拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第05話 <とある二人の新人研修>( 変態紳士視点 )

「(なんでいまさら志願生に混じって訓練だなんて・・・)」
LALUGUN_05_01.jpg
「(こんなことのためにジャッジメントになった訳じゃありませんのに・・・)」

「うぅ・・・・」
LALUGUN_05_02.jpg
「はぁ!あ~」

「・・・・・」

・黒子さんと初春さんの過去話回きたー。

・エリートでLV4であるテレポーターの黒子さんは上司のジャッジメントの命令で、こんな屈辱を味合わされてるんだぜ。

・ここで、黒子さんと初春さんと友達になるきっかけとなる訳です。

「ハァハァ・・・」
LALUGUN_05_03.jpg
「ハァハァ・・・」

「ハァハァ・・・」
LALUGUN_05_03.jpg
「ハァハァ・・・」

・ゴクッ・・・ロリ春、ハァハァ・・・。(お前もかよ

「!」
LALUGUN_05_04.jpg
「よろしければどうぞ?」

・そこで媚薬きたー。(違う

・幼女に媚薬とか鬼畜すぎる。(いやいや

・だから初春さんハァハァしてます。(絵、逆だから


「もうやめてください」
LALUGUN_05_05.jpg
「?!」

「助けて見せますの」
LALUGUN_05_06.jpg
「えっ!!」

・作中で郵便貯金強盗に出くわしたロリ春と黒子さん。

・テレポート能力で初春だけ逃がします。

・この時点では黒子のテレポート能力は、触れた対象のみテレポート出来るが自分自身は無理である。

・この学園では、テレポート能力が発現したら力が弱くてもLV4の番付をされます。

・では、なぜそうなのか?。

・テレポートに関して初めて文献に記載された書物は、宗教文書に多く有名なのは聖書の記述である。

・新約聖書、使徒言行録八章39~40節に、フィリポという人物が神霊によりアゾトの町にテレポートさせたとあります。

・確かに神霊しか使えないとか別格だよテレポート能力。

・しかし、神の奇跡とか信じていないので、あれから科学でテレポート可能か勉強した。


●基礎としての量子力学(<変体紳士視点>)
LALUGUN_05_08.jpg


・原子が電子を太陽のように周囲を回っているわけではなく、電子が波のように振る舞い実際には突如現れたりしている。

・その原子から高い波が出現する場合、粒子が高い確率で出現するのである(テレーポートだ

・ちなみに波動方程式を見つけた日、シュレーディンガーは、アルプスの別宅で愛人と過ごしています。

・イケメンだったらしく、休日は恋人数人連れてデートしていたという。

・つまりエロゲの主人公である。(違う

・ちなみに、人間の原子の波は、一部何万光年先の星にまで届いているので、確立次第では朝目覚めたら異世界の聖機師物語に登場してハレームを構築できたりします。(いやいや

・つまりこれがシュレーディンガーのハーレム方程式である。(どんだけ

LALUGUN_05_07.jpg


●「10名のブロガー達がレールガン感想対決をします、是非投票お願いいたします」●


●投票期間は期間 10月31日~11月6日まで。「投票は終了しました」●

開催地: 「アニメとブログを考える掲示板 [其ノ參] 」

●参加者「レールガン第五話記事」リンク。●

物理的領域の因果的閉包性
妄想詩人の手記
所詮、すべては戯言なんだよ
もす!
失われた何か
アニメを考えるブログ
在宅アニメ評論家
不定形爆発
穹翔ける星

ちなみにこの記事は仮定の不在証明です


結果記載:各ブログ投票人数と順位を記載●

まず、そう投票数が 39票。

・1位:神酒原さん     投票数 9人
・2位:ヨークさん     投票数 7人
・3位:技研さん      投票数 6人
・4位:おパゲーヌスさん  投票数 4人
・4位:nobumaさん     投票数 4人
・6位:おはぎさん     投票数 3人
・6位:ホウ酸さん     投票数 3人
・8位:uhdさん       投票数 1人
・8位:夜風さん      投票数 1人
・8位:向井桜花(ここ   投票数 1人

・同情で一票入れてくれた感じだ、最下位という結果でしたが拍手してくれた人も情けで、
票入れてくれたらもうちょっと伸びたのだろうか?
とおもいつつも、最下位という結果は変わらないだろう。

・とりあえず、これで全て清算が付いた形とし、締めとします。

・票を入れてくださった皆様ありがとうございました。

・ちなみにアク禁後は自粛して今後掲示板にはROMだけの立場とします。

・今回競い合ったブロガーの皆さんもお付き合いありがとうございました。




●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第05話 <とある二人の新人研修>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第04話 <都市伝説>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第03話 <ねらわれた常盤台>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第04話 <都市伝説>( 変態紳士視点 )

「恥ずかしくねーのかお前ら、こんな大勢で女の子囲んでなさけねー!」
LALUGUN_04_01.jpg
「へぇ~」

・きたー、上条さんと御坂さんのファーストコンタクト。

・なんと絡まれた御坂さんを助けるために、不良どもに得意の説教はじまったぜ。

・説教といえば家の地元の、眼鏡掛けたいかにも優等生な隣人の高校生にこんな事言われたことあんだぜ。

・僕好きな人が出来たんです、とか言って来たわけです、よかったじゃんリア充で、とか適当に流していると。

・どうやら、馴れ初めは塾の教室らしく、宿題を忘れた女の子が塾講師に怒られているところを、彼が講師相手に説教したそうだ。

・彼の学力は塾でもトップなので、講師も何も言えず、また説教も彼女が部活のレギュラーに成れるかの精神的にきつい状況だった事で勉強に時間を裂けない事などを言って論破したという。

・その後、二人はお互いの状況を支えあえる間柄になったという。(いい話だ

・ちなみに、その塾講師は私の友人である。

・後で、私が講師の彼に説教したのだが、ロリコンまでカミングアウトされたのはいい思い出。(どんだけ


「大体、お前らが声掛けた相手を見てみろよ!まだガキじゃねーか!!」
LALUGUN_04_02.jpg
「・・・・・・」

「さっきやりとり見ただろ、年上に敬意を払わないガサツな態度!」

「見た目はお嬢様でも、まだ反抗期も抜けてねーじゃん!そんなガキだぞ!」

・反抗期の少女・・・。

・むしろご褒美じゃん。(おい

・御坂さんカッコええ。私が学生時代の時は、カッコいい系の少女が好きでした。

・はじめは、新学期の新しいクラスの教室で、目を合わせたときに「ああ・・こいついいな」とかあって。

・それから、机が彼女の隣同士になったときは、毎日お互いよくしゃべりました。しかし学校を卒業してしまった今では疎遠となり後悔するってパターンでしたが。

・私の友人は、いまだに夜中に学校に忍び込んで過去を振り返えります。(それは犯罪です

・特に、女子の下駄箱がベストプレイス。(変態です

・残された上履きはむしろご褒美。(説教しろ!

「俺はなぁ、お前らみたいに群れなきゃガキも相手にできないやつらむかつくんだよ!」
LALUGUN_04_03.jpg
「私が一番むかつくのはおまえだー!!」


LALUGUN_04_04.jpg

・上条さんのイマジンブレイカー(幻想殺し)で、電撃も無効化。

・御坂さんのご褒美は、上条さんだったわけです。(おい

・過去を振り返ると、恋のきっかけって美的ではないんですよね。

・私も、隣人の眼鏡少年のように講師を論破したカッコいい出会いをしたいぜ。

・それには、まず塾講師の友人を通報しなくてはいけないな。

・学校の女教師との出会いが期待できる。(学校も奴か



●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第04話 <都市伝説>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第03話 <ねらわれた常盤台>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 <姫百合>)

●君に届け、携帯待受けflash動画No01 <姫百合>です。

・心優しい気持ちを、あなたの携帯にお届けします。


■右クリックダウンロード■

「見本版なので、ダウンロードは拍手からお願いいたします。」

●なんちゃって携帯動画壁紙シリーズ「君に届け 黒沼爽子<姫百合>」です。●

・黒沼爽子は、外見と内向的な性格から貞子と呼ばれています。
kimi_02_01.jpg

・しかし至って本人は、心優しい女の子です。
kimi_02_02.jpg

・憧れの風早翔太の明るさや爽やかさに、自分の無いものを見つけ、尊敬していきます。
kimi_02_03.jpg

・二人の行動が、周りも優しく変えていく。そんな物語。
kimi_02_04.jpg



●blog内 <君に届け>関連リンク

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)

原作既読で『君に届け』エピソード2
原作既読で『君に届け』エピソード1

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)

ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 君に届け
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作既読で『君に届け』エピソード2

●企画として君に届け携帯動画待ち受けもあります。
君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)←欲しい方はこちらへ。




kimitodo2_152B2.jpg風早くんのおかげで変わり始めた爽子
夏休みはあっという間に終わって2学期です。


雨の日、捨て犬と対面する爽子

「いい人に拾われるといいね」 
傘をそっと置いてそのまま登校

本人いわく、
動物に怯えられるらしい
人の場合は噂や思い込みが主な原因ですが
動物は・・
直感で爽子に何か感じるものでもあるのかなと








kimitodo2_156B4.jpg終業式のクラスでの騒ぎは
爽子の公開失恋ということに
なってるらしいですが

そんな噂をしている女子に
「おはよう~」
爽子的にはいい感じの挨拶だったらしい
(こう、少し首をかしげているあたりが・・)

やっぱり普通に怖いですが・・

(そっか、急に声かけたりしたから
 ビックリさせちゃってゴメンネ)


いや、そういう問題ではなく
(カミナリで
 傘を置いていった捨て犬を心配するあたり
 けして気配りができないわけではいんですが
 どこか面白い方向にズレている)

(人と接するのは難しくて
 なかなかうまくできないけど

 それでも
 なんとか壁を壊していけたらな)


風早くんもずぶ濡れ
ですが、爽子と違って人が集まる
(それを見て
 『わたしもがんばろう』になる
 爽子はやっぱりいい子だと思います)









kimitodo2_164B3.jpgで、普通に挨拶する風早くん
「おはよ!」
イケメンっぷりは雨にも負けません

(あれからも
 普通に話しかけてくれるなんて
 やっぱりいいひと)


二人にとっては和やかな時間ですが

「うわっ風早、気ーつかってんなぁ」
というのが周りの認識のようです。





















kimitodo2_168B4.jpg(着替え?

そっか、ジャージとかあれば
こういう事態に対応できるんだ)

そういう自分にとってのリスクを考えず
動くのが爽子らしい
たぶん、ジャージがあっても別の用途で
誰かに貸してあげようとしたりするのでしょうけど


風早くんの声かけで
千鶴にジャージを借りることに
(このときの千鶴のラーメントークは
 原作でも特に意味は無く
『あんた将来ラーメンになりなよ
 絶対向いてるから』

 とあやねの皮肉ったツッコミがあるのみ)


『吉田専用ロッカー』からボロボロのジャージと
風早くんからタオル
「ハンカチじゃおっつかないっしょ?」
さすがイケメンです

(嬉しい同級生に
 物を貸してもらえるなんて

 何かお礼したいな)

お地蔵さんに間違われながら
着替え完了の爽子

(やっぱり風早くんは憧れで
 尊敬する人です)


















kimitodo2_036B2.jpg「風早、あんまり気にしすぎんなって~
 貞子、貞子
 いくら振って後味悪いからってさぁ~」


「ふってないよ」

「えっまさか、おまえ
 オッケーしたの!?」


「・・・そんなんじゃねんだよ」



で、回想で前回の名シーンの後へ









kimitodo2_039B4.jpg「おれ、期待しちゃってもいいんだよね?
 夏休みも黒沼に会えるって」


「・・・夏休み
 講習で風早くんにも会えるの・・・?」


「・・・・えっ?」

「講習で会っても避けないでいてくれるんだね」

「く、くろぬま?」

「わたし、風早くんみたいな人になりたくて
 ずっと憧れてて今は
 尊敬する気持ちが
 すごく、すごく大きいよ

 この気持ちはきっと
 ずっとかわらない


(「惹かれた」って
 尊敬とかそういう・・・!?
 俺、すげーうぬぼれてた)

原作では「尊敬とか」の前に
「恋愛感情じゃなくて」がストレートに入ってます
あえて言葉にしない方がそれらしい感じ
(更にこの回想と回想あけの風早くんが
 少年って感じで妙にかわいすぎる)











kimitodo2_048B2.jpg「ふるとか
 ふらないとかじゃないんだ
 別にそーいうんじゃないから」


「何?全然わかんねんだけど」

「わかってないのは
 俺の方だったんだ・・・」


「イヤ、オレの方が
 わかんねーよ」



(あとであやねも話してますが
 爽子は自分の感情に
 にぶくなっている部分がある
 そういった面が一番よくでている所)
 






kimitodo2_050B3.jpg迷惑がられるって
そんな事しか考えてなかった私に
風早くんはふる形をとるんじゃなく
やさしくさとしてくれた


(ここでも原作だと
『気のない私にまで
 やさしくさとしてくれた』なのですが、

『気のない私に』と考えるほど
恋愛としてまだ意識はしていないので
入れていないというったところでしょう
爽子自身はあくまで『尊敬の気持ち』です)


「爽子の恩返し」
「あんた物に釣られやすすぎ」
朝のお礼をでシューズを机に置いていく爽子

あやねと千鶴はクラスメイトから聞いて
すぐわかりましたが
風早くんは直接確認









kimitodo2_05B3.jpg「言えよなぁ・・
 誰からかわかんないし」


「ご、ごめんなさい・・・・・!?」

「よかったぁ黒沼で・・
 違ってたらどーしようかと思った
 俺、ちょっと考えなしなとこあるし
 タオルもやりすぎたかなって
 思ってたんだよ」


髪をあげた爽子もいい感じですが
風早くんも照れすぎです

で、爽子の持っている牛乳から
(ドス濃い牛乳って・・・)
河原の捨て犬見学へ













kimitodo2_072B4.jpg「そっか、この傘黒沼のだったのかぁ
 そんでずぶぬれだったんだ」


「お恥ずかしい・・・」

傘の名前が『くろぬまさわこ』とひらがな
小学校の時からのものだそうですが
そうやって長く使ってきた物を
捨て犬の雨除けに置いていけるあたり
やっぱりやさしい子です

話は弾んでますが、
爽子を見たとたん吼える捨て犬
「大丈夫、免疫ついてるんで」

「・・免疫?」

昔から動物と子供には怯えられているという爽子
捨てられた子犬だとダブルでアウトな感じ

「そうだ
 犬って飼い主と仲いーとこ見せると
 懐くっていわない?」


そう言って真隣で子犬に
仲良しのアピール
「ほらっ仲良しだよー」 

(風早くんは いつもこんな感じ
 壁がないんだ 誰に対しても
 だからみんなすきなるの

 人も犬も一緒かな
 私もみんなとの間にあるぶ厚い壁を
 壊していきたいちょっとずつでも


「私・・・
 みんなと仲良くなりたい・・・
 がんばるよ・・」


「おう、がんばれ」
爽子の決意に力強く応える風早くん
自分の気持ちが先行していても
やさしく見守ることにしたようです。


kimitodo2_088B2.jpg帰り際に
「あ、あの迷惑じゃなかたら
 また会わせてくれるかな!」


「・・なんだよ、犬だけ?俺は?」
「もちろん風早くんも!もちろん」

ちょっと意地悪な風早くんもまた面白い

「ならオッケー」













kimitodo2_090B3.jpg(昨日のお礼渡すの放課後にしようかな
 あーでも食べてくれるかなぁ手作りだしなぁ
 張り切りすぎたかぁ
 
 なんか変な汗出てきた
 こういうの断られるのも
 結構免疫あったはず)


爽子らしい精神安定の仕方ですが
少し悲しすぎる

そんなことを考えるうちに
クラスが分かれての授業
(爽子とあやねは応用クラス
 風早くんは標準クラス、千鶴は基礎クラス
 これだけみると
 応用クラスは高度な授業っぽい
 あやねも勉強できるのかな)


いつもと別の席に移動する爽子

そこへ爽子の席と聞いて躊躇している
他のクラスの女子に声をかける





kimitodo2_098B2.jpg「あの~
 大丈夫だよ、汚くないし
 す、座っても何も起こらないよ
 わたしそんな力ないよ
 
 それに
 わたし霊感とかもないから」


顔を上げてみたら
そこには誰もいない

(次が・・次があるよ)
そい自分に言い聞かせながら
自分の席に座る爽子

そして、その一部始終を見ていたあやね







kimitodo2_102B4.jpgHRは席替えだそうで
具合のわるそうな担任は
言うだけ言って退出

夏休みに入ってから
調子が悪くなったらしい先生
クラスは
(夏休み爽子に雑用押し付けたから)
張り詰めた空気に

(席替えか~今度こそ
 隣の子と仲良くなれるといいな)


と、マイペースの爽子ですが
席を決めるくじに手を伸ばすと

(気のせいかな
 みんなの視線が熱いのは・・)


(貞子の前後左右斜めになりませんように)
クラスのメンバーもある意味必死です

風早くんは案の定こういうときも人気者

爽子は前の席を嫌がっている人に
変わってあげようとして断られて
周りから警戒されることに・・

「前、隣、後ろは何番だ」
「12、19、25!」
「特に19番は要注意だ、真隣だぞ」







kimitodo2_111B4_20091020085936.jpg(へ、へこむな~
 全部聞こえてるよ~)

 
ここまでくるとイジメと変わらない気がします

(でも、まあしょうがない 
 『この席になれて嬉しい』って
 いつか誰かと言えたらな)


「19の人
 とっかえて!」


困ったときの王子さま
ということで風早くんのイケメンタイム

「やったあ
 黒沼の隣だ!」



「・・・返すわ、コレ」
引きかけたくじを投げて
あやねは12番の席へ


「吉田、次くじ」
「いや、必要ないわ」
義理人情仁義の女、千鶴も
席を移動しようとしますが・・
















kimitodo2_121B5.jpg「ん、なんかようか?」
爽子に負けないマイペースっぷりの龍くん

「どきな、龍!」
「やだ」
「あんた関係ないじゃん」
「おれ、この席、窓際一番後ろ」
くじで当たったのであれば
さすがに黙るしかなく
千鶴はしぶしぶあやねの隣へ

「あの・・・
 昨日のお礼に・・クッキーを
 良かったら・・」

たぶん、どう言っていいかわからなかったのでしょう
今のお礼を言う前に
昨日のお礼をするあたり律儀だ

クッキーを口にする3人
「・・・腹減った」
「さっき昼飯くったじゃん」
「腹減った」
プラス龍くん

「わたし・・・この席になれて・・・
 ・・・嬉しい
 心から・・・嬉しい」




















kimitodo2_139B4.jpg放課後の帰り道
徒歩で帰る爽子の後を
自転車で追いかける風早くん

「黒沼!
 お、泣いてなかった」


「お、お見苦しいところを・・・」

「そっか、見苦しいんだ」
色が付いたおかげで
すごく印象的なシーンに変わった気がします
夕日に笑う少年と見とれる女の子
絵になる光景ですが・・・

それを見ていた
女子の中に胡桃沢梅
役者がそろってきました


(憧れも尊敬も
 それは今でも変わらない
 
 だけど
 いったいいつからだったのかな
 憧れも尊敬も飛び越えて
 
 生まれてしまったもっともっと大きな
 大好きな気持ちは)



最後は少年に笑い返す少女というところで
エピソード2の終了

爽子の思いの変化とともに
その周辺も少しづつ騒がしくなっていきます




●blog内 <君に届け>関連リンク

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)


原作既読で『君に届け』エピソード1

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 君に届け
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第03話 <ねらわれた常磐台>( 変態紳士視点 )

「どなた! 私を常盤台中学の婚后光子と知っての狼藉ですの?」
LALUGUN_03_01.jpg
「・・・・・・」

「アッ!・・・」
LALUGUN_03_02.jpg
「・・・・・・」

・黒髪ロングの婚后光子さんを狙うとは、ふざけんじゃねーぜ。

・相手はステルスで見えない能力者なんだぜ、LV4の婚后光子さんすら出し抜けるさ。

・ステルス迷彩は米国ではすでに実用段階までに至った軍事兵装なんだぜ。

・アメリカ兵はそんなに黒髪が好きなのか!。(いやいや


「左天さん、気を確かに・・・」
LALUGUN_03_03.jpg
「ななな・・・」

・両津だよ。(違う

・米兵の仕業か!。(違う

・ああ、でも会社でもいるよ、眉毛の手入れを忘れた女性社員が。(だから違う

・つながっている眉毛に気がつかないほどなので、化粧なんてしてないんだぜ。

・誰か好きな人でもいないんですか?と気軽に声をかけたら、「あなた」と指を指された。

・つまりあれです、恋をしても変わらない女性もいるわけです。

・恋は女を変えるといいます。しかし、変わろうとする努力が鬼気迫る勢いでやられたら、相手も引くかもしれません。

・外見なんて二の次、心さえ美しければ、いいとおもうよ。

・最近私なんて、会社ではステルスになって勤務しています。(ヒドイやつだ




●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第03話 <ねらわれた常盤台>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作既読で『君に届け』エピソード1

●企画として君に届け携帯動画待ち受けもあります。
君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)←欲しい方はこちらへ。

kimitodo01_005B2.jpg「私は何故かいつもひとから謝られる」

原作通りの出だしと上のセリフで説明不要な
主人公黒沼爽子座右の銘は『一日一膳』

あだ名は『貞子』

「期待を裏切って申し訳ないけど
 霊とかは見れない」


と、本人は言ってますが
やっぱりちょっと怖い











kimitodo01_012B2.jpg(どうしてか私は
みんなから恐怖心を持たれてしまう
もっと普通に打ち解けたいのに
今日こそはがんばってみよう)


と、前向きですが

「おはよう~」

相手を硬直させてますが
そこはあまり気づいてないらしいです

(明るく挨拶できた気がする)


●blog内 <君に届け>関連リンク

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)


原作既読で『君に届け』エピソード1









kimitodo01_019B4.jpgそんな爽子の憧れが
爽やかイケメンの風早くん

普通に爽子に
挨拶するぐらいのイケメンさん
(このカットで後の龍や『ジョー』が居る辺り
 アニメ版らしいお仕事です)



風早くんは私と正反対
みんなが風早くんに集まっていって
そこから輪ができていくような


そんな二人のファーストコンタクトが
高校入学式の日

道に迷っている風の風早くんに
学校までの道を教えてあげる爽子

「あのう、もしかして
 北幌高校だとしたらあっちです」


「ありがとう」














kimitodo01_026B4.jpgあの日から風早くんは私の憧れです。
(こうして崩した絵と怖い絵が
 普通の絵より多い爽子

 崩した絵は、これはこれで 
 特徴が際立ってて面白いですが)

「つ~わけで終業式の前日に
 肝試しやります」

風早くんの提案、
行動力もあるさすがイケメンさん
なんか先生も認めているみたいだし

「行ける奴
 掲示板にコレ貼っておくから
 名前書いておいて
 なるべく全員参加で!」


(全員参加ってことは・・)

「貞子も来んのかね」
「来たら本物でそうだな~」
で、千鶴とあやね
まさかこの二人がメインキャラだとは
アニメから入ったら絶対わかりませんって・・

(き、期待に応えられない
私が行って何も出ないと
盛り下がるのかなぁ)

本当に爽子の考え方は
いい意味でちょっとズレてる







kimitodo01_34B4.jpgその後は担任の先生から
貴重な夏休みを
先生の手伝いで潰すという人柱選び

(み、みんなが困っている)
「あの~私でよければ・・」



「先生」

「黒沼っていっつも
 そういうのやってるじゃん」


(知っててくれた、
 私がやっていてくれたことまで)


その嬉しさを献身的な責任感に
昇華してしまうのが爽子クオリティ

「あの~
 私にやらせてください
 夏休み、特にやることも無いし
 暇なんです、暇なんです
 家も近いし
 とっても暇なんです」


でも、やっぱりちょっと怖い










kimitodo01_47B4.jpgで、花壇の花に水をやりながら
しみじみと風早くんの良さをかみ締めていると
中学の頃のクラスメイト

そこでも話題はやはり風早くん
「爽やかなんてものじゃないよ
 爽やかさ100%
 ううん、もう爽やかさからできてますって
 感じなの」


何気に本人が聞いていたり

「まずいよ今の聞かれちゃったよ
 あやまっときな」

「え、あやまっ
 え~~」
(褒めてるのに誤解された)


あの顔で言われたらやはり
嫌味に聞こえてしまうでしょう

「ねえ、今の、俺
 どうやってうけとればいいの?」


まあ、当然の反応というか
素で聞き返せるあたりさすがだ。


「ほ・・・褒め言葉」
これを更に
ハイブロウな嫌味に取れる人は・・
いないはずだと思いたい






kimitodo01_58B4.jpg「了解
 そっち行くからちょっと待ってて
 今まで話す機会あんま無かったし」

これは爽子でなくたって驚く展開
さすがイケ・・(以下略)

(風早くんてなんて、
なんていい人なんだろう
気持ちを言ったらわかってくれた
嘘じゃないって信じてくれた)


「ちゃんと喋ったら
 ちゃんと自分の気持ち言っちゃじゃん」


(いいなあ、このひといいなあ
 初めてだよ、名前を呼ばれるのも
 こんな気持ちも)


「肝試し黒沼も来いよな」













kimitodo01_069B3.jpg風早くんとの心温まる会話で
肝試しに参加することにした
爽子ですが

「え、貞子?」
「そう、肝試しお化け役いた方が
 絶対盛り上がるし
 貞子ならさあ立っているだけで
 みんなビビルよ」


「あの~」
さっそくビビッてる千鶴とあやね
爽子のお化け役を買って出るとの
物言いに

「無理すんなよ」
「イヤイヤやられてもねぇ」

「私イヤイヤやったことは一度も無いよ
 みんなと仲良くしたくて、だけど
 そのためにイヤイヤ
 やっているわけじゃなくて
 役に立てたら私が嬉しいから」



「ただ、これは
 みんなの期待に応えられなくて
 心苦しいんだけど・・・本物はでません」






kimitodo01_079B4.jpg「「はあ」」

「私、霊感はないんです」

「無いの?」
「はい」
「ゼンゼン?」
「はい」

爽子の勇気を振り絞ったカミングアウトを
笑うあやね、しかし千鶴の方は

「何アンタ泣いんの」
「私
 こういう健気な子に弱くって~」


基本的に
このお話に悪い人はいません
 
「お化け役頼むよ貞子
 私らだけの秘密にしとくから
 思う存分脅かしてきな」


「あ、ありがとう」
(わかってもらえた、私の気持ち
 ほんのすこしだけど
 変われた気がする
 風早くん、風早くんのおかげだよ)


風早くんに言わせれば
動いているのは爽子本人なので
(実際そうですが)
そういう所に千鶴も
心打たれたのだろうと思います





kimitodo01_086B4.jpgで、肝試し当日
「欠席は貞子だけか」
話どおりスタンバっているようですが
風早くんは気持ち不安げ


(みんなに楽しんでもらうんだ
 がんばろう)

白ワンピースの爽子
夜道でバッタリあったら
やっぱり怖いです

この場合
驚く=楽しむなので
間違いではないですが・・

森の中で響く悲鳴に
おびえるクラスの面々
「「GJ」」
この二人を除いてですが


こんな状況でもちゃんと
爽子を判別できるあたり
さすが風早くん

「な、何やってんの?」
「お、お化け役を少々・・」









kimitodo01_098B4.jpg「言えよな、おれ一応
 幹事なんだから
 こねーかと思ったじゃん」


来てなくて残念だったという
気持ちを幹事だからという理由にするあたり
風早くんも高校生です

「風早くんの涼を
 減らしてしますので・・」


「りょう?何だよソレ」

とりあえず風早くんにも
涼んでもらいたかったんですよ

「独りでこんなとこ
 怖くねーの?」


「わたし、夜はわりと好きなので
 特に夏の夜は
 空気とか、においとか
 葉っぱの音とか
 虫の声とか・・」
 
 
「ほんとだ
 何か気持ちいいから
 おれもここにいていい?」


「でも、あの肝試し・・」
「誰かさんがいないおかげで
 人数奇数になって、おれ独りなんだよね
 こえーじゃん」


うまい理由です






kimitodo01_103B3.jpgすっかり恐縮する爽子
(今、何が起こってるの?)
人生の転機です、がんばってください


そんな中に様子を見に来た
千鶴とあやね
「ジェントルメン?」
「爽やかな奴ってスゴーイ?」
この2対1の掛け合いでは
毎回、風早くんは旗色が悪いです

そして差し入れを置いて
義理、人情、仁義を背負って
去っていく二人、カッコイイです















kimitodo01_109B4.jpg「つーか打ち解けんじゃん
 よかったね」


(打ち解けた、わたしが)

「か、風早くんのおかげだよ」
「え、おれ、何もしてないじゃん」

「ううん、わたしが
 自分の気持ち言えたの
 風早くんのおかげだもん
 やれてよかったお化け役」


「黒沼って実は明るいよな
 超ボジディブシンキング」


「そんなこと言われたの
 生まれて初めて」


原作もそうですが
こういう何気ないところを
かわいらしく描くのがなんとも
ずるいというかうまいというか
(数分前まで崩した絵だったり
 怖い絵だったりしましたが・・)

「そんな見んな」

「3秒以上目合わせないように
 気を付けるから」

冒頭の噂を何気に気にしていたようです

「じゃなくて
 照れんだろう
 言わせんな」


すみません
見てるほうも照れます






kimitodo01_119B5.jpg翌日、肝試しの結果は
風早くんがゴールせず罰ゲーム

『一週間貞ちゃんと付き合える権』

(い、いまなんて)

冷やかしの空気の中

「それ以外なら何でもやるよ」

固まる爽子と
不穏な空気を感じる千鶴&あやね

「それが罰ゲームなんて失礼すぎる
 黒沼、女の子なのに笑えない
 こんなの気にすんな黒沼」


カッコイイです

(ダメ、わたし庇っちゃダメ
 風早くんの、風早くんの名誉が)


「誤解です
 確かに私は昨日風早くんと一緒にいました
 だけど、それは何も特別なものではなくて
 風早くんが誰にでも分け隔てなく
 接してくれる人だからです」


(大丈夫、
 わたしもう誤解の解き方知ってる)

 
「ただ、わたしが風早くんのやさしさや
 爽やかさ明るさ正直さに
 惹かれたのは事実で・・
 それだけは
 なんの誤解もありません」


静まるクラスに一礼して去る爽子

「し、失礼します」





kimitodo01_133B03.jpg(間違ってなかったはず
 きっと誤解は解けたはず

 嘘はひとつも無かったもの
 本当のことを言ったんだもの

 風早くんの名誉は守れたはず)


そして、手伝いのために
夏休み登校する爽子

(そう、わたしは
 わたしは正しいことをしたはず

 だけど、やっぱりさみしい
 夏休みが明けたら
 もう目も合わせないかもしれない
 もう「おはよう」って
 笑ってくれないかもしれない
 
 避けられるかもしれない
 そんなの慣れてたつもりだったのに
 わたしあんまり嬉しくって
 慣れなんて忘れちゃってた

 風早くんに会う前の自分なんて
 もう、忘れちゃった)
 







kimitodo01_142B4.jpg「これ、影のMVPだからって
 みんな謝ってた」


やっぱりこのお話に
悪い人はいません

「みんなの誤解、解けたんだね
 わたしのこと庇ってくれて
 わざわざ持ってきてくれて
 話し聞いてくれてありがとう」



「あのさ、多分黒沼は
 あんまわかってないと思うんだ」


「気を使わないで
 風早くんの気持ちはわかって・・」


「わかってないじゃん
 
 おれ、期待しちゃっても
 いいんだよね
 
 夏休みも黒沼に会えるって」
 
 


(あのとき
 あの時感じた、あの気持ちが
 そのまま大きくなったこの気持ちが

 いつか君に届くだろうか)




というエピソード1(原作ではエピソード0ですが)
あらためて見ると爽子の感情の動きを
一話でまとめたのはさすがという感じです。

次以降は千鶴とあやね
どんどんかっこよくなる




●blog内 <君に届け>関連リンク

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)


原作既読で『君に届け』エピソード1



拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 君に届け
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ>( 変態紳士視点 )

「もう逃がさないわよ」
LALUGUN_02_01.jpg
「ちょっと待て」

「観念しなさい!」
LALUGUN_02_02.jpg
「っ!」

・でたー上条さんと御坂さんの、喧嘩でしか接点が無いラブコメ展開w。

・もはや暴力でしか相手を繋ぎ止められない愛のあるDVだった。

・愛のあるDV・・?。

・いや、前提としてDVには愛など無いので、自分の恋愛感情を暴力で隠す不器用な小学生的恋愛なんだぜ。

・略して”おいおい、正直になれよお前俺の事好きなんだろ?わかっているぜ”。(小野Dボイスで

・更に略してODV!。(まったく意味がわからない


「黒子の愛を受け入れられなければいっそ戦ってくださいまっし!」
LALUGUN_02_03.jpg
「ん・・・・!」
LALUGUN_02_04.jpg
「お姉さま?」

・きたー寮監さん。(名前無いし

・その華麗な肉体言語はLV4の黒子でも勝てないんだぜ。

LALUGUN_02_05.jpg
LALUGUN_02_06.jpg

・その流れるような首関節からの投げ技は明らかにDV慣れしている。(おい

LALUGUN_02_07.jpg
LALUGUN_02_08.jpg

・眼光だけでLV5の御坂さんを戦闘不能に追いやります。

・いわゆる目で相手を殺すわけで、武道におけるある意味究極の到達点である。

・友人の柔術家に聞いたことがあるけど、武道の究極は無拍子でも無刀取りでもなく、闘わない状況を生む事であるという。

・そこには、逃げるという一手も含まれる。

・つまりは逃走というスキルは、闘争のスキルから生まれるわけである。

・恋愛にも闘争はあるのだから、恋愛逃走もあるわけである。

・逃げた振りして、相手に気を持たせたり自覚させる戦法は恋愛にも有効である。

・実際それで彼女をゲットした友人は小野Dボイス似の柔術家である。(しかし顔はブサメン

・フォローをしておくと、もてている理由はモノマネが上手いからと推測。(邪推すぎる


●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

「ジャッジメントですの通報を受けて参りました・・・」

「あれ・・・」
LALUGUN_01_01.jpg

「・・・・」
LALUGUN_01_02.jpg
「ああ黒子!」

・ついに、インデックスを差し置いて、主演になった御坂美琴さんでした。

・とりあえず、女の敵を相手に返り討ちとは相当な胆力の女子である。

・こういう気の強い萌えキャラに、果敢にセクハラ行為を挑むというのも男の礼儀作法なんだぜ。(ねーよ

・職場でもいるよ、妻子持ちなのに同僚の女職員に果敢に毎日毎日この形おっぱいに似てるとかいって、近くのどうでもいい物体を指さすおっさんが。

・でも逆に萌えるよ、この通報されないこのおっさん。(どんだけ



「あの一撃を受けきる自信があなたにあって?」
LALUGUN_01_03.jpg
「うぅ・・・」

・新キャラ、婚后光子さんきたー。

・黒髪ロングは日本男児だけでなく、外国人オタクにも大人気なんだぜ。

・姫神さん何でハブられてんだよとか、前回夜な夜なコンビにへ出向きながらぶつぶつ周りの客から、引かれながら呪詛のように言っていたもんだぜ。(嫌な客だ

・で、この作品で姫神さん出番あるの・・・・いや、無いんですか?、原作漫画読んでおいて、一縷の希望を持つ変態がここにいた。


・最後はOP映像ですね

LALUGUN_01_04.jpg

・上条さんちょい出で、さらにカッコいい立ち位置に。

LALUGUN_01_05.jpg

・この作品、同時間軸でいうと、上条さんとインデックスさん、まだベランダで会って無い時だよね。

・美坂さん、この時告ってれば一人勝ちだったわけで、いやもう、通い妻的関係になっていたらベランダで会っていたのは美坂さんだったわけです。

・不審者がベランダに、と良識ある女性を上条さんに見せ付けつつ、インデックスさんを排除できたというわけですね。(嫌すぎる

・排除とか、恋愛関係になったら女は男に近づく外敵に容赦は無いのは事実で、昨日居酒屋でみた、ある職場の飲み会では、モテモテのイケメンの隣から接着剤のように離れない彼女がいて、それでもあきらめない女性が三人会話に割って入ろうとしていたわけです。

・その彼女の撃退方法がすごい、まずお酒を敵の女性達に飲ませ、ゲロをはかせてイケメンを引かせるという手を使ってた。

・ちなみに、そのイケメンが、あのおっぱいとかいうセクハラおっさんである。(まじか



●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。