拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

デュラララ!!(アニメ)×1

drrr01_003B2.jpg今思っても不思議だけど

でも、なんだかそれは
不思議じゃないような気がして・・

とにかくそれは
僕の人生が変わってしまうようなことで

実は、何一つ変わっていないような・・
とてもとても奇妙で

けれど、どこにでもある経験をした

この、池袋の町で・・



という竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)君の
主人公っぽい独白からスタートのアニメ版
(原作では著者曰く『主人公はセルティ』です)






drrr01_007B5.jpg「帰りたい・・・・」
池袋駅構内で待ち合わせ中に
なんとなく回想
(笑わないでほしい
 小学校も中学校も修学旅行を
 欠席して地元から一歩も出たことはなく
 初めての東京に戸惑っている
 15歳の少年
 それが僕、竜ヶ峰帝人だ)


いきなり知らない雑踏に
放り込まれれば無理もないです

そんなおのぼりさんな彼は
池袋の私立来良(らいら)学園に入学して上京
で、彼をこの街に誘った張本人と待ち合わせ中


「ミ~カド」
「あれ、紀田君?」

自己紹介でどこかのゲームのような
軽いノリで捲くし立てるのは
帝人の友人の紀田正臣(きだまさおみ)

「ゼンゼン変わってるから
 びっくりしたよ
 髪の毛染めたりしているとは思わなかった
 あと、そのネタ寒い」
 

「そりゃ4年も経てばなあ。
 ってよりお前小学校ん時から全然変わってないじゃんよ
 っていうか、さりげなく寒いって言うな」


チャットでは毎日話していたらしいので
そのまま池袋見物へ

「サンシャイン60」「ウエストゲートパーク」
「池袋人」とおのぼりさん丸出しの帝人






drrr01_026B2.jpgここでチャット画面に
(原作でもあった作りですが
 声付きというアニメ版らしい演出)
ログインしているハンドルネームは
田中太郎さんとセットンさん
(片方は誰かは言わずもがなですが・・)
















drrr01_030B4.jpg「上桜町銀座よりすごい・・」
構内から街へ出ての帝人君の第一声

地味に原作に無い追加されたセリフ

珍しがっている帝人を見て
気を良くしたのかもっと人がいる所
自慢する正臣
案内側の優越感ってところでしょう

「最近はカラーギャングも減ったよ
 去年あたりは目立つの多かったんだけど
 埼玉と構想やって何十人もパクられてさあ
 
 それからは同じ色の服を着た連中が
 少しでも集まろうもんなら、速攻で
 警察が飛んでくるようになっちまったのよ」

 
それでも安全になったわけではないと
付け加える正臣に
関心したように聞き入る帝人


ぼんやりとして何かにぶつかり
慌てて正面を向くと

等身大POPの『わっち』と一組の男女
「あ、紀田君じゃん」

「あ、狩沢さんに遊馬崎さん
 どうもです」


そして近くのバンには門田京平と渡草三郎

帝人と門田達にお互いを紹介する正臣
だいぶ顔を広いです。



drrr01_039B4.jpgそして帝人の名前を聞いて
「ペンネーム?」
想像するあたり遊馬崎と狩沢は
典型的なオタクです。
(まあ、どこぞから手に入れたであろう
 等身大『わっち』を道端で披露するぐらいですから・・)

ただ、電撃文庫を30冊買って
いろいろ用に10冊と言って濁すあたりが
それだけではない感じ
(原作と同じ用途だとは思いますが)


程なく、門田達とわかれて
「紀田君、
 ああいう人たちとも知り合いなんだね」

 

「俺はいろんな所に
 首突っ込んでるからな

 あらゆる話題に通じてれば
 大抵の女と話合わせられるから」


(不純だ・・・・) 


そして物語の視点は
帝人達とすれ違った少女に

「いましたよ~」
「間違いねえの~?」
「頭の上から足の先まで
 言われてとおりで間違いないっす」

思いっきり怪しい三人組
池袋は怖いところです。





drrr01_047B3.jpg再びチャットへ
ログからさっきの直後
つまりは前日のやりとりのようです。

新たに甘楽さんが入室
話を強引に自殺オフ会へ扇動
最近話題になってないという話ながれから
『誰も気づいてないだけかもしれませんよ~』
『まだ死体が見つかってないとか。。。』


と物騒な発言

『最近失踪事件多いみたいですよ』

『たいてい不法滞在してる外国人とか』
『地方から家出してきた子とか』


まさにそんな感じの
先ほどの少女
「あの、マゼンダさん?」
「はい、あ、奈倉さんですか?」

そのまま路地裏で攫われる少女

誰も見ていないとふんでの犯行ですが
「ここに一人居るっつうの」
残った吸殻をもみ消しながら呟く
折原臨也(おりはらいざや)






drrr01_059B4.jpgそんな感じで更けていく池袋の夜を
知らずに歩く帝人達

よどみなく話す正臣に
少し疲れ気味の帝人

そこで目にはいる
巨漢で、黒人の、板前の、客引き
「よお~サイモン
 久しぶりじゃんよ~」

「お~キダ~寿司食う?
 いいよ、寿司はいいよ?」


挨拶もそこそこに
その場を立ち去る2人をサイモン


「今の人も知り合い?」
「ああ、サイモンって言って
 そこの露西亜人のやっている寿司屋の
 客引きやってるんだ」

「ごめん、どこから突っ込むべき?」
見上げる建物は
『露西亜寿司』と書いてる怪しげな建物
(アニメで見てもやっぱりへんだ)

「あと、ついでに
 敵に回しちゃいけない奴のもう一人が・・」

いいかけた所に遠くで
池袋の夜空に舞う自動販売機と
それに続く叫び声

「とにかく、平和島静雄には近づくなよ
 普通に生きてりゃ話しかけられることも
 ないだろうけどな」


(一体、どういう人なんだ?)
少しだけ力の強いお兄さんです。







drrr01_070B4.jpg少女を攫った3人組は
立体駐車場へ
受け渡しの待ち合わせのようです。

そして再びチャット
『そういえば見ましたよ例の黒いバイク』
『最近、新宿や池袋で話題のやつ』
『むかしから都市伝説みたいなかんじだったらいしいけど、
 ここんとこ、写真撮った人とか多くて。。。』


『あ、別に群れて珍そうしているわけじゃないんだけど。』

『二輪なのにライトつけないで走ってるなら、十分アホだって』
『人間だったら、だけど。。。』

 
『それって、どういう意味ですか?』
『ああ、えっとね。。。ぶっちゃけ、』
『化け物みたいなものなんです。』

 
そして、いつの間にか
駐車場にたたずむライダースーツの人物

粋がって飛び掛る一人を
バイクの前輪で柱にたたきつける
(バッカーノ!のときもそうですが
 相変わらずのバイオレンスな描写です)

更にもう一人ものして
バンで逃げるのを追うライダー

『化け物って、どういうことですか?』
『ドタチンなんかは死に神っていってる。』
『ドタチン?ドタチンって誰?』
『黒いバイクに乗ってる男にはね。。。』
『っていうかドタチンはスルー?』

人攫いは
追われた恐怖で急ブレーキを踏んで
黒いライダーを跳ね飛ばす。




drrr01_085B2.jpg『首から上が無いの。。。』

跳ね飛ばされ、ヘルメットが飛び
それでも首無しで起き上がるライダー

『首がね。。。。
 きれいに無くなってるのに動くんだって』


纏った影が鎌になり人攫いを一振り
(死んではいないようですが)
そのままヘルメットをかぶりなおして
首無ライダーは夜の闇へ







drrr01_089B4.jpg「あのさ、他にも
 近づいちゃいけない人って居るの?」

そのころ、同じ池袋で帝人と正臣

「折原臨也って人がいるんだけどよ」
「こいつはヤバイから絶対かかわるなよ
 まあ、新宿主体の人だから
 まず会わないと思うけど」


「ああ、あとな『ダラーズ』って連中にも
 関わらないほうがいいぜ」


「『ダラーズ』?」
「ああ、ワンダラーズのダラーズ」
(ワンダラーズって何?)

「俺も詳しいことはわからないんだけどよ
 とにかく人数が多くて、線が一本ぶち切れた
 連中らしい、カラーギャングらしいだけど
 どんな色かもわからねえ
 ま、今は迂闊に集会はできねえから
 そいつらもいつの間にか解散しちまってたりしてな」


「そうなんだ?」

話しながら角を曲がる正臣
それに続こうとして女性にぶつかる帝人
(これで3度目・・
 女性の方に行く正臣がいかにもって感じ・・)

女性は空ろな目と首周りに傷のある
奇妙な格好
そのまま走り去ってしまって
取り残される2人

「何でも起こるのがこの街だからな
 おまえ運がいいよ
 今日だけで門田さん達やサイモンに会えて
 静雄が投げた自販機や人間も見れて
 あんな美人にぶつかった」


「それって運がいいって
 言うのかな・・」


「嬉しいよ
 この街でおまえと学校に行って
 また一緒に遊べるなんてさ」

(原作から入った人は
 いろいろ身につまされるセリフ)







drrr01_094B4.jpgそこで当たりに響く嘶き
「おまえ運がいいぞ
 オマケに都市伝説を目の前で見られるんだから」

駆け出す正臣

そして再びチャット
(ログから見て池袋見学の後ということになります)
『えー、黒バイク目撃したの>田中太郎さん』
『ひょっとして夜の9時過ぎくらい?』
『あ、知ってるんですか>セットンさん』
『ん、まあ、私もそこにいたから・・・』
確かにセットンさんはその場に居たわけですが・・。


時間は戻って正臣と帝人
直に見る黒バイク

僕はそのとき

自分の体が震えているのに気づいた

怖かったんじゃない

たぶん、感動していのだ

「すごい物」を見た僕はここで、この街で

他所では到底できないような経験をした

今までけっして手が届かないと思っていた

ありえない現実が

目の前に広がっているんだと感じた

最初に言ったことと矛盾するみたいだけど

すくなくともこのときはそう思っていた。

僕は、僕の新しい現実が始まる予感に震えていた。

 




drrr01_104B3.jpg『じゃあ知らないうちにすれ違っていたかもしれないですね!』
『そうかも』

『ところで・・ドタチンって誰?』
今日会った人の誰かです・・。

という第一話
概ね原作をなぞる形ですが
元が元だけに
この先どういったアレンジが
入るか楽しみです。


















スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : デュラララ!!
genre : アニメ・コミック

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デュラララ!! ♯01(先行放送)「開口一番」

 思ったよりも複雑そうな話ですね。何だか先に行くほどあっと驚きそうです。今回のお話自体は首なしライダーのところを除けば、かなり淡々としていましたね。

デュラララ 第1話「開口一番」

 第1話「開口一番」

デュラララ!!第1話『開口一番』の感想レビュー

人気のライトノベルが原作の『デュラララ!!』が、いよいよアニメ放送開始になりましたね。 先行放送のイベントでご覧になっていたブロガー様も多かったので、期待度が高そうなイメージの本作。 同じくアニメ化された成田良悟先生の『バッカーノ!』のファンだった方にも...

デュラララ!! 「開口一番」

見ましたー。   ラノベのアニメ化作品。池袋を舞台にしたサスペンスアクション。 今の時点では完全にイントロダクションなのでなんとも言えません。予備知識がないのでキャラ紹介ではまだ個性があまり見えないし。あのライダーが全体の軸なのか、ライダー編みたい...

デュラララ!! 第1話「開口一番」

池袋の街。

デュラララ!! #03『跳梁跋扈』

賢明に客引きをするサイモンだが、それはどうもインチキ臭く感じてしまう。 そんなサイモンもロシアンマフィアだったという噂があるようだが、その噂に違わぬ雰囲気をもっているものだな。

◎デュラララ!!#01「開口一番」

よくわからんアニメはじまった。主人公のリュウガミネミカドが新宿へやってくる。幼馴染のキダマサオミにさそわれて、キラ学園に通うことになったという設定だった。4年ぶりに会う。そして、池袋到着、カミガサキよりすごいという。危ない連中がいるので気をつけろといわ...

◎デュラララ!!#03「跳梁跋扈」

サイモンが寿司屋の宣伝してたが、みんなに怖がられる。そして、外人さんに道を聞かれる。ロシア語で道を教える。そして、学校ではクラス委員を決める。メガネコ+デカパイのアンリさんが立候補する。そして、ミカドが手をあげる。ミカドはデカパイのアンリさんに声をかけ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。