拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

-Saki-咲 第十七局

実力を見せつける衣になすすべ無しの咲達
既に決勝の半分が過ぎてしまったわけですが・・。
それぞれ百合タイムで充電中


※マンガ原作を読んでアニメを見ております。
アニメのみ見ている方は先のネタバレが混じる
可能性があるのでご注意ください。
なお、書いている人間は麻雀の知識がほぼありません。
(ゲームの麻雀を少しとアニメのアカギを見ていた程度)


悠然と歩き去る衣とふさぎこむ池田の
対比がなんとも悲しげ

saki17_002L2.jpg



saki17_005B3.jpg「お、おトイレ行ってきます」

ゆみさんに
ことわりを入れるように咲は
トイレへ
(じかに勝負に
 関係無い感じですが
 いろいろ演出上
 やりたいところが
 あるのでしょうか)

逆にゆみさんは
一番落ち着いてます。


で、清澄サイド
和さんがたまらず咲の所へ

様子を見て本調子でないことが
わかった和さんに関心する京太郎
少し鈍感・・

更に優希の
「貴様も私の一挙手一投足が
 気になって夜も眠れないだろう」


「いや、全然」
だからダメなんだって




saki17_019B3.jpg風越の美穂子さん
休憩中は来ないでと
言われてましたが
池田を心配してきてます

いいシーンなのですが
中継されてました・・
何だが覗き見気分

そんな様子を見ていた
ゆみさんにも
桃子が差し入れ

予想以上の衣の実力に
少し弱気なゆみさん
(桃子の前だから
 本音が出てる?)

「戦いが進むにつれ
 お前に大将を譲っておけば
 と考えてしまう
 モモなら何とか
 なったんじゃないかと・・
 私は、大将戦を戦う器ではない
 かもしれない・・」


元気づける桃子に
笑って返すゆみさん
素でカッコイイ・・罪な人です。

 


saki17_032B2.jpg今度は衣、
自販機前で地味に休憩
(藤田プロとの会話が
 演出上必要だったのでしょうが

 龍門渕の誰かが一緒に
 居てあげても
 よいかなと思います
 
 衣の孤独な感じが出ててる
 ともとれますが・・)

「お前さ、そろそろ
 麻雀打てよ」


「いま、うってるよ」

「お前のは打ってるんじゃない
 打たされてるんだ」




saki17_043B4.jpgいきなり身体的特徴が
大写しの和さん
咲を捜索中
(本調子でないことは
 わかっても
 震えていた理由までは
 わからなかった様子)
 
久しぶりに
強い口調の和さん
(赤面しているより
 こっちの方がいい感じ)

今までの自信のあった
咲を思い出させてます。

「あのときのあなたは
 中学生大会のチャンピオンだった
 私のプライドを粉々にしたんですよ」



「私達、約束しましたよね」
だいぶ必死です。


結局、休憩中トイレに
行けずですが
行けなかった理由が
「ずっと原村さんの
 試合を見てたから」

では、誤魔化すしかないですね。

やっぱりこの2人の
百合展開にはだれも勝てない
(鶴賀の描写はアニメでの
 追加なので
 いい感じに比べて見る
 感じになったわけですが・・)





saki17_064B2.jpg美穂子さんと入れ違えに
戻ってくるゆみさんと桃子
「先輩・・
 この戦いが終わったら・・」

で消えてしまう桃子
(彼女達には『試合』ではなく
 『戦い』なのですね
 麻雀が題材なので
 構造はバトル物ですし)

休憩終了で後半戦開始

イメージで自信に満ちていた
自分を取り戻す咲








saki17_073B4.jpg池田の親
なのでここで稼ぐと
意気込んでますが

衣はノッているようで
早くも卓上は浸水中

誰も止めることができず
3回目のハイテイ

解説席では
異常さを語る藤田プロ
「天江以外の3人が牌牌とツモを
 全て合せても国士無双以外では
 聴牌できない」


解説は真面目ですが
何杯目ですか、そのどんぶり

(気をつけろ
 そいつはまだ生きている)


藤田プロの言葉を
多少気に止めていた衣
振り払うようにアレな雰囲気に

(衣が「麻雀を打たされている」だって?
 鳥滸言を!衣は今、比の時
 現に此所で打っているではないか
 ならば見せてやろう、闇の現)
 

言ったはなから池田にロン

更にもう一度ロン
「7700の一本場は
 8000」





saki17_111B3.jpg(まずいな風越が危うすぎる
 このままでは搾り取られるぞ)


ゆみさんのそんな心配が
さっそく的中して

「ロン、ダブ東ドラ2
 12000の2本場は12600」


完全、池田を狙い撃ち
手を安くしたことにいぶかしむ
ゆみさんに

「塵芥共、点数を見よ
 嗚呼汝等に生路無し!」


風越0点ジャスト
これでリーチもできず
清澄、鶴賀共にツモ和了を
封じられる、もちろん咲のリンシャンも









saki17_143B4.jpg龍門渕は衣の
演出に嘆いたり関心したり

清澄ではいろいろ
対策を考えてますが
和さんは咲の笑っていた
感じを気になってます。


卓では完全に沈んだ
池田と向かいで
表情の読めない咲

池田はここに来て
聴牌した牌を
自嘲気味に見つめるのみ

和了できないことを
わかっていて牌をきる衣
それを咲がポン

更に静かに
一巡したところで咲はカン

咲は和了れる状況ですが
更にカン

すかさず、池田がチャンカン
「はい」と気軽に点棒を出す咲
完全な確信犯

(清澄のリンシャン使い
 今のを故意にやってのけたのか?)


衣に走る戦慄、というところで終了
次回から反撃、それとも
原作ベースだと回想?
とりあえず
池田はもう一段ギアが上がります。



●当blog内 -Saki-咲リンク ●

咲-Saki- 原作 6巻 レビュー(ネタバレあり)

-Saki-咲 第十六局 「結託」
-Saki-咲 第十五局 「魔物」
-Saki-咲 第十四局 「存在」
-Saki-咲 第十三局 「微熱」
-Saki-咲 第十二局 「目醒め」
-Saki-咲 第十一局 「悪戯」    -Saki-咲 第11話 「悪戯」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第十局 「初心者」   -Saki-咲 第10話 「初心者」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第九局 「開眼」     -Saki-咲 第09話 「開眼」(池田ファン視点)
-Saki-咲 第八局 「前夜」
-Saki-咲 第七局 「伝統」
-Saki-咲 第六局 「開幕」
-Saki-咲 第五局 「合宿」
-Saki-咲 第四局 「翻弄」
-Saki-咲 第三局 「対立」
-Saki-咲 第一局 「出会い」
スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 第17話「悪夢」

咲-Saki- 第17話「悪夢」 約束 前半戦が終わり、5分間の休憩。美穂子は「泣いてしまうかもしれないから」と池田から来ないように言われていたが心配で池田の傍に。 加治木ゆみはモモとのひと時。弱気になっていた自分を励ましてくれたモモに感謝すると、モモは真っ赤に

咲-Saki- 第17話「悪夢」

自信に満ちた、こんな咲を待っていた

咲 -Saki-

 第17話 「悪夢」  公式ホームページからあらすじ・・・  天江衣の圧倒的な強さで前半戦が終了。他校を寄せ付けない点差を稼ぎ、独走状...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。