拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「佐治武士作 昇竜 300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 昇竜 300 ダマスカス レヴュー」

n02_01.jpg


●事前注意:カスタムナイフは刃物です。

・銃刀法違反などの条項を閲覧からして、その所持と管理を徹底してください。

・レビューの品はブログ記事作者の正当な所持品で、主にシナリオ制作などインスピレーションを得るために、鑑賞目的で収集したものです。

・もしこの記事を見ていただき、購入したいと思った方は、自己責任の下管理してください。


■名称:佐治武士作  昇竜300 ダマスカス

■作成者:伝統工芸士称号者:越前鍛冶師三代目 佐治武士

■名称「昇竜 300」 刃渡り30cm 全長46cm

■素材 安来鋼(日立金属刃物特殊鋼)白紙2号 多層式 ダマスカス 

・写真をマウスでクリックすると高解像度で見れます。

n02_02.jpg
n02_03.jpg



・昇竜300は かなり市場に出回っている30cmの刃渡りの白紙2号多層鋼ダマスカス剣鉈です。

・30cmともなれば、ナイフというより小太刀よりやや短めで、もはや「ダマスカス刀」といえます。

●白紙2号多層鋼 ダマスカスの刃

n02_04.jpg

・多層鋼式は、白紙と軟鉄を重ねて叩き、二つの性質の違いで模様がでます。

・白紙2号は、日立金属刃物特殊鋼において中心的に作られた鋼です。硬性、靭性とも中庸で玉鋼の代理品としても優れています。

・もっとも出回っている昇竜300は、長物のなかでも安い上に重量感があるため人気なのかネットでは良く見かけます。

n02_05.jpg
n02_06.jpg


・指をガードする「ヒルト」は黒墨処理ですが、触りすぎると錆びて行きます、注意。

・昇竜の「グリップ」は牛皮のワニ押型処理で、握る際のスリップを軽減しています 。

n02_07.jpg

・木鞘式で本皮のベルトシース式です。

・実際は、紐式でしたが、ベルトシースを自分で作成しました。

n02_10.jpg

・バージョンによっては、ベルトシース式もあるようですが、本家よりも丈夫なベルトシースを作ることで耐久度は満足いくものになりました。

n02_08.jpg

・梅ちりめん130と古都300のオリジナルベルトシースと、手前が自作の昇竜300です。

・分厚い牛革を使用したので、厚みがずいぶん違います。

n02_09.jpg

・長物ダマカスカスを手にしたいと考えると、一番手を出しやすいかもしれませんね。

・「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」でした。


n02_11.jpg

・上の対比は   「佐治武士 古都300」白紙2号多層鋼ダマスカス式

・真ん中が今回の 「佐治武士 昇竜300」白紙2号多層鋼ダマスカス式

・下が      「佐治武士 130梅ちりめん」白紙2号多層鋼ダマスカス式


●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「佐治武士 昇竜300」の購入は ナイフショップ グローイングさん。

・いつもお世話になっています。



SJ-SHO300-1.jpg



・錆対策は防錆紙KS-VCIという名称で有名な フェロブライト防錆紙がお奨めです。







●あくまでもナイフは、斬る事だけを目的としたツールです。

・カスタムナイフは芸術品扱いとしていますが・・・研いで切れ味をあげると特殊鋼の特性上恐ろしく斬れます。

・私みたいな鑑賞目的で購入という人もいると思います、扱いは慎重に。

スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。