拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

屍鬼 第11話(第悼と悲屠話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点

●屍鬼 第11話(第悼と悲屠話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・とりあえず、自力で犯人捜しや真実を求める人向けの変体紳士レビューです。(何が言いたいのか
SIKI_SAMUNE_11_01.jpg

・犯罪心理学や、情報分析から11話を紐解いていこう。


●今回の重要なキーワードをまとめ


・伊藤郁美、尾崎敏夫と結城夏野につづく三人目の吸血鬼狩人?。
SIKI_SAMUNE_11_02.jpg

・屍鬼の名を気に入る沙子。
SIKI_SAMUNE_11_03.jpg

・伊藤郁美の桐敷家への集団デモ。
SIKI_SAMUNE_11_04.jpg

・桐敷正志郎による、起き上がりの否定。
SIKI_SAMUNE_11_06.jpg



・桐敷正志郎はなぜ郁美の御札が効かなかったのか?

・答えは簡単である。

・この男が吸血鬼の指揮者であり、人間だからである。SIKI_SAMUNE_11_05.jpg

・尾崎敏夫の診断でも人間だと証明された。

・もしこれが、トリックならば吸血鬼はどかからから「人間」を用意して「父親」を演じさせるだろう。

・しかし、それも含め、権力を持った吸血鬼の協力者である桐敷正志郎は人間である。

・さすがは、吸血鬼を指揮する人間なだけはあって、このような事態に即し彼は「父親の役割を演じきっていたのだろう」。

・その正志郎の頭脳は、尾崎敏夫を上回り、結城夏野と同レベルといえよう。
SIKI_SAMUNE_11_10.jpg



・伊藤郁美の村民扇動ははじめから犯人の想定内だったのか?。

・桐敷正志郎の計画では、尾崎敏夫か室井清信の権威者筆頭のデモが脅威であった。

・よってあらかじめ権威者の扱いは慎重にしていた。

・計画通り尾崎家と室井家には刺激を与えずにきていたはずであるが、権威も無い伊藤郁美の扇動が起きた。

・だがしかし、伊藤郁美は村人の評判も悪い。
SIKI_SAMUNE_11_08.jpg

・それにオカルト優先の感情論で、夏野のように具体的証拠をあげることは眼中に無かった。

・そんな郁美に村人の敬意も集まるわけがなく権威無き糾弾者として、桐敷正志郎は郁美の戯言を尾崎を利用し一刀両断したのだ。



・吸血鬼を護る為には、吸血鬼の安住の地が必要。

・それが「村掌握」の目的であった。

・無論その立案提案自体は、沙子がした物だと考えられる。

・人間の桐敷正志郎では、長い間生きている吸血鬼の切実な願望まで一番に優先させて考えられないからだ。

・砂子に言われて、正志郎が納得しそのための協力を買って出たのだろう。





●伊藤郁美の心理


・感情論優先で、物事を他人のせいにする性格。

・そのうえ、清水恵のように「若き日は美人」で「夢見がちで自尊心が強い」。
SIKI_SAMUNE_11_09.jpg

・つまるところの、もし、清水恵が地味な男と婚約させられえて老いたらこうなるというわけだ。

・その精神的歪みは、いつになっても晴れないだろう。

・オカルトに傾倒するのもわからなくはない。

・彼女の言う「村を救うは」公の気持ちではなく、私欲で溢れた「自尊心の充足」を願った歪んだものである。

・だから、警戒も成しに「起き上がり=吸血鬼」の騙しあいに乗せられたのだ。
SIKI_SAMUNE_11_07.jpg


・皮肉にも彼女のいう言葉は「真実」であったが、それは「落とし所」として「起き上がり」「死者の多発」「桐敷家の来訪」を上手く合成した戯言だという裏づけにもなる。





●ブログ内 屍鬼 リンク

・屍鬼 第11話(第悼と悲屠話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点


・屍鬼 第10話(第悼話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点

・屍鬼 第09話(第柩話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点


・屍鬼 第08話(第夜話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第07話(第弑魑話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第06話(第髏苦話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第05話(第偽話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第04話(第死話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第03話(第惨話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第02話(第腐堕話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第01話(第遺血話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 屍鬼(藤崎竜)
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

屍鬼 第10話(第悼話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点

●屍鬼 第10話(第悼話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・とりあえず、自力で犯人捜しや真実を求める人向けの変体紳士レビューです。(何が言いたいのか
SIKI_SAMUNE_10_01.jpg

・犯罪心理学や、情報分析から10話を紐解いていこう。


●今回の重要なキーワードをまとめ


・夏野、吸血鬼の特性「招かれなければ入れない」を認識。
SIKI_SAMUNE_10_02.jpg

・吸血鬼達は「結城夏野」を恐れ、襲撃の対象とする。
SIKI_SAMUNE_10_03.jpg

・死んでも夏野を好きな清水恵。
SIKI_SAMUNE_10_04.jpg

・夏野を襲う親友の故・武藤徹。
SIKI_SAMUNE_10_05.jpg


・何故、武藤徹は結城夏野と家族とを天秤に掛けて、夏野を選んだか?。
SIKI_SAMUNE_10_06.jpg

・辰巳の脅迫で「家族か夏野」を殺すことを天秤に掛けられた徹。

・親友として徹は生前、夏野と一緒にいることを心地よく感じていた。


・夏野の魅力を理解しているのは「清水恵」と「武藤徹」と、「田中昭」くらいだろうか。

・夏野の独白どおりに、自分自身は人に好かれる人間ではないと吐露している。

・それに代表されるように「村迫正雄」などは夏野を毛嫌いしている。


・夏野を自分の手で殺したいという意味で「清水恵」と「武藤徹」は同一の感情を持っていた。


・清水が夏野に好意を寄せる意味と、武藤徹が夏のに好意を寄せる意味は「性別」という決定的な意味を棚に上げれば同じところにあると考える。

・それは「憧憬」である。


・じぶんに無い側面を、他者が持っているというアドバンテージに、純粋に「好ましく想う」。

・清水と武藤に共通する想いの「源泉」は同じである。


・村迫正雄は、同姓として自分にないアドバンテージを持つ夏野に「嫉妬していた」。

・それはそのまま「夏野への嫌悪」となるのだが、これは八つ当たりだろう。


・「憧憬」の気持ちの負の部分は「身近になりたい欲求」が発生することだろう。

・坂本竜馬を尊敬したキューバの革命家、チェ・ゲバラも竜馬のように生き、殺されることを折込積みででアフリカで死んだ。

・憧憬とは投影欲求である。


・女である清水恵は「夏野と恋人になりたかった」、武藤徹は「夏野の随一の親友になること」で解消しようとしていた。


・以前に武藤徹の心理を書いたが、徹は「自分に甘い」。

・夏野を襲うことを畏れ「泣くのも」その現れである。
SIKI_SAMUNE_10_08.jpg


・辰巳に命令されるまでもなく、本心では夏野の殺害及び「吸血鬼化」は歪んだ感情面はあったと推測される。

・それは、清水恵も内心ではその願望は強くあったことだろう。

・ちなみに夏野は徹に対して「憧憬」を抱いていることも今回のシーンで明確になっている。
SIKI_SAMUNE_10_07.jpg



●松尾静の心理

・幼女である彼女にとって、人間と吸血鬼に差異は無い。
SIKI_SAMUNE_10_09.jpg

・そこまで深く、人間や社会を掘り下げる前に吸血鬼になったからだ。

・しかし、吸血鬼及び桐敷家に対して従順なのは「仲間意識」が新鮮で憧れていたからだろう。

・彼女は幼稚園で浮きまくっていた存在だと仮定できる。

・浄瑠璃人形で遊ぶ彼女は、友達もなく異質として見られていた可能性が高い。

・だから、仲間という一括りでできた団結は素直に嬉しいのだ。

・たとえ、吸血鬼だとしても。
SIKI_SAMUNE_10_10.jpg



●ブログ内 屍鬼 リンク

・屍鬼 第10話(第悼話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点

・屍鬼 第09話(第柩話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点


・屍鬼 第08話(第夜話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第07話(第弑魑話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第06話(第髏苦話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第05話(第偽話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第04話(第死話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第03話(第惨話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第02話(第腐堕話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第01話(第遺血話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 屍鬼(藤崎竜)
genre : アニメ・コミック

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

屍鬼 第09話(第柩話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点

●屍鬼 第09話(第柩話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・とりあえず、自力で犯人捜しや真実を求める人向けの変体紳士レビューです。(何が言いたいのか
SIKI_SAMUNE_09_01.jpg

・犯罪心理学や、情報分析から09話を紐解いていこう。


●今回の重要なキーワードをまとめ


・室井清信の新作小説「屍鬼」。
SIKI_SAMUNE_09_02.jpg

・尾崎敏夫と室井清信で吸血鬼を考察。
SIKI_SAMUNE_09_03.jpg

・尾崎敏夫の母と妻お互い不仲で登場。
SIKI_SAMUNE_09_04.jpg

・尾崎敏夫と室井清信が吸血鬼の特性を故・安森奈緒で視認。
SIKI_SAMUNE_09_05.jpg

・尾崎を襲わないと指揮者に命令されていた「辰巳」。
SIKI_SAMUNE_09_06.jpg



・辰巳たち、吸血鬼の指揮者が何故、尾崎敏夫を狙わないのか?。

・これは、犯人の目的が「村掌握」であると以前推論したとおりならば理由は簡単だ。

・また、村掌握の目的の推論の裏づけにもなる発言ともいえる。


・まず犯人は「首謀者」と「指揮者」に上層部が位置し組織していると考られる。


・そして「尾崎敏夫」を後回しにしろと指示したのは「指揮者」である。

・そしてそれは、ドラッカーのマネジメント「経営学」的に言うとマネージャーに位置する。

・「首謀者」は吸血鬼の最初の一人であることが明白で、首謀者は人間のマネージャーに企画立案の遂行を命令したということだ。


・「首謀者」ははぼ「桐敷沙子」であることは明白だが、その理由は後日語る。


・以前も人間の協力者がいると言ったが、村掌握の企画を遂行するに「吸血鬼」では不可能なことは以前説いた。

・吸血鬼の指揮者=人間の権力者という図式だということ。

・マネージャーの最初の仕事は「分析」である。それはまず力関係から行なわれる。


・まず、外場村には3つの権威が存在する。

・「兼正(消失:現在桐敷家)、尾崎家(病院)、室井家(寺)」。

・権威と権力を最もバランスよく持ち合わせているのが「尾崎家」だ。


・ちなみに、権威では室井家のほうが強い。
SIKI_SAMUNE_09_07.jpg

・理由は「村の倫理を一定付ける宗教信仰の聖職者」だからだ。

・権威とはローマ法王とかノーベル賞を取った人とかに我々が生じる畏怖や神聖視観であり、尊敬対象の影響力を指す。(権力とは別物です


・まず、「権威」を攻撃するのは無策も良いところである。

・ゆえに、尾崎家及び室井家への攻撃を後回しにするのは定石に乗っ取っている。


・「権威」とは「村の尊敬を受け村人に倫理(ルール)と安心と団結の焦点」をもたらす存在である。

・そんなところが、襲撃及び、死者でも出ようものなら村は混乱する。

・解りやすく言えば、今日皇居が何者かに爆破されたら、日本人の動揺と混乱と、そして敵に対する敵愾心はとてつもなく高まるだろう。


・「権威を先に潰す」とは、それに依る人々を怒りや敵意を強化させてしまう。
SIKI_SAMUNE_09_08.jpg

・自分達の生活の輪を壊す外敵を「定義」させてしまう。

・外堀から攻撃し、権威者を孤立化させるのが、戦争(武力紛争法規定内)や外場村の掌握でも定石である。



●辰巳の心理

・ワイルドな性格が顕になった桐敷家使用人の辰巳。
SIKI_SAMUNE_09_09.jpg

・村迫正雄の件でも、尾崎の件でもそのドSっぷりが彼の持ち味である。

・桐敷家の武闘派と、実行グループのリーダーとして優れた能力を発揮する。
SIKI_SAMUNE_09_10.jpg

・彼は吸血鬼という弱き種を守ろうとしている。

・実際、彼は日中でも吸血鬼の能力を有しその行動力も性格も完成されていて、一人で生きていける。

・そんな彼がなぜ、吸血鬼を護ろうとしているのか?。


・桐敷沙子の眷属で命令を遵守しなければいけないからか?。

・おそらく、違うだろう。

・吸血鬼になる前の彼は、コミニケーション能力に弱く社会的に地位や立場が低い人物だったと考えられる。

・辰巳が吸血鬼としても特殊で超人的身体能力を経た現在、それを仲間である吸血鬼たちに貢献しようとしている。

・それは、他者の痛みをよく理解し、生真面目で義理堅い優しい人物だからだ。

・しかし、彼の優しさは護るもののためなら”暴力””殺し”もいとわない。


・恩人のためなら彼は優しさで、恩人の障害となるものを平気で壊す。


・もし、吸血鬼になる前からこの非道で暴力的性格ならば、すでに吸血鬼達や沙子を捨てているといっていい。

・だから辰巳は優しい人物なのだ。
SIKI_SAMUNE_09_11.jpg





●ブログ内 屍鬼 リンク

・屍鬼 第09話(第柩話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点


・屍鬼 第08話(第夜話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第07話(第弑魑話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第06話(第髏苦話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第05話(第偽話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第04話(第死話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第03話(第惨話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。

・屍鬼 第02話(第腐堕話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


・屍鬼 第01話(第遺血話)名探偵になったつもりで屍鬼を見るぜ!視点。


拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 屍鬼(藤崎竜)
genre : アニメ・コミック

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。