拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「2014年寒中見舞い 今年もよろしくお願いします」

●今年も遅れに遅れ、寒中見舞いです。
2014_KANTYU_01.jpg

・2014年度の年末年始も多忙でして、今年も寒中見舞いとなりました。

・それでも3月は遅いのですが。

・今年も印刷して40名ほど、リアル寒中見舞いを送らせていただきました。

●仮定の不在証明という物語のキャラクター
2014_KANTYU_02.jpg

・左の女性が物語2015年東京池袋を舞台とする「仮定の不在証明」の剣聖「目草薙京子」。

・右がその剣聖に対抗する役割を担うヒロイン「有川破月」。

・物語は「中華人民共和国」が「民主化」した直後の物語で、それが日本に及ぼす影響を描きつつ「平和」とは現象として本当に可能であると考えた日本の大衆心理学教授「沖田宗次郎」の思惑で始まる。

・民主化した中華人民国は「零八憲章」という思想誘導論文によりネットで拡散させ、三大仙人とよばれる「太上老君」を人権派中国人をリーダーとして成立していた。

・しかし、人の心を揺り動かす「零八憲章」自体、日本のある「日吉照」という少女の思想原案であり、民主化した中華民国は前の体制より民衆の知識格差や民族間のトラブルが多発しているなか、太上老君は前体制と同じように「反日」による中央集権策を取ることにする。

・日本人、日吉照は民主化の「起源」と中国の民衆に想われていたため、太上老君の反日政策として「日吉照」暗殺を企てるが、主人公のアルバイト先である「銀座11丁目渋沢探偵事務所」に日吉照の護衛の仕事が入る。

・渋沢探偵事務所に在籍する「渋沢大日本武徳会の門番」剣聖目草薙京子と主人公「七音無京」に日吉照護衛の人が廻ってくる。

・日吉照という少女と出会った主人公は「平和とはほど遠い彼女の本質」を見抜き困惑し、剣聖は自分の方こそ「この世を漏れ無く救う人物」と錯覚し、暗殺者を殺していく自分の行動を疑問視せず迷走してゆく。

・剣聖が去った主人公の元に、門番を失った渋沢大日本武徳会から「名刀菊一文字則宗」を持つ少女「有川破月」が入るが日吉照を守れずに、暗殺者に日吉照は殺されてしまう。

・太上老君も日吉照暗殺犯として中国全土にタイミングよくリークされ、最終手段として同胞とともに、核ミサイル発射と自分の身柄の安全の確保を天秤にかけ、日本を脅迫する手に出るのだが・・・・。(長い・・

●佐治武士作 古都270剣鉈 螺鈿紫壇五弦琵琶

2014_KANTYU_03.jpg

・古都270剣鉈は去年の絵でも描きましたが、とても美しい剣です。

・有色ダマスカスで細身の刀身は、同じ刃渡りの西洋ナイフと比べてとてつもなく振りやすく軽く物体を切断します。

・最強の刃物鋼青紙2号鋼が刃になっています。

・螺鈿紫壇五弦琵琶 この世で唯一日本に一本しか存在しない伝承失伝の五弦琵琶。

・螺鈿とは貝殻の内壁の虹色の部分を使う装飾技術で、螺鈿紫壇五弦琵琶のコピーは螺鈿の大きい部分が再現に困難を極めるため、音が出ないコピーでも高額となるようですね。

●稀覯本コペルニクス地動説 原爆リトルボーイの小型機
2014_KANTYU_04.jpg

・コペルニクスの稀覯本1億5千万円相当の価値がある本です。

・天動説が主流の時代に地動説を説いたこの本は、恐れを前進に変えうる意思の具現ですね。

・リトルボーイは忌まわしき広島原爆の爆弾の名称である。

・福島原発事故といい、日本各地の原発が封印された日本の現状は平和憲法で守られた日本国民の意志だというならば「平和」とは何か?と問われて答えられる必要がある。

・私が言えることは、原発を停止いている状態も「危険度は同じ」だし「廃炉」にするには「核廃棄物」をどうにかする必要があるため、簡単に「原発を停止」などと口が裂けても言えないということ。

・「原発」は「核融合炉」完成までの途中プロセスとして必要だと考えているし、誰かが生贄になるのは今も昔も同じなので社会真理と捉えたほうが良いと感じます。

●思想より わかり易さに流れる民衆
2014_KANTYU_05.jpg

・キリスト教で救世主(英雄)の出現は、偽救世主を救世主が倒すエピソードです。

・これは、様々な革命でも神話でも同様のエピソードがあり、社会システムだと考えています。

・勝てば官軍、勝ったほうが英雄という、結果論であり私の物語ではこの二人がその役割を担います。

・話は変わりますが、右の少女の目を少し視点を片方ずらしているのは、TVで近眼の女性がメガネを外し、視点がずれている目線はとても色っぽく見えるという話があったから。

・寒中見舞いとはいえ、いろいろメッセージ性を入れるのは私の作風なのでご了承ください。

・では、今年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 同人活動
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。