拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

とある科学の超電磁砲 第10話 <サイレント・マジョリティ>( 変態紳士視点 )

木本 のコピー03
●<サイレント・マジョリティ>イメージラフを描いてみた
※絵の説明は変体紳士視点(感想)の後に記載


「どうしよう・・・能力だ」
LALUGUN_10_01.jpg

「白井さんや御坂さんと比べたらささやかな力だけど」
LALUGUN_10_02.jpg
「あたし能力者になったんだ!」

・レベルアッパーを手に入れた無能力者の左天さん。

・憧れの自分だけの能力を目の当たりにします。

・左天さんは無能力ですが、潜在的に風操作系の能力が存在していたようです。

・つまり、学園都市のカリキュラムを受ければ根幹の能力は必ず開花するようです。

・問題は、本気で努力するか、あきらめるかで能力獲得の道が決まるようです。

・とまぁ、今回こそギャクパートで変体紳士視点やろうとしたのですが。

・放送直前で同じアニメブロガーのヨークさんとのコメントでの会話と、本編が少し気になる内容になったので今回は「才能とはなにか?」を今回のレールガンで考察してみる。



●才能とは何か? 才能への渇望は何故皆起きるのかを考察する。


「私はさ目の前にハードル置かれたら飛び越えないと気がすまない性質だから」
LALUGUN_10_03.jpg

「レベル5(超能力者)もその結果なだけで、別にすごいとも思わなかった」
LALUGUN_10_04.jpg
「でも、ハードルの前で立ち止まっちゃう人も居るんだよね」

「そういう人が居るって、考えたこともなかった」
LALUGUN_10_06.jpg

「レベルなんてどうでもいいなんて無神経な話だよね」


・このシーンは、左天さんが無能力者ゆえにレベルアッパーの魅力に取り付かれた理由を、レベル5の御坂美琴さんが左天さんの気持ちをある程度、理解し自分の無責任な発言で傷つけていたことを反省するシーン。

・基本的に、レベル5の美琴さんが悪いわけでもなく、無能力者の左天さんも悪くは無い。

・結論は簡単で、無能力者をターゲットにしたレベルアッパーの製作者が最大の悪といえるが、その件は割愛する。
LALUGUN_10_10.jpg

・人は子供のころ夢を見ます、それは将来何になるかとか、番組で見たヒーローになりたいとか。

・才能を渇望する心理は、このときに育まれますが、本来は母親の胎内に居るときにすでに脳はそのように組みあがっているのです。

・息を吸う、食事を食べる、匂いをかぐなどの機能は、特殊な赤子を除けば付いてくる能力です。

・健康優良児として生まれた人たちは、自分だけの現実「パーソナルリアリティー」を手に入れようとし始めます。

・私がここで話す「パーソナルリアリティー」の前提は、自分の潜在能力に妄想を駆け巡らせ、未来の希望に満ちる幼少期~高校生までの事を指します。

・だれもが、経験するはずです。この「理想の自分への妄想」を。

・つまり、「才能の渇望は誰しも経験している」わけです。
LALUGUN_10_11.jpg

・では才能や天才などをここである程度定義します。

・そうしないと、皆が持つ天才や才能のイメージが共通認識が取れないからです。

・定義をしなければならないほど、皆が持つ「天才」「才能」のイメージは100人100色だと言うことです。



●「天才」「才能」のイメージが違うのはなぜか?

・まずここで定義します。

・1:才能:これは全ての人間が持っているものと言うことを定義。

・2:天才:これは社会適応不全になるほど、一つの道を極めようとする人物。そしてサバン症候群。


・おそらく、才能の定義に関しては反発が多いでしょう。

・なぜならば、才能があるモノとして信じて頑張ったのに、挫折した経験を持っている人だからだ。


・つまり、このレールガンでは「左天さん寄りの見方をした人たちだ」
LALUGUN_10_07.jpg

・そして、才能の定義に関して反発を生むどころか、当たり前だと言う人もかなり居るだろう。

・つまり、挫折が当たり前なんだから、負けず嫌いで乗り越えてしまい様々な技能を身につけてしまった人たちだ。

・この場合は「御坂美琴さん寄りの見方をした人たちだ」
LALUGUN_10_09.jpg


・無論、レールガンの今回のお話で、御坂美琴が言ったように「ハードルを飛び越せないでうずくまる人もいる」。

・精神的に強いものと弱いものの差なのかというと、50%は正解だ。

・あとの50%は、本当に得手不得手だったと言う結論もあるからだ。

・つまり、やりたいサッカーで10%の才能しか出せなかったが、苦手だと思っていた野球のほうが50%くらい才能が出た場合である。

・苦手意識の中に、本来は最も自分自身に適した才能を出せる場所がある。

・それを探すのは、自分との対話で見つけるしかない。

・過去振り返って、他の人は何故こんなことが出来ないのかな?と言う経験はしたことがあるだろう。

・一般的にはばかられる反倫理や悪意の才能を含めれば、無い人はいないはずです



●挫折の心理学

・人間が弱くなるのは、一重に「挫折経験」によるトラウマが原因である。

・この世に挫折をしたことが無いという人間は居ないだろう。

・体育会系の部活に入って、自分よりもすごい人物を目の当たりにして馬鹿らしくなって部活を辞めたり。

・幼少期も、駆けっこで何度も負けで自分はもう皆と走りたくないと言うこともある。

・挫折は、本来いつ襲ってくるかわからない外的要素である。

・よって、社会人になってまで頑張って働いていても「挫折」から逃げることは出来ない。
LALUGUN_10_08.jpg

・そして挫折のたびに「逃避行為」を行い続けると「自分の才能を一切信じなくなる」。

・挫折は決して「ネガティブ」な言葉ではない。

・御坂美琴のように、具体的に見える「壁」として目標へのわかりやすい道標とイメージする人も居る。

・挫折を繰り返し、壁を乗り越え続けるものは性格的に「逃避行為」は発生せず、「真っ向勝負」を信念におく傾向がある。

・オリンピックメダリストや大物芸人は一貫してこのタイプが多い。



●パーソナルリアリティー・自分だけの現実 「挫折」で「逃避する者」「乗り越える者」

・実際は「逃避」も「乗り越えるもの」も善悪は無い。

・どちらを選ぼうが当然その人の自由だ。

・善悪が無いのは、人格においての影響はさほどないからだ。


・今回のように、初春が左天さんを想い、美琴が左天さんを想い友人として絆を確かめる行いに、「逃げる物」も「乗り越えるもの」も無い。

・能力が高いものに、「嫉妬や憧憬」はあるだろうが、それは「乗り越えるもの」への尊敬の念だ。

・そして「乗り越えるもの」にとって「能力を開花できないもの」には勇気や希望、優しさを与えることが出来る。


●レールガン10話とはどんなお話だったのか? 今回の才能視点において

・才能とは、積み重ねでしか手に入らないし近道は無い。

・だからといってすごい技能のある人を、才能の一言でかたづけるのはおかしいと言うこと。

・そして、「乗り越えるもの」が「挫折から逃避」した者の存在を常に忘れてはいけないというお話でした。
LALUGUN_10_12.jpg


木本 のコピー03
●<サイレント・マジョリティ>イメージラフを描いてみた
※絵の説明は変体紳士視点(感想)の後に記載


●今回は木山さん描きました

・木山さん好きなんだけど、さすがに深夜、視聴して絵描いてから感想記事にキャプ張りなんかしていると色々失敗はあります。

・冬コミ受かって、同人ゲーム製作中と言うのもあるので、この程度ですね今回は。






●blog内 関連リンク

とある科学の超電磁砲 第10話 <サイレント・マジョリティ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第09話 <マジョリティ・リポート>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第08話 <幻想御手<レベルアッパー>>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第07話 <能力とちから>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第06話 <こういうことにはみんな積極的なんですよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第05話 <とある二人の新人研修>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第04話 <都市伝説>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第03話 <ねらわれた常盤台>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第02話 <炎天下の作業には水分補給が必要ですのよ>( 変態紳士視点 )
とある科学の超電磁砲 第01話 <電撃使い-エレクトロマスター->( 変態紳士視点 )

とある魔術の禁書目録 #21 「正体不明:カウンターストップ」
とある魔術の禁書目録 #20 「最終信号:ウィルス・コード」
とある魔術の禁書目録 #19 「打ち止め:ラストオーダー」
とある魔術の禁書目録 #18
とある魔術の禁書目録 #17 「大天使」
とある魔術の禁書目録 #16 「父親」
とある魔術の禁書目録 #15 「御使堕し」

スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : とある科学の超電磁砲
genre : アニメ・コミック

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある科学の超電磁砲 #10

【サイレント・マジョリティ】 とある科学の超電磁砲 第6巻 <初回限定版> [Blu-ray]出演:豊崎愛生販売元:ジェネオン・ユニバーサル発売日:2010-06-25クチコミを見る あたし能力者になったんだ! 

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

★★★★★★★★☆☆(8) 脳波のネットワークですか。 個々のスペックは大したことなくてもネットワークを介することで 性能以上の機能...

とある科学の超電磁砲 第10話 サイレント・マジョリティ

私、能力者になったんだ おめでとう、と言いたいところだが ん~でも幻想御手(レベルアッパー)使っちゃったからなぁ・・・ 善意の情報提...

とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』

こんなときぐらい、        おねーさまに頼んなさい? ということで、第10話もとい♯10の感想です。 今回は、佐天さんと初春の電...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 

アバンでレベルアッパー使っちゃっててびっくり。 …使えば確実に能力が上がるだけに、1度使ったらやめられない… まさに麻薬と同じですね。 その副作用?は突然の昏倒…お友だちを巻き込んじゃった佐天さんは初春ちゃんにSOSを… …ここで初春がちゃんと佐天の...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

幻想御手をとうとう使ってしまった左天とそのお友達。 手に入れた力は中々手放せない。 左天とそのフレンズたちの運命や如何に!? 音楽ソフトで能力を上げるのは難しい。By木山 でもテスタメントなら…。 幻想御手でいい気になる輩が増加中。 黒子が、黒子が日々...

とある科学の超電磁砲 第10話

[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#10 サイレント・マジョリティレベルアッパーを使用した佐天初めての能力に喜ぶ佐天だが…一方レベルアッパーを見つけたことでさっそく木山に報告...

とある科学の超電磁砲 #10

Amazon.co.jp ウィジェット さてんさーーーーーん!!! が、ログアウトしました。m(_ _)m それと、第4波動ネタはもうあきました。 レベルアッパーの副作用(?)で意識不明の状態になりました。 さてんとういはるのやりとり。 不覚にも・・・・、 なんか作画滲..

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

 佐天さんは欠陥品なんかじゃありません!  その佐天は冒頭において、能力を持った喜びに震えています。  この表情から、いかに佐天が...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。 増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその...

■とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

 涙子の願いは叶えられ、その代償として、お友達と共に、昏睡状態に入ってしまいました。  それでも涙子は、飾利に言葉を届けることが出来たから、まだ幸運だったと思う

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

リアルゲコ太登場! カエル顔だったんですねw そう言われると、かわいい気がしてくるかも(*´∀`*) 上条さんは今なにしてるのかなぁ。。 ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

佐天が能力者になった日。 科学都市において能力者はごく当たり前の存在です。 言いかえれば能力が使えて当然なわけです。 レベルによ...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

「佐天さんは私の親友なんだから…」  佐天さんを励ます初春は凄くよかったです。

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに手にした力--------------------!!佐天の気持ちは分かる。目の前であんなすごい能力を使った戦いを見せつけられたら、黒子たちとはもう次元が違う世界なんだって想い知らされてしまうわけで・・・。レベル0の自分と、能力を生かして戦うジャッジメントの黒子。そ...

アニメ とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

『幻想御手』を利用する者。 そして犠牲となる者。 物語は一つの真実に迫っていく・・・。 ネタバレありです。

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 涙子は誘惑に勝てず、幻想御手(レベルアッパー)に手を出して...

とある科学の超電磁砲第10話『サイレント・マジョリティ』感想

不覚にも泣いてしまった、、、、というかかなり良いお話でした。博士がカエルに似てるってところもねレベルアッパーを同じレベル0仲間と使用する佐天。みんな能力者になれた事を喜ぶも使用した仲間が倒れ、昏睡状態になってしまう事態に、、、自分の気持ちを初春に吐露する

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 の感想

とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)冬川 基 アスキー・メディアワークス 2008-06-10売り上げランキング : おすす...

とある科学の超電磁砲 10話『サイレント・マジョリティ』

レベルアッパーを使うことによって能力が開花した涙子。 まずそのことを喜ぶはいいが、今後が不安だ……

(アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 

とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]クチコミを見る 売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその解析を依頼するが、聴覚からの刺激だけで能力の

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

能力への憧れからレベルアッパーを使用した佐天。 得られらのは、ささやかな能力。 しかしその代償に佐天も倒れてしまい…。 初春は佐天た...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

佐天の立場になって物事を考えられなかった自分を悔やむ美琴ちゃん。過去を顧み何が悪かったのか思案して悔い改める。極端な自己中心的考えの持ち主である上条君では絶対に行わない行為ですねw 

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

能力を覚醒&増幅する音楽ソフト、幻想御手(レベルアッパー)を偶然手に入れてしまった佐天。 初春達に自慢するつもりがタイミングなどのせ...

けんぷファー 第10話 『Falle~ひと夏の経験~』(感想)

やっぱ会長最高ですw 可愛すぎます♪ 謎が徐々に明らかになってきましたが、楓が黒

とある科学の超電磁砲 #10 『サイレント・マジョリティ』(感想)

反省した美琴に蕩れ♪ ちょっと思いやり欠け無神経だった自分に悔いる美琴に萌えたw

とある科学の超電磁砲 10話 『サイレント・マジョリティ』

使ってしまったか・・・ あれだけレベルアッパーに接近していた佐天。 やはりこの状況で使うなという方が無理なのか…。 それでもやっ...

『とある科学の超電磁砲』#10「サイレント・マジョリティ」

「レベル0って、欠陥品なのかな?」 後悔と罪悪感 レベルアッパーが音楽ソフトだとわかったものの、 それを使った犯行があとを絶たず、黒...

とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ

「能力者である事を求められる学園都市の非力な生徒達。彼女らを待ち受ける未来は…?」「とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ」「黒子とイカれた能力者との戦いから数日後、幻想御手・レベルアッパーの被害者は増える一方だった」「学園都市で脳を学習装...

とある科学の超電磁砲 10話「サイレント・マジョリティ」

佐天はレベルアッパーを使っちゃったか・・・  とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

あー、結局レベルアッパー使っちゃったのね、 佐天さん。

とある科学の超電磁砲 #10 サイレント・マジョリティ

禁断の木の実に手を出してしまった佐天さん。 歓喜から後悔、そして漆黒の闇へ。

「とある科学の超電磁砲」10話 サイレント・マジョリティ

佐天はレベルアッパーを使ってしまったのか…。 あの力の発動からすると能力は普通にサイコキネシスでよさそう? レベルアッパーを麻薬のよ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 佐天が友人と共に手に入れた力。些細な力だが佐天にとってはそれがたまらなく嬉しかった・・・佐天は風使いだったんですね。 幻想御手の謎 聴くだけで能力が上がるというレベルアッパー。それを利用して暴れ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに使ってしまったレベルアッパー・・・・ 佐天はレベルアッパーを使い手に入れた能力 それは手の上でコノ葉が舞うぐらい微々たるもの しかしそれでもその能力に喜ぶ佐天 と初春たちジャッジメントもレベルアッパーの出所をキャッチ 早速、ダウンロードし木山に

とある科学の超電磁砲 第10話

ついにレベルアッパーの原理、そして黒幕が登場。

とある科学の超電磁砲 第10話 レベルアッパーで佐天も遂に能力開花!

■第10話 サイレント・マジョリティ レベルアッパーで佐天の能力が遂に開花! と、けっしてぬか喜び出来ないアバンから始まった今...

とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想

レベルアッパーを作ってばら撒いた、木山の目的は何なのか。とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 の感想です。 ...

とある科学の超電磁砲 10話 「サイレント・マジョリティ」 感想。

今話は初春の優しさと頼もしさが伝心…(;д;) 友達思いでめちゃいい子ですね。 泣きはしませんでしたけど、↑の描写ウルっときましたw...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

今週も始まりましたレールガン! 今回は前回佐天さんが手に入れた レベルアッパーで大変なことになってしました。 木山もついに本格的...

とある科学の超電磁砲 10話 「サイレント・マジョリティ」

予想通りの展開に…ブボボ(`;ω;´)モワッ  まぁあの流れで佐天がレベルアッパーを使わないってことにはならないですよね…(´・д・...

とある科学の超電磁砲 #10「サイレント・マジョリティ」 感想。

今回マジ泣いた。来週も泣くぞー

とある科学の超電磁砲 10話「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 10話「サイレント・マジョリティ」 [画像] レベルアッパー編も佳境に入ってきました。 ただこの黒子の睨みは全くの別物ですw レベルアッパーをついに使用してしまった佐天。 そしてその効果は能力の向上としてはっきり表れるのですが…副作用で倒...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

「力があっても無くても、佐天さんは佐天さんです!!」 昏睡に陥った佐天達を救う為、皆が調査を行う話。 今回は話に進展があり、あっさ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに、佐天さんが一時退場orz しかし、今回も4人ともそれぞれが違ったいい味を出していて、 なかなかいい話に仕上がっていました。

[アニメ]とある科学の超電磁砲:第10話「サイレント・マジョリティ」

絶対的多数であろう佐天さんの悲痛の思い。

とある科学の超電磁砲 第10話

第10話『サイレント・マジョリティ』とある科学の超電磁砲 第1巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・レベルアッパー事件の犯人が明らかに?!

とある科学の超電磁砲 第10話 感想

 とある科学の超電磁砲  第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想  次のページへ

とある科学の超電磁砲 第10話 サイレント・マジョリティ

能力を手に入れて本当に嬉しそうな佐天ですが、それも束の間。分かっていたのに犯罪に手を出して、取り返しの付かないことになって泣きじゃくる子供そのままの泣き声で「ママ・・・・」なんて・・・私の父性本能が刺激されてしまう!!w うあぁあああ~抱きしめたい!!(...

とある科学の超電磁砲 第10話

#10 サイレント・マジョリティ 公園の広場で、アケミとむーちゃんが向き合って立った。アケミが両手を前に突き出し、じっと意識を集中させる。 むーちゃんの体が浮き上がった。そこに集った全員が、「おお」と声を漏らした。 「凄いよ涙子! 私、紙コップを持ち...

とある科学の超電磁砲(レールガン)第10話『サイレント・マジョリティ』の感想レビュー

美琴と黒子、佐天と初春の絆で盛り上げつつ、レベルアッパー事件の核心に迫る内容でした。 ひょっとしたら、オリジナルエピソードを挟みつつ2クール目の最後の方までひっぱるのかな~と思っていたので意外でしたが、年末はビリビリしまくりで盛り上がりそうですね。 お

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

禁書のほうでも重要キャラとして、登場したかえる医者、外伝初登場 御坂ネットワークにつながるはなしがでてきましたね

 アニメ「とある科学の超電磁砲」・・涙出そうになる・・

 今週のアニメ「とある科学の超電磁砲」見ましたか?  今回は、レベルを上げる謎のアイティム「レベルアッパー」とその犯人が判明!  すごい展開が・・・驚きびっくりって感じです^^;    主要キャラたちのしびれるシーンが多くて・・・感動モノでした!...

◎とある魔術の禁書目録第16話「父親(かみじょうとうや)」

上条の前に現れた赤いシスターはミーシャ=クロイツェフ。ロシア教会の対幽霊部隊『殲滅白書(Annihilatus)』に所属する彼女は、世界中でおこっている怪現象の大本となった大魔術『御使堕し(エンゼルフォール)』の発生源を探るべく、日本へとやってきたという。時同じく...

◎とある科学の超電磁砲第10話「サイレント・マジョリティ」

サテンは友達に、レベルアッパのことを話してしまう。そして、友達はサイキックが使えるようになり、サテンは、風を少し使えるようになった。クロコとウイハルは、レベルアッパーを手に入れて脱ぎ女に調べてもらう。テスタメントならいざ知らず、音だけでレベルアップは難...

◎けんぷファー第10話「ひと夏の経験」

サクラは、ナツルは、花火に連れて行く。アカネは、シズクに起こされるが、ナツルと間違えてキスしようとする。ナツルさんと関節キスだといってしようとするが断られる。そして、ナツルがいなくなったため探しにいく。そして、ナツルはサクラさんと二人きりでなぜか花火大...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

一刻も早く佐天さんに笑顔になって欲しい。。。
そう思わずにはいられない回でした。今週はすばらしかった

Re: No title

> 一刻も早く佐天さんに笑顔になって欲しい。。。
> そう思わずにはいられない回でした。今週はすばらしかった

●長文読んでいただきありがとうございました。

・今回は、色々リアルでも考えさせられるお話でしたね。

・左天さん涙、初春の涙、黒子の想い、美琴の独白。

・全て、皆笑える日を願って動き出す。 来週がとても楽しみですね。
line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。