拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■
line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「C365 中山英俊 ボールペン ターコイズ 修復 銀継ぎ」

●【C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ】ボルトアクションボールペン/ハーフアクリストーンターコイズ/メタルポリッシュw/クリップ」修復「銀継ぎ(Silver patch)」

※写真はクリックしますと拡大します。

BLOG_KINTUNAGI_01.jpg

■名称:ボルトアクションボールペン/ハーフアクリストーンターコイズ/メタルポリッシュw/クリップ/シルバーパッチ

■作成者:中山英俊(Hidetoshi Nakayama)C365 / 銀継ぎ(Silver patch)部分 中里誠宏

■サイズ: 138×Φ13mm 64g

■素材:金属部:ステンレス(SUS303) ハーフウッド部:ターコイズ

■替芯: カランダッシュ


●銀継ぎ
BLOG_KINTUNAGI_02.jpg

・中山英俊さんのボールペン「ハーフアクリストーンターコイズ」モデルを日本古来の修復技術「銀継ぎ」で私が修正した、公式外モデル。

・まぁつまりは、割ってしまったのです。石材の部分「ターコイズ」を。

●修復技術「銀継ぎ金継ぎ(金繕い)」
BLOG_KINTUNAGI_03.jpg

・左の器の修復はキュレーター「小柴美保」作です。

・割れたり欠けたりした陶磁器を漆(うるし)で接着し、継ぎ目に金や銀、白金などの粉を蒔(ま)いて飾る、日本独自の修理法。修理後の継ぎ目を「景色」と称し、破損前と異なる趣を楽しむ。現代では漆の代わりに合成接着剤を使うこともある。金繕い。 (デジタル大辞泉の解説

・青や白系の陶器は「銀」でやると映えると考え、今回は銀継ぎでやろうと考えたわけです。

・海外では金継ぎ(Kintukuroi)として美術的に高い評価を得ていて、割れる前の品を大切に思うあまり割れたあとでも修復を魅せる形で修復するこの日本の技術は、私なりにターコイズに適応可能と考えました。

●まず、大破したパーツを集める
BLOG_KINTUNAGI_04.jpg

・職場の窓口でボールペンを頻繁に使う私なのですが、結構ハードに使用していたわけです。

・蓄積した内装壁部分にダメージがあったようで、最後床に誤って落とした際綺麗に割れてしましました。(中山さんすいません

・石材ゆえの脆さを改めて感じた瞬間で、パーツは欠損部分もそれほどなく回収出来ました。

・まぁ、途方に暮れるんですが、この時中山さんのボールペンは職場において重要な存在になっていて、修理に出すと数ヶ月は掛かってしまうので、自分で銀継ぎを再現しようとしました。

●今回は口にする陶器ではないので、接着剤とパテを使用。
BLOG_KINTUNAGI_05.jpg

・接着剤は様々な種類があるので、陶器接着可能なもので、接着したら割れる前より硬度を高めるものを選択。

・セメダイン社の「スーパーX HYPER ワイド」を使用。

・この接着剤は熱・水・衝撃に強く、3日間固定し続けると最強強度になります。

・パテは、タミヤエポキシ造形パテ。

・パテで、かけて失った部分を作るわけです。

●接着3日目の状態
BLOG_KINTUNAGI_06.jpg

・この時点で、すでに職場でボールペンを使ってました。(持ってないと不安なくらい愛着があったのです

・欠けたパーツを組み合わせ接着し、指で圧力をかけセローテープで押さえつけました。

●パテ処理
BLOG_KINTUNAGI_07.jpg

・タミヤのパテは使いやすいですが、接着力はないのでなるべく盛りつけて破損部分に埋めます。

・24時間で硬化し終わるので、その後写真はないのですが、カッターでパテを削り、その後耐水ペーパ800番で全体を削ります。

・そうすると、綺麗に欠損パーツやヒビにパテが埋まっているのが明確になります。

・その後、コンパウンドで(耐水ペーパー2000番~5000番)磨き光沢を出して行きます。

●銀継ぎは銀粉ではなく合成樹脂塗料メッキシルバーを使用
BLOG_KINTUNAGI_09.jpg

・面相筆で、パテの部分をメッキシルバーで塗装。

・シルバーメッキ乾燥後、今後細かい傷を防ぐために「水性ウレタン塗料 水性工芸うるし」(厳密には漆ではない)でコーティング。

・実際には木材に使用するコーティング塗料ですが、石材にも塗れます。

・しかし、傷がつくとコーティングが剥がれるので、その都度メンテナンスとして再度塗ったりしていく感じです。

●光沢と、銀の色が素材のステンレスと融合する仕上がり
BLOG_KINTUNAGI_08.jpg

・ここまで行って、愛着は以前よりも高くなりました。

・実際、一週間でできましたよ。

BLOG_KINTUNAGI_10.jpg

・中山英俊作品とは言えなくなりますが、カッコ良くなったと思います。

・まぁ修理依頼をしなかったのは、この時点ですでに中山さんに「軽コーサスウッドのボールペン」の修理して頂いている最中で、申し訳ないと思ったことと、銀継ぎで更にかっこよく出来るかもという考えがありましたが、それ以上に職場でこのボールペンを持っていないとなんか不安になるくらいの愛着を感じていたことが大きいですね。

・まさに魔性のボールペンだと思います。


●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

【C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ】ボルトアクションボールペン/ハーフアクリストーンターコイズ/メタルポリッシュw/クリップ」修復「銀継ぎ(Silver patch)」

「C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップ」(番外)

「中山英俊作 ボルトアクションボールペン(軽コーサス)」(番外)

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ「ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップの購入はCHRONO楽天さん。

・いつもお世話になっています。

r_hwmp_c_1.jpg

リンク:CHRONO楽天

リンク:シルバー&レザー【クロノ】のオーナーが気まぐれで綴るブログ







拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ:ターコイズ レヴュー」

●C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ「ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップ」 レビューです

※(2013年11月20日現在)「【C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ】ボルトアクションボールペン/ハーフアクリストーンターコイズ/メタルポリッシュw/クリップ」として、レギュラー商品化されています。

※写真はクリックしますと拡大します。
naka02_01.jpg


■名称:ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップ

■作成者:中山英俊(Hidetoshi Nakayama)C365

■サイズ: 138×Φ13mm 64g

■素材:金属部:ステンレス(SUS303) ハーフウッド部:ターコイズ

■替芯: カランダッシュ


●ハーフウッドモデルを人工鉱石(ターコイズ)にしたカスタム品です。
naka02_02.jpg

・光源の関係でステンレス部がブラス(真鍮:黄金色)っぽいですが、ちゃんとシルバーです。

・CHRONOの堀内店長さんと、メールで何度か話し合いウッド部分は今回新しい試みで、ターコイズを使用すると言われ、興奮しつつ「石材ターコイズでお願いします」と言って完成したのがこの美しい作品でした。

CHRONO楽天市場店←リンクです。

・「カッコイイが至上の堀内店長」のお店にはさらに驚愕の作品が多々あります。

●全景(左右)
naka02_06.jpg

・前回、正宗刃物店で中山さんのボルトアクションボールペンを購入した時、クリップがあればな~と思っていて、サイト検索したらCHRONOさんのサイトを見つけたわけです。

・すでに、ターコイズモデルは職場で使用していて、お客様の興味を惹いております。

●グリップ部、ヘッド部
naka02_07.jpg

・この品は「ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップ」モデルですが、堀内店長の贈り物の写真に「G10」モデルがあり、店長の粋なはからいで「G10モデルのグリップとヘッドを起用して欲しい」と申したところOKが出ました。

・ほとんど、カスタムモデルとなりました・・・。この世に3本くらいしかないのではこれ?。

●クリップ部
naka02_08.jpg

・わりと書いている際、支障がないので驚きます、出っ張りと引っ込んだ部分が人間工学に基づいているようです。

・写真では「秀俊」と中山さんの名が入っています。(見にくいかな

●ボルトアクションの可動範囲
naka02_11.jpg
・芯が出ている状態から右親指で下に引き、センターへ移動させる。
naka02_12.jpg
・更に親指で左側面に押し込むと、軽く「カチッ!」と音がなり芯が完全に収納された状態になります。

●構造図
naka02_05.jpg

・前回の軽コーサスモデルと同じで、3つの大きなパーツで構成されています。

naka02_09.jpg

・人工石材:ターコイズ部。トルコ石とも呼ばれますが、トルコでは採石されません。

・美しいスカイブルーで美しい。石垣模様も幾何学的で神秘的です。

・なんでも、パワーストンの一つらしいです。(ストレスを和らげるらしい

・まあ、そんなの関係はなく、職場で眺めて癒やされるのは事実です。

naka02_10.jpg

・G10モデルのグリップ部とヘッド部。

・堀内店長のブログで(2013年11月現在)今後、丸みを帯びたこのトップ部をカスタマイ可能になったようです。

・このグリップはとても持ちやすく、重心がターコイズにあるこのボールペンには非常に合っていると思う。

・今度はグリップもウッドモデルにしようかと考えています、ターコイズでフルウッドだとどうなることやら・・・。

naka02_13.jpg

・替芯は世界のカランダッシュ。本当に、持続性といい滑り出しと言い最高ですねこれ。

・軽コーサスモデルとターコイズモデルですね。

・ついに2つ目のボルトアクションです。しかし軽コーサスはウッド部にヒビが・・何かメンテナンス方法があれば教えて欲しいです。

●軽コーサスとターコイズ
naka02_04.jpg

・ついに二本目の中山秀俊作品!。(芸術や・・

・話はずれますが、下に敷いた英文の用紙はヴィクトリノックス2012年リミテットモデルの説明文。

・今年モデルもでるのだろうか、2012年モデルがダマスカスですごいカッコイイ品で、全世界5000本のナンバリング限定仕様でした。(鬼畜仕様ですな

・まだここでレヴューしていないので、また次回。(実際レヴューしきれないほど色々あるのですが

●最後に
naka02_03.jpg

・今回のブログ写真は、CHRONOさんの商品写真のかっこ良さにやられて、対抗意識で頑張ってみました。

・今後も、レビューはこんなかんじになるかもしれない。

・あと、中山秀俊さんの芸術はなぜか海外でしか正当評価されていない気がしないでもない。

・美しいものを美しいと言える日本人でありたいと思いました。






●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

「C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップ」(番外)

「中山英俊作 ボルトアクションボールペン(軽コーサス)」(番外)

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「C365 中山英俊 ボールペン リフィニッシュシリーズ「ボルトアクションボールペン/ハーフウッド/メタルポリッシュw/クリップの購入はCHRONO楽天さん。

・いつもお世話になっています。

r_hwmp_c_1.jpg

リンク:CHRONO楽天

リンク:シルバー&レザー【クロノ】のオーナーが気まぐれで綴るブログ







拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : ビジネスファッション
genre : ファッション・ブランド

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「中山英俊作 ボルトアクション・ボールペン(軽コーカス) レビュー」

●中山英俊作 ボルトアクション・ボールペン(軽コーカス) レビューです

n04_01.jpg

■名称:ボルトアクション・ボールペン 軽コーサス

■作成者:中山英俊(Hidetoshi Nakayama)

■サイズ: 125×Φ13mm 52g

■素材:コーカス:ステンレス(SUS303) 

■替芯: カランダッシュ

n04_02.jpg

●一際目立つ、ステンレス削り出しボールペン

・製作者、中山英俊さんは世界的な日本伝統の根付彫刻士です。

・根付は江戸時代に流行ったアクセサリーで、世界的に高い美術価値を得ています。(日本人の携帯ストラップ好きもここに通じるかもしれない

・カスタムナイフに根付彫刻を施した中山さんのカスタムナイフはとんでもない値段で売買されています。(いつか欲しいものです

n04_03.jpg

●先端部:背面部

・実際職場で使用しているのですが、ポケットクリップはあって欲しいと思いますね。(臆面もなく

・ステンレスSUS303一本を削り出ししているので、精密な作業工程をイメージするだけでも目がくらむほどです。

n04_04.jpg

●背面:名入り ボルトアクション部

・銘入りです。和式カスタムナイフでも当然ですが名入りはカッコイイ。

n04_05.jpg

n04_06.jpg

●ボルトアクション

・親指一つで小気味よくガチャガチャできます。

・非常に気持ちいいですこれ。

・よく無意識にボールペンをカチャカチャしている人見ますけど、これでやるとなんか仕事できるやつみたいに感じますよ。(あくまで個人的感想です

n04_07.jpg

●ケースは桐箱

n04_08.jpg

●パーツ分解

・中身の芯は、高級ブランド文具メーカー カランダッシュ。

・最初に入っているのは ゴリアットカートリッジ 黒 M型

・M型は少々太いので F型に変更しました。

・カランダッシュはスイス製で、非常に頑丈で長持ちして滑らかさすばらしい。

・日本のパイロット社製、フリクションをよく使う私ですが、フリクションの替芯はよくエラー品が入ってたりします。(ゲルインクゆえなのか?

n04_11.jpg

●カランダッシュボールペンと中山英俊作ボルトアクション・ボールペン

・人とは違う感を持ちたい人には、所有欲満たされる作品です。

・替芯もカランダッシュなので、長く付き合える文具でしょう。



●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

「中山英俊作 ボルトアクションボールペン(軽コーサス)」(番外)

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「中山英俊作 ボルトアクションボールペン(軽コーサス)」の購入は和式鍛造ナイフ専門店宗正刃物ナイフさん。

・いつもお世話になっています。

MC-0171D-1.jpg








拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

n03_01.jpg


●事前注意:カスタムナイフは刃物です。

・銃刀法違反などの条項を閲覧からして、その所持と管理を徹底してください。

・レビューの品はブログ記事作者の正当な所持品で、主にシナリオ制作などインスピレーションを得るために、鑑賞目的で収集したものです。

・もしこの記事を見ていただき、購入したいと思った方は、自己責任の下管理してください。


■名称:MCUSTA「エムカスタ」作 JAZZ MC-0171D ダマスカス

■作成者:MCUSTA:関市 丸章

■通称「JAZZ」 刃渡り8.5cm 全長19cm(オープン時)

■刃素材: 武生製鉄(武生金属刃物特殊鋼)V金-10号鋼 積層式 ダマスカス 

■グリップ「柄」素材: ココボロ 黒檀

・写真をマウスでクリックすると高解像度で見れます。

n03_02.jpg

n03_03.jpg


・JAZZはフォールディングナイフで、グリップに刃を収納します。

・刃の厚みも3mmなので、封筒の封を切るのがスムーズで事務に最適です。

●MCASTA V金10号鋼 ダマスカスの刃

n03_05.jpg

n03_04.jpg

・VG10号鋼はステンレス系で錆びにくく、切れ味も炭素鋼に次ぐ鋼材です。

・JAZZはダマスカス式と加工無しのVG10号の二種が有り、ダマスカスは2~3千ほど高価になります。


n03_07.jpg

・折りたたみ方式はライナーロック式。

・刃を半分出して腕を振ると刃が遠心力で上に稼動してロックされます 。

・下はブレード収納時。

n03_08.jpg

n03_09.jpg


・非常に手の平にしっくりくるので、とても扱いやすく、錆の心配を白紙や青紙ほど神経質にならなくていい。

・実際にわたしはアウトドア派ではないので、観賞用ナイフ収集家ですが、こいつは仕事場で重宝しております。


n03_06.jpg

・クリップが使いやすく、職場でポケットにボールペンと一緒に携帯しています。

・JAZZという名称の由来フォルテマークのアクセントは何故?とか思うわけだが。

・ココボロと黒檀の柄(シースグリップ)は使い込んでいくといい味に変色します。

・また、MCUSTAは純然たる和式ナイフであり、買ったその場から切れ味は剃刀級です。

・研ぎが苦手な人には実用性と芸術性もあるため所有欲が満たされる一品だとおもいます。


●「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」でした。

n03_10.jpg


・上の対比は   「JAZZ」 V金-10号 積層ダマスカス式

・真ん中が    「新晶乃守M-3」 青紙2号

・下が      「ヴィクトリノックス」 ハイカーボンクロームモリブデン鋼:CrMo


●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」 レヴュー」

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「MCUSTA【エムカスタ】 MC-0171D「JAZZ」」の購入は ナイフショップ グローイングさん。

・いつもお世話になっています。


MC-0171D-1.jpg






・錆対策は防錆紙KS-VCIという名称で有名な フェロブライト防錆紙がお奨めです。







●あくまでもナイフは、斬る事だけを目的としたツールです。

・カスタムナイフは芸術品扱いとしていますが・・・研いで切れ味をあげると特殊鋼の特性上恐ろしく斬れます。

・私みたいな鑑賞目的で購入という人もいると思います、扱いは慎重に。

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line
拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中です。

「佐治武士作 昇竜 300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 昇竜 300 ダマスカス レヴュー」

n02_01.jpg


●事前注意:カスタムナイフは刃物です。

・銃刀法違反などの条項を閲覧からして、その所持と管理を徹底してください。

・レビューの品はブログ記事作者の正当な所持品で、主にシナリオ制作などインスピレーションを得るために、鑑賞目的で収集したものです。

・もしこの記事を見ていただき、購入したいと思った方は、自己責任の下管理してください。


■名称:佐治武士作  昇竜300 ダマスカス

■作成者:伝統工芸士称号者:越前鍛冶師三代目 佐治武士

■名称「昇竜 300」 刃渡り30cm 全長46cm

■素材 安来鋼(日立金属刃物特殊鋼)白紙2号 多層式 ダマスカス 

・写真をマウスでクリックすると高解像度で見れます。

n02_02.jpg
n02_03.jpg



・昇竜300は かなり市場に出回っている30cmの刃渡りの白紙2号多層鋼ダマスカス剣鉈です。

・30cmともなれば、ナイフというより小太刀よりやや短めで、もはや「ダマスカス刀」といえます。

●白紙2号多層鋼 ダマスカスの刃

n02_04.jpg

・多層鋼式は、白紙と軟鉄を重ねて叩き、二つの性質の違いで模様がでます。

・白紙2号は、日立金属刃物特殊鋼において中心的に作られた鋼です。硬性、靭性とも中庸で玉鋼の代理品としても優れています。

・もっとも出回っている昇竜300は、長物のなかでも安い上に重量感があるため人気なのかネットでは良く見かけます。

n02_05.jpg
n02_06.jpg


・指をガードする「ヒルト」は黒墨処理ですが、触りすぎると錆びて行きます、注意。

・昇竜の「グリップ」は牛皮のワニ押型処理で、握る際のスリップを軽減しています 。

n02_07.jpg

・木鞘式で本皮のベルトシース式です。

・実際は、紐式でしたが、ベルトシースを自分で作成しました。

n02_10.jpg

・バージョンによっては、ベルトシース式もあるようですが、本家よりも丈夫なベルトシースを作ることで耐久度は満足いくものになりました。

n02_08.jpg

・梅ちりめん130と古都300のオリジナルベルトシースと、手前が自作の昇竜300です。

・分厚い牛革を使用したので、厚みがずいぶん違います。

n02_09.jpg

・長物ダマカスカスを手にしたいと考えると、一番手を出しやすいかもしれませんね。

・「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」でした。


n02_11.jpg

・上の対比は   「佐治武士 古都300」白紙2号多層鋼ダマスカス式

・真ん中が今回の 「佐治武士 昇竜300」白紙2号多層鋼ダマスカス式

・下が      「佐治武士 130梅ちりめん」白紙2号多層鋼ダマスカス式


●カスタムナイフ ブログ内レビューリンク

「佐治武士作 昇竜300 ダマスカス レヴュー」

「佐治武士作 130 ダマスカス 梅ちりめん 剣鉈 レヴュー」



●今回の「佐治武士 昇竜300」の購入は ナイフショップ グローイングさん。

・いつもお世話になっています。



SJ-SHO300-1.jpg



・錆対策は防錆紙KS-VCIという名称で有名な フェロブライト防錆紙がお奨めです。







●あくまでもナイフは、斬る事だけを目的としたツールです。

・カスタムナイフは芸術品扱いとしていますが・・・研いで切れ味をあげると特殊鋼の特性上恐ろしく斬れます。

・私みたいな鑑賞目的で購入という人もいると思います、扱いは慎重に。

拍手する ←携帯壁紙Flash「回転する仮定の不在証明タロット」ぷれぜんと中。
■携帯待ちうけFlash 「タロット」の見本を見る■

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

line

FC2Ad

line
プロフィール

向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」

Author:向井 桜花 by 「才能のばいぷっしゅ」
リンク:トラックバック大歓迎です。

line
カテゴリ
line
リンク
line
最新コメント
line
最新記事
line
最新トラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。