拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

原作既読で『君に届け』エピソード2

●企画として君に届け携帯動画待ち受けもあります。
君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)←欲しい方はこちらへ。




kimitodo2_152B2.jpg風早くんのおかげで変わり始めた爽子
夏休みはあっという間に終わって2学期です。


雨の日、捨て犬と対面する爽子

「いい人に拾われるといいね」 
傘をそっと置いてそのまま登校

本人いわく、
動物に怯えられるらしい
人の場合は噂や思い込みが主な原因ですが
動物は・・
直感で爽子に何か感じるものでもあるのかなと








kimitodo2_156B4.jpg終業式のクラスでの騒ぎは
爽子の公開失恋ということに
なってるらしいですが

そんな噂をしている女子に
「おはよう~」
爽子的にはいい感じの挨拶だったらしい
(こう、少し首をかしげているあたりが・・)

やっぱり普通に怖いですが・・

(そっか、急に声かけたりしたから
 ビックリさせちゃってゴメンネ)


いや、そういう問題ではなく
(カミナリで
 傘を置いていった捨て犬を心配するあたり
 けして気配りができないわけではいんですが
 どこか面白い方向にズレている)

(人と接するのは難しくて
 なかなかうまくできないけど

 それでも
 なんとか壁を壊していけたらな)


風早くんもずぶ濡れ
ですが、爽子と違って人が集まる
(それを見て
 『わたしもがんばろう』になる
 爽子はやっぱりいい子だと思います)









kimitodo2_164B3.jpgで、普通に挨拶する風早くん
「おはよ!」
イケメンっぷりは雨にも負けません

(あれからも
 普通に話しかけてくれるなんて
 やっぱりいいひと)


二人にとっては和やかな時間ですが

「うわっ風早、気ーつかってんなぁ」
というのが周りの認識のようです。





















kimitodo2_168B4.jpg(着替え?

そっか、ジャージとかあれば
こういう事態に対応できるんだ)

そういう自分にとってのリスクを考えず
動くのが爽子らしい
たぶん、ジャージがあっても別の用途で
誰かに貸してあげようとしたりするのでしょうけど


風早くんの声かけで
千鶴にジャージを借りることに
(このときの千鶴のラーメントークは
 原作でも特に意味は無く
『あんた将来ラーメンになりなよ
 絶対向いてるから』

 とあやねの皮肉ったツッコミがあるのみ)


『吉田専用ロッカー』からボロボロのジャージと
風早くんからタオル
「ハンカチじゃおっつかないっしょ?」
さすがイケメンです

(嬉しい同級生に
 物を貸してもらえるなんて

 何かお礼したいな)

お地蔵さんに間違われながら
着替え完了の爽子

(やっぱり風早くんは憧れで
 尊敬する人です)


















kimitodo2_036B2.jpg「風早、あんまり気にしすぎんなって~
 貞子、貞子
 いくら振って後味悪いからってさぁ~」


「ふってないよ」

「えっまさか、おまえ
 オッケーしたの!?」


「・・・そんなんじゃねんだよ」



で、回想で前回の名シーンの後へ









kimitodo2_039B4.jpg「おれ、期待しちゃってもいいんだよね?
 夏休みも黒沼に会えるって」


「・・・夏休み
 講習で風早くんにも会えるの・・・?」


「・・・・えっ?」

「講習で会っても避けないでいてくれるんだね」

「く、くろぬま?」

「わたし、風早くんみたいな人になりたくて
 ずっと憧れてて今は
 尊敬する気持ちが
 すごく、すごく大きいよ

 この気持ちはきっと
 ずっとかわらない


(「惹かれた」って
 尊敬とかそういう・・・!?
 俺、すげーうぬぼれてた)

原作では「尊敬とか」の前に
「恋愛感情じゃなくて」がストレートに入ってます
あえて言葉にしない方がそれらしい感じ
(更にこの回想と回想あけの風早くんが
 少年って感じで妙にかわいすぎる)











kimitodo2_048B2.jpg「ふるとか
 ふらないとかじゃないんだ
 別にそーいうんじゃないから」


「何?全然わかんねんだけど」

「わかってないのは
 俺の方だったんだ・・・」


「イヤ、オレの方が
 わかんねーよ」



(あとであやねも話してますが
 爽子は自分の感情に
 にぶくなっている部分がある
 そういった面が一番よくでている所)
 






kimitodo2_050B3.jpg迷惑がられるって
そんな事しか考えてなかった私に
風早くんはふる形をとるんじゃなく
やさしくさとしてくれた


(ここでも原作だと
『気のない私にまで
 やさしくさとしてくれた』なのですが、

『気のない私に』と考えるほど
恋愛としてまだ意識はしていないので
入れていないというったところでしょう
爽子自身はあくまで『尊敬の気持ち』です)


「爽子の恩返し」
「あんた物に釣られやすすぎ」
朝のお礼をでシューズを机に置いていく爽子

あやねと千鶴はクラスメイトから聞いて
すぐわかりましたが
風早くんは直接確認









kimitodo2_05B3.jpg「言えよなぁ・・
 誰からかわかんないし」


「ご、ごめんなさい・・・・・!?」

「よかったぁ黒沼で・・
 違ってたらどーしようかと思った
 俺、ちょっと考えなしなとこあるし
 タオルもやりすぎたかなって
 思ってたんだよ」


髪をあげた爽子もいい感じですが
風早くんも照れすぎです

で、爽子の持っている牛乳から
(ドス濃い牛乳って・・・)
河原の捨て犬見学へ













kimitodo2_072B4.jpg「そっか、この傘黒沼のだったのかぁ
 そんでずぶぬれだったんだ」


「お恥ずかしい・・・」

傘の名前が『くろぬまさわこ』とひらがな
小学校の時からのものだそうですが
そうやって長く使ってきた物を
捨て犬の雨除けに置いていけるあたり
やっぱりやさしい子です

話は弾んでますが、
爽子を見たとたん吼える捨て犬
「大丈夫、免疫ついてるんで」

「・・免疫?」

昔から動物と子供には怯えられているという爽子
捨てられた子犬だとダブルでアウトな感じ

「そうだ
 犬って飼い主と仲いーとこ見せると
 懐くっていわない?」


そう言って真隣で子犬に
仲良しのアピール
「ほらっ仲良しだよー」 

(風早くんは いつもこんな感じ
 壁がないんだ 誰に対しても
 だからみんなすきなるの

 人も犬も一緒かな
 私もみんなとの間にあるぶ厚い壁を
 壊していきたいちょっとずつでも


「私・・・
 みんなと仲良くなりたい・・・
 がんばるよ・・」


「おう、がんばれ」
爽子の決意に力強く応える風早くん
自分の気持ちが先行していても
やさしく見守ることにしたようです。


kimitodo2_088B2.jpg帰り際に
「あ、あの迷惑じゃなかたら
 また会わせてくれるかな!」


「・・なんだよ、犬だけ?俺は?」
「もちろん風早くんも!もちろん」

ちょっと意地悪な風早くんもまた面白い

「ならオッケー」













kimitodo2_090B3.jpg(昨日のお礼渡すの放課後にしようかな
 あーでも食べてくれるかなぁ手作りだしなぁ
 張り切りすぎたかぁ
 
 なんか変な汗出てきた
 こういうの断られるのも
 結構免疫あったはず)


爽子らしい精神安定の仕方ですが
少し悲しすぎる

そんなことを考えるうちに
クラスが分かれての授業
(爽子とあやねは応用クラス
 風早くんは標準クラス、千鶴は基礎クラス
 これだけみると
 応用クラスは高度な授業っぽい
 あやねも勉強できるのかな)


いつもと別の席に移動する爽子

そこへ爽子の席と聞いて躊躇している
他のクラスの女子に声をかける





kimitodo2_098B2.jpg「あの~
 大丈夫だよ、汚くないし
 す、座っても何も起こらないよ
 わたしそんな力ないよ
 
 それに
 わたし霊感とかもないから」


顔を上げてみたら
そこには誰もいない

(次が・・次があるよ)
そい自分に言い聞かせながら
自分の席に座る爽子

そして、その一部始終を見ていたあやね







kimitodo2_102B4.jpgHRは席替えだそうで
具合のわるそうな担任は
言うだけ言って退出

夏休みに入ってから
調子が悪くなったらしい先生
クラスは
(夏休み爽子に雑用押し付けたから)
張り詰めた空気に

(席替えか~今度こそ
 隣の子と仲良くなれるといいな)


と、マイペースの爽子ですが
席を決めるくじに手を伸ばすと

(気のせいかな
 みんなの視線が熱いのは・・)


(貞子の前後左右斜めになりませんように)
クラスのメンバーもある意味必死です

風早くんは案の定こういうときも人気者

爽子は前の席を嫌がっている人に
変わってあげようとして断られて
周りから警戒されることに・・

「前、隣、後ろは何番だ」
「12、19、25!」
「特に19番は要注意だ、真隣だぞ」







kimitodo2_111B4_20091020085936.jpg(へ、へこむな~
 全部聞こえてるよ~)

 
ここまでくるとイジメと変わらない気がします

(でも、まあしょうがない 
 『この席になれて嬉しい』って
 いつか誰かと言えたらな)


「19の人
 とっかえて!」


困ったときの王子さま
ということで風早くんのイケメンタイム

「やったあ
 黒沼の隣だ!」



「・・・返すわ、コレ」
引きかけたくじを投げて
あやねは12番の席へ


「吉田、次くじ」
「いや、必要ないわ」
義理人情仁義の女、千鶴も
席を移動しようとしますが・・
















kimitodo2_121B5.jpg「ん、なんかようか?」
爽子に負けないマイペースっぷりの龍くん

「どきな、龍!」
「やだ」
「あんた関係ないじゃん」
「おれ、この席、窓際一番後ろ」
くじで当たったのであれば
さすがに黙るしかなく
千鶴はしぶしぶあやねの隣へ

「あの・・・
 昨日のお礼に・・クッキーを
 良かったら・・」

たぶん、どう言っていいかわからなかったのでしょう
今のお礼を言う前に
昨日のお礼をするあたり律儀だ

クッキーを口にする3人
「・・・腹減った」
「さっき昼飯くったじゃん」
「腹減った」
プラス龍くん

「わたし・・・この席になれて・・・
 ・・・嬉しい
 心から・・・嬉しい」




















kimitodo2_139B4.jpg放課後の帰り道
徒歩で帰る爽子の後を
自転車で追いかける風早くん

「黒沼!
 お、泣いてなかった」


「お、お見苦しいところを・・・」

「そっか、見苦しいんだ」
色が付いたおかげで
すごく印象的なシーンに変わった気がします
夕日に笑う少年と見とれる女の子
絵になる光景ですが・・・

それを見ていた
女子の中に胡桃沢梅
役者がそろってきました


(憧れも尊敬も
 それは今でも変わらない
 
 だけど
 いったいいつからだったのかな
 憧れも尊敬も飛び越えて
 
 生まれてしまったもっともっと大きな
 大好きな気持ちは)



最後は少年に笑い返す少女というところで
エピソード2の終了

爽子の思いの変化とともに
その周辺も少しづつ騒がしくなっていきます




●blog内 <君に届け>関連リンク

君に届け 携帯待受け動画( 黒沼爽子 -姫百合-)


原作既読で『君に届け』エピソード1

スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 君に届け
genre : アニメ・コミック

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君に届け 第02話「席替え」

暖かい気持ちにさせてくれる・・・そんな作品ですね

君に届け #02 席替え

怖がられ疎まれる爽子の日常。 そんな日々からの第一歩を踏み出せるか?

君に届け 第2話「席替え」

「嬉しい気持ち」

君に届け 第2話「席替え」

イケメンは雨に濡れても爽やか! 風早くんは何やっても爽やかすぎです(*⊃ω⊂*) 爽子はやっぱりズレてるけど、風早くんも多少天然なんです...

『君に届け』#2「席替え」

「私の壁は、風早くんの間には感じないんだよ」 笑顔。 罰ゲームを避けるために皆の前で誤解を解いた爽子だったが、 周りはそれを爽子の公...

君に届け #2 「席替え」

掃除道具入れ(?)ロッカー=吉田さん専用私物ロッカーになってる!? しかし、カビ臭ジャージを貸すのもある意味イジメなのでは(笑) ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。