 関連の記事)
東のエデン(11話までの考察とまとめと感想)  
東のエデン(10話までの考察とまとめと感想)   東のエデン 第11話(大杉ファン視点)
東のエデン(9話までの考察とまとめ)   東のエデン 第10話(物部ファン視点)
東のエデン(8話までの考察とまとめ)   東のエデン 第9話(大杉ファン視点)
東のエデン(7話までの考察とまとめ)   東のエデン 第8話(大杉ファン視点)
東のエデン(6話までの考察とまとめ)   東のエデン 第7話(大杉ファン視点)
東のエデン(5話までの考察とまとめ)   東のエデン 第6話(大杉ファン視点)
東のエデン(1話~4話考察とまとめ)
東のエデン 聖地巡礼 (平澤一臣司会進行視点)

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 東のエデン
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。