拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!!第2話(原作比較あり)

k-onn02_001B4.jpg「まだ日誌届けたりしなきゃ
 いけないから先行ってて」


放課後、これから部活という所ですが

「あれムギ、今日日直だっけ」 

「ううん
 本当は唯ちゃんなんだけど」


「お昼休みから
 ずっとあのままで・・」

「なんども起こしてるんだけど・・」

なかなか起きない唯に
同時にひらめく4人

「唯、ケーキだぞ」

(起きたことにクラスの他の生徒も
 リアクションをしているあたり
 クラス内で、唯のキャラクターが
 定着してる証拠?)

「ない、うそつき・・」 

で、唯再び夢の世界へ















k-onn02_015B2.jpgそんな中、さわ子先生から
部員勧誘に使った着ぐるみの返却の催促

(他の生徒とあいさつを交わしているみると
 担任がわりと板についてきた感じです)

「あ、あれなら
 この間新入部員の勧誘に使ったあと・・
 物置に入れといたんだけど」

「返せよ」

澪の間髪いれない突っ込みとともに
今まで一度も映されなかった物置へ

「なにこれ?」
「すみません」

澪の謝罪を気にせず
物置の崩壊とともの
着ぐるみを引っ張り出す律


一方の唯は
書置きにも気が付かずに爆睡

「けいおん・・ぶた」
一話目から、ぶたがマイブームのようです







k-onn02_017B4.jpg「ということで大掃除をします
 そこ、あからさまに嫌な顔しない」


「よ~し今日は
 気合入れて練習するか!」

「そうだね、りっちゃん
 目指せ武道館だよ」


「そこまでやりたくないか・・」

まあ、ふたりとも
部屋が綺麗だとは思えないですが

「っていうかさぁ
 ここの掃除は音楽室のそうじ当番が
 やってくれるんじゃなかったんでちゅか」

「そうだ~そうだ~」

「本来はそうだけど・・
 こんな私物ばかりの部屋
 そうじさせるわけには
 いかないだろう」
 

「・・・ばかりというか
 私物しかありません」


  
「んじゃかたずけよっか~」
「しまっておいたのに~」

「だから、もどすな!」








k-onn02_022B5.jpgんで、はりきって5人でそうじです
(ここで澪の貴重なポニーテール
 数カットしかありませんが・・

 実はOPで唯のキャラ紹介の絵の
 裏で教室のそうじ風景な感じのカットでも
 ちらっと写ってます

 OPカットは原作の大き目の1コマ絵の
 アレンジが多いようです)


大量の荷物を前に
「それにしてもなんだ~
 このぬいぐるみの山は・・」

「あ、そのおおきいのも
 200円で取れたんだよ」

のっけから
『懐かしい品でそうじが中断する』の図 
になりかかる唯、さすがです

当然、持ち帰ることになりますが
「ちょいまち、ほれこっちも」
「え、それはわたしのじゃないよ」

そして、ぬいぐるみを
掠め取る影が一つ
「澪のかよ!」

彼女のセンスも
わりと独特です


紬さんは棚の食器の整理
「こうして見ると
 高そうだよな~」

「この食器は
 いくら位するの?」

「えっと、値段はわからないけど
 ベルギー王室で使っていたのと
 同じだとか・・」

そういったものをしれっと
もってこないでください
(どうでもいいですが
 原作だと5万円か10万円くらいだとか
 アニメだと(絵的に)高そうに見えます)











k-onn02_038B3.jpgで、休憩中
「しかし・・
 私達のじゃない私物も
 たくさんあるな」


「昔の軽音部の私物じゃないかな
 前はけっこう部員がいたみたいだし」


「ちゃんとやってたことも
 あったんですね」

確かに今は『ちゃんと』やっているとは
いい難いですが・・


「みんな見てみて~
 なんか出てきた~」

姿が見えないと思ったら
お宝探索中だった唯

高そうなケースの中身は
古いギター

「もっと面白いもの
 期待したのにな」

「つまんない~」

「軽音部なんだから
 興味持ちましょうよ」







k-onn02_051B3.jpg「あら、懐かしいわね
ここにあったんだ」

そう言って入って来たのは
さわ子先生

「これ先生のですか?」

「それはあんまり
 使ってなかったけどね~」


「先生はひょっとして
 軽音部だったんですか?」


目を輝かせる梓
学園祭のときの演奏でもしやと
思っていたそうですが

すぐに教えをこうあたり
音楽に関しては貪欲です。

「ちなみにこれが
 学生時代のさわちゃんです」


「やっぱりいいです」
「なんでよ!」

多少えり好みもあるようですが・・。






k-onn02_062B3.jpgで、くだんの『お父さんの友達のギター』は
売って部費の足しにすることに

「ひどい~
 私ばっかり~」

「じゃんけん3連敗は
 おまえの責任だろう」


下校途中に
売りに行くことにしたうようで
じゃんけんで持ち回り

(改めてじゃんけんの描写がありますが
 地域によって掛け声やもろもろ違いがありますね・・)

「子供みたいですね」
「私は子供だ!」
 
「大人になりましょうよ・・」










k-onn02_074B4.jpg途中、澪の提案で
整理用の棚を買うためにホームセンターへ

「ここがホームセンター♪
 便利グッズがいっぱいあるのよね
 大小さまざまな電球とか
 七色のビニールテープとか」


「まあ、そうだけど」
シーズンだとクリスマスの装飾とかもあります

「一度来たいって思ってたの」
紬さんがめっぽう張り切ってます


梓と紬さんで便利グッズを散策中に
唯に呼ばれてきてみれば

ネジや電動ねじ回しにご執心
拳銃に見立てて遊んでます
(あれは回転方向を間違って使うと
 悲惨な目にあいます)

「ばーんばーん」
「こら、うるさい!」

「はい、2人は死にました」
「いやいやいやいや・・」
テンション高すぎです

「まったく唯は子供だな~」
呆れている澪と梓の隣で
ライト付きヘルメット装備の律の呟き

更に作業着を
ライブの衣装にしようかと言い出す唯
「背中に
 放課後ティータイムとか書いてさ」

「暴走族ですか・・」



そんな中、澪はさわ子先生に棚の購入の確認
(この場には澪ぐらいしか
 まとめられる人間はいませんが・・
 律も部長として配送手続きの書類だけは
 書こうとしてるあたりが・・)




k-onn02_094B2.jpg「カメ・・・スッポン?」
ペットコーナーの水槽を眺める梓

「かわいいスッポンだね~」
後からスキンシップの唯も
視線は水槽へ

「スッポンのなかでも
 とびきりの美人さんだね」

独特のセンスで飛ばしまくってます

「いや、だから・・
 スッポンもどきですって
 カメですよ、カメ」








k-onn02_102B4.jpg「まさかあそこから
 4連敗するとは・・」

やっと、当初の目的の楽器屋さんへ
(紬さんは便利グッズで磨いた
 スプーンに感動してますが・・)

ギターの査定中
梓はバンドのチラシをぼんやりと
「うちのバンド、これだけいたら
 どんな音になるんですかね」


「そうだな、これくらい
 部員がいるといいな」

感慨深げに見上げる二人



査定が終わり集まる一同に
「こちらのギターですが
 50万円で買い取らせていただきます」

しれっと営業スマイルの店員さん

「50万円!?」
対してビビリまくる4人
まあ、当然といえば当然ですが・・


「ごちそうさまでした」
常識があるからなのか
こういうときに一番壊れやすい澪 

「だって、500万・・・」
「落ち着け桁が変わってる・・」
ネタとして対応してる分
冷静な律

「ありがとうございます」
「お前は躊躇無さすぎだ!」



「何でそんな値段がつくんですか?
 もしかしてムギに気を使って・・」


「いえ、それは関係ありませんよ
 このモデルは1960年代初めに生まれたギターでして
 当初は材料や形が定まっておらず
 さまざまな仕様のマイナーチェンジを繰り返しつつ
 現在の形になったと言われています

 お客様にお持ちいただいたこのギターは
 フィンガーボードにハカランダという
 今となっては貴重な木が使われていまして
 これが高い値段の一つの要因になっております

 残念なことにこのギターは
 テイルピースが交換されておりまして
 フルオリジナルではないため、少し値段が落ちてしまいますが
 ストップテイルピースの方が演奏性に優れており
 こちらの方を好まれているお客様も多く
 それほどのマイナスにはなりません

 しかもこのギターは長いことしまわれていたそうで
 あまりキズやフレッドの減りが無く
 年代物としてはたいへんコンディションが良いため
 この金額で買い取らせていただきます」


k-onn02_115L2.jpg


(長セリフ乙って感じですが
 原作ではこの説明がほぼ1コマに収納されてます)



ただただ、聞き入る一同
(理解できているかは別として・・) 
「・・・と、とにかく
 貴重なギターなんです」









k-onn02_118B5.jpg「肉厚!」
「スペシャルバーガーだよ」
とりあえずいつもの
ファストフード店で休憩

「バーガーの話じゃねえ・・」
確かに普通の高校生が
持つ金額ではないですね・・


「でも、いいんですかね
 みんなでもらっちゃって・・」

「仕方ないだろ、さわちゃんが
 部費にしろって言ったんだから」

「ぶひ、ぶひ」


「でも・・」
札束を突き出す律
「ほれ、5人でわけたら1人十万だぞ」


「わたし、欲しい
 エフェクターがあったんですよね~」

「だろう」
「あずにゃん陥落」

「バカ、そんな大金見せびらかすな」
「ほれほれ、澪も十万だぞ」

札束の存在感にさすがの澪も陥落

「十万か・・十万あったら
 マルチベースアンプシュミレーターに
 あたらしいアンプ」


「私はツインペダルに
 やっぱりフルアタムも欲しいな」


ここまではまあ普通なのですが・・
唯だけ札束で叩かれたいとか
どうなんでしょうね・・








k-onn02_137B3.jpg次の日、棚も届いて整理完了

と、思いきや唯のカエルが戸の端から
「だって昨日もって帰っての
 他にまだこんなにあるんだよ
 これ以上もって帰ったら憂に怒られる」


「ここに置いておいたら
 私が怒ります」

 
(まあ、視聴側から見ればこの2人が
 唯に怒ってもかわいらしく見えますが
 
 あと、今回、憂は想像や回想でしか
 いないのでちょっと寂しい・・)

「しょうがないな、今回だけだぞ」 
自分の私物を前に呟く律
同じネタは3度までですよ・・











k-onn02_148B4.jpgさわ子先生の登場に
緊張感が増す一同

「どうしたの?人が声かけてるのに」
「さわちゃん、なんだ来てたんだ
 聞こえなかった♪」

しらじらしすぎです・・

「私のギターよ、いくらで売れたの?」

審判を待つような一言
しどろもどろになりながら
唯のあさっての方向のゴマすりで
無駄に怒らせたり

「で、結局いくらになったの?」

「え、え~と」
誰も目を合わせません・・

「・・・・・一万円」
(律!)
(それは
 欲張りすぎではありませんか)


(ごめん、つい)

「やっぱそんなもんか~
 カビ生えてたもんね」

律たちの心の叫びをつゆともしらず
平和な一言に安堵したのもつかの間・・

「じゃ、買取証明書ちょうだい」
再び大ピンチ

「はいっ!?」
「部費に計上しておくから
 とうぜんでしょ」

お金はトラブルの元ですからね・・今も







k-onn02_161B5.jpgで、のっぴきならない律は
買取証明書をパクリ
(なんか外野が『食え食えコール』を
 していたように聞こえましが・・)


結局さわ子先生の
迫力に飲まれて終了
悪いことはできません

「うそ、50万にもなったの
 すごいじゃない」



「ごめんなせえ
 隠すつもりはなかったんだが
 あまりの金額の多さにオラ
 気が動転してしもうて・・」


今も絶賛気が動転中っぽいですが・・


「心が汚いですね」

「昔からこうなんだ」

酷い言われようです、仕方が無いですが・・

「そうね
 じゃありっちゃんが言った
 一万円を部費として計上しておくから
 その棚買ったことにしておきなさい」


「ええ~それだけ」

「最初から正直に言えば
 全部あげたのにな~」


「それは絶対嘘だ~」
まあ、そうでしょうが
このさい仕方がないでしょう

で、原作はこれが落ちで
終わってますが・・

「さわちゃん先生
 最後にお願いがあります
 その札束でほっぺを・・
 ほっぺを殴ってください」

たぶん、一期を含めても一番
切実な表情の唯・・

「おまえはいいよな
 平和で」

 
「仕方ないわね
 じゃあ特別にこのお金で
 ひとつだけ何か買ってあげる」

さわ子先生のお情け
(こういう飴と鞭的な
 言い方はいかにも先生らしい)









k-onn02_184B2.jpg帰りがけ何を買うか思案する一同
「やっぱりアンプが 
 一番無難かな~」

「わたしはエフェクターの方が
 いいような気がしますけど」



そんな時に
テニス部の練習風景を見かけて
「どこの部も新入部員が入って
 本格的に活動開始だな」


「ですね・・」








k-onn02_186B2.jpg「あずにゃんが?」
「う~ん
 5人でいいと言ったものの
 後輩が欲しいんじゃないかな~」


次の日、梓の様子が気になる4人ですが

「私も同じ子と思ってた」
「実は私も」

新入部員確保の案がでないまま
唯の『いいこと思いついた』
に乗ってみることに








k-onn02_188B3.jpg「なんです・・これ」
梓の目の前には
水槽とその中には
新入部員?のトンちゃん

「先生に頼んで買ってもらったの
 梓ちゃんの後輩よ、よろしくね」

 
「へ~」
とうの梓は生暖かい返事

部室が妙に広く感じます・・

「おいおい
 なんかリアクション薄くね?」

「うん」


「梓がこのカメを
 好きだといったのは唯だぞ」
 
「だって、あずにゃん
 欲しそうにじっと
 見つめていたんだもん」


「見つめていたのは唯先輩でしょ
 私はただ変な顔だなって
 見ていただけです」


「へえ!?」
「やっちまったな」
それはもうかなり豪快に・・

早とちりに崩れる唯・・合掌






k-onn02_199B3.jpg「でも、なんで急に?」


「いやあ
「梓、後輩いなくて
 さびしいかなって思って」


「だから・・」
「新入りさんなんだけど・・」
 

水槽に歩み寄る梓
「もう、こんな早とちりで
 飼われたら迷惑だよね」



「大丈夫、これからは
 私がちゃんと面倒みるからね」


「いやいやいや
 私もちゃんとするし」

「無理でしょう、唯先輩には」
唯に対してははっきりと
ものを言うようになった感じが・・

というところで
今回のお話は一段落
はやくもアニメオリジナルな流れです



♪関連記事♪

けいおん!!第1話「高3!」



けいおん!第13話「冬の日!」   けいおん!第12話 「軽音!」
けいおん!第11話 「ピンチ!」   けいおん!第10話 「また合宿!」
けいおん!第9話 「新入部員!」  けいおん!第8話 「新歓!」
けいおん!第7話 「クリスマス!」  けいおん!第6話 「学園祭!」
けいおん!第5話 「顧問!」       けいおん!第4話 「合宿!」
けいおん!第3話 「特訓!」      けいおん!第2話 「楽器!」
けいおん!第1話 「廃部!」
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

けいおん!!第1話(原作比較あり)

k-onn01_092.jpg

とりあえず
原作と第一期を振り返りながら見ていきます

♪関連記事♪

けいおん!第13話「冬の日!」   けいおん!第12話 「軽音!」
けいおん!第11話 「ピンチ!」   けいおん!第10話 「また合宿!」
けいおん!第9話 「新入部員!」  けいおん!第8話 「新歓!」
けいおん!第7話 「クリスマス!」  けいおん!第6話 「学園祭!」
けいおん!第5話 「顧問!」       けいおん!第4話 「合宿!」
けいおん!第3話 「特訓!」      けいおん!第2話 「楽器!」
けいおん!第1話 「廃部!」







k-onn01_018B3.jpg「うお♪かっこいい」

早朝、メンバーが集まる前に
一人『必殺技』の開発中

一年ぶりの平沢唯は変わってませんでした

「それにしても唯先輩
 早いですね」

「目覚まし時計見間違えて
 一時間早く登校しちゃった」


そういえば、一期の冒頭では
遅れそうだったですね

「なんかついてるぞ」
「あ、ぱん、食パン」

やっぱり相変わらずだ・・











k-onn01_025B3.jpg「梓は2年生になっても
 あんまり変わらないなぁ」

「律先輩には言われたくありません」

(前回が原作2巻を追いきる形でしたが
 3巻開始は2年生の3学期
 アニメは区切りを考えて
 3年1学期からといった感じでしょうか)

「よおうし、
 折角だから朝連してくか」

 

この5人が桜校軽音楽部のメンバーです

改めて第一話なので
唯の語りでメンバー紹介です

私、ギターでボーカルの平沢唯です
かわいいものとおいしいものが大好きです

ドラムで部長、元気いっぱいの田井中律ちゃん







k-onn01_030B3.jpgおっとりぽあぽあの
キーボード、琴吹紬ちゃん

ベースの秋山澪ちゃん
しっかりしてるけど、恥ずかしがりやで怖がりです


そして、ちっちゃくてかわいい
中野梓ちゃん
大事な大事な後輩です

あずにゃんだけが、今年二年生になって
あとの四人はみんな三年生
なんだか大人です


(前期は1クールで2年過ぎてました
 今回は少しペースダウンかも)


無駄にはしゃいでいる唯です

「だって一番上の学年だよ
 なんかカッコイイよ
 三年生ってどうしたらいいのかな」


先輩は大人に見えたのに
自分が最上級生になると
特に実感が無いなんてことはよくある話で・・








k-onn01_054B4.jpgで、クラス分け

2年のときは澪だけ
仲間外れだったのでトラウマ気味

「私達みんな同じクラスだよ」
 
唯の強行偵察の結果に浮かれる2人と

「よかったな澪
 3年はみんなと同じクラスで・・」


「よ、よかった~」

「少しは強がったりしろよ」

トラウマはまだ健在だったようで・・


「ねえ、みてみて和ちゃんも一緒!」
「騒がしいクラスになりそうね」

和さんも一緒のクラスで
主要メンバーは勢ぞろい

「もしかして、
 生徒会長パワーを使ったとか」

「ないない、
 そんなことできる人いるわけ・・」


「みんな
 席についてください」

そんな中
さわ子先生、担任として登場

(話の流れの中で『生徒会長』とありますが
 原作では和さんが
 (いつのまにか)生徒会長です
 
 2年生の終わりごろに
 実は隠れ澪ファンクラブだった
 元生徒会長という話の中ででてます
  
 アニメにしたら面白そうな話です)
  






k-onn01_064B4.jpgHR後、始業式に向かう所で
さわ子先生にクラス分けの
事情を直撃

「私も
 名前覚えなきゃいけない子減るし」


(あ、そういうことか)

「でもね、修学旅行も一緒だし
 学園祭のクラス発表も一緒だし

 テスト勉強みてもらえるし
 宿題写させてもらえるし」
 

(最後のなに?)


おちゃらけていましたが
唯達を講堂へ促して
後を見送るさわ子先生は
唯達に昔の自分を重ねているように見える
















k-onn01_083B2.jpg始業式では
さわ子先生の伴奏で校歌斉唱
(音楽の先生らしいところ
 始めてみた気がする・・)


で、2年生になって
新入部員獲得に燃える梓
(憂や純ちゃんと比べると
 梓はやっぱり小さい)













k-onn01_088B3.jpg放課後、桜の花びらを
なんとなく集めていた唯

「あと1個で1ダースなんだよ」
「そうなんだ、じゃあ私
 生徒会行くね」

「私も新歓ライブの練習して帰る」
「新入部員、入るといいわね」

「まあ、このままでも
 いいけどね」

「本当にいいの?
 唯達が卒業したら
 梓ちゃん一人になるでしょう」

「ほんとだ・・」

(唯の天然行動に対する
 見事なスルー力と
 さりげなく
 抜けている所のフォロー
 さすがです・・) 










k-onn01_094B2.jpg後半、久々の部室でまったりする一同

「ようし、新学期だからやることは」

「新入部員の勧誘」
「ムギのケーキをたーべる」
見事なまでの不一致

「まじめにやってくださいよ」
「そうだよ、りっちゃん
 新入部員が入らなかったら
 来年あずにゃん一人になっちゃうんだよ」


(そのわりに呑気なポーズだな)
これでも唯は真剣です


「でも、このままなら
 来年確実に部長になれるぞ」


k-onn01_099L2.jpg


「・・・は
 そんなのはどうでもいいんです」


k-onn01_103B5.jpg


(・・・・考えた)







(ちょっと考えた)






「それよりはやく
 部員の勧誘に行きましょう」


照れくさいようで
必死の梓



(・・・誤魔化した)





(あせって誤魔化した)










(この一連の流れ
 原作では軽く流している部分ですが
 コントというか独特のノリに・・)



k-onn01_109B2.jpgで、唯はビラを作ったと得意ですが・・
(配っているところを見ると
 あの奇抜なセンスのビラを
 誰も止めなかったのか・・)

「・・・・なんでブタなんですか?」
「だから、『けいおんブタ』
 なんだよ」


「意味わかりません」
「だから『けいおんぶ』と
 『ブタ』をかけてね・・」

「もういいですから
 ビラ配ってください」








k-onn01_120B4.jpg結局成果無しで
律主導で『部員獲得大作戦』です

いきなりぶっ倒れて
音楽室に連れて行ってもらい
誘い込む『行き倒れ作戦』
(このときの澪のなんともいえない表情と
 すみっこに居る梓の生暖かい視線がなんとも・・)
 


で、唯は・・
「あの~すまんこってすが
 音楽室ってどこですか?」


「訛った」
「なにやってんだろ」


一緒に来てもらうつもりのよですが

「行き方、教えてもらってますね」
「まあ、そうなりますね」


「バカですかね」


天然なだけです

最後は他の部に体験入部して
様子を伺うも
ミイラとりがミイラになってグダグダ
(誰がとはいいませんが)









k-onn01_145B5.jpg成果の無いまま部室に帰還
なので、ドアが開いたときは条件反射で

「「「いらっしゃいませ」」」

入ってきたのは
着ぐるみの澪と紬さんですが

「つか、そのカッコで行ったの?」
「律儀ですね~」

で、再び来客

「「「「「いらっしゃいませ」」」」」

「って、さわちゃんかよ」

「あなた達
 明日の新勧ライブなに着て歌う?」

「「「制服でいいです」」」

「ミニスカフリルメイド~」

「制服で!」

(ちなみに、原作のあずさは
 無意識で『ミスかフリルメイド』を着ていました)


で、三度の来客、こんどは和さん
ここも完全にコントのノリ

「何?衣装合わせ中」
先生の服や着ぐるみで判断したのでしょうが
着ぐるみではさすがに・・

(すごくどうでもいいですが
 ここの時間の経過を
 部室を窓越しに見た図で
 上にパンして戻してます

 そのとき写る校舎時計の時間が
 ちゃんと変わっているあたりが
 京アニクオリティ)
 






k-onn01_167B2.jpgで、あっというまに新歓ライブ
(あずにゃんは
 あのときの演奏を聴いて
 軽音部に入ってくれたんだよね)

 今年もきっとあずにゃんと
 同じ気持ちになってくれる人がいる・・・と思う
 いるはず・・・いるんじゃない・・かなぁ)

  
ライブはとりあえず成功したようで
(憂達があとから見に来てましたが)

唯も完全燃焼ですが、やっぱり成果無し









k-onn01_181B3.jpgある日の昼食の憂と梓と純ちゃん

「たぶん軽音部って
 5人が結束して見えて
 外から入りにくいんじゃないかな」


「う、そっかな」

「みんな仲良くて
 楽しそうだもん」


「うん」

「それか
 軽音部の怪しい
 においを嗅ぎとってるか」


独特の空気があるのは
間違いないですが・・












k-onn01_192B4.jpg相変わらず
来客の無いままの部室

「私、しばらく
 このままでもいいな」


「今はこのままでいいよ

 こうやってみんなと
 部室に集まって

 あ、今あずにゃんはいないけど
 お茶のんで練習して
 演奏して

 ずっと5人で」


「そうだな
 あと一年でなんとかしようぜ」


「あなた達
 一年って短いわよ」

ずっと本を読んで
様子を見ていたさわ子先生の突っ込み

「え~365日もあるよ
 あ、もう何日か過ぎてる」


とりあえず、おやつの時間
「あ、あずにゃんは
 バナナだと思うんだ
 だから残してあげて」

誰よりも先に言う唯





k-onn01_206B3.jpgやっと部室に入る梓

「ごめん、ごめん
 すぐビラ配りに行くから」


「ムギ先輩、私
 ミルクティーください

 あと、バナナケーキも

 私、今年までは
 この5人だけでやりたくなりました」


「あずにゃん」

「唯先輩、これからは 
 もっと厳しくいきますからね」


「え?」

「はい、ギターだして」
 
「え!?」








♪関連記事♪
けいおん!第13話「冬の日!」
けいおん!第12話 「軽音!」
けいおん!第11話 「ピンチ!」
けいおん!第10話 「また合宿!」
けいおん!第9話 「新入部員!」
けいおん!第8話 「新歓!」
けいおん!第7話 「クリスマス!」
けいおん!第6話 「学園祭!」
けいおん!第5話 「顧問!」
けいおん!第4話 「合宿!」
けいおん!第3話 「特訓!」
けいおん!第2話 「楽器!」
けいおん!第1話 「廃部!」


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : けいおん!!
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「東のエデン 劇場版 / 機動警察パトレイバー2 the Movie」オリジナル・サウンドトラック / 川井憲次 ダブルレビュー

EP_jacket1.jpg
今回は、2枚同時の(色々と超主観な)サントラ紹介になります。
共通点は「2つ」!


「川井憲次氏(作曲)」!


「ミサイル事件(うかつな月曜日等・ベイブリッジ爆破)」!










YA2.jpg
「YくんとAさんの○○な立ち位置」!

3つだ!


  《東のエデン 劇場版 オリジナル・サウンドトラック》

 『情緒の多様さ』:★★★★☆ 「緊迫感と希望を感じさせる曲がバランス良く」

 『インパクト度』:★★☆☆☆ 「氏らしい音ですが次のP2ほど極端ではないです」

 『お得度』:★★★★★ 「関連歌モノ曲5つがフルで収録」

 『ストリングス度』:★★★★★ 「氏独特のストリングスが存分に味わえる!」

 『ミサイル度』:▲▲▲▲…▲ 「何発だったっけ…」

 『この一曲!』:"ミカエルとベリアル"
          「緊迫感あるイントロと切ないメロディのギャップが良い!
           でも本編では流れてません…たぶん」


・他の川井憲次氏の作品に比べるととても情緒・音共にバランス良く楽曲が揃ってる感じですね。その分インパクトはあまり無いですが、これぞ劇伴という感じでとても聴きやすいです。


  Y<歌モノが5曲フルで入ってるのもいいんですよ…
  A<別にどうでもいいが …歌いたいのか
  Y<あ、マイク、無いんですよね、はは…



・劇場版だからか、氏お得意の独特の伸びやかなストリングスが押し寄せまくりです。この、何でしょう、ストリングスに限らず、氏の伸びやか音の引き出しの多さはほんとにスゴい。



  《機動警察パトレイバー2 the Movie オリジナル・サウンドトラック》

 『雰囲気度』:★★★★★ 「伸びやかで静かな緊張感がたまりません」

 『超展開度』:★★☆☆☆ 「長尺なわりに素直な展開…が、飽きないんですこれが」

 『自己主張度』:★★★★★ 「セリフ無しで曲だけの場面もあるくらいです」

 『虚像度』:★★★★★ 「共同幻想空気感!」

 『ミサイル度』:▲△△△△ 「たった一発のミサイルが…」

 『この一曲!』:"IXTL"
         「単調かつ長尺な曲ですが、だからこそのじわじわくる緊張感と
          最後の儚いメロディによる没入感は随一!」


・その類まれなる緊迫感・寂寥感・虚像感の表現から、川井憲次氏の現状での最高傑作とする方も多いようです(もう15年以上経つのに普通に入手可能)。

・劇中、セリフ無しの演出があったせいか、長尺曲が多いのも特徴ですね(最長で10分超えの曲も)。


  A<当時の日本――今もかもしれないが――の欺瞞の上に成り立っているかのような
  都会蜃気楼的な空気感を見事に表現した…ておいあんた聞いてるのか
  Y<素晴らしいです まるで僕の心情を表したかのような楽曲ばかりじゃないですか…!
  A<なるほどな
  Y<? なんですか
  A<ミサイル一発で状況を作り上げた"ヤツ"と君とでは大違いだな あっさり○○されるわけだ



・両作品共に、映画を通した当時の日本の一空気感を抜群に表現してます。この「作品の空気の表現」が川井憲次氏の楽曲の一番の特徴じゃないかと思います。

・そんな中で、メロディアスで劇伴よりなのが前者、空気感の表現に徹したのが後者といった感じでしょうか。
多少は似た題材の作品同士での、この違いが面白いところですね。


  Y<あなただって○○られたじゃないですか…!
  A<まあ、確かにお互い様だな
  Y<いいです、僕はこのパトレイバー2のサントラ聴きながら自分の境遇に想いを馳せますから 
    邪魔しないでくださいね
  A<君はそれでもいいが 私がエデンの…というのはさすがにどうだろうな…



YA1.jpg




●まとめのまとめ(東のエデン 関連の記事)

「東のエデン 劇場版 / 機動警察パトレイバー2 the Movie」オリジナル・サウンドトラック / 川井憲次 ダブルレビュー

劇場版 東のエデン The King of Eden ( オープニング解析視点 及び各セレソン考察視点 )

『劇場版 東のエデン』をユナイテッド・シネマ豊洲で観る ~ THE KING OF EDEN 編~
『劇場版 東のエデン』をユナイテッド・シネマ豊洲で観る ~ PARADISE LOST 編~


ウォークマン NW-A840シリーズで 東のエデンをDVD(720x480)画質で全11話持ち歩け

劇場版 東のエデン The King of Eden (池袋シネ・リーブル 1/2(土)サービスデー1,000円均一日 レビュー)

東のエデン Blu-ray Disc Vol.03 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )
東のエデン Blu-ray Disc Vol.02 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )
東のエデン Blu-ray Disc Vol.01 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )

東のエデン(11話までの考察とまとめと感想)  
東のエデン(10話までの考察とまとめと感想)   東のエデン 第11話(大杉ファン視点)
東のエデン(9話までの考察とまとめ)   東のエデン 第10話(物部ファン視点)
東のエデン(8話までの考察とまとめ)   東のエデン 第9話(大杉ファン視点)
東のエデン(7話までの考察とまとめ)   東のエデン 第8話(大杉ファン視点)
東のエデン(6話までの考察とまとめ)   東のエデン 第7話(大杉ファン視点)
東のエデン(5話までの考察とまとめ)   東のエデン 第6話(大杉ファン視点)
東のエデン(1話~4話考察とまとめ)
東のエデン 聖地巡礼 (平澤一臣司会進行視点)

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 東のエデン
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

『劇場版 東のエデン』をユナイテッド・シネマ豊洲で観る ~PARADISE LOST 編~

DSC00170.jpg

●東のエデン劇場版Ⅱを公開日に
『ユナイテッド・シネマ豊洲』で見てきた模様をレポートします

DSC00156.jpg最後を締めくくるには、
前回と同じところがよいだろうと
簡単に考えてましたが
3月13日の初回は

朝8時から

東のエデンのための
特別対応のようで、
上映側はそうとうやる気です

7時半開場なので、
その少し前に着けばと早起きして
まだ、どこもテナントが開いてない
ららぽーとに入りましたが

前回よりも、待っている人が多いです
ざっと100人ほど
みんな早起きですね・・

集まる人がバラエティに富んでいて
年齢も中学生らしい人から
30代過ぎのひとまで満遍なく

オシャレなカップルや
気難しそうな男性
はては、子供向け映画を
見に来たような家族連れまで

そして相変わらず、女性の比率は多めです

そんな感じで、
後からどんどん人がやってきて
予定通り7時半に開場


DSC00151.jpgチケットは問題なくとれて
(あとから見てみると前回と同じG列
 今回は右端、前回は左端でしたが・・)

そして上映までの時間に展示物方へ
館内にはBGMでTV版のOPとEDが流れて
雰囲気づくりに一役買ってます

写真の撮り方が悪く
うまく写ってないですが
神山監督と羽海野さんのサインが
新しく飾ってありました


DSC00149.jpgDSC00148.jpg

見終わったあと周りから

「3回見ないとわからないかも・・」

「あの四姉妹全員、玉川さんがやってたんだ
 すごくない?」

いろいろ聞こえてきました。

自分の中では、
『自分自身で答えを探さなきゃいけない映画だ』
と改めて感じました。

明快なテーマや、聞こえがいいフレーズではなく
人と共有して騒げるものでもない

自信を持てる答えを見つけないと思います。
なんだか終わったとゆうより
何か、ここから始まった感じです
(劇場版の小説もでるようなので
 まずはその辺りから
 作品の中で起こったことを整理していこうかと・・)



●パンフレットから
『PARADISE LOST』のパンフレットは
非常に親切です。


DSC00187.jpgDSC00188.jpg


一度見ただけでは把握しずらい流れを
振り返ることができ

更に
『滝沢明とは何者なのか?』と題して
生まれから、ノブレス携帯を得るまでの生活
新聞配達員を行っていた背景と
滝沢の金銭感覚など、考察風にまとめて
人物像に迫っています

各セレソンの紹介と
(ほんの1カットだけの登場のNO.8も)

JUIZ関連の施設、トレーラー
例の四姉妹に関しても詳しいフォローが入っていて
前回同様、キーワード解説も充実


DSC00197.jpgDSC00190.jpg



なかでも気になるのが
『JUIZトレーラー』の項で
物部はTVの10話で、トレーラーを見送っているけど
施設の責任者であった彼は
JUIZが持ち出されているのを知った上で
空のボランジェを見て驚いて見せたという
可能性を示しています


更に『飯沼別宅』の項では
NO.10の結城がなぜラストに
『飯沼別宅に来れたのか?』という疑問を提示して
劇場版2作の小説版で語られると結んでいます



DSC00196.jpgDSC00189.jpg



最後はパンフレットが非常に詳しく解説されているので
付け加えで、独自の考察視点です。


●結局、滝沢明は何者なのか


物語の謎は全て解明されるものではない
製作者へのインタビューで聞くことのある言葉
なので、『滝沢明は何者なのか?』もこの部類にはいる
かもしれないがあえて考えてみる

劇中ではDNA鑑定で
飯沼誠次郎の息子ではないことは明らかになった

では誰が親なのか?

わかっている部分を整理すると

・母は岩下あやが明言はしなかったものの認めている

・誠次郎とあやはアメリカで親しい関係だった

・あやが滝沢の前から消えた直後
 誠次郎が迎えに来ている

まとめると誠次郎自身が親ではなくても
あやを気にかけていた
(あやが妊娠、出産をした後も)

これを踏まえて劇中の写真を見ると
誠次郎は他の人間の子を身篭っているあやと
親しくしていることになる

わかりやすい関係を考えれば
あやのお腹の子が誠次郎の親戚または兄弟の子
というのが妥当だと思われる

だとすればグラマシーホテルの一室が
ずっと誠次郎の名義で借りられていたことも
誠次郎が『愛人に用意した部屋』というよりも
『兄弟(仮)とあやのために用意した部屋』
と考えた方がしっくりくるし

飯沼千草に連れ添っていた女性が
誠次郎と滝沢が似ていると
評したことも頷ける

あやが誠次郎を避けている理由としては
あやと兄弟(仮)の関係を飯沼家がよしとせず
誠次郎のみが味方だったが
兄弟(仮)がなんらかの理由で死亡してしまい
あやは立場を考えて
庇護しようとする誠次郎の前から姿を消した


もっともらしく想像してみたが
いかがだろうか?



●気になったこと(日付のあれこれ)

滝沢はTV版ラスト、劇場版Ⅱラストともに
携帯から多数へ呼びかけを行っている

その時間は両方とも午前6時

更に劇場版Ⅱの呼びかけの日付は
8月15日つまりは終戦記念日
しかし、玉音放送は正午に流れたので
時間的な符合は無いように見える

しかし開戦日である
1941年12月8日の日本軍部は午前6時に
アメリカ、イギリス軍と戦闘状態に
入ったことを発表していたという

整理すると
2011年8月15日午前6時という日付は
2011年(開戦より70年)
8月15日(終戦記念日)
午前6時(日本軍が戦闘状態を発表した時刻)
ということになる

では、テレビ版の呼びかけの時刻はというと

2011年2月19日午前6時
年と時間は前と同じで
2月19日という日付はウィキペディアでは
戦中戦後の記録があるが
あえて無理な推理をあげると2月19日の数字を
入れ替えると12月9日開戦日の一日違いでもある



DSC00186.jpg




●まとめのまとめ(東のエデン 関連の記事)

劇場版 東のエデン The King of Eden ( オープニング解析視点 及び各セレソン考察視点 )

『劇場版 東のエデン』をユナイテッド・シネマ豊洲で観る ~ THE KING OF EDEN 編~
『劇場版 東のエデン』をユナイテッド・シネマ豊洲で観る ~ PARADISE LOST 編~


ウォークマン NW-A840シリーズで 東のエデンをDVD(720x480)画質で全11話持ち歩け

劇場版 東のエデン The King of Eden (池袋シネ・リーブル 1/2(土)サービスデー1,000円均一日 レビュー)

東のエデン Blu-ray Disc Vol.03 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )
東のエデン Blu-ray Disc Vol.02 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )
東のエデン Blu-ray Disc Vol.01 ( 商品内容説明視点 および 大杉ファン視点 )

東のエデン(11話までの考察とまとめと感想)  
東のエデン(10話までの考察とまとめと感想)   東のエデン 第11話(大杉ファン視点)
東のエデン(9話までの考察とまとめ)   東のエデン 第10話(物部ファン視点)
東のエデン(8話までの考察とまとめ)   東のエデン 第9話(大杉ファン視点)
東のエデン(7話までの考察とまとめ)   東のエデン 第8話(大杉ファン視点)
東のエデン(6話までの考察とまとめ)   東のエデン 第7話(大杉ファン視点)
東のエデン(5話までの考察とまとめ)   東のエデン 第6話(大杉ファン視点)
東のエデン(1話~4話考察とまとめ)
東のエデン 聖地巡礼 (平澤一臣司会進行視点)

●東のエデン (携帯待受け ダウンロードまとめ)
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 滝沢仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 通常仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 白鳥・ダイアナ・黒羽 仕様2 ジュイス盤 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 物部大樹 うっかり仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様1 No09 王子様仕様 )
ノブレス携帯待受け動画 ( 結城亮 仕様2 ジュイス盤 )

これであなたもセレソン気分!?(ノブレス携帯の壁紙をつけてみる)
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 東のエデン
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。